Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/10/05
Update

【フランス映画祭2022情報】開催日時と会場。石田ゆり子をフェスティバル・ミューズにて実施!

  • Writer :
  • 大塚まき

日本最大フランス映画の祭典フランス映画祭2022 横浜30周年記念回!

1993年に始まり、今年で記念すべき30回目を迎えるフランス映画祭。


(C)unifrance

2022年は12月1日(木)~4日(日)の4日間、クリスマスシーズンの祝祭感溢れる冬の横浜にて開催。同時に今年のフェスティバル・ミューズに石田ゆり子が就任することが決定しました。

開催に先駆け、映画祭のキービジュアルも決定。今年は記念すべき30周年ということで、映画祭のシンボルであるレッドカーペットや月桂樹をあしらったビジュアルとなっています。

併せて、石田ゆり子と本映画祭主催のユニフランス会長・セルジュ・トゥビアナからコメントも到着

スポンサーリンク

フランス映画祭2022 横浜について

2021年は、一昨年に引き続き新型コロナウイルス感染拡大の影響で残念ながらフランス人俳優・監督らの来日は叶いませんでしたが、オープニング作品としてパシフィコ横浜にて世紀の歌姫セリーヌ・ディオンの伝記的映画『ヴォイス・オブ・ラブ』を上映したのを皮切りに、フランス映画祭でしか見られない日本未公開作品を含めた珠玉の最新フランス映画11作品を上映しました。

2022年で3回目の実施となるドライブインシアターも、電気自動車(EV)だけを集めた日本で唯一のイベントとして実施を予定。

本映画祭のハイライトであるフランス人アーティストの来日は、今年こそ実現するべく目下調整中です。

日仏の架け橋になるフェスティバル・ミューズには、映画やアニメの声優などで活躍している石田ゆり子が、記者会見及びオープニング・セレモニーなどに登場するなど、映画祭を華やかに彩る予定です。

フランス映画祭2022 横浜の開催概要

【名称】
日本語:フランス映画祭2022 横浜
フランス語:Festival du film français au Japon 2022      

【期間】
2022年12月1日(木)~12月4日(日) 全4日間

【会場】
みなとみらい21地区を中心に開催

【プログラム】
①上映:12/2(金)〜4(日)フランス映画最新作の上映
②各種イベント:ドライブインシアター、マスタークラスなど

【主催】
ユニフランス

【共催】
横浜市、在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本

【特別協賛】
日産自動車株式会社

※詳細は、フランス映画祭2022 横浜公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

セルジュ・トゥビアナ(ユニフランス会長)のコメント


(C)unifrance

世界的な新型コロナウイルス感染症の流行のなか、ここ2年間日本におけるフランス映画祭横浜は新しい形を模索し実行してまいりました。
ドライブインシアター、上映会場のスクリーン上でのフランスの映画監督・俳優と日本の観客との交流、オンラインで配信されたマスタークラスなどが行われました。映画が生き続け、様々な形で映画に関する行き来が日本とフランスの間で継続されることがいかに重要か、再認識しています。

 感染対策をしっかりと取り、パートナーの皆様からの揺らぐことのないサポートを頂きながら、毎年欠かせない行事となったフランス映画祭は、フランス映画の多様なカラーやニュアンスを何百万人という日本の皆様にお届けし、魅了してきました。

 今年はフランス映画祭30周年という記念すべき節目の年、フランス映画の監督や俳優など関係者が横浜に颯爽と戻ってまいります。12月1日から4日まで、フランス映画の最高の作品群を日本の観客にお観せできることを心待ちにしております。そしてこの機会にフランスと日本を結ぶ貴重な友情関係を祝うことができるのを心から楽しみにしております。

石田ゆり子(フェスティバル・ミューズ)のコメント


(C)unifrance

フランス映画祭は、今回で30周年になると伺っています。
そんな節目の年に呼んでいただき、たいへん光栄であると共に、深い幸せを感じております。
フランスは私にとって心から憧れ、敬愛する国です。芸術、文化、暮らし、全てにおいて、私を惹きつけてやまない国です。

そしてフランスの皆様も、日本の文化をとても愛して下さっていることをフランスを訪れるたびに感じています。
映画は、人と人を繋ぐ幸せな芸術です。その架け橋のひとかけらになるべく私も日々精進したいと思います。12月を楽しみにしております。

スポンサーリンク

まとめ

2022年は、映画祭の開催30周年という記念回でもあり、今まで以上の華やかさを演出していく予定です。

横浜で熱く盛り上がるフランス映画祭2022 横浜をお楽しみに!

フランス映画祭2022 横浜は、2022年12月1日(木)~4日(日)まで開催です。

関連記事

新作映画ニュース

ロイ・アンダーソン最新作おすすめ映画『ホモ・サピエンスの涙』予告動画紹介!人生の悲喜劇を映像美で描き出す

スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作。 第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作『ホモ・サピエンスの涙』。 (c)Stu …

新作映画ニュース

映画『恋い焦れ歌え』あらすじ/キャスト。稲葉友に加えて髙橋里恩も男たちの人生再生ドラマに参戦する

映画『恋い焦れ歌え』の追加キャスト決定! 心に傷を負った男たちがもがきながらも懸命に生きる姿を描いた長編映画『恋い焦れ歌え』。 (C)2021「恋い焦れ歌え」製作委員会 『恋い焦れ歌え』は、コミックを …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。イワゴウサトシは婚約間際の兄・高城健治役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

『僕はイエス様が嫌い』あらすじ。サンセバスチャン国際映画祭への奥山監督の快挙

奥山大史監督の映画『僕はイエス様が嫌い』が第66回サンセバスチャン国際映画祭ニューディレクターズコンペティションに正式出品決定。 日本人として7年ぶり、かつ最年少の22歳でノミネートされた奥山大史監督 …

新作映画ニュース

第91回アカデミー賞ノミネート2019『グリーンブック』あらすじとキャスト。実話をファレリー監督が傑作に!

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描いた映画『グリーンブック』。 第91回アカ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学