Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2023/10/21
Update

【ネタバレ】おまえの罪を自白しろ|映画あらすじ結末と感想評価の解説。主題歌音楽はイメージ通り⁉︎中島健人の野心と正義がサスペンスで炸裂

  • Writer :
  • 星野しげみ

国会議員の孫娘誘拐事件が暴く“真実”の行方は!?

人気作家・真保裕一の小説『おまえの罪を自白しろ』を、『アイ・アム まきもと』(2022)『謝罪の王様』(2013)の水田伸生監督が映画化しました。

ある騒動の疑惑の主である国会議員。その孫娘が誘した犯人の要求は、身代金ではなく、記者会見を開き「罪」を自白させることでした。守るのは家族か、政治家生命と国家か……記者会見を開くタイムリミットが刻々と迫ります。

主人公であり、国会議員である父の秘書を務める宇田家の次男・晄司を中島健人、孫娘を誘拐された国会議員・宇田清治郎を堤真一が演じています。

一筋縄ではいかない、人間の黒いつながりがズルズルと引きずり出され、政界の奥深い闇に唖然させられる映画『おまえの罪を自白しろ』をネタバレあらすじ有りでご紹介します。

映画『おまえの罪を自白しろ』の作品情報


(C)2023「おまえの罪を自白しろ」製作委員会

【日本公開】
2023年(日本映画)

【原作】
真保裕一『お前の罪を自白しろ』(文春文庫)

【監督】
水田伸生

【脚本】
久松真一

【主題歌】
B’z『Dark Rainbow』

【キャスト】
中島健人、堤真一、池田エライザ、山崎育三郎、中島歩、美波、浅利陽介、三浦誠己、矢柴俊博、柏原収史、中村歌昇(4代目)、佐藤恋和、アキラ100%、山崎一、尾美としのり、池田成志、橋本じゅん、春海四方、小林勝也、菅原大吉、升毅、平泉成、尾野真千子、金田明夫、角野卓造

【作品概要】
国会議員の孫娘誘拐事件をきっかけに、政界の裏のつながりを暴き出す社会派サスペンス。作家・真保裕一の同名小説を原作に、水田伸生監督が映画化しました。

主人公の議員秘書・宇田晄司を『ラーゲリから愛を込めて』(2022)などでの存在感が光る中島健人、父・宇田清治郎をこれまでに様々な役をこなしてきた堤真一が演じ、池田エライザ、山崎育三郎、中島歩、美波、尾野真千子、角野卓造らが共演しました。

主題歌はB’zが担当。『Dark Rainbow』という内容にマッチしたタイトルで、本作を盛り上げます。

映画『おまえの罪を自白しろ』のあらすじとネタバレ


(C)2023「おまえの罪を自白しろ」製作委員会

政治家一族の宇田家の次男・宇田晄司は、かつて建築会社を設立したものの倒産し、現在は国会議員の父・宇田清治郎の秘書を務めています。

政治家一家・宇田家には晄司の他に、長男で埼玉県議員の揚一朗、長女で市議・緒形恒之の妻である緒形麻由美、麻由美の娘・柚葉がいました。

その頃、清治郎は「上荒川大橋建設にあたって総理の友人に便宜を図るため、国交省や県に圧力をかけた」という疑惑がかけられ、連日メディアに追われていました。

ある日、幼稚園の帰りに柚葉が何者かに誘拐されます。まもなく犯人から要求がきますが、それは身代金ではなく「明日午後5時までに記者会見を開き、お前の罪を自白しろ」という政治家・宇田清治郎への脅迫ともとれる内容でした。

過去にも様々なスキャンダルに関わっていた清治郎。それは清治郎が、現総理大臣・夏川泰平を擁護する役目をしていたからです。これまでの擁護を「罪」とするなら、それは決して明かすことが許されない、自らの議員生命と“国家”を揺るがす「罪」でした。

清治郎は権力に固執し口を閉ざそうとしますが、罪を問われない特例・指揮権発動と、夏川総理からの「自身の後継を宇田家の者にする」という確約を得るために奔走します。

ですが、清治郎にだけ罪を負わせようとする党との駆け引きの末、指揮権発動がないまま記者会見が開始。結局、清治郎は過去の2つの罪を自白しますが、現在論争が続いている上荒川大橋の件には最後まで触れませんでした。

会見後、犯人から「国民を馬鹿にしているのか。午後10時までに再度会見を開き、全ての罪を自白しなければ孫娘の命はない」とメッセージが届きます。

公にしていない残る罪が犯人の要求なら、総理が関与している上荒川大橋の件しかありません。ですが、なぜ内密にしているはずのことが世間に漏れていたのでしょうか。

政府内部に敵がいるかも知れないと思った晄司は各所を奔走し、清治郎のもとに夏川総理と敵対する派閥である党幹事長・木美塚派と内通している者がいたことを突き止めます。晄司は起死回生を狙い、木美塚派へと寝返ることにしました。

一方、清治郎は犯人の要求通りに、午後10時に2度目の会見を開きます。

そこで上荒川大橋の設置に際して、ある議員から「君の力で予定地を変更できれば、次の内閣改造が楽しみになる」と言われ、夏川総理の友人に便宜を図り、工事プランを変更したことを告白し、それが自身の罪だと認めました。

その会見後、犯人から「日の出町緑地を探せ」というメッセージが入ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『おまえの罪を自白しろ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『おまえの罪を自白しろ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意してください。


(C)2023「おまえの罪を自白しろ」製作委員会

日の出町緑地に、柚葉は拘束されたままで置き去りにされていました。こうして、大物政治家の孫娘は無事に解放されました。

しかし柚葉はショックから声が出なくなり、犯人もまだ捕まっていないままでした。晄司は独自で犯人捜しをすることにしました。

実は清治郎が推し進めていた公共事業には、橋の建設のほかに「老朽化した施設の移設」と「日の出町緑地の再開発」も含まれていました。

持ち前の優れた直観力から、ここに犯人の真の思惑があるのではないかと気が付いた晄司は、ある作戦を計画。埼玉県警の平尾刑事に協力を求めます。

その後、宇田清治郎は、3回目の記者会見を行いました。清治郎、揚一郎、晄司、そして柚葉の父緒形恒之の4人が顔を揃えました。

清治郎はまず議員を辞職することを述べ、続いて揚一郎が父の意志を継ぎ、上荒川の施設移設を今後も進めていくこと、さらに自費で施設である研修センターの地盤調査を行うことを発表。「何の話だ」と記者たちが怒り出す中、晄司たちは一方的に記者会見を終わらせました。

その後、警察が日の出町緑地を見張っていると、夜中に怪しい2人組がやって来て地面を掘り起こそうとします。警察はその不審者を現行犯で逮捕しました。

逮捕されたのは、寺中初美と勲の姉弟。2人の父は、最初に上荒川大橋が建つ予定だった場所で「寺中建材工業」という会社を営んでいました。

大橋建設の話が出て、初美たちの父は会社の立退き料が入ると見込んで、工場移転を計画し借金をします。ところが急なプラン変更により、大橋は違う場所に建設されることに。借金だけが残った2人の父は息子・勲と大喧嘩となり、挙句階段から転落死しました。

困り果てた2人は、こっそりと荒川の土手に父の遺体を埋めました。しかし、清治郎の開発計画によって工事が始まれば地面が掘り返され、遺体が見つかってしまうと気づきました。

「清治郎を失脚させたら、開発を中止できる」……そんな理由で思いついたのが、清治郎の孫娘の誘拐であり「罪の自白」という人質の交換条件だったのです。

逮捕された初美は、警察署で居合わせた晄司たちに歩み寄ると、涙を流しながら「誰が、橋を変えたんですか」「誰が、私たちの人生を変えたのですか」と語りました。

全てが解決し、柚葉も声を取り戻して笑顔を見せるようになった頃、議員を辞職した清治郎は、次男である晄司に「俺のあとはお前にしか継げないと思ったから、おまえの会社を潰したんだ」と告げました。

しばらくすると、新人議員として、国会で木美塚新総理に向かって質問をする議員・宇田晄司の姿がテレビに映りました。

木美塚を見つめ、一文一句怯むことなく質問事項を述べる晄司。その眼は野望に燃えているようです。そして相対する木美塚新総理は、頼もしそうに晄司を見つめ、時折満足そうな笑みを浮かべています。

議員としての宇田晄司の戦いは始まったばかりなのです。

映画『おまえの罪を自白しろ』の感想と評価


(C)2023「おまえの罪を自白しろ」製作委員会

ダークな政界で“生き残る術”を知る主人公

真保裕一の原作小説を映画化した『おまえの罪を自白しろ』。「疑惑の国会議員・宇田清治郎の孫娘が誘拐される」という大きな事件が起こりますが、犯人は身代金を要求せず「おまえの罪を自白しろ」と脅迫してきました。

清治郎は、現総理・夏川の友人に便宜を図ったのではないかという疑惑がかけられています。もしこの罪を認めて自白すれば、総理失脚にもつながりかねません。

清治郎はこの件に関してだけは黙秘を続け、小さな罪と思われる事例を自白しますが、犯人は容赦なく「まだ自白していない罪がある」と要求してきました。

上荒川大橋の裏事情は決して表に出せないはずなのに、なぜ犯人はこのことを知っているのでしょうか。晄司は、政界の裏に潜むスパイ役を捜し出し、その結果として「父が推す夏川総理のライバル・木美塚を秘かに援護する」という判断をしたのです。

誘拐事件の犯人であった寺中姉弟は、総理を失脚させるつもりは毛頭ありませんでした。清治郎が工事現場の予定地を変更したことで起こった、一家の悲劇を隠そうとしただけです。

誘拐事件は寺中姉弟の思惑とは別のところで、清治郎の決して表に出してはいけない“総理との密約”という大きな闇を掘り出す結果となったのです

宇田一家の危機を察した晄司の行いは、父や現総理に対する“裏切り”ともとれるものでした。昨日味方だと思っていた議員が、今日はライバル勢力に寝返っていたりするのですから驚きます。

ですが、これが政界で生き残る者の戦術なのでしょう。晄司は政界でのし上がっていく術を、すでに身に付けていたと思われます。政界の裏取引を暴き、それを逆に自らの立身に利用できた晄司は、秘書ではなく立派な議員だったのです。

芸達者な共演者に映える主題歌


(C)2023「おまえの罪を自白しろ」製作委員会

主人公の宇田晄司は、これまで爽やかな好青年役が多かった中島健人が演じています。

晄司も好青年である一方で、誘拐犯や派閥間のスパイを捜し出すなど、常に巨大な悪に立ち向かっています。持ち前の目力で真実を見つめようとする迫力満点の演技にご注目ください。

宇田清治郎には堤真一。『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021)でのニヒルなワル役や、『望み』(2020)の優しい父親役など、様々な役をこなすベテラン技が光ります。他にも池田エライザ、山崎育三郎、中島歩、美波、尾野真千子など、芸達者な俳優が脇を固めました。

中でも木美塚を演じた角野卓造の演技は印象深いものです。メイクさんに「まるで『ゴッドファーザー』のマーロン・ブランドみたい」と言われたという角野卓造。ラスボス的な不敵な笑いを浮かべる姿はまさにゴッドファーザーでした。

裏社会のドンやゴッドファーザーも実在しそうな政界の裏事情にメスを入れた本作。その余韻を引き摺るようにエンディングでB’zが歌う主題歌『Dark Rainbow』が流れます。

「Rainbow(虹)」は、明るい未来や希望、多様性を想像できる言葉ですが、それに“暗い”や“闇”を意味する「Dark」が付くとは……まるで、主人公・晄司の政治家としてのこれからの姿が想像できるような主題歌です。

B’zらしい迫力があるノリの良い曲が映画の魅力を一層引き立ていますので、エンドクレジットでも楽しむことができます。

まとめ


(C)2023「おまえの罪を自白しろ」製作委員会

水田伸生監督が映画化した『おまえの罪を自白しろ』をネタバレ有りでご紹介しました。

現総理との密約があるため、総理の仕事の汚れ役を引き受けてきた宇田清治郎。冷たく傲慢な議員のようですが、実は「地元の人のためになりたい」がゆえに政治家を目指していた過去があり、晄司の政治家としての適性も見抜いていました。

血も涙もない政治家ばかりではありません。なのに政界にいるといつの間にか、我が身の繁栄しか考えられないせせこましい人間になってしまうようです。

正義と野望と自信に満ちたぎらぎらした輝きを放つ目で、木美塚新総理を見つめる新人議員・宇田晄司。彼の将来は清い政治家であってほしいと願わずにはいられません。



関連記事

サスペンス映画

映画『ビリオネアボーイズクラブ』ネタバレ感想レビュー。実話結末の転落人生に好青年ジョーは何か見たか

1983年のロサンゼルスを舞台に、実在した投資クラブと、若者たちの成功と破滅を描いた、犯罪サスペンス『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』。 若手実力派俳優の共演でも話題になっている、本作をご紹介します。 …

サスペンス映画

映画『コリーニ事件』あらすじと感想レビュー。話題のキャストにドイツの人気俳優とイタリア西部劇の名優による共演

映画『コリーニ事件』は2020年6月12日(金)新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー予定 ドイツでベストセラーとなった法廷サスペンス小説を映画化したドラマ『コリー …

サスペンス映画

『ザ・メニュー』ネタバレ結末考察と感想ラスト評価。サイコサスペンスはどんでん返しな“地獄のコースメニュー”

「イエス!シェフ!」作る方も食べる方も命懸け。 究極のディナーのお味は!? カリスマシェフが極上の料理を振る舞う孤島のレストラン。そこに集まった11人のゲスト。コース料理とともに明かされていく、それぞ …

サスペンス映画

【ネタバレ】ヒトラーのための虐殺会議|結末あらすじ感想と評価考察。ヴァンゼー会議の映画で描く“最終的解決の恐怖”

ユダヤ人絶滅政策を決定したヴァンゼー会議を実際の議事録をもとに映画化 1942年1月20日、ベルリンのヴァンゼー湖畔にある大邸宅にて行われた“ヴァンゼー会議”。 ヴァンゼー会議では、国家保安部長官のラ …

サスペンス映画

韓国映画『リアル』あらすじとキャスト一覧!公開する劇場情報も

すべてのジャンルを超える新感覚ボーダレスムービー! 韓国の次世代トップ俳優キム・スヒョンが初の一人二役に挑み「20代の代表作」と自ら発言した注目の主演作、『リアル』が4月14日(土)よりシネマート新宿 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学