Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/09
Update

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ディケンズ代表作をデヴ・パテル主演で映像化!

  • Writer :
  • 石井夏子

奇想天外でまさかの感動を呼ぶ大作家誕生!?物語。

イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの代表作『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』で世界をブラックな笑いに包みこんだアーマンド・イアヌッチ監督の待望の最新作『The Personal History of David Copperfield』(原題)。

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

邦題を『どん底作家の人生に幸あれ!』とし、2021年1月22日(金)にTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国公開が決定しました。

あわせて日本版ポスタービジュアルと場面写真が一挙解禁となります。

スポンサーリンク

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』について

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

原作は19世紀イギリスの国民的作家で、今年2020年が没後150年にあたるチャールズ・ディケンズの代表作『デイヴィッド・コパフィールド』。

文豪自ら「著作の中で一番好きだ」と公言していたこの小説は、ディケンズの自伝的要素が強いことでも有名で世代を問わず世界中から愛されています。

本作の監督を務めたのは、『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ監督

チャールズ・ディケンズの長年のファンであるイアヌッチ監督は「ディケンズの第8作目である『デイヴィッド・コパフィールド』を読み返したとき、これは現代に通じる物語だと感じた」と映画化を決意。

人間の不屈の精神を讃える名作をコミカルによみがえらせ、国境がなくなりつつある現代に合わせ、世界中の演劇界や映画界から色とりどりの豪華キャストを迎えました。

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

主人公デイヴィッドを演じるのは『LION/ライオン~25年目のただいま~』『ホテル・ムンバイ』のデヴ・パテル

さらに不遇な少年期を過ごしたデイヴィッドを助ける裕福だが気性が激しい叔母役に『サスぺリア』のティルダ・スウィントンデイヴィッドに爬虫類のように付きまとう奇妙な世話係に『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のベン・ウィショー

そのほか『トゥモローランド』のヒュー・ローリー、『パディントン』のピーター・キャパルディなど名優たちが勢ぞろいしました。

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』日本版ポスタービジュアル

今回あわせて解禁となった日本版ポスタービジュアルでは、デヴ・パテル演じるデイヴィッドを、一癖も二癖もある“愛すべき変人たち”が取り囲み、彼の山ありオチありの波乱万丈な人生を予感させます。

場面写真から垣間見られる、ビクトリア時代のイングランドを見事に再現した世界観にも注目です。

スポンサーリンク

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』の作品情報

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

【日本公開】
2021年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
The Personal History of David Copperfield

【原作】
『デイヴィッド・コパフィールド』チャールズ・ディケンズ著(新潮文庫刊、岩波文庫刊)

【監督】
アーマンド・イアヌッチ

【キャスト】
デヴ・パテル、ピーター・キャパルディ、ヒュー・ローリー、ティルダ・スウィントン、ベン・ウィショー

【日本語字幕翻訳】
松浦美奈

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』のあらすじ

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

デイヴィッドは少年の頃、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいました。

優しい母と家政婦の3人で幸せに暮らしていたデイヴィッドですが、暴力的な継父の登場によって人生が一変。

都会の工場へ売り飛ばされ、強制労働のハメに。しかも里親は、借金まみれの老紳士だったんです。

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

歳月が過ぎ、ドン底の中で逞しく成長した彼は、母の死をきっかけに工場から脱走。

たった一人の肉親である裕福な伯母の助けで、上流階級の名門校に通い始めたデイヴィッドは、今まで体験した“作り話”を同級生に披露して人気者になります。

さらに、令嬢ドーラと恋に落ち、卒業後に法律事務所で働き始めた彼は、順風満帆な人生を手に入れたかに見えました。

ですが、彼の過去を知る者たちによって、ドン底に再び引き戻されようとして…。

果たして、デイヴィッドの数奇な運命の行方は!?

スポンサーリンク

まとめ

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

すべてを失っても綴り続けた、愛すべき変人たちとの《物語》が完成した時、彼の人生に“奇跡”が巻き起こります。

本作は、2019年トロント国際映画祭でのプレミア上映、ロンドン映画祭でのオープニング上映などで注目され、イギリスでは大ヒット。

Times紙も「困難をポジティブに変える魔法のような映画!」と絶賛し、映画批評サイトRotten Tomatoes(ロッテントマト)では92%FRESHと高評価(11/2現在)を受ける話題作です。

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』は、2021年1月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国公開です。

2021年は、大笑いと、大粒の涙で、《人生大逆転》の幕が上がることでしょう。





関連記事

新作映画ニュース

岡山天音映画『踊ってミタ』あらすじとキャスト。公開日は2020年3月7日に決定した飯塚俊光監督作の上映リポート!

“踊り”を通して夢をとりもどしていく 観るものを熱くするヒューマン・ダンスムービー ユーモア溢れるヒューマン・ダンスムービーに思わず踊ってみたくなるかも!? 映画『踊ってミタ』が2020年3月7日より …

新作映画ニュース

福島拓哉映画『モダン・ラブ』欧州三冠記念で下北沢トリウッドにて凱旋上映!

欧州三冠記念!リピーター続出の話題作が下北沢に凱旋。 長編映画『モダン・ラブ』上映決定と、短編『LEGACY TIME』も併映! 初公開となった6月のトリウッドの上映では、リピーターが続出するなど大盛 …

新作映画ニュース

映画『ハリエット』あらすじ。キャストのシンシア・エリヴォが実在の隷解放運動家を演じる!

ゴールデングローブ賞で主演女優賞&主題歌賞にノミネート! 隷解放運動家、ハリエット・タブマンの激動の人生を、2020年1月に日本でミュージカルコンサートが予定されているミュージカルスター、シンシア・エ …

新作映画ニュース

アイ・ウェイウェイ映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』難民問題の真実を描く

世界的な現代美術家アイ・ウェイウェイ監督最新作の公開決定! 映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月シアター・イメージフォーラム他全国ロードショー。 全世界に警鐘を鳴らす、衝撃の難民ドキ …

新作映画ニュース

映画『レニ』アップリンク渋谷にて公開。初日トークショーのゲストに石坂健治(日本映画大学学部長)の登壇を予定

ドキュメンタリー映画『レニ』は、1月19日(土)よりアップリンク渋谷にて公開決定。 ©OMEGA FILM GmbH/NOMAD FILMS 1993 初日1月19日(土)午前10:15の回の上映終了 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP