Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『ジオストーム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ジオストーム』は1月19日(金)から全国ロードショーされています。

テクノロジーの推を集めた気象コントロール衛星を運営させから3年。突如、衛星が暴走を始めると世界各地で超異常気象を発生させます。

衛星の開発者である科学者ジェイクは、衛星の暴走した原因を突き止めようと単独で調査を始めますが…。

スポンサーリンク

1.映画『ジオストーム』の作品情報


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Geostorm

【製作・脚本・監督】
ディーン・デブリン

【キャスト】
ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ダニエル・ウー、エウヘニオ・デルベス、エド・ハリス、アンディ・ガルシア

【作品概要】
世界中の気候を制御コントロールする人工衛星が突如暴走。同時多発的に各地で異常気象による災害に襲われる原因を探求する者たちを描く危機に立ち向かう人々の姿を描いたパニックアクション映画。

『インデペンデンス・デイ』の製作&脚本を手掛けたディーン・デブリンが初監督デビューを果たし、『エンド・オブ・キングダム』のジェラルド・バトラー、『ワン・デイ 23年のラブストーリー』のジム・スタージェスがローソン兄弟役を演じ、その弟の恋人役を『プロヴァンスの贈りもの』のアビー・コーニッシュが熱演。

そのほか実力派のエド・ハリス、アンディ・ガルシアが脇を固めています。

2.映画『ジオストーム』のあらすじとネタバレ


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

2019年、アメリカと中国の二国間を中心に、世界17カ国が技術の推を集め共同で開発した、ダッチボーイと呼ばれる天候を制御管理するシステムを宇宙空間に国際宇宙ステーションとして構築します。

これより世界は大規模な自然災害の心配や恐怖から解放されました。

ダッチボーイを開発したエンジニアで総責任者でもあるジェイク・ローソンは、有能なスタッフたちとともに気象の監視を衛星で行っていました。

ある日ジェイクは、アメリカ上院議員の査問にかけられてしまいます。

ダッチボーイの管理者としての資質を問われたことに激怒したジェイクは、弟マックスが諌めるも議長に持論を展開させて罵倒します。

案の定ジェイクは役職を解任されてしまいます。そして後任に選ばれたのはマックスでした。

これにより兄弟の関係も危ういものになってしまいます。

2022年に、アフガニスタンの村が住民ごと凍りつくという超異常事態が発生しました。

国連の調査により原因はダッチボーイの誤作動によるものだということが判明します。

ダッチボーイを管理しているのはアメリカ合衆国ですが、管理権は2週間後に国連へと委譲されることになっていました。

大統領のアンドリュー・パルマは緊急会見を開き、管理権がアメリカの手から離れるまで、誤作動の事実を隠蔽して控えることを決定させます。

しかし、マックスは過失を認めて早急にダッチボーイの不具合を探し出し、修正をすると主張しました。

以下、『ジオストーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジオストーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

マックスの説得により大統領は、国際宇宙ステーションに人員を派遣することを許可すると、レナード・デッコム国務長官の薦めもあって、マックスは自ら兄ジェイクを国際宇宙ステーションに送らなければならなくなります。

任を解かれた後に離婚し、娘ハンナの成長を生きがいにしながら世捨て人のような生活を過ごしていたジェイクは、マックスからの依頼を1度は断ります。

しかし、自らの情熱をないものとすることに出来ないことから、宇宙国際ステーションに行く決断をします。

その頃、香港では地底からマグマが噴出して火災が発生して、高層ビルが次々に崩壊され、交通も寸断されるなどの大混乱に陥っています。

国際宇宙ステーションに到着したジェイクは、司令官のウーテ・ファスビンダーを始め、各国から集まったスタッフたちに迎えられます。

さっそくダッチボーイの不具合の調査を取り掛かるジェイクですが、管理システム全体に誤作動が発生します。

システムが破壊されてデータが喪失すると、ダッチボーイの修理は不可能となってしまいます。

一方で地球にいるマックスは、香港で任務についていた就いていたチェン・ロンから、ダッチボーイへのアクセスが不能になったと報告を受けました。

さらにチェンは地球全体が同時多発災害に見舞われる危険に瀕しているとマックスに警告。

ところが兄に変わり総責任者であるはずのマックスも、ダッチボーイにアクセスすることが出来ませんでした。

マックスは友人で政府のデータアナリストを任務するディナに協力を依頼しますが、自分のアクセス権まで何者かに阻止されている事実を知ります。

一方で国際宇宙ステーションの外に放り出されたデータドライブの回収作業に当たっていたジェイク。

彼の宇宙服のブースターの突然誤作動によって宇宙空間に放り出されそうになります。

間一髪で救助されたジェイクは、事故は何者かの手に寄った意図的に引き起こされたものだという疑念を抱きました。

ジェイクはウーテとともに真相の究明に乗り出し、ある恐ろしい結論に至ります。

国際宇宙ステーションにいたジェイクは、緊急事態の真相を衛星通信を使用して、地上のマックスに事件の真相をメッセージを暗号化して伝えました。

そしてすべての黒幕はホワイトハウス内部いる者の仕業と結論付けます。

兄ジェイクから聞いた情報をもとにマックスは、世界各地で起こる超異常気象はゼウス計画という世界同時テロだという事実を知ります。

また、ダッチボーイを使ったゼウス計画を実行できる犯人は、衛星に直接の指紋と網膜の認証でアクセス権を持っている唯一の人物であるパルマ大統領だと、計画の阻止に動くマックス。

彼はアメリカのオーランドにある巨大ドームで演説の式典を開催するパルマ大統領に接近します。

聴衆を前に演説する大統領の計画に気が付いていたマックスは、その場にいた信頼を寄せるレナード・デッコム国務長官に事件の真相を打ち明けます。

しかし、そのマックスに対してレナードは銃口を向けます。

実は黒幕は国務長官であるレナード・デッコムの方で、自ら権力を牛耳りたいがために。ダッチボーイを超兵器として使用したのです。

この急を要する事態にマックスは、自身の彼女でもある大統領警護班のシークレットサービスのサラ・ウィルソンとともに、ドームから大統領を拉致誘拐します。

一方でレナードの計画はパルマ大統領を巨大ドームに落雷を落とし暗殺する計画も盛り込まれていました。

絶え間ない落雷がオークランドの街中や巨大ドームを突き刺していきます。

さらに宇宙にあるダッチボーイは自爆装置が作動し、国際宇宙ステーションにいるスタッフたちは次々に避難用スペースシャトルで脱出を始めめます。

しかし、ダッチボーイの暴走を絶対に阻止したいジェイクは、再起動させるために宇宙ステーションに独り残ることを決めます。

地上にいるマックスはサラとともにパルマ大統領をタクシー搭乗させて、追いかけて来るレナードたちの追跡から逃げます。

宇宙からのダッチボーイの落雷の攻撃を交わしながら街中を逃走した末に、レナードたちも撃退したマックスとサラ。

救い出したパルマ大統領から再起動の認証を得ることに成功したマックスは、後を死を覚悟して独り国際宇宙ステーションに残ったジェイクに任せます。

ジェイクは自爆装置が起動し、ステーションのいたる所が破壊されて行くなか、独りダッチボーイの再起動に挑みます。

しかし、すんでのところで上手くドアが開けられないでいたジェイクの横に、シャトルで避難していたはずのウーテが助けてくれます。

彼女の協力によってダッチボーイの暴走による世界各国の同時多発災害は回避されました。

しかし、ジェイクとウーテは崩壊していく国際宇宙ステーションのなかで死の覚悟をします。

すると、崩れ落ちて行くステーションの中に残り1機の人工衛星を見つけたジェイクとウーテは、それに乗り込む努力を最後まで諦めませんでした。

2人は人工衛星に乗り込み、大爆発を起こした瞬間に大脱出。その後、救難信号を送ります。

すると信号をキャッチしたスペースシャトルに乗ったメキシコ人のヘルナンデスに、「メキシコ人に感謝しろ」と無事に救出されます。

地球に無事に生還を果たしたジェイクは、愛娘ハンナとマックスと初めての釣りを嗜みますが、退屈だから止めだと、ふたたび宇宙へ戻ることを決めました。

スポンサーリンク

3.映画『ジオストーム』の感想と評価


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

あの大物プロデューサーが初監督を務めていた⁈

本作『ジオストーム』を、またお決まりのディザスタームービーだろうと、勝手に思い込んでいた筆者は大いに反省させられました。

期待していた以上に楽しめる映画で、かつてB級映画が持っていたチャレンジ精神に満ちた味わいと、映画のお遊びに満ちた品格すら感じさせる作品に仕上がっています。

それもそのはず。

この作品を演出したのはディーン・デブリン。本作が監督デビュー作ですが、かつてローランド・エメリッヒ監督と一緒に映画界で一時代を築いた脚本家であり、プロデューサーです。

1992年の『スターゲイト』、1996年の『インデペンデンス・デイ』、1998年の『GODZILLA』、2000年の『パトリオット』などをあげれば、映画ファンのあなたなら、ああ見た、見たと頷くことでしょう。

そんな映画を知り尽くしたベテランのクリエーターが初めて演出をしたということもあり、「あれもこれもやりたい!」というのが作品の隅々にまで感じられるおもちゃ箱のような作品です。

あの作品もこの作品チャンポン映画!

本作に登場するあらゆるモチーフがスクリーンに映し出されると、過去の映画作品が脳裏に同じく投影されてきます。

気象パニック映画といえば、2004年の『デイ・アフター・トゥモロー』を思い出しますし、ダッチボーイという人工衛星の登場には、1979年の『007/ムーンレイカー』や1995年の『007/ゴールデンアイ』を想起させます。

それだけでなく国際宇宙ステーションの時限爆破装置は、1979年の『エイリアン』からの脱出サスペンスのお決まりパターン。

それだけでなく大統領警護の『ザ・シークレットサービス』だって、カーチェイスの『フレンチコネクション』だって、もちろん、宇宙飛行士帰還の『ゼロ・グラビティ』も盛り込まれています。

これこそブロックバスター映画というより、花のB級映画!王道まっしぐらという素敵な作品です。

これは嫌味ではなく、心の底から映画の持つ良い意味の俗っぽさにシビレますよ。

同時多発災害というテロの登場!

何よりこの作品が凄いことは、「宇宙」と「地上」ということなる場所を、ローソン兄弟の確執した「」と「」の関係で見せつつ、2つの場所から事件の真相を暴いていく構造です。

そこにこれまで上げたような映画の遊び心のモチーフを取り込んで、世界各地の超異常気象のビジュアル映像と、サスペンスを生み出して見せる異なる場所での同時進行のカット・バックされた編集の妙みです。

脚本もさることながら、この作品はサスペンス映画としての編集における、ひとつのお手本ともいえる作品ですから、エディターを担当したクリス・レベンゾンの技に惚れぼれしながら、名前も覚えていただきたいです。

あらためて映画の観客とは、傍観者として制限されたスクリーンの情報を全ての事実として認知して、あらゆる場所で起こっていることを全て知っている楽しみ(神の視線)を味わえることを楽しめる作品です。

ぜひ、そんな屁理屈よりも、あなたの想像しているより、うんと面白い作品ですよ。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

最後に少しキャストにも触れておきましょう。

本作をこれだけ面白い作品にしたのは、兄ジェイク・ローソンを演じたジェラルド・バトラー。

その弟マックス・ローソンのジム・スタージェスの2人の個性が共鳴し合っていたからでしょう。

物語のなかで同じ場所にいない2人が関係性を見せるという点において、それだけ演じる力のある俳優の証でしょう。

また、マックスの彼女役でシークレットサービスのサラ・ウィルソンも、タフで格好いいですよ!

さらには脇を固めた、これまたお決まりの癖のあるエド・ハリスやアンディガルシアなのだから、この作品が面白くない訳がない。

やはり演出やキャストそれぞれに、てんこ盛りなおもちゃ箱を引っ繰り返したような映画です。

映画『ジオストーム』は1月19日(金)から全国ロードショー中です。

劇場で鑑賞した方が素直に楽しめ、見ないと損する力作ですよ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

映画『パーフェクトストーム』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

一隻の漁船が北大西洋沖の漁場へと向かうが、そこに待っていたのは荒れ狂った海原に、経験したことのない30mに及ぶ巨大な波。 漁船の乗組員たちは無事帰還できるのか…。 実話を基に『U・ボート』『アウトブレ …

サスペンス映画

映画『68キル』あらすじとキャスト。トレント・ハーガ監督とは

映画『デッドガール』や『ザ・スリル』の脚本家として高い評価を受けているトレント・ハーガ。 彼が脚本と監督を手掛けた映画『68キル』は2018年1月6日より、特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」公 …

サスペンス映画

映画『キッスで殺せ!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

一人の女が残した大いなる謎とは一体…?! ソリッドかつクールな私立探偵マイク・ハマーが躍動する『キッスで殺せ!』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『キッスで殺せ!』の作品情報 【公開】 1955 …

サスペンス映画

三度目の殺人タイトルの意味考察と事件の真相を解説!広瀬すずは犯人?

“本当は、なんで殺したと思ってるんですか?本当のことに興味はないのかな、あなたはー。” 円熟期に達した是枝裕和監督、ついにホームドラマの枠を脱ぎ捨て、人間の罪の“真実”に挑み描いた作品、それが『三度目 …

サスペンス映画

悪と仮面のルール新木優子(ホステス香織役)の演技評価と感想!

芥川賞作家の中村文則によるサスペンス小説『悪と仮面のルール』を玉木宏主演で映画化。 ヒロインのホステス香織役に、テレビドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『100万円の女たち』『コード・ブルー …

日本映画大学
映画『アウトサイダーズ』
映画『タクシー運転手〜〜約束は海を越えて』
映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』