Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/10
Update

深田晃司・福永朱梨とドラマ『本気のしるし』無料イッキ見上映会!8月22日にアテネフランセで開催【ちば映画祭2020情報】

  • Writer :
  • 石井夏子

ちば映画祭inアテネ・フランセ文化センターvol.2

千葉県初上映の若手映画監督の作品上映をメインの作品を上映しているちば映画祭。

2020年8月22日(土)に、アテネ・フランセ文化センター(東京都千代田区神田駿河台)にて、深田晃司監督による連続テレビドラマ『本気のしるし』 全10話一挙上映会とトークを実施します。

題して、「ちば映画祭inアテネ・フランセ文化センターvol.2 連続テレビドラマ『本気のしるし』全10話一挙上映&スペシャルトーク」です。

上映後は、深田晃司監督とゲストによるスペシャルトークを実施します。

ゲストは深田監督のほか、俳優の福永朱梨(『本気のしるし』藤谷美奈子役)、成馬零一(ライター・ドラマ評論家)が登壇予定。

『本気のしるし』について、「映画」と「テレビ(配信)ドラマ」、「劇場公開」と「配信」、それぞれの違いやそれぞれの魅力、今後の映像コンテンツについてなど話を膨らませます。

スポンサーリンク

ちば映画祭について

参考映像:『ちば映画祭のテーマ~初期衝動~2019ver.』ミュージックビデオ

2008年から続くちば映画祭は、千葉県初上映を中心とした将来を期待されるフレッシュな若手監督の秀作、傑作映画を上映しており、第4回映画祭から映画祭ごとに監督特集を行っています。

作品を上映し、更に監督等との交流によって、より広く深く映画に触れる機会の提供を目指した、実行委員会主催の映画祭です。

2020年1月18日には千葉県から飛び出し、「新年一発!ちば映画祭2020inアテネ・フランセ文化センター~監督特集・特集~」を実施しました。

ちば映画祭inアテネ・フランセ文化センターvol.2の開催概要

【開催日時】
2020年8月22日(土)

【開催場所】
アテネ・フランセ文化センター
東京都千代田区神田駿河台2-11 アテネ・フランセ4階

【アクセス】
JR御茶ノ水駅「御茶ノ水橋口」出口より徒歩7分
JR水道橋口出口「東口」出口より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水より徒歩10分
都営三田線 水道橋駅「A2」出口より徒歩10分

【定員数】
70名(事前予約制、全席指定)
※感染症対策で席を減らしての対応となっています。
※残席のある場合は当日受付あり。お席は当日指定していただきます。

【入場料】
上映…入場無料
スペシャルトーク…事前予約・当日ともに1,200円

【上映作品】
連続テレビドラマ『本気のしるし』全10話

【タイムテーブル】
上映…13:00~17:10 (上映計230分/入場無料/途中休憩あり)
スペシャルトーク…17:30~19:00 

【トークゲスト】
深田晃司監督、福永朱梨(俳優)、成馬零一(ライター・ドラマ評論家)

【トーク内容】
連続ドラマ『本気のしるし』を語り尽くす&「映画」と「テレビ(配信)ドラマ」、「劇場公開」と「配信」、それぞれの違いやそれぞれの魅力、映像コンテンツのこれからなど

※詳細はちば映画祭のホームページをご覧ください。

スポンサーリンク

ゲストによるコメント紹介

(C)星里もちる・小学館/メ~テレ

本作の監督である深田晃司監督と、キャストでありちば映画祭のミュージックビデオにも出演している俳優・福永朱梨より、本映画祭上映に向けての喜びのコメントが届きました。

深田晃司監督のコメント

(C)Cinemarche

「原作『本気のしるし』を読んだのは二十歳のときで、そのときにはもう映像化したいと思っていましたが、ちょうどその頃初めて監督した自主映画『椅子』を上映したのもここアテネ・フランセのスクリーンでした。20年越しのこの不思議な因縁を実現してくれたちば映画祭に感謝します。連続ドラマならではの転がり続ける面白さを感じてもらえたら嬉しいです。」

俳優・福永朱梨のコメント

(C)Cinemarche

「ドラマ『本気のしるし』をまたスクリーンで上映出来ることがとても嬉しいです!しかも、大好きなちば映画祭で!ドラマ版を見逃した…という方にも、ぜひこの機会にスクリーンで観て頂きたいです!」

ドラマ『本気のしるし』とは?

(C)星里もちる・小学館/メ~テレ

「ミニシアター・エイド基金」の発起人のひとりでもある深田晃司監督。その深田晃司監督が、2019年に初の漫画原作の映像化且つ初の連続テレビドラマとしてチャレンジした『本気のしるし』

職場の女性ふたりと曖昧な関係を続けている男、辻を演じるのは、『レディ・プレイヤー1』でハリウッド・デビューを飾り、『蜜蜂と遠雷』では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した森崎ウィン

一方、その場しのぎで嘘をつき、無自覚に周囲に迷惑をかける女、浮世を演じるのは『3年A組-今から皆さんは、人質です-』、『去年の冬、きみと別れ』の土村芳

その他、宇野祥平や石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉ら、世代も様々な個性派俳優が脇を固めます。

本作は2019年10月~12月にメ~テレ他にて放送され大好評を得ましたが、今回の映画祭では全10話の一挙上映を行います。

その後、新たに劇場用にディレクターズカット版として再編集したところ、コミック原作、地方局の深夜ドラマ発としては異例となる、カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション2020に選出されるという快挙を成し遂げました。

スポンサーリンク

ドラマ『本気のしるし』の作品情報

(C)星里もちる・小学館/メ~テレ

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
原作:星里もちる「本気のしるし」(小学館ビッグコミックス刊)

【監督】
深田晃司
【脚本】
三谷伸太朗、深田晃司

【音楽】
原夕輝

【キャスト】
森崎ウィン、土村芳、宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉

ドラマ『本気のしるし』のあらすじ

(C)星里もちる・小学館/メ~テレ

どこか虚無感をかかえながら成り行きまかせの日常をこなしている会社員・辻一路は、人当りはいいものの実は何事にも冷めており、職場の先輩と後輩の二股を進行させているという “クズ男”。

そんな辻がコンビニで出会った葉山浮世は、無意識のうちに男を破滅へ導く危険な女でした。

追い込まれるとその場限りの嘘をつき、お金や人間関係、すべてに無責任な言動をとる浮世は、辻を含めた周囲の男性を巻き込みながら転落を繰り返し…。

まとめ

参考動画:映画『本気のしるし<劇場版>』

会場の感染症対策に沿って実施される今回の映画祭。

2020年10月9日(金)より公開が決定している『本気のしるし<劇場版>』が楽しみになるような上映会になることでしょう。

ちば映画祭inアテネ・フランセ文化センターvol.2 連続テレビドラマ『本気のしるし』全10話一挙上映&スペシャルトーク」は、2020年8月22日(土)に、アテネ・フランセ文化センターにて開催です。






関連記事

新作映画ニュース

映画『多日想果(タピオカ)』あらすじ。台湾オーガニックカフェ【atea茶舗】お店情報も

台湾と日本のかけ橋を目指す。 俳優の大門嵩が監督・プロ―デュース・出演を務めた短編映画『多日想果(タピオカ)』が、現在上映会に向けたクラウドファンディングを行っています。 台湾の魅力が詰まった本作につ …

新作映画ニュース

【劇場招待券プレゼント5組10名様】映画『キュクロプス』( 池内万作主演作品)を上映館で観よう!

映画『キュクロプス』は5月3日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー! 大庭功睦監督が製作、脚本も兼ねて自主製作として完成させた映画『キュクプロス』の劇場招待券を5組10名様にプレゼント。 ( …

新作映画ニュース

映画『由宇子の天秤』あらすじ/キャスト/上映館。瀧内公美が国際映画祭で女優賞受賞の話題作が劇場公開決定

第20回ラス・パルマス国際映画祭にて 最優秀女優賞(瀧内公美)&CIMA審査員賞をW受賞 瀧内公美(『火口のふたり』、『裏アカ』)を主演に迎えた春本雄二郎監督(『かぞくへ』)の最新作『由宇子の天秤』が …

新作映画ニュース

少年による祖父母殺害事件を描いた映画『MOTHERマザー』の場面写真紹介。長澤まさみがラブホテルで挑発!?

実話をベースに描く感動の衝撃作。 2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される『MOTHER マザー』。 『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲをキャストに迎え …

新作映画ニュース

【2019年11月15日〜16日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学