Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2022/01/09
Update

アルマゲドン|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。SFおすすめでマイケルベイ監督が人類滅亡の危機が迫る地球を描く!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

第71回アカデミー賞視覚効果賞ほか3部門ノミネートされたSFアクション超大作!

マイケル・ベイが製作・監督を務めた、1998年製作のアメリカのSFアクション超大作『アルマゲドン』。

アメリカ・テキサス州並みの大きさを誇る小惑星の接近により、18日後に人類滅亡の危機に瀕した地球を救うべく、宇宙へ飛び立った14人の男たちの姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

60億の人類の明日を託された14人の男たちの死闘を描き、1999年第71回アカデミー賞視覚効果賞ほか3部門ノミネートされた、ブルース・ウィリス主演のSFアクション映画『アルマゲドン』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『アルマゲドン』の作品情報


(C)2013 Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer, Inc. All Rights Reserved

【公開】
1998年(アメリカ映画)

【脚本】
ジョナサン・ヘンズリー、J・J・エイブラムス、ロバート・タウン、アン・ビダーマン、スコット・ローゼンバーグ

【監督】
マイケル・ベイ

【キャスト】
ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リヴ・タイラー、ウィル・パットン、スティーヴ・ブシェミ、ピーター・ストーメア、キース・デヴィッド、ウィリアム・フィクトナー、マイケル・クラーク・ダンカン、オーウェン・ウィルソン、ビリー・ボブ・ソーントン、クリス・エリス、ジェイソン・アイザックス、ケン・ハドソン・キャンベル、ジェシカ・スティーン、グレイソン・マッコーチ、ショウニー・スミス、マーシャル・R・ティーグ、ウド・キア、J・パトリック・マコーマック、グレイス・ザブリスキー、ジョン・メイホン、スタンリー・アンダーソン

【作品概要】
「バッドボーイズ」シリーズや「トランスフォーマー」シリーズなどを手掛けた、マイケル・ベイが製作・監督を務めたアメリカのSFアクション作品。

1999年第71回アカデミー賞視覚効果賞ほか3部門ノミネートされ、同年に第22回日本アカデミー賞外国作品賞にノミネートされた作品です。

「エクスペンダブルズ」シリーズや「RED」シリーズ、「ダイ・ハード」シリーズなどに出演しているブルース・ウィリスが主演を務めています。

映画『アルマゲドン』のあらすじとネタバレ


(C)2013 Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer, Inc. All Rights Reserved

恐竜が跋扈していた頃の地球は、緑濃い豊穣な惑星でした。けれど、幅10キロの巨大な岩が降ってきたことで、その緑の惑星を変えました。

その破壊力は核爆弾1万個分です。1兆トンの土と岩が大気中に飛び散り、厚い塵の層となって千年もの長い歳月、太陽光線を遮りました。

これと同じことが必ず、もう一度起きます。問題は、それがいつ起こるかです。

それから6500万年後。アメリカ航空宇宙局「NASA」と交信していたスペースシャトル「アトランティス」が、人工衛星を修理中、突如交信が途絶えてしまいます。

NASAの総指揮官ダル・トルーマンの指揮の下、NASA全職員で事故直前の映像を解析・調査した結果、彗星が小惑星帯に突入し、小惑星片を四散させた流星群が直撃し爆発したことが判明。

さらに、その流星群は地球の大気圏を突破し、フィンランド方面から北米海岸へ隕石の雨を降らせ、アメリカ・ニューヨークなどの都市に壊滅的打撃を与えたことが分かりました。

さらなるNASAの調査の結果、テキサス州並みの大きさを誇る小惑星本体が、時速3万5000キロで地球に接近し、18日後に地球に衝突することが判明したのです。

この小惑星が地球に衝突すれば、どこに落ちようと人類の滅亡は必須。そう予測したトルーマンたちは、小惑星が地球に衝突するのを回避するべく、アメリカ海軍総司令官キムジー将軍や国防省、NASAに所属する宇宙物理学の天才科学者ロナルド・クインシー博士と小惑星対策会議を開くことにしました。

小惑星が地球に衝突するまであと17日。NASAで開かれた小惑星対策会議で、クインシー博士は「小惑星に穴を掘り、核爆弾を埋め込んで爆破する」と提案しました。

この案を採用したトルーマンたちは、アメリカ空軍とNASAが極秘裏に共同開発した、頑強なチタニウム製の精密を極めた宇宙船であるスペースシャトルX-71型、「フリーダム号」と「インディペンデンス号」の2機を発射させ、67分後にロシアの宇宙基地(ステーション)とドッキング。

単独で18ヵ月宇宙飛行しているロシア人宇宙飛行士レヴ・アンドロボフ大佐の指示の下、燃料である液体酸素を補給。補給後は月に向けて60時間飛行し、月を一周して背後から小惑星に近づく。

シャトルは岩肌が切り立った小惑星の中で軟らかい地表に着陸し、2班に分かれて掘削作業を開始。小惑星の地面240m掘って核爆弾を埋め込み、その場から脱出してから遠隔操作で爆破させる。

そうすることで、破壊された小惑星は軌道がズレて、地球にぶつからないはずと、計画を立てました。


(C)2013 Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer, Inc. All Rights Reserved

任務に赴く優秀な宇宙飛行士6人を揃えたところで、トルーマンたちは任務遂行に欠かせない掘削のプロを召集することにしました。

トルーマンたちが声を掛けたのは、その業界で知らない者はいないほどの腕前を持つ石油採掘の達人、ハリー・スタンパーです。

トルーマンは当初、ハリーに宇宙飛行士たちに掘削の訓練をつけてもらう予定でしたが、彼らが掘削の素人であることを知ったハリーは、小惑星の掘削作業は自身が三代目社長を務める石油会社「スタンパー・オイル」で働く石油掘削員と自分でやると言い出しました。

トルーマンたちがこれを承諾し、ハリーがNASAに呼んだ石油掘削員は7人。まず1人目は、大柄な黒人で通称ベアーと呼ばれているジャスティーン・カーリー。

2人目は、腕に「大好きなママ」とタトゥーを彫るほどのマザコンで、肥満気味なマックス・レンナート。

3人目は、猟犬みたいに女を追う女たらしな一方で、12歳でウェスティングハウス科学賞を受賞するほどの頭脳を持つ地質学者のロックハウンド。

彼が石油掘削員になった理由は、「2年半教鞭をとっていたプリストン大学よりも今の仕事の方が報酬が良く、爆薬を使えるから」でした。

4人目は、地質学に詳しいカウボーイ気取りの男オスカー・チョイ。5人目は、優秀なエンジニアでハリーの右腕的存在“チック”・チャールズ・チャップル。

6年間アメリカ海軍の特殊部隊にいたことがある彼は、趣味のギャンブルが理由で妻と息子と別居中。6人目は喧嘩っ早いフレディ・ヌーナンです。

7人目は、ハリーが結婚を反対しているグレースの恋人A.J.フロスト。石油を探し当てる才能がある彼は、自分の勘だけを頼りにスタンドプレイに走ってしまうため、よくハリーに怒られては反抗しています。

ハリーたちは、NASAで身体検査と心理テストを受けた後、共に宇宙へ飛び立つチームメイトである、インディペンデンス号の機長デイヴィス大佐と副操縦士のタッカー。

フリーダム号の機長ウィリアム・シャープ空軍大佐と副操縦士のジェニファー・ワッツ、核爆弾の取り扱いを担当する乗組員のグルーバーとハルジーと顔合わせを行いました。

そして、ハリーたちは彼らを入れて2班に分かれ、800ターボ馬力のドリルを取りつけた掘削装置「アルマジロ」を使った掘削訓練や、宇宙飛行に欠かせない訓練に明け暮れる日々を送っていきました。

そんな中、特大プールを使って無重力状態を想定したアルマジロの掘削訓練中、A.J.が自分の勘だけを頼りにスタンドプレイに走ってしまい、変速機を壊してしまいました。

激怒したハリーは、反抗するA.J.と衝突。その後、幾分か落ち着いたハリーは、トルーマンとシャープ大佐にこう言いました。

「訓練に疲れたせいで皆、任務の重要性を見失いかけている。しかも無理にNASAに連れてこられて、精神的にも限界だ」

「地球での最後の夜になるかもしれないから、出発まで10時間休息を与え、皆に家族の顔を見させてやってくれ」

計画実行の前日。10時間自由の時間を得たチックたちは、思い思いの時間を過ごしました。チックは別居中の妻子の元を訪れ、妻にこう言いました。

「今までの全てのことを君に謝りたかった。これから君が誇れるような仕事をしてくる」

「誰からとは言わなくていいから、あの子にこれ(スペースシャトルのおもちゃ)を渡しておいてくれ」

その日の夜。NASAは東アジアに隕石が接近していることを観測。その11分後に、隕石は中国・上海に落下し壊滅的打撃を与えました。

これにより、アメリカが機密情報扱いとして秘匿していた小惑星のことと、小惑星を破壊する計画が世界中の人に知れ渡ってしまいました。

計画実行日、フロリダ州にあるケネディ宇宙センター。スペースシャトルの打ち上げ12時間前、ハリーはグレースとある約束をしました。

「(母親が出て行って以降、石油採掘場で屈強な男たちに育てられたことで、ハリーに反抗していたことを)謝りたいの」

「謝ることなど何もない。お前をあちこちの石油採掘現場に連れて行ったりして、俺は酷い父親だった」

「私は楽しかったわ。ママのこともハリーのせいではない、私たち2人のせいよ」

「愛しているわ。必ず戻ると約束して」「ああ、約束する」「もう1つお願い、彼を連れて戻ってきてね」

以下、『アルマゲドン』ネタバレ・結末の記載がございます。『アルマゲドン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2013 Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer, Inc. All Rights Reserved

それから12時間後の午後6時半。ハリーたち選ばれし14人の男は、NASAの職員やグレースに見送られながらシャトル2機に分乗し、小惑星へ向けて飛び立っていきました。

その際、ニュースでチックの姿を見た彼の妻は、父親の顔を知らずに育った息子に、「あれがあなたのパパよ」と言っていました。

シャトル発射から67分後、手筈通りロシアの宇宙基地とドッキングし、ハリーたち燃料班6人はレヴの指示の下、燃料の補給作業に入りました。

しかし燃料の補給中、宇宙基地の老朽化のせいで燃料が漏れ、燃料区画で火災が発生。やむを得ず液体酸素の供給を止め、ハリーたちは急いでシャトルに退避することにしました。

火災によってあちこちで爆発が起きる中、封鎖されてしまった燃料区画に取り残されてしまったA.J.とレヴは、天井裏にあるマイナス100度の脱出経路を通って何とか脱出。

A.J.たちは間一髪のところでインディペンデンス号に乗り込み、フリーダム号にいるハリーたちと共に爆発する宇宙基地から脱出することが出来ました。

新たにレヴが加わったハリー一行は、手筈通り月の周りを一周し、小惑星の背後に回り込んで着陸を試みます。

しかし、小惑星から放出される障害物が多すぎて、障害物回避レーダーを使っても回避しきれず、インディペンデンス号の主エンジンに被弾。

機体が損傷し制御不能に陥ったインディペンデンス号は、岩肌が切り立つ小惑星へ墜落。オスカーやヌーナン、デイビス・タッカー・ハルジーが死んでしまいましたが、A.J.・レヴ・ベアーは無事でした。

A.J.たちはアルマジロに搭載された機銃を使い、シャトルの壁面を壊してシャトルから脱出。ハリーたちと合流しようとします。

一方、ハリー・チック・ロックハウンド・マックス・シャープ大佐・ワッツ・グルーバーが乗るフリーダム号は、予定していた着陸地点からズレてしまったものの、何とか小惑星に着陸。アルマジロでの掘削作業に取り掛かります。

しかし、着陸した地盤が鉄鉱脈の上だったため、ドリル2個と変速機が壊れてしまい、掘削作業は難航してしまいました。


(C)2013 Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer, Inc. All Rights Reserved

それに業を煮やしたアメリカ合衆国大統領は、クインシー博士曰く「宇宙物理学の劣等生」である大統領科学顧問の案である、「小惑星の地表でリモート爆破させる」を強行するようキムジーに命じるのです。

トルーマンたちやグレースの反対を押し切り、シャープ大佐とキムジーたちアメリカ空軍は、核爆弾のタイマーを起動。それにハリーとチックが気づき、外で待つマックスとロックハウンドに急いで避難を呼びかけ、何とか核爆弾の起動を止めようとします。

トルーマンは現場にいるハリーたちを守るべく、部下のワスラーにアップリンク(衛星通信、あるいは衛星放送や衛星中継を利用するときに、地球局から通信衛星に向けて送信される通信経路)を切るよう命じ、核爆弾のリモート爆破を妨害しようとしました。

その結果、キムジーたちアメリカ空軍から下された核爆弾への指示は取り消され、数分だけですが時間を稼ぐことに成功。

異変に気づいたマックスたちがハリーたちの元へ着た頃、ケネディ宇宙センター内ではトルーマンたちとキムジーたちアメリカ空軍が、現場ではハリーたちとシャープ大佐とグルーバーがそれぞれ真っ向から対立。

「俺たちを殺すために宇宙へ連れてきたのか?」「核爆弾の爆破を見届けるためだ」

「自分の頭では考えず、16万キロ彼方にいる大統領の命令を優先するのか?人類の運命が、俺たちに懸かっているんだぞ」

「自分の娘と俺の家族の命に懸けて誓うか?」「俺は30年間、目標の深度に到達できなかったことはない。今回も必ず240m掘ってみせる」

リモート爆破まで残り45秒。自信に満ちたハリーの言葉を信用し、シャープ大佐は「起爆装置を止めよう」と言って、グルーバーと一緒に解除作業に取り掛かります。

その結果、残り3秒前でタイマーは停止。見事核爆弾のリモート爆破を阻止してみせたハリーは、回復したNASAとの交信でこう宣言しました。

「俺は娘に必ず帰ると約束した」「悪いが、最後まで穴を掘らせてもらう」

その後、変速機とアルマジロのヘッドを交換し、順調に掘削作業が進められていましたが、突如地殻変動による地割れが発生。

そのせいでアルマジロのガスが噴射し、操縦していたマックスは逃げ遅れてしまい爆死してしまいました。

ハリーたちはトルーマンに任務失敗と報告。誰もがこのまま滅亡の時を待つしかないのかと諦めかけたその時、A.J.たちがアルマジロに乗ってハリーたちと合流したのです。

小惑星が地球に衝突するまであと1時間。ハリーたちはA.J.たちと一緒に、最後の1台となったアルマジロで掘削作業を再開します。

小惑星が地球に衝突するまであと38分。どうにか目標深度まで掘削することが出来たハリーたちは、掘った穴に核爆弾を埋め込もうとしますが、突如隕石流がハリーたちに襲来。

グルーバーが死んでしまった挙句、遠隔起爆装置が隕石流で壊れてしまい、リモート爆破できなくなってしまったのです。

誰か1人残って、核爆弾を手動で起爆させなければなりません。ハリーたちは悩んだ末、くじ引きで誰が残るか決めることに。

小惑星が地球に衝突するまであと10分。ベアー・チック・ロックハウンド・シャープ大佐・ワッツがシャトルに残り、ハリーは1人残ることになったA.J.を見送ろうとします。

A.J.がシャトルから出た直後、ハリーは彼の酸素マスクをわざと外し、自身の宇宙服から剥ぎ取ったミッション・ワッペンをトルーマンに渡すよう言い、無理矢理彼をシャトル内に戻します。

それは出発前、足に障害があるためNASAの技術部にしかいけなかったトルーマンが、本当はミッション・ワッペンをつけた宇宙飛行士になりたかったことを、ハリーに打ち明けていたからです。

「娘を幸せにすることが、お前の仕事だ」「俺はお前を息子のように思っていた、自慢の娘婿だ」

そう言ってA.J.と別れたハリーは、搭乗したアルマジロから、ケネディ宇宙センターとシャトルへの通信をつなげ、グレースたちにこう言いました。

「グレース、すまないがお前との約束は守れない」「A.J.は皆を救ってくれた、チックにも世話をかけた」

「A.J.を大切にな、お前たちの結婚式に出たかった」………この時、グレースは久しぶりにハリーのことを、パパと呼んでいました。

シャープ大佐とワッツは小惑星から離陸しようとしますが、故障してエンジンが点火しません。

するとレヴが、「ロシアの修理方法だ」と言ってレンチでコントロールパネルを叩くと故障が直り、始動したフリーダム号は無事脱出。

地殻変動が起きる中、ハリーはグレースへ思いを馳せながら起爆スイッチを押し、核爆弾は彼を巻き込んで爆発しました。

小惑星は大気圏突入前に真っ二つに割れ、地球から600キロ軌道が逸れて、隕石は蒸発しました。

フリーダム号は無事ケネディ宇宙センターへ帰投し、グレースとA.J.は生きてまた会えたことを喜び合いました。

チックは駆け寄ってきた息子を抱きあげ、家族3人で喜びを分かち合いました。A.J.はトルーマンに、ハリーから託されたミッション・ワッペンを手渡しました。

スポンサーリンク

映画『アルマゲドン』の感想と評価


(C)2013 Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer, Inc. All Rights Reserved

凄腕の石油掘削員たちが、まさか滅亡の危機に瀕した人類を守るために小惑星を掘削しに宇宙へ飛ぶとは、誰も予想できない展開と設定でした。

ハリーも当初、トルーマンから協力を依頼された時は「嘘だろう!」と驚いていましたが、正義感が強い彼はその場で協力することを決めました。

それからというもの、ハリーとNASAからの召集で集まったチックたちは、「ハリーが言うなら」と皆危険を承知の上で、彼と共に宇宙へ行くことを決めます。

怖くて誰か1人辞退してもいいぐらい危険な任務であるはずなのに、チックたちがそれを言うところを見ると、ハリーがどれだけ仲間に慕われているか、そのカリスマ性と統率力の高さを感じられます。

それに何より、任務中にマックスが死んだ時、インディペンデンス号が墜落した時、ハリーは誰よりも悲しんでいました。A.J.が燃料区画に取り残されてしまった時も、彼が1人小惑星に残ることになった時も、ハリーは彼を救おうと必死でした。

そんなハリーの姿を観ていると、彼も自分を慕ってくれている仲間のことをとても大切に想っていることが分かって、彼らの絆の強さに感動します。

互いに信頼し合い助け合うハリーたちが全員、無事に帰還して欲しいと思うほど彼らに魅了されるため、作中でマックスたちが死んでしまったことや、最後ハリーが起爆スイッチを押した場面は悲しすぎて涙が止まりません

まとめ


(C)2013 Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer, Inc. All Rights Reserved

石油掘削の達人とその仲間たち、優秀な宇宙飛行士と核爆弾の取り扱いを担当する乗組員14人の男が、滅亡の危機に瀕した人類を救うために宇宙へ飛び立つアメリカのSFアクション作品でした。

大統領の命令に従い、「小惑星の地表で核爆弾をリモート爆破させる」という現場にいる人間の命を蔑ろにした第2案を遂行しようとするシャープ大佐たちアメリカ空軍。

一見協力関係にあると思われたシャープ大佐たちの思わぬ行動に、ハリーたち同様、観ている人も作中で一番驚かされたことでしょう。

緊迫した空気が流れた両者の対立とは打って変わり、グレースとA.J.の愛と2人が戯れている姿はとても微笑ましいです。

エンドロールでは、グレースとA.J.の結婚式に、出席したベアーたちの隣に、この任務で殉職したハリーたちの写真が飾られていました

そしてハリーの分まで、ベアーたちがグレースたちの結婚を目一杯祝福している姿と、それを笑顔で受け取る2人の姿が描かれていました。

石油掘削員が小惑星を掘削する危険なミッションと、ミッションを通して絆を紡ぐ男たちの姿に感動させられるSFアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

SF映画

【猿の惑星:聖戦記】ネタバレあらすじと感想!グレート・ウォーの評価は

『猿の惑星』シリーズのプリクエル3部作、シーザーの物語がついに完結! 主演のアンディ・サーキスのアカデミー賞主演男優賞ノミネートが噂される話題作。 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』をご紹介しま …

SF映画

映画『リディバイダー』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

映画『リディバイダー』は、2018年6月9日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開。 現実世界VS複製世界、そこで生き残るのはひとつ⁈ 映画『美女と野獣』で野獣役を演じたダン・スティーヴンス主演 …

SF映画

『ゼログラビティ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

宇宙でたったひとりきり。地球に帰る為、数々の困難を乗り越えていく。 その姿に見ているこちらが酸欠になってしまいそうです。 世界の度肝を抜き2013年のアカデミー賞監督賞をアルフォンソ・キュアロンが受賞 …

SF映画

【ネタバレ】レミニセンス|あらすじ考察評価と結末の感想解説。SFハードボイルド捜査劇として“過去を振り返る”意味を描く【SF恐怖映画という名の観覧車161】

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile161 上手くいっていない「今」の瞬間や、今から地続きの「未来」に希望を抱けなくなったとき、人はどうしても自分が一番幸せだった「過去」を振り返っ …

SF映画

映画『スパイダーマン2』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの解説。ドクター・オクトパスの執念と信念に対して“戦意喪失のピーター”が見出した解答とは⁈

青年、ピーターが見出す“ヒーローの定義”とは トビー・マグワイア主演、サム・ライミ監督で贈るシリーズ第2弾『スパイダーマン2』。 グリーン・ゴブリンとの戦いから2年が過ぎたニューヨーク。ピーター・パー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学