Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/21
Update

【のむコレ2019】LGBTQ映画『虹色の朝が来るまで』あらすじとキャスト。上映館情報も!

  • Writer :
  • 大塚まき

ろう者の監督が描く、全編手話で綴られた
ろう者×LGBTQの心温まる物語

制作時から地上波などのメディアに取り上げられ、国内外の映画祭で満席の上映を続けてきた本作『虹色の朝が来るまで』。

©2018 JSLTime

この度、映画『虹色の朝が来るまで』が、シネマート新宿・シネマート心斎橋にて行われる映画祭「のむコレ3」内にて2019年11月20日(水)より上映されます。

本作の予告編と上映スケジュールもあわせてご案内します。

スポンサーリンク

映画『虹色の朝が来るまで』について


©2018 JSLTime

監督は、自身もろう者であり、セクシュアル・マイノリティである今井ミカ

さらに演じるキャスト陣もろう者が集められました。

ろう者×セクシュアル・マイノリティ×地方都市”という、いくつもの生きにくい環境が重なる中で悩み続けてきた監督が、本作で初めて音響をつけた作品制作に取り組み、悩み苦しみながらもやがて誰にでも来る素敵な朝を信じ、前向きに生きる姿を、等身大で描いています

主演は、演技経験の無いろう者の長井恵里と小林遥を抜擢。レズビアンカップルという難しい役どころにも、普段から手話でコミュニケーションを取るふたりは、活き活きとした豊かな顔の表情やフレッシュで圧倒的な演技で魅せます。

ゲイであることを孤独に悩む少年が、自分のセクシュアリティを受け入れていく青年へ成長する姿を幅広い演技力で見せた玉田宙の魅力にも大注目です。

今井ミカ監督のプロフィール

参考:今井ミカ監督のツイッター


本作『虹色の朝が来るまで』を務めた今井ミカは1988年12月12日生まれの群馬県出身

監督作は『あだ名ゲーム』(2014)『100ページ目の告白』(2015)『食べる。』(2016)『私たちは、あきらめない~朋心会~』(2016)などを手がけています。

“手話で楽しめる映画がないなら、自分で作る!”と思い立ったのがきっかけで、小学6年の頃からホームビデオカメラでろう者の弟と一緒にショートムービーを制作し始めます。

2011年、和光大学表現学部に入学し、映像制作を中心に学びました。

2014年、自身の母語でもある日本手話を言語学の観点から学ぶために、 日本財団の支援を得て香港中文大学の手話言語学&ろう者学研究センターの研究生として留学。

現在は、IT会社に勤務するかたわら、ろう者を題材に音のない映画作品を作り続けてきたが、映画『虹色の朝が来るまで』で初めて音響をつけた映画作品の制作に取り組みました。

スポンサーリンク

映画『虹色の朝が来るまで』の予告編


本予告映像は、付き合っていたものの波長の合わない彼氏に「好きな人ができた」と別れを切り出す主人公・華(はな)からスタートします。

華の理解者であり、一緒にいると心が温かくなり、何事も相談してきたあゆみに「あゆみが男なら付き合ってたかも」と伝えると、「女同士でもいいでしょ」というあゆみの潔い答えに戸惑いつつも、あゆみと付き合うことを決める華。

実家に帰った華が、両親にあゆみとの交際について話すと、いつでも味方だったはずの母親から「気持ち悪い!大反対よ!」と拒絶されてしまいます。

母親の態度に華はショックを受けますが、あゆみとの関係を断ち切ることがどうしてもできません。

苦しんでいる華を見かねたあゆみは、“ろう者のLGBTQイベント”に華を誘います。

ろう者であることは、ただでさえ狭い世界。さらにセクシュアル・マイノリティというダブルマイノリティであることは、バレたらすぐに噂が広まり、逃げ場所が無くなることを意味します。

渋々イベントに出かける華でしたが、そこには、悩みを抱えつつも前向きに生きる、ろうのLGBTQの人たちが集っていました

それぞれが今まで乗り越えて来た苦難を聞くうちに、初めは緊張していたふたりも、次第に心を開いていきます。

映画『虹色の朝が来るまで』の作品情報


©2018 JSLTime

【日本公開】
2019年(日本映画)

【英題】
Until Rainbow Dawn

【監督・脚本】
今井ミカ

【キャスト】
長井恵里、小林遥、玉田宙、佐藤有菜、ノゾム、菊川れん、高木里華、太田辰郎

スポンサーリンク

映画『虹色の朝が来るまで』のあらすじ


©2018 JSLTime

群馬の手話サークルで知り合ったろう者の華とあゆみ。

華は初めて同性に惹かれ戸惑うも、あゆみと交際することになります。

後日、華は実家へ帰り、両親にあゆみとの交際について話すと、いつでも味方だった母親から拒絶されてしまいます。

母親の態度に華はショックを受けるが、あゆみとの関係を断ち切ることがどうしてもできません。

苦しんでいる華を見かねたあゆみは、東京で開かれる“ろう者のLGBTQイベント”に華を誘います。

そこには、悩みを抱えつつも前向きに生きる、ろうのLGBTQの人たちが集っていました。

それぞれが今まで乗り越えて来た苦難を聞くうちに、初めは緊張していたふたりも、次第に心を開いていく…。

「のむコレ3」の開催概要

【場所】
東京:シネマート新宿
大阪:シネマート心斎橋

【会期】
2019年11月15日(金)~2月18日(木)

【上映作品】
『トラップ 劇場版』、『未成年』、『ビック・ショット』、『ザ・ソウルメイト』、『祟り蛇ナーク』、『カンフーリーグ』、『アルファ 殺しの権利』、『聖女/Mad Sister』、『レイダース 欧州攻略』、『ブレイム・ゲーム』、『スーパーティーチャー 熱血格闘』、『ネバー・ダイ 決意の弾丸』、『ダスト・ウォーカー』、『超 感染 ファイナル・デッド』、『10ミニッツ』、『英雄都市』、『雪暴 白頭山の死闘』、『ドアロック』、『金の亡者たち』、『虐待の証明』、『サスペクト-薄氷の狂気-』、『カット/オフ』、『トラフィッカー 運び屋の女』、『ポイズンローズ』、『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』、『霊幻道士Ⅹ 最強妖怪キョンシー現る』、『ゾンビプーラ』、『フィナーレ “そいつ”が見えたら、終わり。』、『And Then We Danced(原題)』、『ゴッズ・オウン・カントリー』、『BOYS/ボーイズ』、『エスケープ -ナチスからの逃亡-』、『虹色の朝が来るまで』、『王と道化師たち』、『王の男 デジタルリマスター版』、『パパとムスメの7日間』

【料金】
1,500円均一
※リピーター割引1,200 円均一
※毎月1日は、1,200円 毎月25日は、1,000円でご鑑賞いただけます

詳しくは「のむコレ」公式ウェブサイトにて!

映画『虹色の朝が来るまで』の上映スケジュール


©2018 JSLTime

シネマート新宿

2019年11月20日(水)/12月1日(日)、2020年1月31日(金)~2月7日(金)

シネマート心斎橋

2019年11月30日(土)/12月6日(金)/12月19日(水)/12月25日(水)、2020年1月3日(金)/1月4日(土)/1月8日(水)

まとめ


©2018 JSLTime

今年で3回目となる、シネマート新宿とシネマート心斎橋にて開催中の劇場発信型映画祭「のむコレ3」にて公開中の『虹色の朝が来るまで』。

のむコレ3」の中の1本に、邦画で初めて選ばれ、待望の劇場公開を果たします!

シネマート新宿では2019年11月20日(水)より、シネマート心斎橋では2019年11月30日(土)よりロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

大ヒット映画が韓国で再び感動の恋愛作品に生まれ変わる!『Be With You 〜いま、会いにゆきます』特別映像解禁

公開わずか15日で韓国動員200万人突破の大ヒット作! 2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説「いま、会いにゆきます」。 日本 …

新作映画ニュース

映画『こちらあみ子』あらすじ。キャストは井浦新と尾野真千子で今村夏子のデビュー作を映像化!

令和初の芥川賞作家・今村夏子の衝撃デビュー作を映画化! 『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞した今村夏子のデビュー作で、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞を受賞した『こちらあみ子』の …

新作映画ニュース

『アングスト/不安』のサイコキラーの動機とは?犯罪心理分析で主人公K.の背景を読み解く

と解禁。 比類なき傑作にも関わらず、あまりにも異常、あまりにも危険過ぎてほとんどの人の目に触れずにいた1983年のオーストリア映画『アングスト/不安』。 本作の異様な雰囲気が日増しに世間の不安と期待を …

新作映画ニュース

韓国映画『スタートアップ!』あらすじ/キャスト/公開日。動画でマ・ドンソクの謎の料理人役を紹介!

マ・ドンソク史上、最もミステリアスで最もラブリーな強烈キャラクター誕生。 すべての世代へエールを贈る、笑いと感動の痛快コメディ! 『それだけが、僕の世界』『狩りの時間』のマ・ドンソクを主演に迎え、社会 …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャスト石橋加奈役は高畑充希【演技評価とプロフィール】

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学