Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/05
Update

映画『だれもが愛しいチャンピオン』あらすじとキャスト。実在の障がい者バスケットボールチームから着想を得た物語とは

  • Writer :
  • 石井夏子

スペイン・アカデミー賞で3冠達成。
障がいを持つ俳優が出演。

プロのバスケットボール・コーチとハンディキャップ・チーム“アミーゴス”の出会いと絆を描き、2018年、スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で作品を含む3部門を制した『CHAMPIONS』

国内で大ヒットを記録し、その後各国の映画祭でその名を轟かせ、アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選出された話題作です。

日本でも、2019年6月に開催されたスペイン映画祭2019にて特別上映されるやいなや、会場は熱気に包まれ、映画ファンの心を掴みました。

そして、満を持しての日本公開が、2019年12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAで決定、さらに邦題も『だれもが愛しいチャンピオン』に決まりました。

スポンサーリンク

映画『だれもが愛しいチャンピオン』について

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

本作には実際に障がいを持つ600人もの中からオーディションで選ばれた10名の“俳優”が出演しています。

バスケットボールのコーチ・マルコを演じるのは、『マーシュランド』(2014)『オリーブの樹は呼んでいる』(2016)のスペインを代表する俳優ハビエル・グティエレス

監督・共同脚本、編集を務めたのは『ミラクル・ペティント』(1998)『モルタデロとフィレモン』(2003)のハビエル・フェセル 。

その人情味あふれる語り口は、爽快且つ心温まるエンディングに結実、皆それぞれが愛しくて特別な存在であることを伝えています。

そして、あらゆる観客の想像を軽々と超えるラストに“チャンピオン”という言葉の本当の意味を噛み締めたくなることでしょう。

アミーゴスの面々の輝く笑顔が印象的なビジュアルと、人生迷走中の元プロリーグ・コーチのマルコとアミーゴスのみんなが楽しそうに万歳をしている姿を切り取った場面写真も併せてご覧ください。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』の作品情報

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

【日本公開】
2019年(スペイン映画)

【原題】
CAMPEONES(英題:CHAMPIONS)

【監督・共同脚本・編集】
ハビエル・フェセル

【脚本】
ダビド・マルケス

【日本語字幕】
金関いな

【キャスト】
ハビエル・グティエレス

スポンサーリンク

映画『だれもが愛しいチャンピオン』のあらすじ

プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。

ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇された揚げ句、知的障がい者のバスケットボールチーム“アミーゴス”を指導することに。

アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコでしたが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せていき…。

まとめ

参考:主演俳優ハビエル・グティエレスのツイッター

スペイン中に“アミーゴス旋風”を巻き起こした感動作がついに日本上陸です。

邦題を『だれもが愛しいチャンピオン』と改め、2019年12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにてロードショーされます。

スペイン版アカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞にて11部門ノミネート、作品賞を含む3部門でトリプル受賞、米アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表作品にも選出された本作にご期待下さい。


関連記事

新作映画ニュース

下北沢映画祭2019グランプリ受賞は大森歩監督『春』。深田晃司ら審査員のトークセッションの紹介も

第11回下北沢映画祭は2019年10月13日(日)〜14日(月)に開催 クリエイティブとカルチャーが暮らす街・下北沢を代表するイベントの一つであり、下北沢における映画の祭典「下北沢映画祭」は、2019 …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『ロード・インフェルノ』の感想紹介。おすすめホラーの見どころをシネマダイバー増田健が考察!

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!『ロード・インフェルノ』をあらすじ紹介 ジャンル映画の佳作から怪作・珍作まで、世界のあらゆる映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】」。 今回 …

新作映画ニュース

『餓鬼が笑う』あらすじ/キャスト/映画公開日/上映館。平波亘監督が田中俊介を主演に描くモスクワ国際映画祭出品!

第44回モスクワ国際映画祭正式出品作 「第44回モスクワ国際映画祭」アウト・オブ・コンペティション部門に正式出品された平波亘監督『餓鬼が笑う』。 (C)OOEDO FILMS この度、映画『餓鬼が笑う …

新作映画ニュース

【恵比寿映像祭2023】開催場所を東京都写真美術館にて内容テーマを発表!映像とアートの国際フェスティバルを渋谷・恵比寿で開く

15回目を迎える恵比寿映像祭2023 新進気鋭の作家4名が新作映像制作に取り組む注目のプロジェクト他、詳細を公開! 「恵比寿映像祭2023」 この度15回目を迎える恵比寿映像祭2023が、2023年年 …

新作映画ニュース

映画『ザ・プレイス』あらすじとキャスト。パオロ・ジェノヴェーゼ監督作品のメインビジュアル解禁!

『おとなの事情』のパオロ・ジェノヴェーゼ監督による最新作 『ザ・プレイス 運命の交差点』は、4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開。 アメリカの大ヒットしたワンシチ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学