Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/01
Update

『アクアマン』4DX映画体験リポートと上映情報。ジェイソン・モモアの筋肉に酔いしれながら飛び散る水しぶきを体感!

  • Writer :
  • 石井夏子

全世界4DXムーブメントを巻き起こした⼤作映画『アクアマン』が、ついに⽇本公開!

あなたの想像を超える4DXオリジナル効果炸裂!

映画『アクアマン』4DXは2019年2⽉8⽇(⾦)より、4DX上映スタートです。

この記事では、映画『アクアマン』4DXの体験リポートと、4DX上映劇場の情報をお届けします!

スポンサーリンク

映画『アクアマン』の4DX


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

全世界⼤ヒットを記録しているド派⼿な4DX体験が楽しめる映画『アクアマン』が、2⽉8⽇(⾦)より、全国4DXシアターで公開決定。

本作といえば、2018年12⽉21⽇に全⽶公開され、同週公開の他作品を⼤きく引き離し、全⽶初登場でぶっちぎりのNo.1を獲得しました。

その後もホリデーシーズンの並み居る強豪をおしのけて3週連続NO.1を記録。

その波は世界中に広がり、2019年1月現在68か国で初登場NO.1を獲得し、興⾏収⼊もすでに1000億円を突破するなどモンスター級の⼤ヒットとなっています。

さらに映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』や『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』に続き、公開後わずか1か⽉たらずで2018年度グローバル4DX BoxOfficeで第3位にランクインするなど、世界中で異例の盛り上がりを⾒せている超期待作なんです。

想像を絶する海中ユニバースが、4DXオリジナル効果やバイブ、モーションチェアの動きによって、海中と陸地で繰り広げられるド派⼿な4DXアクションも体験できます。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

『アクアマン』4DXでは、極限までパワフルに“⽔”の演出を駆使し、“⾵”、“煙”、“光”といった4DXならではのオリジナル効果はもちろん、絶妙な⾓度によって繊細に動くモーションチェアなど、4DXが『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』や『MEGザ・モンスター』など、“海”を舞台にする作品で培ってきた演出によって、観客の想像を超えるド派⼿な4DXアクション体験が楽しめます!

なお、4DXは、全世界1位、4D映画で2018年全世界年間動員2,400万⼈を突破し、爆発的に成⻑している体感型プレミアムシアター。

特にヨーロッパや北⽶では、20〜30代の若い層を中⼼に【観る映画の代案:⽬で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】と、⼈気トレンドになっています。

全世界62カ国、614スクリーンで運営中、⽇本国内では56劇場に導⼊中です。(※2019年1⽉現在)

映画『アクアマン』4DX体験レポート


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

一足お先に、ユナイテッド・シネマとしまえんさんで行われたマスコミ試写会にて、『アクアマン』4DXを体験してきました!

上映前に劇場スタッフさんから「かなりビシャビシャに濡れます」とのアナウンスが。

期待と不安を抱きながら座席に座り、3Dメガネを装着。

WBの配給ロゴ、その後現れるDCヒーローたちと共に、椅子がズシンズシンと揺れる!

この時点でテンションはマックスです。

そして冒頭のアーサーの父である灯台守と、母である海の王国アトランティスの王女との出会い。

美しく儚い幸せなひと時に心奪われるも束の間、そこへ王女を追ってアトランティスの戦士たちがやってきます。

王女を演じる麗しのニコール・キッドマンが蹴りを繰り出すと、同時に椅子も蹴りあげられるモーションをします。

ニコールが投げた武器が戦士に刺されば椅子の一部が動き、観客にも武器が刺さった感覚が伝わります。

この後も、海中に潜るシーンの水しぶきや、爆発時の風など、4DX効果は天井知らずです。

アクアマンを執拗に追いかける、海賊ブラックマンタが酸素マスクを外す瞬間にもプシューっと耳元で風が吹き出す徹底ぶり。

その場に自分もいるんではないかと言う錯覚に陥るほどの臨場感を味わいました。


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

殴られ蹴られ吹き飛ばされ…観客はこの2時間半の上映時間に、100回は殺されているんではないでしょうか。

そしてなんといっても海中の美しさは感動ものです。

また、伝説のホラー『SAW』を手掛けたジェームズ・ワン監督ならではの“心臓に悪い”描写も見逃せません。

映画自体も、キャラクター造形がはっきりとしていて、“兄弟の確執と王位継承”という古典的なテーマをテンポよく描いており、アドレナリンが出っぱなしの2時間半でした。

ジェイソン・モモア演じるアクアマンには精神的な弱さがあり、それを筋肉の下に隠して生きてきました。

ですがその鍛え上げられた筋肉を見ては、皆ひれ伏すしかありません。

ニコール・キッドマンも、王女メラを演じるアンバー・ハードも強く美しく、これは海中戦争の火種になるなと納得させられてしまいます。

映画観賞を更に100倍にも盛り上げる4DX効果、ぜひ体感してみて下さい!

なお、そこまでビショビショに濡れませんでした。

スポンサーリンク

映画『アクアマン』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Aquaman

【監督・原案】
ジェームズ・ワン

【キャスト】
ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、パトリック・ウィルソン、ウィレム・デフォー、ニコール・キッドマン、ドルフ・ラングレン

【作品概要】
DCコミックス原作のヒーローとして知られ、『ジャスティス・リーグ』などにも登城したアクアマンを主役にしたDCエクステンデッド・ユニバースの第2フェーズの第一弾。

「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズで知られる、ハワイ出身の俳優ジェイソン・モモアがアクアマンを演じ、演出は『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワン監督。

キャスト陣も豪華に共演はアンバー・ハード、ウィレム・デフォー、ニコール・キッドマンほか。

映画『アクアマン』のあらすじ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

海底に広がる巨大な帝国アトランティスの王女を母に持ち、人間の血も引くアクアマンは、アーサー・カリーという名の人間として地上で育てられました。

やがて、アトランティスが海底から人類を征服しようと地上に攻め入ります。

立ち向かえるのはただ一人。

人間と海底アトランティス帝国の2つの血を引き、海の生物すべてを操り戦うアクアマン。

規格外の能力をもつ彼と、人類の征服をもくろむアトランティスの若き王オーム。

オームはアーサーの異父弟でした。

そして最狂の巨大モンスターらを交えた、兄弟の海中バトルが始まりますが…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

2019年2⽉8⽇(⾦)よりロードショーの映画『アクアマン』

DCコミック原作の映画を観たことが無い方でも安心してご覧いただけるストーリーと、魅力的なキャラクター。

4DXでも上映される映画『アクアマン』は、海という舞台を最大限に生かして4DX演出効果が炸裂しています!

アクションに合わせた椅子のモーション爆発に合わせた風海中ダイブでの水しぶきなど、その場にいるかのような体験をさせてくれます。

映画『アクアマン』、ぜひ4DXで体感して下さい!

映画『アクアマン』4DX上映劇場

※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

ユナイテッド・シネマ
シネマサンシャイン
USシネマ
109シネマズ
コロナシネマワールド
イオンシネマ
フォーラム那須塩原
アースシネマズ姫路

※上記に記載した情報は2019年2月1日現在のものです。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページをご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

EUフィルムデーズ2020はオンライン映画祭として開催!無料配信動画もラインナップされた自宅から「映画で旅するヨーロッパ」

EU加盟各国の話題作を、今年はオンライン映画祭で楽しもう。 「映画で旅するヨーロッパ」をテーマに、日本初公開作品や見逃してしまった近作など、欧州連合(EU)加盟国の映画を一挙に紹介する映画祭『EUフィ …

新作映画ニュース

新宿K’s cinemaにて『奇想天外映画祭2019』が6月8日より開催決定!怪作珍作11本を一挙上映

映画評論家、柳下毅一郎も激押し! 映画史にその名を刻んだ怪作、珍作、迷作、凡作、奇作がスクリーンに蘇ります。 「奇想天外映画祭 Bizarre Film Festival~Freak and Geek …

新作映画ニュース

映画『ミは未来のミ』あらすじ/キャスト/公開日。磯部鉄平監督特集をアップリンク吉祥寺にて開催!

河瀬直美らを輩出したビジュアルアーツ専門学校大阪の出身、磯部鉄平監督特集。 大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、Kisssh-Kissssssh映画祭など、さ …

新作映画ニュース

韓国映画『悪人伝』あらすじ。キャストのマ・ドンソクが主演の劇場公開日は2020年7月17日!

第72回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門正式出品作。 韓国NO.1⼤ヒットを記録した “マブリー”ことマ・ドンソク兄貴の極悪ヴァイオレンス・アクション『The Gangster, Th …

新作映画ニュース

動画で見る映画『滑走路』寄川歌太&大庭功睦監督インタビュー|ロケ撮影やオーディションのエピソードを語る

動画で見る【寄川歌太&大庭功睦 監督 インタビュー】映画『滑走路』は2020年11月20日(金)より全国順次公開! 精神不調に悩まされながらも短歌を詠み続け、32歳の若さで亡くなった歌人・萩原慎一郎の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学