Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/22
Update

【東京国際映画祭2020】オンラインイベントの参加方法を紹介!会場でおうちで楽しむTIFFのすすめ

  • Writer :
  • 石井夏子

今年ならではのオンライン企画決定!

2020年10月31日(土)~11月9日(月)に開催される第33回東京国際映画祭。。

今年ならではの新たな試みとして、オンラインを利用したトーク企画が複数用意されました。

映画本編は、あくまで映画館でのフィジカルな上映を基本としていますが、招聘が叶わなかった海外ゲストに関しては、Q&Aなどのトークをオンラインで繋ぐ形で開催予定とのこと。

具体的には視聴者が参加して質問することができる「視聴者参加型」と、ゲストによる「シンポジウム型」のオンライントークとなりますので、概要をお知らせ致します。

スポンサーリンク

「TIFF トークサロン」について

「TIFF トークサロン」は、来日が叶わない外国映画の監督たちをオンラインでつなぎ、鑑賞者からの質問を受け付けるトークです。

従来は上映後に監督や俳優をお迎えして行っていたQ&Aを、オンライン上で実施

「TOKYOプレミア2020」「ワールドフォーカス」「ユース(ティーンズ)」部門の作品が中心で、約40作品が対象となります。

上映後に会場内のスクリーンと繋いでの実施ではなく、上映とは別の時間を改めて設け、パソコンやスマートフォンでZoomにアクセスした上で参加できるそう。

参加可能者は、当該作品チケット購入者、及びプレスパス保有者です。

参加にあたっては、事前に映画祭公式HPから申込み、チケットの購入番号などの情報、あるいはIDパスの番号を映画祭事務局にて照合した上で、アクセスリンクが送られてきます。

実施時は、ZoomのシステムのQ&A機能を使用して質問を送ることが可能。また、鑑賞のみ(質問をしない)の場合は、同時刻に配信される映画祭公式YouTubeでもご覧頂けます。その場合の事前申込は不要です。

TIFFトークサロン実施作品、参加ゲスト、実施スケジュール、及び申込方法詳細については、東京国際映画祭公式サイトをご確認下さい。

「アジア交流ラウンジ」について

国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共催事業により、アジア各国・地域を代表する映画監督と、第一線で活躍する日本の映画人とのトークを 11月1日(日)~11月8日(日)に毎日発信

今回の新たな取り組みは、世界的に活躍する是枝裕和監督が発案し、検討会議メンバーとともに企画

当初は、各国の映画人が自由に交流できるリアルなラウンジを構想していたそうですが、今年はオンライン形式となり、豪華ゲストが様々なテーマでトークを展開します。

国を越えた人の移動が制限され、映画の製作、上映、そして映画人同士の交流や協働のあり方が従来と全く異なる状況にあるなか、アジアの映画人たちは今、何を思うのか、何処を目指すのかを語り合います。

またライブ配信の特性を活かし、ZoomのシステムのQ&A機能を使用して世界中からの質問も受け付けるとのこと。

視聴参加には、映画祭公式HPの「アジア交流ラウンジ」各プログラムのページからご登録下さい。

各プログラムに関する情報、スケジュールなどの詳細については、東京国際映画祭公式サイトをご確認下さい。

スポンサーリンク

「マスタークラス」について

ジャパニーズ・アニメーション部門では、プログラミング・アドバイザーの藤津亮太がモデレーターを務めながら3つのテーマでシンポジウムを行います。

2020年、アニメが描く風景」では、イシグロキョウヘイ(『サイダーのように言葉が湧き上がる』監督)、タムラコータロー(『ジョゼと虎と魚たち』監督)、村野佑太(『ぼくらの7日間戦争』監督)、佐藤順一(『魔女見習いをさがして』監督)をゲストに迎え、昨年から今年にかけて公開されたアニメーション映画の背景美術に注目し、各作品の取り組みに迫ります。

特撮「スーパー戦隊シリーズの歩み」では、ゲストに誠直也(『秘密戦隊ゴレンジャー』海城剛役)、荒川稔久(脚本家)渡辺勝也(監督)、坂本浩一(監督)、白倉伸一郎(東映株式会社取締役)迎え、スーパー戦隊シリーズはどのようにその魅力を保ち続けてきたのか。シリーズの歩みを振り返りながら、関係者が語り合います。

ジャパニーズ・アニメーションの立脚点 キャラクターと映画」では、日本のアニメにとって「キャラクター」はどんな意味を持つのか。またアニメはどのようにして「映画」を志向してきたのか。アニメを媒介にしつつ、キャラクターと映画の関係について考察することで、日本のアニメーションの立脚点を探ります。

アニメのシンポジウムは、YouTubeで配信するのみのものと、会場に観客を入れてのリアルの参加及びYouTubeで配信の、二通りの方法があります。

リアルの参加は事前予約が必要となります。YouTubeでの参加は、どなたでもご参加いただけます。

申込方法詳細については、東京国際映画祭公式サイトをご確認下さい。

第33回東京国際映画祭の開催概要

【開催期間】
2020年10月31日(土)~11月9日(月)

【会場】
六本木ヒルズ、EX シアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、東京国際フォーラム ほか

※詳細につきましては東京国際映画祭公式サイトにてご確認ください。

東京国際映画祭とは

東京国際映画祭(通称 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭です。

1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。

いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供しています。

関連記事

新作映画ニュース

森田健作と島田陽子が映画『砂の器』の思い出を振り返る【シネマ・コンサート2019】

森田健作×島田陽子44年ぶりの再会 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション 2017年8月に東京で初演されて以来、2018年4月、同年9月と公演が行われてきた映画『砂の器』シネマ・コン …

新作映画ニュース

イラン映画『少女は夜明けに夢をみる』あらすじ。上映公開日が11月2日に決定した少女更生施設のドキュメンタリー

無垢な魂は、悲しみの羽をもつ。 残酷な世界で、愛を乞う叫びに心震えるドキュメンタリー。 イランの少女更生施設を舞台に、強盗、殺人、薬物、売春といった罪を犯した少女たちの物語に光をあて、第66回ベルリン …

新作映画ニュース

神戸のミニシアター「元町映画館」が制作・発信したリモート短編映画『アワータイム」とは?

リモート短編映画『アワータイム』全国一⻫配信開始。

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの美奈子役は貫地谷しほり【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

ガラスの仮面戦国時代篇!キャストが語る映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』宿命のライバルとは?

第91回アカデミー賞2部門ノミネートされた映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 『レディ・バード』(2018)のシアーシャ・ローナンと『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018)のマー …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学