Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/10/02
Update

イ・ビョンホン映画『それだけが、僕の世界』あらすじとキャスト。兄弟の絆を描いた感動作品とは

  • Writer :
  • かりごめあき

母に捨てられ、拳だけを信じて生きてきた元プロボクサーの兄。母だけを信じて生きる、サヴァン症候群の弟。兄弟の思いがけない再会は、やがて家族の絆を紡ぎだす…。

韓国を代表する俳優イ・ビョンホンと、注目度No.1の新鋭パク・ジョンミンが、兄弟の絆を描き出した感動作!

韓国映画『それだけが、僕の世界』は、TOHOシネマズ シャンテほかにて12月28日(金)より公開です。

スポンサーリンク

映画『それだけが、僕の世界』とは


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

かつては、東洋チャンピオンであった元プロボクサーの兄ジョハ(イ・ビョンホン)は、今や定職も住む場所もない生活を送っていました。

偶然17年前に別れた母親(ユン・ヨジョン)と再会し、今まで会ったことも聞いたこともない、サヴァン症候群の弟ジンテ(パク・ジョンミン)と一つ屋根の下暮らすことになります。

生きてきた境遇も得意なことも好きなことも全く違う兄弟が、初めて出会い起こる数々の出来事を通して、徐々に心を通わせていきます。

そして本当の兄弟、家族となっていく姿を、ユーモアと温かい感動で描いた作品です。

映画『それだけが、僕の世界』のキャスト

兄ジョハ/イ・ビョンホン


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

作品ごとに毎回違うジャンルとキャラクターで魅了してきたイ・ビョンホンが、本作では韓国版『ひとつ屋根の下』とも言われる大ヒットドラマ『Happy Together』以来の不器用な男を演じています。

寡黙で粗暴、そして単純な性格だが、実は情の深い、人間味溢れたキャラクターで観客の心を見事に掴みました。

弟ジンテ/パク・ジョンミン


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

サヴァン症候群を患いながらも、天才的なピアノの才能を持つ弟という難役に挑んだのは、韓国映画界が最も熱い視線を注ぐパク・ジョンミン。

『空と風と星の詩人~尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯~』などで、徹底した役作りには定評があり、今回も撮影3か月前からピアノを猛特訓し高度なクラシック曲の数々を、吹き替えなしで演奏しています。

母親/ユン・ヨジョン


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

母親には、実力派女優ユン・ヨジョン。

『ハウスメイド』など映画はもちろん、最近では韓国のバラエティ番組『ユン食堂』で人気を博しています。

その華奢な体には背負いきれないような重い過去を持ちながら、17年振りに再会したもう1人の息子にも弟同様に惜しみない愛を注ごうとする母親の姿は、涙なくしては見られません。

スポンサーリンク

映画『それだけが、僕の世界』のポスタービジュアル


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

ジョハとジンテが寄り添い、見つめる先には兄弟の希望があるような温かいビジュアルとなっています。

弟ジンテの目線で描かれる“初めて会った兄さんは、僕に夢見るとこを教えてくれた”というキャッチは、まったく違った人生を生きた兄弟が出会ったことで、これから起こる奇跡を感じさせます。

映画『それだけが、僕の世界』の作品情報

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
Keys to the Heart

【監督】
チェ・ソンヒョン

【キャスト】
イ・ビョンホン、パク・ジョンミン、ユン・ヨジョン

【作品概要】
母に捨てられ、自信の拳だけを信じて生きてきた中年ボクサーの兄と、母だけを信じて生きるサヴァン症候群の弟、互いの存在を知らずに生きてきた兄弟の再会を描いた感動作。

『王になった男』『天命の城』などで知られる韓国の大スター、イ・ビョンホンが兄ジョハを、弟ジンテは、『アントラージュ~スターの華麗なる人生~』などに出演している韓国映画界注目の若手実力派俳優パク・ジョンミンが好演。 

スポンサーリンク

映画『それだけが、僕の世界』のあらすじ


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

かつて東洋チャンピオンにまでのぼり詰めたが、40を過ぎた今は見る影もなく落ちぶれ、その日暮らしをしているボクサーのジョハ(イ・ビョンホン)。

少年の頃、母は家を出ていき父は刑務所に入り、孤独の中で自分の拳だけを頼りに生きてきた彼は、ある日数十年ぶりに母と再会します。

そして、サヴァン症候群を患う弟ジンテ(パク・ジョンミン)の存在を初めて知りました。

母の家に転がり込んだジョハは、母の不在の間、天才的なピアノの腕を持つジンテが著名なコンテストに出られるように世話をして欲しいという母の願いを聞き、弟の面倒を見始めますが…。


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

まとめ


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

『国際市場で逢いましょう』『あの日、兄貴が灯した光』などの韓国映画を超える、家族の絆を描いた感動の物語『それだけが、僕の世界』。

母に捨てられた過去を持ち、今は落ちぶれた中年ボクサーの兄と、母なしでは生きていけないサヴァン症候群の弟。

それぞれの世界だけで生きてきた兄弟の再開が起こす家族の奇跡とは!

映画『それだけが、僕の世界』は、12月28日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーです。

劇場を温かい涙で包み込みます。

関連記事

新作映画ニュース

『彼女たちの革命前夜』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。キーラ・ナイトレイたちが演じるミスコンをぶっこわす大騒動

前代未聞の大騒動を描く『彼女たちの革命前夜』は2022年6月24日(金)より全国順次公開 『はじまりのうた』(2015)のキーラ・ナイトレイが主演を務め、テレビシリーズ「サード・デイ ~祝祭の孤島~」 …

新作映画ニュース

韓国映画『ディヴァイン・フューリー/使者』あらすじ/キャスト/公開日。パク・ソジュンがアクションで新たな魅力を発揮!

若き格闘家とベテラン神父が悪に挑む 新次元エクソシズム・アクション・エンターテイメント。 本国で大ヒットを記録し、日本でもテレビドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』としてリメイクされた大ヒットポリ …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの永作博美は養子縁組の母親・佐都子役を熱演【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

深田晃司監督×筒井真理子が放つ衝撃の映像。映画『よこがお』予告編と場面写真解禁!

深田晃司監督が挑む新たなる衝撃作。 待望の予告編が解禁! (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 2016年『淵に立つ』で、第69 …

新作映画ニュース

染谷将太×戸田恵梨香映画『最初の晩餐』あらすじとキャスト。予告編と場面写真が解禁!

父の遺言は、目玉焼きでした。 思い出の味で家族の時間を取り戻す、唯一無二の、新しいおみおくり。 染谷将太主演、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが家族に扮した映 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学