Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/05
Update

ゴヤ賞新人男優賞受賞の映画『だれもが愛しいチャンピオン』ヘスス・ビダルのスピーチ映像紹介!

  • Writer :
  • 大塚まき

実在するハンディキャップ・チームとの絆を描く、オンリーワンの感動作!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は、実際に障がいを持つ600人もの中からオーディションで選ばれた10名の“俳優”が出演しています。

そして昨年の2018年、スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で史上初となる障がいのある俳優が新人男優賞に選ばれました。

プロのバスケットボール・コーチとハンディキャップ・チーム“アミーゴス”の出会いと絆を描き、ゴヤ賞で作品賞を含む3部門を制した映画『だれもが愛しいチャンピオン』がいよいよ2019年12月27日(金)より公開されます。

このたび、ゴヤ賞で新人男優賞に選ばれたヘスス・ビダルが演じる“マリン”に焦点を当てたキャラクター紹介映像と、ゴヤ賞授賞式での彼のスピーチ映像が解禁されましたのであわせてご紹介します。

スポンサーリンク

ヘスス・ビダルのプロフィール


(c) Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE
ゴヤ賞で新人男優賞に選ばれたヘスス・ビダルは、42歳、レオン出身です。

2007年にマドリードに引っ越してきた彼は、生体組織に異常を生じさせる障がいを抱えており、片目は何も見えず、もう片方も少ししか見えません。

しかし、彼は自立していて、俳優として、ライア・リポルとマグダ・ラバルガ脚本・演出の舞台『Cáscaras vacías』に出演し、スペイン各都市を回りました。

プライベートでは映画、読書、家族と過ごすこと、スポーツ、アウトドア、そして何より、会話を楽しむことが好きなのだそう。

ゴヤ賞授賞式でのスピーチ映像


このたび解禁された動画の前半部は、メガネがトレードマークのマリン役を“チャーミング”かつ“飄々”と演じるヘスス・ビダルの魅力が凝縮された紹介映像となっています。

劇中では、彼の言葉に心を打たれ、“勝利至上主義”の主人公・マルコが新たな価値観に気付かされるという重要な役どころです。

一方、動画の後半部は、そんな彼がゴヤ賞の受賞式の檀上で行ったスピーチの抜粋動画となっております。

授賞式には“アミーゴス”のメンバーもかけつけ、ゴヤ賞史上初の障がいのある俳優の受賞の栄誉を祝福しています。スクリーンの外でも続く彼らの絆には一見の価値あり!

また、ゴヤ賞受賞について監督のハビエル・フェセルは以下のようにコメントを寄せています。

障がいを持つ俳優のゴヤ賞受賞は、史上初の出来事でした。彼は身体的な障がいもあり、ほとんど目が見えません。役作りのために非常に努力していました。(受賞は)彼の努カヘの評価であるとともに、チームのメンバー全員ヘの評価でもあると思います。私が大変感動しているのは、この映画がきっかけでスペイン国内でも知的障がい者を取リ巻く環境が少し変わってきたように感じることです。本作がスペインのみならず、世界中に変化をもたらすことに期待しています。

ハビエル・フェセル監督の言葉からハンディキャップを乗り越え、温かく力強いチームワークで結成されて生み出された作品ということが伺えますね。

映画という絆で結ばれたメンバーがお届けする本作にますます期待が高まります。

スポンサーリンク

映画『だれもが愛しいチャンピオン』の作品情報


(c) Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE
【日本公開】
2019年(スペイン映画)

【原題】
CAMPEONES(英題:CHAMPIONS)

【監督・共同脚本・編集】
ハビエル・フェセル

【脚本】
ダビド・マルケス

【日本語字幕】
金関いな

【キャスト】
ハビエル・グティエレス、フアン・マルガージョ、アテネア・マタ

映画『だれもが愛しいチャンピオン』のあらすじ


(c) Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE
プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。

ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇された揚げ句、知的障がい者のバスケットボールチーム“アミーゴス”を指導することに。

アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコでしたが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せていき…。

スポンサーリンク

まとめ


(c) Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

本記事ではヘスス・ビダルが演じるマリンの魅力が凝縮された紹介映像と授賞式での感動的なスピーチ映像をふまえてお届けしました。

バスケットボール・コーチとアミーゴスとの奮闘の日々を描いた映画『だれもが愛しいチャンピオン』

実在するチームに着想を得た 心温まる感動ストーリーを本年の締めくくりに、そして新たな年の幕開けにぜひご覧ください。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

『宵闇真珠』オダギリジョー演技力のみならず映画に音楽も提供!ドイル監督の映像がさらに幻想的に

『ブエノスアイレス』『恋する惑星』など、映画史に燦然と輝く傑作を多数撮ってきた世界的撮影監督クリストファー・ドイル。 彼が監督を務めた映画『宵闇真珠』(よいやみしんじゅ)が 12月15日(土)にシアタ …

新作映画ニュース

オーランド・ブルーム映画『復讐の十字架』あらすじとキャスト。新宿シネマカリテにて7月22日公開!

25年前の忌まわしき記憶が蘇り、男は復讐の鬼と化す――。 © WSG Film Romans Ltd 2016, All Rights Reserved オーランド・ブルーム主演で贈る慟哭のリベンジ・ …

新作映画ニュース

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』あらすじ/キャスト/公開日。予告編で見る尾道でのタイムリープとは!?

20年振りに故郷「尾道」で撮影。 大林宣彦監督が圧倒的な映像世界で贈る最新作! 大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきました。 (C)2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC …

新作映画ニュース

『凱里ブルース』映画本編動画/上映館。注目のビーガン監督作から話題のワンシークエンスショットを紹介!

『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督がその名を知らしめた初長編が待望の日本公開。 2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開予定の映画『凱里ブルース』。 中国新世 …

新作映画ニュース

4DX上映劇場情報『ボヘミアン・ラプソディ』と『刀剣乱舞 ~結びの響、始まりの音~』

伝説のバンド『クイーン』その意気様が世界を変えた感動の物語を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』4DX。 そして全世界初となる2.5次元ミュージカルの4DX化という、圧巻の新次元コラボが実現したミュージ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学