Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Netflix映画『BLAME!』あらすじネタバレと感想評価。続編を期待させる結末でづるとシボを迎えたものは

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

Netflix映画『BLAME!』はNetflixにて配信中!

“生き延びろ―”

世界中のクリエイターを魅了し続ける弐瓶勉の原点であり、海外からも圧倒的な支持を得てきた『BLAME!』が2017年についにアニメ化されました。

『シドニアの騎士』の監督、スタッフが再集結し全世界を震撼させたNetflix映画『BLAME!』をご紹介します。

スポンサーリンク

Netflix映画『BLAME!』の作品情報


(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
瀬下寛之

【キャスト】
櫻井孝宏、花澤香菜、雨宮天、宮野真守、洲崎綾、島崎信長、梶裕貴、西山宏太郎、森なな子、山路和弘、佐倉綾音、畠中祐、山下大輝、長南翔太、豊崎愛生、早見沙織、

【作品概要】
『シドニアの騎士』で知られる弐瓶勉のデビュー作をアニメ化した本作はアニメ版「ゴジラ」三部作で知られ、『シドニアの騎士』のアニメ化においても監督を務めた瀬下寛之とポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を行っています。

主人公・霧亥に櫻井孝宏を迎え、花澤香菜、雨宮天、山路和弘、宮野真守ら実力、人気共に十分な豪華キャストが揃っています。

遠い未来の世界で「都市」を旅する青年・霧亥の姿とそこで出会う人々との交流、人類を排除しようとする「都市」との戦いを描きます。

Netflix映画『BLAME!』のあらすじとネタバレ


(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

かつて人間は「都市」を支配し栄華を誇っていました。

しかし、人間が「感染」したことにより、都市は人間を排除し始めます。

こうして人間は都市を追われ、支配者を失った都市は長い時をかけて自己増殖を繰り返していきました。

都市を追われ、生き残った人間の住む村の少女、づる(雨宮天)は仲間とともに都市を目指しています。

目的は、食糧難に喘ぐ村に食料を持ち帰る事、そのために大人達に黙って、都市へ向かっていました。

都市にたどり着いたづる達ですが、食料は見つからず、都市を監視する「監視塔」と呼ばれるシステムに見つかってしまいます。

都市を守る「セーフガード」と呼ばれる機械に追われる、づる達。

仲間は次々と殺され、づるも追い詰められてしまいます。

しかし、そこに謎の男が現れ、づる達が見たことのない武器でセーフガードを一掃します。

驚くづるに男は、ネット端末接続遺伝子を持つ人間を探していると告げます。

「ネット端末接続遺伝子」の意味が分からないづるは、村の大人なら分かるかもしれないと思い、霧亥‐キリイ‐(櫻井孝宏)と名乗る男を、生き残った仲間と共に村へ連れていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『BLAME!』ネタバレ・結末の記載がございます。『BLAME!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

村の入り口で村を収める「おやっさん」と呼ばれる男と、捨造(宮野真守)という若者が出迎えます。

おやっさんは都市内を渡り歩く「旅人」である霧亥を村のしきたりに従って招き入れました。

霧亥の話が聞きたいというおやっさん(山路和宏)は捨造を伴い、自室へ向かいます。

その途中、自分たちが「電基漁師」であり、食料を求めて狩りをしていることを伝えました。

づるも合流し、霧亥はネット端末遺伝子を持つ人間を探していることをおやっさん、捨造に告げます。

おやっさんはかつて、感染前の人間がネット端末遺伝子を持っており、都市を支配していた事を話し、村の真下、「くされ祠」と呼ばれる場所でネット端末遺伝子という言葉を聞いたそう。

すぐさま向かおうとする霧亥におやっさんは案内を申し出、霧亥、づる、おやっさん、捨造はくされ祠に向かいます。

くされ祠についた4人の前に亡霊が現れますがそれは朽ちたアンドロイドが出していたホログラムでした。

アンドロイドはシボ(花澤香菜)と名乗りますが霧亥が求めるネット端末遺伝子を持っていません。

しかし、「自動工場」に連れて行けというシボはそこで偽装端末を作成し都市に接続できると語ります。

その証拠に、かつてシボは都市への接続を試み、一定範囲をセーフガードの干渉対象から除外する「防電装置」を開発、その結果、づる達の村はいままでセーフガードに襲われることはありませんでした。

その話を聞き、シボを連れ、自動工場に向かおうとする霧亥におやっさんは協力を申し出ます。

おやっさんは霧亥の行動が、村の状況を打破するのではと考えていました。

おやっさんは仲間を集め、霧亥と共に自動工場を目指し、数日後たどり着きます。

そこで、霧亥とシボは偽装端末、村人たちは大量の食糧を手に入れますが、セーフガードに見つかってしまいます。

セーフガードの大群に追い詰められるづる達ですが、新しい体を手に入れたシボに助けられます。

シボは捨てられていた車両に村人たちを乗せ、脱出を図りますがセーフガードの追撃はやみません。

霧亥は銃から放つ光線でセーフガードを一掃、しかし、意識を失ってしまいました。

村に帰ったづる達は持ち帰った食料で亡くなった者たちの弔いの宴を開きます。

その最中、防電装置が破壊されます。破壊したのはづるの友人、タエでした。

自動工場へ行く村人に加わっていたタエはそこで人型のセーフガードと遭遇、殺害されてしまっており、人型セーフガードはタエに偽装、村に紛れ込んでいました。

サナカン(早見沙織)と名乗る人型セーフガードは次々に村人を殺害していきます。

駆け付けた霧亥はサナカンと対峙、その頃、シボは偽装端末で都市への接続を試みていました。

村には、セーフガードが押し寄せ、づる達は村にある塔へ村人を避難させます。

激闘の末、霧亥はサナカンを撃破、時を同じく、づる達は村を襲ったセーフガードの撃退に成功。

その頃、シボは都市の中枢にたどり着きますが、戦闘によりシボの体の大半と偽装端末が破壊され、接続することができません。

しかし、セーフガードが管理を放棄した区域の場所の情報を持ち帰ります。

おやっさんはシボの情報により、壊滅した村を捨てる決意をし、生き残った村人たちは移動を始めます。

しかし、移動する途中でセーフガードに見つかってしまいました。

霧亥はづる達が逃げる時間を稼ぐため、一人、セーフガードに立ち向かいます。

爆炎の中に消える背中、それが、づるが見た霧亥の最後の姿でした。

時は流れ、村人たちは新天地で栄え、代を重ねていきます。

そして、どこかの都市を探索の旅を続ける霧亥の姿がありました。

スポンサーリンク

映画『BLAME!』の感想と評価


(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

『BLAME!』は「感染」と呼ばれる危機に瀕した人類が高度に発達した「都市」から廃絶された未来の世界で生きる人たちが描いたSF作品です。

本作は3DCGで描かれているため、従来のアニメ作品では表現できない立体感や迫力ある演出が見事でした。

例えば、いくつも重なった『都市』の複雑な建物を立体的に表現することにより、リアリティを感じさせる表現や、霧亥が放つ光線が奥から手前に発射されるシーンなどは、その威力が広範囲に渡る事を視覚的印象付けるとともに迫力のある映像になっていました。

荒廃した都市とは対照的に高度に発達したセーフガードや高い技術力をうかがわせる、づるたち電基漁師の装備、霧亥が操る武器など独特の世界観が作りこまれていました。

また、本作は冒頭から、電基漁師の少年少女たちが駆ける場面から始まり、世界観の説明がほとんどなされず物語が進んでいきます。

これは『感染』と呼ばれる危機から非常に長い時間が経過しており、登場人物の誰もが現在の世界の状況を正確に把握できていないことを表現し、観客に世界観を「考える」のではなく「感じる」ようにし、そこで生きるキャラクターたちに共感できるようにしているのではないかと感じました。

特に、主人公・霧亥は失われた技術で体が構成されていたりまるでロボットのように無口で無表情なキャラクターですが、その表情、言動から窺えない強い意志を持った人物でした。

印象に残ったのは、村から逃げ出す人々を守るため、一人、セーフガードに立ち向かっていく姿は「人間」と定義するにはあまりに特異すぎる霧亥が感情を持った「人」であることを強く現していたように感じました。

まとめ


(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

本作『BLAME!』はその独特な世界観で日本を始め海外でも高く評価され、日本初のNetflixオリジナル作品として全世界に配信されています。

本作は原作の一部、電基漁師のエピソードを中心に原作者・弐瓶勉監修の元、再構成してアニメ化をしており、原作では霧亥は旅を続け行く先々で新たな人々と出会い、また、多くの危難に見舞われます

本作のエンディングでも旅を続ける霧亥の姿が描かれてました。

霧亥の行き先に何が待ち受けているのか、彼が訪れた旅先で、また出会えることを期待します。 


(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

関連記事

アニメ映画

『劇場版 幼女戦記』感想と評価。音響監督・岩浪美和の極上音響や爆音へのこだわりとは

2017年に放送されたテレビシリーズの続編を描いた『劇場版 幼女戦記』 『劇場版 幼女戦記』は公開一ヶ月で全国的に拡大公開となる快進撃を続け、トークショー付き上映会、応援上映、4DXでの上映拡大と、ま …

アニメ映画

アラーニェの虫籠あらすじと声優監督紹介!2018年公開アニメ映画

坂本サク監督は2018年公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』を現在制作中。 坂本サクといえば、2004年に公開された押井守監督の『イノセンス』ではデジタルエフェクトとしてスタッフ参加。また、NHK「 …

アニメ映画

ドラえもん映画2020 のび太の新恐竜|ネタバレあらすじと感想評価レビュー。ピー助とひみつ道具がオマージュとして登場!

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』は2020年8月7日(金)より全国ロードショー。 「ドラえもん」の漫画の連載開始から50周年、さらに1980年に公開された長編第1作目『映画ドラえもん のび太の恐竜』 …

アニメ映画

映画『夜は短し歩けよ乙女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

累計売上120万部を超える森見登美彦さんの同名原小説を待望のアニメーション映画化! 青春恋愛ファンタジー映画『夜は短し歩けよ乙女』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『夜は短し歩け …

アニメ映画

映画『ルパン三世THEFIRST』あらすじネタバレと感想。宮崎駿のカリオストロの城(1979)への郷愁のオマージュ

史上初の3DCG映画『ルパン三世 THE FIRST』 不朽の名作、宮崎駿監督の1979年の『ルパン三世 カリオストロの城』から40年。史上初の3DCGによる劇場版が完成しました。 誰もが知るモンキー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP