Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

【ネタバレ】ナチスに仕掛けたチェスゲーム|あらすじ結末感想と評価解説。チェスを武器に命をかけてナチスに抵抗した男の過去と現在が交錯するサスペンスドラマ

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

オーストリアの作家シュテファン・ツバイクが1942年に発表した小説『チェスの話』を映画化

オーストリアの作家シュテファン・ツバイクの小説『チェスの話』を『ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~』(2010)のフィリップ・シュテルツェル監督が映画化した『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』。

ヨーゼフ役を『帰ってきたヒトラー』(2016)でアドルフ・ヒトラー役を演じたオリバー・マスッチが務めました。

ヨーゼフは久々に再会した妻と共に、ロッテルダム港でアメリカに向かう船に乗ります。

かつてウィーンで公証人の仕事をしていたヨーゼフは、オーストリアを併合したナチスドイツによってホテルに監禁されていました。

その出来事により手が震え、やつれ果てたヨーゼフは、船で行われていたチェス大会で世界チャンピオンを引き分けに持ち込みます。

初めてチェスの駒を触ったというヨーゼフですが、ヨーゼフのチェスの強さには悲しき理由があったのでした。

映画『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』の作品情報


(C)2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

【日本公開】
2023年(ドイツ映画)

【監督】
フィリップ・シュテルツェル

【原案】
シュテファン・ツヴァイク(「チェスの話」)

【キャスト】
オリバー・マスッチ、アルブレヒト・シュッフ、ビルギット・ミニヒマイアー、アンドレアス・ルスト、ザムエル・フィンツィ、ロルフ・ラスゴード

【作品概要】
ウィーン出身の小説家・劇作家・詩人であるシュテファン・ツヴァイクは、1881年に事業家のユダヤ人の裕福な家庭に生まれます。

第一次世界大戦下で反戦運動を行っていたシュテファン・ツヴァイクは、ナチスが台頭するなか、イギリス、アメリカ、最後はブラジルに亡命します。ヨーゼフがアメリカに向かう船に乗る様子などは、シュテファン・ツヴァイクの実体験に基づいているのでしょう。

シュテファン・ツヴァイクは、1942年に『チェスの話』の原稿を各所に送った後、妻と睡眠薬の過剰摂取でこの世を去ります。第一次世界大戦で破壊されたヨーロッパを目にしてきたシュテファン・ツヴァイクは繰り返す惨状に絶望したのかもしれません。

そのような『チェスの話』をもとに、フィリップ・シュテルツェル監督が、チェスを武器に命をかけてナチス親衛隊と心理戦を繰り広げる姿を描き出しました。

映画『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』のあらすじとネタバレ


(C)2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

ヨーゼフはアメリカに亡命するためロッテルダム港に向かうと、離れ離れになっていた妻のアンナと再会します。2人は強く抱き合い、船に乗ります。

頬はこけ、やつれはて手の震えが止まらないヨーゼフは、船の客室で今まで自分が置かれていた状況がフラッシュバックします。

それは1938年ナチスドイツによるオーストリア併合前夜のことでした。公証人で裕福な暮らしをしていたヨーゼフは、いつものようにアンナとパーティに出かけます。

「ウィーンが踊るかぎり、大丈夫」とナチスドイツの不穏な動きに対し危機感を覚えていなかったヨーゼフでしたが、パーティの最中に友人のゲオルグに呼び出されます。

ゲオルグは、「今日のうちにオーストリアにナチスドイツが侵攻する、今のうちにオーストリアから逃げるんだ」とヨーゼフに忠告しますが、ヨーゼフは「今日はアンナと踊ってシャンパンを飲んで終えたい」とゲオルグの忠告を聞こうとしません。

ゲオルグは、リストにヨーゼフの名前があること、動向は全て知られていることを伝え一刻の猶予もないことを訴えます。やっとヨーゼフは逃げる決意をし、アンナに先に逃げるように言います。

ヨーゼフは1人事務所に戻り金庫内の書類など重要な書類を燃やしていました。急いで父と管理している貴族の資金がある金庫の暗証番号を暗記していると、追っ手がやってきてしまいます。

咄嗟にベランダに逃げますが捕まってしまい、ホテル・メトロポールに連行されます。余裕の素振りで口を割ろうとしないヨーゼフに、ゲシュタポのフランツはヨーゼフを“特別処理”にするように言います。

“特別処理”とは、家具しかない部屋に監禁し、精神的に追い込むことでした。話し相手もなく、無言でスープとパンを時間がくれば運んでくるだけ、ヨーゼフにとってなくてはならない書物もありません。

何日も監禁され時間の感覚が狂っていく日々で、ヨーゼフは肉体的にもやつれ、精神面でも崩壊し始めます。

その頃の後遺症を抱えるヨーゼフは、船の中でも時折錯乱してしまいます。そんなヨーゼフをアンナがなだめていましたが、ある時目を覚ますとアンナの姿がありません。

船員に聞いても最初から1人部屋だった、レストランにも1人で来たと言われます。ヨーゼフが見たはずのアンナの姿は、どこにもないのです。

動揺したまま船内をうろついていたヨーゼフは、世界チャンピオン相手にチェス大会をしているところを見かけます。船のオーナーが次の手を打とうとしているところを見たヨーゼフは、「その手は駄目だ、相手は罠を仕掛けた。そこに駒を置くと負ける」と言います。

当然の乱入に最初は誰もがヨーゼフの言うことを相手にしませんでしたが、ヨーゼフがいつかの試合と同じ手だと呟き続けているのを聞いたオーナーは、「この人はチェスに詳しいようだ、ならば次の手を教えてくれ」と言います。

ヨーゼフは次の手を打ちます。するとその手を見た世界チャンピオンが驚いた顔をします。そして次の手を打ちます。するとすかさずヨーゼフが次の手を打つ…しまいにチャンピオンは引き分けと認め、ヨーゼフに握手を求めます。

世界チャンピオン相手に引き分けに持っていったヨーゼフに、会場はどよめきオーナーは皆にシャンパンをふるまいます。

部屋に戻ろうとしたヨーゼフをオーナーは引き留め、「どの大会に出ていたのだ?」と質問します。するとヨーゼフは「大会に出たことはない、駒に触れたのも初めてだ」と返します。

ヨーゼフのチェスの強さには悲しき過去があったのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

監禁されてどのくらい経ったのかも分からず精神が崩壊しつつあるヨーゼフを、フランツは巧みに揺さぶって暗証番号を聞き出そうとします。

ある日、ヨーゼフは監禁された他の人が飛び降り自殺をし、周りが動揺している隙に一冊の本を懐に隠し部屋に持ち帰ります。文学を期待していたヨーゼフでしたが、持ち帰ったのはチェスのルールブックでした。

絶望し最初は本を投げ出したヨーゼフでしたが、本を読み始め次第にチェスにのめり込んでいきます。

そして毎日与えられる食事のパンを使って駒を作り、浴室のタイルをチェスの碁盤に見立ててチェスをすることで気が狂いそうな日々を過ごせるようになっていきます。

なかなか口を割ろうとしないヨーゼフに痺れを切らしたフランツの部下が、ヨーゼフを殺そうとします。そこにフランツが現れ、「殺せとは言っていない」と怒りヨーゼフを助け、「お前の生死は私次第だ」と言います。

しかし、フランツはヨーゼフの異変に気づき、ヨーゼフが隠していたチェスの本とチェスの駒を見つけて怒り、駒を全て壊してしまいます。絶望し、錯乱するヨーゼフに「お前の尊厳はどうしたんだ?」とフランツは蔑みます。

フランツは罰としてヨーゼフの部屋の浴室を潰し、ベッドと用を足すためのバケツだけの部屋にしてしまいました。

船に乗るヨーゼフは過去のことを思い出しては錯乱状態になり、自分にだけ見えるアンナに救いを求めます。そんなヨーゼフの状態を気にしながらも、オーナーは失うものなどないだろうと、世界チャンピオンとのチェスの試合を持ちかけます。

拒否していたヨーゼフでしたが、試合に登場し、チャンピオンに向かって私から奪った腕時計を返せと言います。何のことだか分からないと周りは混乱しますが、チャンピオンは黙って腕時計を外します。

そして試合が始まります。熱戦の最中にヨーゼフはあのホテルでの出来事が残像のようにフラッシュバックし始めます。試合中審判は自分がうった手を記録するように促されます。

同様にかつて、あのホテルでフランツに暗証番号を書くようにと言われたヨーゼフは一心不乱に書き始めますが、ヨーゼフが書いていたのは暗証番号ではなく、とある歴史的な試合のチェスの手でした。

それこそが船で行われた試合あり、そこで試合をしてたのはヨーゼフではありませんでした。本の中で読んだ試合のチェスの手を暗記し、その手を脳内で再現し続けるあまり、ヨーゼフは自分自身をチェスプレイヤーに重ねてしまっていました。

ヨーゼフは、自分がヨーゼフ・バルトークであることすら分からなくなってしまったのです。

フランツはヨーゼフが書いた番号を眺め、これは番号ではなくチェスの手であると気づき、「私の負けだよ」と言いヨーゼフを釈放します。

ヨーゼフが監禁されていたのは1年という歳月でした。錯乱したヨーゼフは、書類に自分の名ではなくチェスプレイヤーの名前を書きホテルをあとにし、呆然と外の世界を眺めます。

更に歳月が経ち、とある病院でヨーゼフの隣にはアンナがいて本を読み聞かせしています。ヨーゼフは穏やかな表情で聞き、「君は新しい看護婦さんかね?」とアンナに尋ねます。

歳月が経ってもヨーゼフは自分自身を取り戻してはいなかったのです。ヨーゼフにとってアンナは愛した妻ではなく、見知らぬ人となってしまったのでした。

映画『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』の感想と評価


(C)2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

ナチスドイツに対し、屈することなくチェスを武器に対抗した男を描いた映画『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』。

主人公の抱えているトラウマの正体について観客は徐々に知っていくと同時に、本作の時間軸がどのように動いているのかも分からぬまま物語が展開してきます。

戦争を題材にしたドラマでありながら、サスペンスフルに展開していき、最後に知る真実の残酷さに、戦争の持つ傷跡の大きさを改めて知らされるのです。

しかし、よく見てみると冒頭から伏線は散りばめられており、徐々にそのピースがはまっていく、見事な構成になっていることが分かります。冒頭、船に向かうヨーゼフがサインした名前にはヨーゼフの文字が入っていません。

船に乗った男の名前はヨーゼフではなく、船の上でチェスの大会を繰り広げた男の名前であり、その男はヨーゼフが読んだチェスの本にのっていました。そのことから船での出来事はヨーゼフの想像上のことであり、時間軸は過去でも未来でもないのかもしれません。

自分自身をチェスプレイヤーに重ねチェスの手を書き連ねたヨーゼフは、結果的にフランツ及び彼が属するナチスドイツに勝ったと言えるのかもしれませんが、勝利に対して払った代償は大きすぎるものでした。

ヨーゼフは監禁され精神的な拷問の果てに自分自身を失ってしまったのです。この絶望的な結果は、『チェスの話』の原稿を書き、死を選んだシュテファン・ツヴァイクにつながるものがあるのかもしれません。

生き残って後世に伝えようとした人が多くいるなかで、自死を選ぶことは必ずしも良いこととは言ませんが、『チェスの話』を通してシュテファン・ツヴァイクが伝えたかったこと、それを映像化することでフィリップ・シュテルツェル監督が伝えようとしたことは、今を生きる私たちが改めて考えるべきことであります。

「ウィーンが踊るかぎり、大丈夫」と言っていたヨーゼフの身に起きたことは、残酷であってはならないことですが、戦争は突然起こり、当たり前の日常を奪ってしまいます。それこそが戦争なのです。

しかし、パーティに向かう車に対し、ナチスドイツを称える労働者たちは「金持ちめ」と罵声を浴びせ車を倒そうとしています。そのような世情から戦争へと向かう気運があることは、ヨーゼフにも分かっていたと思います。

実際シュテファン・ツヴァイクは、ナチスが台頭し始めるザルツブルクから亡命し、ニューヨークへと渡っています。第一次世界大戦を経験したシュテファン・ツヴァイクは、繰り返してはならないと反戦活動をし続けていました。

それでも世界は戦争に向かい、第一次世界大戦、第二次世界大戦を経験した現代でも戦争というものはなくならず、繰り返し続けています。

戦争を繰り返してしまう絶望、屈することなく戦い続けること、そして戦争による傷跡の深さ…全て様々な映画や書物で繰り返した語られてきたことですが、それでも繰り返してしまうことこそが、現代の私たちが考えるべきことなのでしょう。

まとめ

(C)2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

劇中でもチェスは心理戦であるという発言があります。チェスは、相手がうった一手を見て次の手、更にその次の手と先を読んで、自分の手が相手に勘付かれないように守りながらも攻撃していかねばなりません。

そのような究極の心理戦を監禁下でフランツと繰り広げヨーゼフは勝利します。

戦争というものの残酷さを描く一方で本作は究極の心理戦と、錯乱した精神状態をフラッシュバック等を用いてサスペンスフルに描き上げます。

主人公であるヨーゼフの視点で物語は展開されていきますが、妻のアンナが自分にしか見えていなかったり、手の震えが止まらなかったりと、観客はヨーゼフ自身も信用できるわけではないと気づかされます。

数々のピースがはまっていくことでラストの真実に驚かされる、サスペンス映画としても非常に見せ方の上手な映画になっています。


関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』12番ユキ役は竹内愛紗。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『逃亡者』ネタバレ結末あらすじと感想評価。60年代の人気ドラマをリメイク版としてハリソン・フォードを迎えて描いた追走サスペンス

1960年代に大ヒットしたアメリカのテレビドラマを映画化したアクションスリラー! アンドリュー・デイヴィスが監督を務めた、1993年製作のアメリカのアクションスリラー映画『逃亡者』。 妻殺しの容疑で逮 …

サスペンス映画

【ネタバレ】岸辺露伴ルーヴルへ行く|映画あらすじ感想解説とラスト評価考察。黒い絵作者/奈々瀬の正体は?漫画原作の怖い魅力から描くルーヴル美術館という“幽霊屋敷”

“この世で最も黒く、最も邪悪な絵”の真実とは? 人気漫画シリーズ『ジョジョの奇妙な冒険』にて登場した異能を持つ漫画家・岸辺露伴を主人公に据えたスピンオフ漫画が原作である実写ドラマ『岸辺露伴は動かない』 …

サスペンス映画

三度目の殺人の元ネタ事件はある?是枝監督が参考にした映画紹介も

是枝裕和監督はふたたび『そして父になる』に出演した福山雅治を主演に、9月9日(土)より映画『三度目の殺人』を劇場公開します。 また、『そして父になる』の撮影したカメラマンの瀧本幹也とも再タッグを組みま …

サスペンス映画

映画『ジョナサン ふたつの顔の男』あらすじと感想。アンセル・エルゴートが二重人格者を好演

映画『ジョナサン-ふたつの顔の男-』は2019年6月21日(金)より、新宿シネマカリテほか全国ロードショー! 誠実で真面目な『僕』、そして自由奔放なもう一人の『僕』は、脳に埋め込まれたタイマーで、一つ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学