Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/13
Update

『宵闇真珠』オダギリジョー演技力のみならず映画に音楽も提供!ドイル監督の映像がさらに幻想的に

  • Writer :
  • 中村綾子

『ブエノスアイレス』『恋する惑星』など、映画史に燦然と輝く傑作を多数撮ってきた世界的撮影監督クリストファー・ドイル。

彼が監督を務めた映画『宵闇真珠』(よいやみしんじゅ)が 12月15日(土)にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。

この作品は、香港の片隅にある漁村を舞台に村を訪れた異邦人との出会いにより、世界を知る少女の物語です。

劇場公開を前に、映画『宵闇真珠』の本編映像の一部が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『宵闇真珠』の本編映像解禁

映画『宵闇真珠』の劇中から解禁となった本編映像は、村のみんなから幽霊扱いされ避けられている少女が、初めて自分の存在を認めてくれる異邦人の男と出会う重要な場面です。

途中英語でたどたどしい会話をしていますが、それもまた2人が言葉を通じ合わさなくても、心が通じているように感じます。

さらに、オダギリジョーは自らが作曲したという音楽(曲名「JellyfishSyndrome」)で、2人の世界を優しく包みこみます。

オダギリジョーの楽曲起用のいきさつ


©Pica Pica Media

オダギリジョーは、自らが作曲した音楽が起用された過程について、次のように述べています。

「クリス(クリストファー・ドイル)と飲んでる時に<最近作った曲なんだよ>って聞かせたんじゃないですかね?気に入ってくれて<使っていいか?>、<いいよ、いいよ>って感じだったんだと思います(笑)クリスとは監督と俳優という関係に限らず、音楽や絵や写真や、お互いの作品を認め合えたから、今の関係があるんだと思います。」

クリストファー・ドイル監督にサラっと、曲を作ったと話ができるオダギリジョー。

それを気に入り、その時だけの言葉でなく、実際に起用したクリストファー・ドイル監督。

2人がお互いの才能を認め合い、なんでも話ができる関係にあるからこそ、今回のようないきさつがあったんですね。

解禁された本編映像について

©Pica Pica Media

映像後半の鏡の前でのシーンについて、アンジェラ・ユンが次のようなコメントを残してくれました。

「そこではセリフが無いんですけど、照明の色が変わっていく。それが二人の心の変化をリアルに描いていて、とても良かったと思います」

いくつものろうそくの炎と、オダギリジョーの作曲した音楽がとても幻想的で、セリフがなくても画になる2人。

これも世界的な撮影監督のクリストファー・ドイルによる緻密に計算された演出なんでしょうね。

映画『宵闇真珠』作品情報


©Pica Pica Media

【公開】
2018年(香港・マレーシア・日本合作映画)

【原題】
白色女孩 The White Girl

【脚本・監督】
ジェニー・シュン、クリストファー・ドイル

【キャスト】
オダギリジョー、アンジェラ・ユン、マイケル・ニン、トニー・ウー、サム・リョン、ランヤ・リー

【作品概要】
『欲望の翼』や『恋する惑星』など、90年代にウォン・カーウァイ作品のカメラマンとしても知られるクリストファー・ドイルが、新鋭ジェニー・シュンとの共同監督を務めた映画。

日光を浴びるとやせ細って死んでしまうという少女と、どこからともなくやってきた異邦人の男との出会いから始まる物語です。

主人公の少女を演じるのは、香港出身のアンジェラ・ユン。シャネルやシュウ・ウエムラの広告塔やアンバサダーに起用され、香港では「文青女神(サブカルオシャレ好きにとっての女神の意味)」と呼ばれています。

異邦人の男役には、日本にとどまらず、ワールドワイドに活躍を続ける実力派俳優オダギリジョー。

スポンサーリンク

映画『宵闇真珠』のあらすじ

©Pica Pica Media

香港最後の漁村、珠明(じゅめい)村に、一人の少女が住んでいました。

彼女は、幼少時から日光にあたるとやせ細って死んでしまう病気だと言い聞かせられていて、太陽から肌を隠して生活していました。

透き通るような白い肌のため、村人たちからは「幽霊」と呼ばれ、気味悪がられています。

彼女の孤独を癒す唯一の楽しみは、日没後、肌を露出し、お気に入りの音楽を気に入りの場所で楽しむことでした。


©Pica Pica Media

ある日、どこからともなくやってきた異邦の男と出会った少女は、今まで知ることのなかった自身のルーツに触れていくことになるのですが…。

まとめ


©Pica Pica Media

世界的巨匠クリストファー・ドイル監督の妥協を許さない映像美と、国際的にも活躍するオダギリジョーにより作られた幻想的な音楽が、見事に調和して生まれた映像は必見です。

国境・世代を超えたスタッフ・キャストが織りなす幻想的で美しい世界に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

映画『宵闇真珠』は2018年12月15日シアター・イメージフォーラムほかで全国ロードショー!

ぜひお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『東京裁判』4Kデジタル版。真実のドキュメンタリーで編集マン浦岡敬一の仕事が再び劇場で見られる

第35回ベルリン国際映画祭国際評論家連盟賞受のドキュメンタリー映画『東京裁判』 日本で唯一無二の編集マン・浦岡敬一の仕事が見られる (C)講談社2018 極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録フィルムを …

新作映画ニュース

映画『うみべの女の子』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。浅野いにおコミック実写化に青木柚×石川瑠華がW主演!

映画『ソラニン』公開から11年。 浅野いにおの傑作マンガを実写映画化! 『ソラニン』『おやすみプンプン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』など大ヒット作を次々と発表し、2021年の第6 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの特殊清掃員・土屋役は坂口涼太郎【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの田中善次郎役は佐藤浩市【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

映画『バーニング・ダウン 爆発都市』あらすじ/キャスト/上映館/特報映像。アンディ・ラウが放つ香港アクションの超大作が日本上陸!

香港映画界の鬼才と豪華キャストが放つアクション超大作! 『イップ・マン 最終章』などを手掛ける香港映画界の鬼才ハーマン・ヤウ監督と、香港随一のスター俳優アンディ・ラウら豪華キャストが放つアクション超大 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学