Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『21世紀の女の子』橋本愛や日南響子ら出演。キャストと作品紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

10月25日に東京・六本木ヒルズで開幕した第31回東京国際映画祭。

オープニングセレモニーで存在感をしめしたのが、映画『21世紀の女の子』です。

総勢39人の女性がセレモニーに参加し、レッドカーペットを華やかに彩りました。

ここでは、その映画『21世紀の女の子』について探って行きます

スポンサーリンク

映画『21世紀の女の子』の作品情報


©21世紀の女の子製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【企画・プロデュース】
山戸結希

【作品概要】
山戸結希監督が企画・プロデュースを務めた本作。

80年代後半〜90年代⽣まれの新進映画監督14名+アニメーション監督1名が参加しました。

全編に共通した“あるひとつのテーマ”を、各監督が8分以内の短編で表現するオムニバス作品です。

映画『21世紀の女の子』の各作品の紹介


©21世紀の女の子製作委員会

『回転てん子とどりーむ母ちゃん』

【監督】
山中瑶子
【キャスト】
北浦愛、南果歩、神尾てん子、杉野希妃

『粘膜』

【監督】
加藤綾佳
【キャスト】
日南響子、久保陽香

『projection』

【監督】
金子由里奈
【キャスト】
伊藤沙莉、土居志央梨、小川あん

『恋愛乾燥剤』

【監督】
枝優花
【キャスト】
山田杏奈、藤原隆介

『out of fashion』

【監督】
東佳苗
【キャスト】
モトーラ世理奈、筒井のどか

『君のシーツ』

【監督】
井樫彩
【キャスト】
三浦透子、清水くるみ、小柳 友

『Mirror』

【監督】
竹内里紗
【キャスト】
瀧内公美、朝倉あき、手島実優

『セフレとセックスレス』

【監督】
ふくだももこ
【キャスト】
黒川芽以、木口健太

『ミューズ』

【監督】
安川有果
【キャスト】
石橋静河、村上淳、中村ゆり

『I wanna be your cat』

【監督】
首藤凜
【キャスト】
木下あかり、武谷公雄

『珊瑚樹』

【監督】
夏都愛未
【キャスト】
堀春菜、倉島颯良、福島珠理

『reborn』

【監督】
坂本ユカリ
【キャスト】
松井玲奈、平井亜門

『愛はどこにも消えない』

【監督】
松本花奈
【キャスト】
橋本 愛、南 沙良、小野花梨、柳 英里紗

『離ればなれの花々へ』

【監督】
山戸結希
【キャスト】
唐田えりか、竹内ももこ、詩歩

エンドロールアニメーション

【監督】
玉川 桜

スポンサーリンク

映画『21世紀の女の子』とは


©21世紀の女の子製作委員会

2018年の東京には、個性豊かな、「映画の女の子」たちが生きています。

彼女たちは、80年代後半~90年代生まれの映画監督であり、確固たる意志と、はなやかな才能を秘めた力強い作家たちです。

それらの才能を、2018年のこの今に、定点観測し、鮮やかに記録する。

オムニバス企画に収まりきらないほどの流れ星を追いかけるようなこの試みは、やがてたった一つの星座を描くことになります。

短篇集のタイトルは、『21世紀の女の子』(英題:21st Century Girl)。

本作品には、企画・プロデュースを務める山戸結希のほか、映画の未来の星々そのものである、12名の新進監督、くわえて公募により選出された1名の新星監督がチャレンジを表明。

全編に共通した“あるひとつのテーマ”を、各々の地点から、8分以内の短編で表現し、1本のオムニバス作品となることを予定しています。

21世紀の女の子の、女の子による、女の子のための、とびっきりの映画たち。

真の「21世紀の女の子」の姿を、あなたの目で、私たちの目で、確認してみましょう。

“あるひとつのテーマ”


©21世紀の女の子製作委員会

全編を通して描かれているのは、“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間”です。

企画・プロデュースを務めた山戸監督は

『21世紀の女の子』というプロジェクトに参加するすべての映画監督、すべての女優さんにとって、たったひとつの未来を夢見る心が、この華やかな場で可視化されるということに、心からの喜びを感じます。こうした場を通して、その足跡を見かけた、ある女の子の心が、その暗闇において勇気づけられ、鼓舞されるような光景が、2018年年10月25日の六本木にあることを、ただ願っています

と作品への願いを語っています。

多数の新鋭監督と女優がタッグを組んだ本作。全ての女性への希望となることでしょう。

スポンサーリンク

山戸結希監督のプロフィール

参考映像:『おとぎ話みたい』(2014)

1989年生まれ。

大学3年次で映画研究会に所属し、独学で『あの子が海辺で踊ってる』を撮影します。

同作が第24回東京学生映画祭で審査員特別賞を受賞しました。

自主配給で『あの子が海辺で踊ってる』をポレポレ東中野にて上映。当時無名の新人ながら、同館のレイトショー動員を記録するヒットとなり注目を集めました。

2013年にはMOOSIC LAB 2013において『おとぎ話みたい』がグランプリ、最優秀女優賞、ベストミュージシャン賞を受賞。

2014年に5人組ダンス&ボーカルグループ「東京女子流」の映画初主演作となる青春劇『5つ数えれば君の夢』の監督・脚本を務めました。

そして2016年、小松菜奈・菅田将暉W主演の長篇『溺れるナイフ』を監督。興行収入7億円を突破、述べ60万人以上を動員し、20代女性の監督作品において、前例なきヒットとなりました。

いま最も勢いのある、澄み切った感性の若手監督です。

まとめ


©2018 TIFF

第31回東京国際映画祭のレッドカーペットを華やかに彩り、その存在感を示した映画『21世紀の女の子』。

“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間”のテーマのもと、新進映画監督14名+アニメーション監督1名が参加しました。

企画・プロデュースを務めた山戸結希監督が、女の子たちの希望の光になるようにと願いを込めた作品です。

東京国際映画祭のチケットは好評につき完売していますが、2019年新春にロードショー予定とのこと。

ほんとうの“21世紀の女の子”の姿を、ぜひ皆さんの目でご覧下さい。


©2018 TIFF

関連記事

新作映画ニュース

ピーター・ジャクソン映画『彼らは生きていた』あらすじ。公開日は2020年1月25日のドキュメンタリーとは

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が贈る戦争の記録。 100年前の戦場の真実が、色鮮やかによみがえります。 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの名匠ピーター・ジャクソン監 …

新作映画ニュース

女優サブリーナ・フェリッリの妖艶な魅力満開!映画『ザ・プレイス 運命の交差点』本編映像解禁

ヴァレリオ・マスタンドレア演じる謎の男との恋の行方は? 2019年4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開となるパオロ・ジェノヴェーゼ監督の映画『ザ・プレイス 運命の …

新作映画ニュース

インド映画『きっと、またあえる』あらすじ/キャスト/公開日。笑いと涙の感動エンターテインメント!

『ダンガル きっと、つよくなる』で 世界興収インド映画No.1を記録したティワーリー監督最新作。 90年代インドの学生寮を舞台に笑いと涙、永遠の友情が描かれる青春映画が日本上陸です。 ALL RIGH …

新作映画ニュース

【東京フィルメックス2019情報】仲野太賀映画『静かな雨』からキンフーの代表作まで新旧上映!

2000年12月に第1回が開催された国際映画祭「東京フィルメックス/TOKYO FILMeX」。 開催から20年、記念すべき「第20回東京フィルメックス」が、2019年11月23日(土)~12月1日( …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの久子役は女優の片岡礼子【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学