Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/20
Update

【映画グッズプレゼント】『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』の直記ペンを5名様に

  • Writer :
  • 石井夏子

カンザス~NY間1,600 kmを直線ネットワークでつなぐ実話プロジェクトが映画化!
0.001秒に一生を懸けた男たちの物語。

アメリカンドリームを掴むために0.001秒の短縮に一生を懸けた熱き男たちの物語『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』が2019年9月27日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開されます。

通信速度短縮のため、カンザス州からニューヨークへ1,600kmの通信回線をまっすぐつなげようとする本作のプロジェクトにちなみ、【ひたすらまっすぐ!オリジナル直記ペン】を5名様にプレゼントいたします。

スポンサーリンク

映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』について

© 2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions

本作は『マネーボール』や『マネー・ショート 華麗なる大逆転』など数多くの映画化原作を持つマイケル・ルイス著「フラッシュ・ボーイズ10億分の1秒の男たち」にも記されている、株式の高頻度取引に絶対的勝利をもたらすため、カンザス州からニューヨーク証券取引所までの約1,600kmを直線のネットワークでつなぎ、0.001秒の時間短縮を目指した熱き男たちの実話を基にした物語です。

プロジェクトを発案する主人公ヴィンセントに『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジェシー・アイゼンバーグ

そのバディであり、従兄弟の天才プログラマ―、アントンに『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルド

そして、強烈なインパクトを与える2人の元上司エヴァに『フリーダ』でアカデミー賞主演女優賞ノミネートされたサルマ・ハエックを迎え、0.001秒の短縮に熱狂するベンチャー企業を描く人間ドラマが誕生しました。

プレゼントの詳細

© 2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions

この度、映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』の公開を記念し、【ひたすらまっすぐ!オリジナル直記ペン】を抽選で5名様にプレゼント致します。

協和工業株式会社の“3代目直記ペン”と本作がコラボした、定規がなくても簡単に直線が書け、更に、直線と通常のペンの2WAY仕様という、一人一本はマストの便利な【ひたすらまっすぐ!オリジナル直記ペン】。

このペンを使えば、目標に向かってまっすぐ突き進めること間違いなしです。

プレゼントの情報

【プレゼントグッズ】

画像:【ひたすらまっすぐ!オリジナル直記ペン】

©2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions

プレゼントの応募受付

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2019年10月4日(金)の23時59分まで有効

【当選者数】
5名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』の作品情報

© 2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions

【日本公開】
2019年9月27日(ベルギー・カナダ合作映画)

【原題】
The Hummingbird Project

【脚本・監督】
キム・グエン

【日本語字幕】
松浦美奈

【字幕監修】
松浦基晴

【金融監修】
阿部重夫

【キャスト】
ジェシー・アイゼンバーグ、アレクサンダー・スカルスガルド、サルマ・ハエック、マイケル・マンド

【作品概要】
脚本・監督はアカデミー賞外国語賞にノミネートされた『魔女と呼ばれた少女』(2012)のベトナム系カナダ人キム・グエンが務めました。

「ゾンビランド」シリーズや『ソーシャル・ネットワーク』(2010)『カフェ・ソサエティ』(2017)のジェシー・アイゼンバーグが若く精力溢れるヴィンセント役。

俳優一家の長男として生まれ、その長身と演技力、端麗な容姿でファンを増やし続けているアレクサンダー・スカルスガルドが、本作では髪を剃り落とし、頭は切れるが毛の薄いアントンを演じます。

彼らに立ち向かうエヴァ役は『デスペラード』(1995)『フリーダ』(2002)『五日物語 3つの王国と3人の女』(2015)のサルマ・ハエックです。

映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』のあらすじ

© 2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions

野心家のヴィンセントと従兄弟の天才プログラマーのアントンは、カンザス州のデータセンターからNY証券取引所を、直線1,600kmの光回線で繋ぎ、従来よりも0.001秒速いネットワークを実現するプロジェクトを立ち上げました。

これが実現すれば、株式の高頻度取引(ミリ秒単位の高速で株の売買を行うシステム)において、年間500億円以上の利益を得られるようになるんです。

しかし彼らの前には、一万件の土地買収など、苦難に次ぐ苦難が立ちふさがり…。

スポンサーリンク

まとめ

© 2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions

2019年9月27日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショーの映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』

その公開を記念し、『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』オリジナル直記ペンを抽選で5名様にプレゼント致します。

協和工業株式会社の“3代目直記ペン”と本作がコラボした、この特別なグッズを手に入れましょう。

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』オリジナル直記ペンプレゼントにぜひふるってご応募ください

関連記事

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャスト廣田朋菜インタビュー動画。監督や共演者と過ごした舞台裏を語る

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 鹿宮(カグウ)役の廣田朋菜インタビュー動画 女だけが暮らす山奥の集落を舞台へ、人類学者の女性が現れた事で、村に暮らす母 …

新作映画ニュース

映画『Eggs 選ばれたい私たち』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。卵子提供を題材に女性の生き方を描く

結婚も出産もしなくても、子どもができるとしたら? 2018年タリン・ブラックナイツ映画祭出品作品『Eggs 選ばれたい私たち』。 (C)「Eggs 選ばれたい私たち」製作委員会 映画『Eggs 選ばれ …

新作映画ニュース

映画『カウンセラー』ユーロスペース公開日が2022年3月19日に正式決定!想像絶する“不穏”が伝わる新場面写真も解禁

42分間、究極の短編怪奇心理サスペンス。 映画『カウンセラー』は2022年3月19日(土)よりユーロスペース渋谷にて2週間レイトショー上映! 2021年10月・下北沢トリウッドでの封切り後の同館アンコ …

新作映画ニュース

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』スー役はSUMIRE!演技力の評価とプロフィール

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は2021年11月5日に劇場公開及びNetflixにて全世界同時配信予定。 燃え殻による恋愛小説を原作とした『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、2021 …

新作映画ニュース

映画『天井棧敷の人々 4K修復版』あらすじ/日本公開日/上映館。予告動画で愛のセリフが蘇る!

作品生誕75周年。 全世界映画史に燦然と輝き続ける金字塔的傑作が今、4Kで甦る! コロナ禍で新作洋画の公開が限定的になっている中、良質な外国映画を求めて『ひまわり 50周年 HDレストア版』や「生誕1 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学