Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『ストレイ・ドッグ』ネタバレ感想と解説レビュー。70年代のアメリカ犯罪映画を現代に甦らせたニコールキッドマンの演技力

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『ストレイ・ドッグ』は2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国順次公開!

復讐か? 贖罪か? 過去に犯した過ちで心を蝕まれた女性刑事が、決着をつけるために動き出します。

ニコール・キッドマンが特殊メイクでその美貌を覆い、初めて刑事役に挑戦した映画『ストレイ・ドッグ』。

LAの街を舞台に女性刑事の後悔と怒りの念がほとばしり、激しいアクションシーンが炸裂する衝撃のネオ・ノワールです。

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』の作品情報


(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Destroyer

【監督】
カリン・クサマ

【キャスト】
ニコール・キッドマン、トビー・ケベル、タチアナ・マズラニー、スクート・マクネイリー、ブラッドリー・ウィットフォード、セバスチャン・スタン

【作品概要】
ニコール・キッドマンが初めての刑事役に挑んだ犯罪スリラー。過去に犯した過ちで心を蝕まれた女性刑事が、決着をつけるため動き出します。

キッドマンの美貌ときらびやかなオーラを特殊メイキャップで覆い、過去に犯した過ちで心を蝕まれた女性刑事が、決着をつけるために突き進んでいく姿を描いています。ニコール・キッドマンは、本作の演技で第76回ゴールデングローブ賞(2019)の主演女優賞にノミネートされました。

監督を務めたのは『ガールファイト』(2000)、『イーオン・フラックス』(2005)、『インビテーション』(2015)などのカリン・クサマ。

映画『ストレイ・ドッグ』あらすじとネタバレ


(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

LA市警の女性刑事エリン・ベルは酔っ払った状態で殺人現場に現れ、同僚の顰蹙を買います。

身元不明の遺体の側には凶器と思しき製造番号のない銃が転がっており、紫色に染まった1ドル紙幣が落ちていました。

この事件は自分たちが担当するから、君は寝てきたまえと忠告する同僚刑事に向かってエリンは「犯人を知っている」と言い、「教えてくれよ。それで事件は解決だ」という刑事たちに向かってエリンは中指を立ててみせました。

エリンは自動車の修理工場に行き、職人の男に彼が作った拳銃が犯罪に使われたかもしれないと告げました。

エリンが署に戻ると、彼女に私信が届いていました。封筒の中身は紫色に染まった一枚のドル紙幣でした。サイラスが再び動き出した、とエリンは確信します。これは自分への挑戦状だと。

エリンはパームスプリングスの刑務所にトミーという男を訪ねますが、彼は既に出所していました。彼の居場所をつきとめ、訪ねていくと、トビーは病を患い、余命数ヶ月を宣告されていました。

エリンはトビーからアルトゥーロの居場所を聞き出します。アルトゥーロはLAのイーストサイド教会で問題を抱えた人々に慈善事業を行っていました。

エリンの顔を観た途端、彼は逃げ出しますが、追いつかれ、自分は足を洗ったのだと主張します。

エリンがサイラスの居場所が知りたいと言うと、彼は弁護士のディフランコが、サイラスの資金洗浄を手伝っており、その使いにペトラを使っているという情報を明らかにしました。

17年前、FBI捜査官クリスと共に砂漠地帯に巣食う犯罪組織の潜入捜査を命ぜられたエリン。サイラスは冷酷で残忍なリーダーでした。

エリンはそこで取り返しのつかない過ちを犯し捜査は失敗。クリスと銀行の女性行員を死なせてしまいます。

その時から彼女は酒に溺れ、同僚や別れた夫、娘からも疎まれる孤独な人生を送ってきました。16歳になる娘は、地元の不良と付き合い、夜な夜な遊び歩き、エリンの忠告に一切耳を傾けようとしません。

エリンはペトラがディフランコと接触するのを確認すると、ペトラの車を尾行しました。ペトラは運転手の男ととある家に入っていきました。エリンは夜通し、彼らの動きを見張っていましたが、2人が出てきたのは朝になってからでした。

車に乗り込んだ2人を見失わないように注意深く追うエリン。彼らが停車するとその側に停めていた車から仲間が現れました。なんと彼らは武装しており、そのまま銀行に入って行きました。

エリンはあわててトランクをあけ、機関銃を手に取ると、素早く警察に通報。サイレンを鳴らさず近づくように指示しました。

エリンは建物の外からペトラと男たちが行員や客たちを銃で威嚇している様子を伺いながら、警察が登場するのを待ちました。

やって来たのは男女2人の警官。3人で中に突入します。何人か犯人を射殺しましたが、警官も一人負傷しました。

ペトラと数人の男たちは銀行を飛び出て逃走。エリンはその後を追い、ペトラを殴りつけ捕まえます。ペトラの部屋に上がりこんだエリンは、その部屋の荒廃ぶりに驚きます。

サイラスからペトラに電話がかかり、集合場所はメールで知らせると指示がありました。エリンはベトラの携帯を取り上げます。

FBIがエリンの動きを不信に思い接触してきますが、エリンは私一人で決着をつけるつもりだと宣言します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ストレイ・ドッグ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ストレイ・ドッグ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

エリンは娘と何度か話し合おうとしますが、いつもボーイフレンドがつきまとい、なかなか思うようにいきません。

別れた夫のもとへ行き、「あのお金を使っていいからペトラと一緒にこの街を出ていってほしい」と言いますが、元夫はやんわりそれを拒否します。

彼女はある倉庫を訪れ、金の入ったかばんを引っ張り出しました。ところが開けてみると、収められている札束は粉料パックの紫色に染まっていました。

ショックを受けたエリンでしたが、札の中には色がついてないものもあり、彼女は汚れていない札を抜き出し始めます。

エリンは娘のボーイフレンドを呼び出し、ここに1万1460ドルあると告げます。あなたの故郷の郵便局留めでこれを送るから2度と娘に近づかないでほしいと言うと、男は迷う様子を見せながらも金欲しさにその提案を受け入れました。

あの時、ペトラはサイラスに金があることは間違いないと興奮気味に報告していました。彼らは銀行強盗を計画しており、それを盗み聞きしたエリンはクリスにそのことを報告します。

エリンが潜入捜査に加わることになったのは、クリスと恋人同士を装うためでした。そのほうがサイラスたちに怪しまれないだろうとFBI当局は判断したのです。

最初は恋人同士を装っていた2人でしたが、やがて本当の恋人となり、エリンはクリスの子を妊娠します。

クリスは上にこのことを報告して僕たちは抜けようと言いましたが、エリンは「いやよ」と答えました。

暴力的な家庭で育ち、苦労ばかりしてきたこれまでの人生を振り返ったエリンは、この計画を実行させて、自分たちはまんまと金をくすめようとクリスに持ちかけたのです。通報はそのあとでいいと。

最初は拒んでいたクリスもだんだんその気になり、2人は約束を交わしました。何か一つでもまずいことが起きた段階で当局に連絡する、誰も死なせてはならない、と。

決行の日、予定通り銀行に押し入り、行員に金を詰めさせていたサイラスは行員の女性に「粉料パックは入っていないだろうな⁉」と問い詰め、女性は入っていないと答えました。

金を全て詰め込んだあと、急いで銀行を出て車に乗り込もうとするサイラスたち。その時、いきなりサイラスが持っていた鞄が破裂し、紫色の粉が飛び散ります。

怒ったサイラスは再び、銀行に入っていきました。その様子を見て、クリスはマスクを取ると、あとを追いました。「行っちゃだめ!」と車のハンドルを握りながらエリンは激しく首をふっていました。

サイラスは行員に「嘘をついたな」と銃を向けていました。「FBIだ。銃をおろせ」と叫ぶクリスをサイラスは素早く撃ち殺し、行員も殺すと、銀行を後にしました。

サイラスしか出てこず、クリスが戻らないのを見て、エリンはパニック状態になっていました。後部座席のトビーが「早く車を出せ!」と叫んでいて、エリンは車を発車させました。

「お前警官なのか⁉」とトビーもパニックになり叫んでいました。エリンは壁に車を激突させ、トビーは衝撃で気を失いました。エリンはカバンを手にすると、それを側のゴミ箱に投げ入れ、警察に通報しました。

トビーだけが逮捕され、その後、他のメンバーが捕まることはありませんでした。エリンを疑う者も誰一人としていませんでした。サイラスはこの時の金が底をつき始め、再び動き出していたのです。

エリンはサイラスがかつて自分に向かって放った言葉を思い出していました。「顔に出ているぞ。お前は飢えている。お前は飢えた野良犬だ」。

娘と向かい合って座るエリン。娘は小さい頃のことを何も覚えていない、でもただ一つ、覚えていることがあると語り始めました。

「いつもよりママが早く学校に迎えてきて、キャンプに行こうと言った時のこと。凄く寒い日で雪も降っていて、随分長い間、私たちは彷徨ったわ。ママにどうしたの?と尋ねても何も言ってもらえなかった。あれは夢だったのかしら」

エリンは首を振りました。すると娘は「でも私は少しも怖くなかった。ママがいたから。ママは強いから」と続けました。

エリンは「ママは悪党よ。パパにもっと心を開いてあげて。2人で仲良く暮らすのよ」と言うと、娘に別れを告げ、店を出ていきました。

ペトラから取り上げた携帯電話にサイラスからメールが届きました。エリンは指定された場所に向かいました。サイラスに声をかけると、顔をあげたサイラスは「君か」と不敵な笑みを浮かべました。

エリンはいきなりサイラスに発砲し、何度も銃弾を打ち込みました。その場にころがったサイラスのそばに製造番号不明の銃を投げ捨てると、紫色に染まった紙幣を撒きました。

身元不明の男の射殺死体の現場に酔っ払った様子のよれよれのエリンがやって来た時、担当刑事は「呆れた。あれを見て」と顔をしかめました。

「僕たちが既に担当しているから君は帰って寝るといい」と男性警官が言うと、エリンは「犯人を知っている」と言いました。

「教えてくれよ。それで事件は解決だ」という刑事たちに向かってエリンは中指を立ててみせました。

車に戻ったエリン。隣ではスケボー少年たちが数人集まり、技を磨き合っていました。

エリンの車にFBIの警官が近づいてきました。彼はエリンを勇気づけにきたのですが、エリンは彼に「お願いするわ」とある封筒を手渡しました。

警官が封筒を開けると、中にはペトラの住所を書き付けた紙と鍵が出てきました。エリンの名前で契約した倉庫の鍵のようでした。彼は首をかしげながら、捜査に向かいました。

エリンの車の隣でスケボー少年のひとりは、技に挑んでいました。少年が着地した途端、大きな音が響いたように感じられました。

スポンサーリンク

映画『ストレイ・ドッグ』感想と評価


(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

ニコール・キッドマンが特殊メイクをして刑事役に初挑戦した作品として話題ですが、実に精巧なメイクがなされていて驚かされます。

疲れ果てた顔に刻まれた深い皺と、酒浸りで生気を失くした荒れた肌という、女性刑事の顔自体に、この人物が経験してきた暗澹とした深い絶望が刻まれており、激しい怒りと後悔の念が彼女に重くのしかかっていることを想像させます。

また、17年前の若かりし頃のヒロインもニコール・キッドマンが演じており、特殊メイクを使用することの効果と必然性をそこに感じ取ることができます。

潜入捜査に失敗し、犠牲者を出したらしいことは早々に明かされます。

そのことが女性刑事の心を壊してしまっただろうことは容易に想像がつきますが、いつかその場面がスクリーン上に実際に登場するだろうという思いが、観る者にさらなる緊張感をもたらします。

過去へのフラッシュバックは、トビー・ケベル扮するサイラスというサディスティックな悪役の存在もあり、ひりひりとした空気に包まれながらも、どこかに不思議な安堵感のようなものを一瞬ですが感じる部分があります

それはニコール・キッドマンとセバスチャン・スタン扮するFBI捜査官が潜入捜査にあたって恋人同士を装う過程で本当の恋に陥るという展開からくるものだと考えられますが、それだけではなく、ニコール・キッドマンがこの犯罪組織の中に居心地の良さを覚えた瞬間があったという証拠でもあるのではないでしょうか?

カリン・クサマ監督が語る物語からは、そうした繊細な人間心理が浮かび上がり、そのことがまた、この女性刑事の現在の壊れ切った姿、彼女の怒りの根源であることを示唆しています

クールなスタイル、作品に流れるニヒリズムなどは1970年代のアメリカ犯罪映画を彷彿させる一方、一匹狼の荒くれ刑事はクールなタフガイではなく一人の女性であり、一人娘を深く愛しながらも良き関係を結べず、子育てに迷う母親です。その姿が痛切なタッチで描かれています。

過去と現在が錯綜する中、映画はあっと唸らせる仕掛けを備えていて、見事というしかありません。

まとめ


(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

ニコール・キッドマンの本作出演が決定したのは、HBOの連続ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』(2017~2019)で、ゴールデングローブ賞を始め、様々な賞を受賞している時だったそうです。

『ビッグ・リトル・ライズ』では、何不自由ないセレブな生活を送っているように見えて実は夫のDVに悩まされている妻を演じていました。

その高貴ともいえる美しさとにじみ出る知性はまさにニコール・キッドマンという女優が持つ魅力そのものですが、今回はこれまで演じてきたキャラクターとはまったく異なった役柄に挑戦しています。

その一方で、『ビッグ・リトル・ライズ』でも双子の兄弟の母親だったように、本作でも16歳の思春期の娘を持つ役柄で、母に復讐するかのように遊び回る娘と、なんとか彼女だけは幸せにしたいと願う母親の物語が展開されています。

母がいかに娘を愛していても、娘が母に最後に歩み寄りを見せても、もう決して良き母娘になれない2人。母が去りし後、閑散としたレストランに一人心細く座っている娘の姿はきりきりとした胸の痛みを感じさせます。

カリン・クサマ監督は、本作が長編5作目。タフな犯罪アクション映画と母娘の物語を、過去と現在が錯綜するように描き、観る者の想像力を刺激しながら、一人の女性の壮絶な人生を浮き彫りにしています。

クサマ監督は、本作に影響を受けた作品として、シドニー・ルメットの『セルピコ』(1973)と共に、ジョン・カサヴェテスの『こわれゆく女』(1974)を上げています。




関連記事

サスペンス映画

映画ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書|あらすじとキャスト。実話に挑む2人のオスカー俳優

ベトナム戦争に関する分析を記録した、国防総省の最高機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”。 機密文書の存在を世に発表しようとしたワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハムの姿を、巨匠スティーブンスピルバー …

サスペンス映画

【三度目の殺人】福山雅治(重盛)演技評価と感想。ラストの考察も

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

映画『サニー/32』あらすじと感想。実話に北原里英&門脇麦が挑む!

映画『サニー/32』は撮影が行われた新潟地区は2018年2月9日(金)新潟・長岡先行公開され、続く2月17日(土)から全国公開されます。 『凶悪』のスタッフやキャストがふたたび集結した話題作で、演出は …

サスペンス映画

映画『よこがお』あらすじと感想レビュー。原作なしで筒井真理子という女優に惹かれた深田晃司監督がオリジナル作品で臨んだ真骨頂

映画『よこがお』は、7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開 2016年の『淵に立つ』でカンヌ映画祭“ある視点”部門審査員賞を受賞した深田晃司監督。同作で競作した筒井真理子を主演 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』2番ケンイチ役は渕野右登。演技力とプロフィール紹介

ベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)のミステリー小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が、2019年1月25日から公開。 演出を担当するのは、『イニシエーション・ラブ』や『トリック』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP