Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『エクスティンクション 地球奪還』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)や『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)など、数多くの名脚本を世に出したことで知られる脚本公開サイト「ブラックリスト」。

「ブラックリスト」に登録された多数の脚本家による映画化未着手の脚本を閲覧・評価可能な登録者になるためには、厳しい審査を通過した映画人でないといけないと言う条件があります。

そのため、「ブラックリスト」で評価された映画の中にはアカデミー賞を受賞するほどの作品も多くあり、日々映画化権を多数の映画人が奪い合っています。

そんなわけで、今回は「ブラックリスト」に登録された脚本から映画化されたNetflix先行配信映画『エクスティンクション 地球奪還』を紹介させていただこうと思います。

スポンサーリンク

映画『エクスティンクション 地球奪還』の作品情報

【公開】
2018年7月27日(Netflix先行配信)

【原題】
Extinction

【監督】
ベン・ヤング

【キャスト】
マイケル・ペーニャ、リジー・キャプラン、マイク・コルター

【作品概要】
Netflixで先行配信されたSFアクション映画。

主演は『アントマン』(2015)や『オデッセイ』(2015)で存在感のある登場人物を演じたマイケル・ペーニャ。共演にNetflixオリジナルドラマ『ルーク・ケイジ』で主演を勤めるマイク・コルターなど。

映画『エクスティンクション 地球奪還』のあらすじとネタバレ

ピーターは毎日、空から何者かが襲撃してきて次々と人が殺される夢を見ます。

その夢と多忙な日々のせいで妻のアリス、娘のハンナ、ルーシーとの関係もギクシャクしつつあるピーターは、仕事中に滅多にしないミスをしてしまい仕事仲間のデヴィッドに心配されます。

都市開発のプレゼンを成功させたアリスは、家族と過ごすためその日は早く帰ることにします。

しかし、ピーターは職場で意識を失っている最中にまたも悪夢を見て、家族と約束した埠頭に行く予定には間に合いませんでした。

悪夢は日を重ねるごとに展開していき、遂にピーターは医者にかかることを決意しますが、病院の待合室で全く同じ夢を見ている男に出会ったことで、これが予知夢ではないかと考えはじめ、医者とは会わず家に帰ってしまうのでした。

夢の中では空からの侵略者を一度は撃退したものの、もう一度また宇宙人が来るとデヴィッドが言うシーンを見たりと、自分の知っている人たちが次々と夢に登場します。

自宅で行われた、妻主催のパーティの最中も空を見上げるピーターは、友人のレイとその妻から不評を買います。

しかし、その話しの最中に、空から降ってきた飛行艇のような物体に攻撃され、街は戦場となり崩壊を始めていきます。

自宅のマンションから、同じマンション内にあるレイの家に行ったハンナを探すため、ルーシーとアリスを自分の部屋に置いていったピーターとレイは、止まったエレベーターの中でハンナを発見します。

それぞれの娘とともに階段を上るピーターたちはマンションの中に侵入した侵略者が人を殺しているのを目撃。

アリスとハンナに合流し、アリスに夢との類似点を聞かれるピーターは夢と順序が違うことを話します。

夢ではデヴィッドと共闘してることから、仕事場を目指すことを提案するピーターですが、バリケードを築いた自室にも侵略者がやってきます。

ハンナを襲おうとした謎の戦闘服を着た侵略者をアリスと共に倒したピーターは家族全員を連れ自宅を出ます。

屋上で途中ではぐれたレイの家族と合流したピーターたちは、リフトを使いマンションからの脱出を試みますが、途中でリフトが壊れ、途中の階で降りることを余儀なくされます。

一方、ピーターが自室で倒した侵略者が意識を取り戻し、ピーターが持って行った銃の位置を発信器から特定。

敵の銃を解析し、生体認証がかかっていることを知ったピーターは10ブロック先にある仕事場の工場を目指しますが、飛行船の撃ったミサイルによってレイたちが死亡してしまいます。

銃を改造し、使えるようにしたピーターは敵を射殺するとマンションから脱出し、工場へ繋がるトンネルへと入りますが、飛行船による攻撃でアリスが横腹に深い傷を負ってしまいます。

夢と展開が違うことに違和感を覚えるピーターでしたが、子供たちを守ってとお願いするアリスを励ましながら工場を目指すのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『エクスティンクション 地球奪還』ネタバレ・結末の記載がございます。『エクスティンクション 地球奪還』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

銃を追ってきた侵略者と遭遇し、掴み合いの戦いに勝ち侵略者のヘルメットを外したピーターは、侵略者が若い人間の青年であることを知り驚愕します。

意識を失ったアリスを青年に運ばせるピーターたちは工場に辿りつき、デヴィッドたちと合流しますが、デヴィッドたちの手際の良さに、彼は今回の襲撃を予期していたのではと勘付くのでした。

アリスを手持ちの器具だけでは救えないと言われたピーターでしたが、デヴィッドたちに捕らえられた青年が自分なら救えると言います。

侵略者の攻撃が始まり、避難のため娘たちを先に逃がしたピーターは、青年によるアリスの治療を見届けることにします。

青年がアリスの腹を切り開くと中には見たこともないような機械が詰まっていました。

ピーターが「これはなんだ」と驚愕しつつ青年に聞くと、青年は「自分が何者なのかわかってないのか」と発言し、ピーターは侵略者こそが人間で、自分たちは機械で出来た人造人間であったことを悟るのでした。

電力をアリスに供給しなければ助からないと言われたピーターは自分の電力をアリスに供給するため、青年の言うとおりに胸を切り開きます。

自分の中にも機械が詰まっていることを確認し、ピーターは青年の言うことが正しいことを理解するのでした。

青年による電力の移動が行われている最中、ピーターは気を失い、全てを思い出します。

自分たちは人造人間であり、かつて人造人間の暴走を恐れ人造人間を全て破壊しようとした人間を逆に撃退したことや、自分の雇い主が人間だからと言う理由で殺されたハンナとルーシーを家族にしたこと、そして人造人間の多くが過去の記憶を消し、人として生きる選択をしたことをフラッシュバックさせます。

空から襲ってきた敵、妻や娘との合流、デヴィッドと撃退した記憶、毎日見る悪夢は予知夢ではなく、過去に自分たちが人間と戦争をした時の記憶でした。

青年の尽力によって何とかアリスが命を取り留め、ピーターは青年と和解します。

記憶を取り戻し戦争のことを語るピーターは、青年が人造人間と戦った2代も先の人間であり、人間は現在火星に住んでいて、人造人間から地球を取り戻すと言う名分で、過去に何があったかも知らずに戦地へと来てることを知ります。

青年と話すのもつかの間、ついに人間たちが工場へと入り込み、工場も戦地となります。

マイルズと名乗った青年がピーターたちを見送り、ピーターはデヴィッドと合流し人造人間が逃げ込むための地下鉄に乗り込みます。

ハンナとルーシーとも再会し、デイヴィッドから多くの人造人間が罪悪感から逃れるために記憶を消していたことや、一部の人造人間は人間に対抗する準備をしていたことを話されます。

脱出に成功したピーターは敵も自分たちとそう変わらない存在であり、そのことをお互いが理解し合う未来の可能性を想うのでした。

スポンサーリンク

映画『エクスティンクション 地球奪還』の感想と評価

空からやって来た侵略者に攻撃を受け、ただひたすらに逃げたり、あるいは戦ったりする映画はSF映画では珍しいジャンルではありません。

ホラーテイストであれば『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(1956)であったり、娯楽作品であれば『インディペンデンス・デイ』(1996)など、手を変え品を変え数多くの作品が作られてきました。

今作もそんなプロットの作品ではあるのですが、主人公が日々襲われる悪夢から始まり、違和感を覚えたまま侵略者との戦闘が始まるなど、他の作品とは少し違ったテイストで物語が進んでいきます。

特に主人公が抱くことになる「違和感」の正体が明らかになる終盤と、全てが分かった後で感じる「戦争の不毛さ」はこのジャンルではあまり感じ得ないもので、今作が「ブラックリスト」で評価を受けた理由が分かる作品でした。

まとめ

主演のマイケル・ペーニャは今まで、“陽気な東洋系”や、“とにかくおしゃべり”と言った笑いが多い役者でしたが、今作ではそんな演技を封印し、笑い無しのシリアスな役を演じきっています。

作品内に重厚な雰囲気が漂うのも彼の演技によるところが強く、今までとは違った渋い一面を堪能することが出来る作品でもあります。

陽気な演技を再び見れる『アントマン&ワスプ』(2018)の公開前に、こちらを鑑賞してみてはいかがでしょうか。

関連記事

SF映画

映画『こどく/蠱毒ミートボールマシン』あらすじとキャスト。西村喜廣監督が描く世界観

個性派俳優の田中要次が映画初主演作を果たした『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』のディザービジュアルがネットに解禁されました。 高橋一生が出演した『ミートボールマシン』の続編で、『シン・ゴジラ』『進撃 …

SF映画

映画『KINキン』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。SFサスペンスで“未知の武器を発見”した兄弟をジャック・レイナーとマイルズ・トゥルイットが演じる

男同士の家族愛と絆がひかるSFサスペンス! ジョナサン・ベイカーとジョシュ・ベイカーの兄弟が監督を務めた、2018年製作のアメリカのSFサスペンス映画『KIN キン』。 未知の武器を発見した14歳の少 …

SF映画

映画『ターミネーター』あらすじネタバレと感想。ラストシーン必見のシュワちゃん人気シリーズの原点

1984年に公開されたSF映画『ターミネーター』は、人気シリーズの原点。 “ヤツは誰にも止められない!” 未来からやってきた殺人マシーン『ターミネーター』による恐怖と戦慄に立ち向かう女性、サラと彼女を …

SF映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー3|ネタバレ感想。ラストまでのあらすじと解説

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』は、シリーズ3作目にして完結編となる作品です。 エメット・ブラウン博士、通称ドクと呼ばれている科学者が発明したタイムマシン「デロリアン」で、主人公が過去や未 …

SF映画

『東京喰種トーキョーグール』ネタバレ!感想と考察も。映画続編は?

2017年7月29日より全国公開された漫画家・石田スイの大人気コミック実写化『東京喰種トーキョーグール』。 人肉を食べて生きる喰種(グール)に襲われたことがきっかけで、半喰種になってしまった金木研の葛 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学