Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説|おすすめSFベストランキング5選。Netflixから見どころある作品をシネマダイバー糸魚川悟が紹介

  • Writer :
  • 糸魚川悟

Netflix独占配信SF映画おすすめ5選を動画で紹介

映像配信サービス「Netflix」より、配信権を独占したNetflix独占配信映画から「SF映画」に絞りオススメ作品をご紹介。

NETFLIX映画 『スペクトル』

シネマダイバーの糸魚川悟が厳選して、動画にて映画解説をいたします。

スポンサーリンク

糸魚川悟映画あらすじ解説動画:14分27秒

NetflixのSF作品は、この5本を観ておけば間違いなし!

シネマダイバー:糸魚川悟のプロフィール

映画ライターとして、主にSF映画やホラー映画を得意として執筆しています。

2018年6月より、映画感想レビュー&考察情報サイト「Cinemarche」内で、連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」の執筆を担当し、現在では117回(2020年8月29日現在)を迎えました。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

NetflixオススメSF映画①:『エクスティンクション 地球奪還』

【原題】
Extinction

【配信】
2018年(アメリカ映画)

【監督】
ベン・ヤング

【キャスト】
マイケル・ペーニャ、リジー・キャプラン、マイク・コルター、アメリア・クラウチ、エリカ・トレンブレイ

【作品概要】
映画化されていない脚本を共有し、映画製作者とのマッチングを行う会員制サイト「ブラックリスト」に登録されていた作品をベン・ヤングが映像化したSF映画。

主演を務めたのは『アントマン』(2015)や『オデッセイ』(2015)で存在感のある登場人物を演じたマイケル・ペーニャ。

【あらすじ】
空から襲撃してきた侵略者によって人々が殺される夢にうなされるピーター(マイケル・ペーニャ)。

精神科で同じ夢を見ている男に出逢い自身の夢を疑い始めた矢先、空から宇宙船が現れ街を攻撃し始め…。

スポンサーリンク

NetflixオススメSF映画②:『ARQ:時の牢獄』

【原題】
ARQ

【配信】
2016年(アメリカ・カナダ合作)

【監督】
トニー・エリオット

【キャスト】
ロビー・アメル、レイチェル・テイラー、ショーン・ベンソン、グレイ・パウエル、ジェイコブ・ニーエム、アダム・ブッチャー

【作品概要】
脚本家トニー・エリオットによって制作されたNetflix独占配信SF映画。

『トランスフォーマー』(2007)やNetflix独占配信ドラマシリーズ「ジェシカ・ジョーンズ」に出演するレイチェル・テイラーがヒロインを演じました。

【あらすじ】

突然部屋に押し入ってきたガスマスクをした男たちから逃れる途中、階段から転落し死亡したレントン(ロビー・アメル)。

しかし、次の瞬間、ガスマスクの男たちが部屋に押し入ってくる数秒前の状態で目を覚まし……。

NetflixオススメSF映画③:『スペクトル』

【原題】
Spectral

【配信】
2016年(アメリカ映画)

【監督】
ニック・マチュー

【キャスト】
ジェームズ・バッジ・デール、エミリー・モーティマー、ブルース・グリーンウッド、マックス・マーティーニ

【作品概要】
『アイアンマン3』(2013年)や『ザ・ウォーク』(2015年)に出演したジェームズ・バッジ・デールが主演を務めたミリタリーSF映画。

共演としてリブート版映画『スター・トレック』(2009)でクリストファー・パイクを演じたブルース・グリーンウッドが出演しました。

【あらすじ】
同盟軍と反乱軍による戦争が長く続く東欧のモルドバで、目に見えない「何か」に襲われた米軍の兵士。

その「何か」の正体を突き止め兵士の動揺を止めるため、国防高等研究計画局のクライン(ジェームズ・バッジ・デール)は現地を訪れますが…。

スポンサーリンク

NetflixオススメSF映画④:『BLAME!』

【配信年】
2017年(日本映画)

【監督】
瀬下寛之

【キャスト】
櫻井孝宏、花澤香菜、雨宮天、宮野真守、早見沙織

【作品概要】
アニメ化もされた漫画「シドニアの騎士」で有名な弐瓶勉の初連載となった漫画シリーズをNetflix日本初のオリジナル作品として映像化した作品。

監督はアニメシリーズ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』で総監督を務めた瀬下寛之。

【あらすじ】
制御を失った「建設者」と呼ばれるロボットによって無限に構造物の増築が進められる世界。

食料を失い飢餓に直面した村を救うため村を離れたづる(声:雨宮天)は、人間を襲う機械生命体に襲われていたところを霧亥(声:櫻井孝宏)によって救われ……。

NetflixオススメSF映画⑤:『ブラックミラー:バンダースナッチ』

【原題】
Black Mirror: Bandersnatch

【配信】
2018年(アメリカ・イギリス合作)

【監督】
デビッド・スレイド

【キャスト】
フィオン・ホワイトヘッド、ウィル・ポールター、アリス・ロウ、クレイグ・パーキンソン

【作品概要】
圧倒的な人気を誇るイギリス産SFオムニバスドラマ「ブラックミラー」シリーズ初の映画作品。

クリストファー・ノーラン監督の映画『ダンケルク』(2017)で、陸軍兵士側主人公トミー二等兵を演じたフィオン・ホワイトヘッドが主演を務めました。

【あらすじ】
実家で父と暮らすステファン(フィオン・ホワイトヘッド)は、選択によって物語を変えられる小説「バンダースナッチ」をゲーム化する構想を抱えていました。

天才ゲーミングプログラマーを有する時流に乗る会社へ企画を持ち込んだステファンは、期限までに作品を完成させることを求められますが……。

まとめ


(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

いかがでしたか。「SF」と言う新たな発想が求められるジャンルにおいて「Netflix独占配信作品」は、常に一歩先を行こうと奮闘している作品ばかり。

「空いた時間に何を観ようかな」とお困りのSF好きのアナタにご紹介させていただいた5作を楽しんでみてくださいね。

本記事に使用した解説動画は、《映画メディア「アマゴチャン MOVIE A GO GO」》で制作された動画で、本サイト「Cinemarche」と業務提携をおこなっている姉妹サイトです




関連記事

新作映画ニュース

奥原浩志映画『黒四角』DVDレンタルと発売。隠れた名作SFと呼ばれた作品内容とは

奥原浩志監督の最高傑作が5年の歳月を経て待望のDVD化! 2012年に東京国際映画祭正式上映作品としてお披露目された後、2014年に劇場公開された奥原浩志監督の『黒四角』。 国内外のメディアから高い評 …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2019情報】スプラッシュ部門に『猿楽町で会いましょう』が選出!2020年に渋谷シネクイントで上映が決定

その嘘は、本当ですか? 業界大注目の俳優・金子大地とネクストブレイク必至の石川瑠華がW主演するラブストーリー『猿楽町で会いましょう』。 Ⓒ2019オフィスクレッシェンド    本作が第32回東京国際映 …

新作映画ニュース

桂歌丸出演作の特集上映『映画ミーツ落語』開催!横浜シネマリンにて2月15日より公開

故 桂歌丸出演映画の特集上映開催。 弟子の桂歌助のナマ落語もあり。 横浜シネマリンにて、2020年2月15日(土)より21日(金)までの1週間限定で特集上映『映画ミーツ落語 銀幕でも輝く、歌丸さんに会 …

新作映画ニュース

映画『ゾンビランド ダブルタップ』日本語吹替版の声優キャスト解説と見どころ紹介

ゾンビランド誕生から10年。 新たにパワーアップして再び集結! アカデミー賞俳優たちに『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が集結し、再びゾンビ社会の幕開けです。 映画『ゾンビランド:ダ …

新作映画ニュース

松浦りょう・曽田陵介らで無料動画を配信!ドラマ『追いかけてキス3』の亀山睦実監督が新シーズンで描く胸キュンな恋愛とは

「触れられない時代のあたらしいキス」を探そう。 『いなくなれ、群青』や『劇場版パタリロ!』等を制作したノアド株式会社のオリジナルSNSドラマコンテンツ『追いかけてキス』のシーズン3が制作中です。 SN …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP