Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『ラプラスの魔女 』原作あらすじ。事件ネタバレと真相の結末を調査

  • Writer :
  • Yasu

ミステリー映画『ラプラスの魔女』は、5月4日(金・祝)より公開

東野圭吾の同題ベストセラー小説を三池崇史監督が映画化。魔王と魔女の領域の予知・予測能力を持つ2人に福士蒼汰と広瀬すず。

事件を追う刑事に玉木宏、カギを握る映画監督に豊川悦司が演じ、主人公の科学者・青江修介役の主演はアイドルグループ嵐のメンバーの櫻井翔!

今回は東野圭吾の原作小説のあらすじに書かれた事件の真相の結末と、それを映画化した見どころなどを調査しました。

スポンサーリンク

映画『ラプラスの魔女』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
東野圭吾

【監督】
三池崇史

【脚本】
八津弘幸

【キャスト】
櫻井翔、広瀬すず、福士蒼太、志田未来、佐藤江梨子、TAO、玉木宏、高嶋政信、壇れい、リリーフランキー、豊川悦司

【作品概要】
連続して起こる硫化水素を使った不可能犯罪!櫻井翔演じる化学者青江が真相を暴こうと難題に立ち向かいます。東野圭吾の同名小説で監督は『十三人の刺客』『悪の教典』で知られている三池崇史。脚本はドラマ『半沢直樹』の八津弘幸。

東野圭吾プロフィールと作品の特徴


(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

東野圭吾(ひがしのけいご)は、1958年2月4日に大阪府生まれの人気のベストセラー作家です。

発表した作品は、すべて映画化かドラマ化されているのではないかと思わせるぐらい、東野圭吾原作の映像はたくさん発表されています。

阿部寛でおなじみの「加賀恭一郎(刑事)」シリーズでは、『新参者』『麒麟の翼』『悪意』『祈りの幕が下りる時』などが映像化。

福山雅治でおなじみの「湯川学(科学者)」シリーズでは『容疑者xの献身』『探偵ガリレオ』『予知夢』『真夏の方程式』などが映像化されています。

この他にも『秘密』『放課後』『手紙』『分身』『さまよう刃』『手紙』『白夜行』『幻夜』『天空の蜂』『流星の絆』『夜明けの街で』など、挙げていくとキリがないほどに映像化されています。

これほど観客、映画関係者、視聴者から指示されるのは、なんといってもエンターテイメント性です。

しかし、起伏のあるストーリー展開があるだけでなく、リアリティーのある描写、引き付けるような登場人物のキャラクター設定があります。

また、小説家の馳星周が「東野圭吾はトリックスター」と言っていることからもわかるように、ラストに向けて、読者をいい意味で裏切る、仕掛けが絶妙に配されています。

東野作品には“魔性の香りがする絶世の美女”が登場する作品があります。体温が感じられない冷たく透き通るような美女が、東野作品にはよく登場するのも特徴の一つです。

筆者のお気に入りの作品の印象が深く残っているだけかもしれませんが、例えば『白夜行』の唐沢雪穂『幻夜』の新海美冬などです。

そして、今回の『ラプラスの魔女』では、男女云々の“魔性”ではない、新しい魔性が顔を出す作品です。

スポンサーリンク

原作『ラプラスの魔女』のあらすじとネタバレ


(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

地方の温泉地で硫化水素中毒死が発生。亡くなったのは有名な映像プロデューサー水城義郎です。

第一発見者でもある水城の妻・千佐都は、水城の遺産目当てで結婚したことは周知の事実であることから、千佐都が水城殺しなのでは?と、疑われかけます。

しかし、事故以外は考えられないという、警察と化学者の青江修介は見解になりますが、青江は正式に警察の依頼を受けて、この温泉での事件に協力します。

青江は現場調査に入ると、事故としては不可解な点があり、事故ではなく殺人事件という思いをぬぐい切れずにいました。

しかし、現場の状況から殺人ということは考えにくいことから、事故とするしかないと結論に至ります。

それからして、別の温泉地で硫化水素中毒死が発生します。亡くなったは売れない俳優の那須野でした。

この件も事故で処理されていきますが、これにも関わる青江は、こんなに硫化水素中毒事故が続くのか?やはり殺人では?と考えますが、状況的に殺人は不可能と、答えを出せずに困り果てます。

ある日、青江は羽原円華と出会います。円華を最初の硫化水素中毒事故死した水城が宿泊していた宿でも見かけていた青江は、円華の存在が気にかかっていました。

2つ目の硫化水素中毒死も事故として処理されることになり、2つの中毒死とも終息へと向かいます。

しかし、青江はあるブログの存在を発見します。それは映画監督甘粕才生のブログでした。

このブログの中身を読み解き、過去、推し進めている調査と照らし合わせる事で真実が見えてきます。

映像プロデューサー水城、売れない俳優那須野、映画監督甘粕の接点。

甘粕一家の真実、甘粕家の長男謙人の今。そして、悪魔となり得る能力を獲得した謙人と円華。

青江の前に、不可能殺人を可能にした悲しい現実が徐々に浮かび上がってきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ラプラスの魔女』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラプラスの魔女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

甘粕のブログには、妻と娘が硫化水素中毒で死に、息子が意識不明とありました。

しかも、それは娘が自死をしたことがきっかけで、妻や息子が巻き添えとなったと書かれていました。

甘粕の息子謙人は植物状態だが、脳神経外科の第一人者、羽原全太郎に相談したところ、ある手術を提案されます。

羽原自身は「手術をしてもどうなるかが分からない」と言っているなどと、淡々とが書かれていました。

さらには謙人の手術を羽原に依頼するともありました。

やがて、手術は無事成功。しかし、その手術の影響で謙人は特殊な能力を獲得します。

まだ見ぬ、これから目の前で起こる現象を予測できるというのです。

それは雨上がりに遠くから車が走って来ていたら、水たまりを通過した時、どの方向にどれぐらいの水しぶきが飛ぶか。あるいはサイコロを振った瞬間、どの目が出るかなど、何のトリックでもなく、ただ単に“未来を予測する”という非現実的な能力でした。

これは自分が起こす行動でも使える能力。例えば、その時の気象条件を利用して、常識では起こすことはできない致死量の硫化水素を発生させるなど、まさに悪魔となり得る能力なのです。

謙人を救いながらも、悪魔の能力を与えてしまった脳神経外科医の羽原全太郎は、円華の父親です。

円華は謙人と出会い、謙人の能力を知り、謙人にその能力を与えたのは羽原だと知るや、羽原に「私にも謙人と同じ手術を」と依頼します。

人として親として健全な円華に手術をすることを躊躇う羽原でしたが、医者としての好奇心が上回り、円華に謙人と同じ手術をしました。

手術は無事成功、そして、また一人悪魔となる得る能力を獲得した人間が誕生させます。

最初の硫化水素中毒死が起こった温泉地に円華がいたのは、謙人を探していたからでした。

円華は謙人が関わっていると感じ、行方をくらましている謙人を探していたのです。

青江も甘粕のブログをきっかけに、甘粕と最初に硫化水素中毒死した水城、次に硫化水素中毒死した那須野の接点を見つけ出します。

そして、甘粕の本性を突き止める事に成功した青江は、不可能殺人を実行したのは謙人だと知ります。

甘粕のブログには、家族全員が理想的な人物像で書かれていましたが、それはデタラメな嘘で、実際は甘粕一家の関係はバラバラでした。

甘粕は家族を失敗作とし、一方の家族も甘粕を憎んでいました。甘粕は家族を殺そうとしていました。

娘と妻を殺したのは甘粕だったのです。

映画監督として実績を挙げたい甘粕は、自分の家族を使って、悲劇のヒーローを演じ、悲劇の物語を創り出し、それを映画化しようとしていたのです。

謙人は映画化に向けた甘粕の行動に関わった水城と那須野に復讐を果たし、いよいよ実父、甘粕への復讐へと突き進んでいきます。

甘粕と謙人を探し出すことを急ぐ青江と円華。

そして、青江と円華は、甘粕と謙人を見つけ出します。

そこは昔、甘粕が『廃墟の鐘』という映画を監督した時に利用したロケ地でした。そして、そこには千佐都もいました。

荒れだす天気。突風に飲み込まれた建物がゆれます。

突風、それは、積乱雲から下降する気流が地面に激突し、大きな破壊力を持ったまま周囲に噴き出す現象であるダウンバーストでした。

謙人はダウンバーストが起こることを予測し、この現象を利用して甘粕に復讐しようとしていたのです。

倒壊する建物。しかし、甘粕も謙人も円華も千佐都も命に別状はありません。

後日、新聞の社会面には次のタイトルの記事があるのでした。

「映画監督の甘粕才生さん自死」と…。

『ラプラスの魔女』の原作と映画の違いは?


(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

映画『ラプラスの魔女』のストーリーで、広瀬すずの演じる羽原円華、そして福士蒼太が演じた甘粕謙人も、悲しい過去を背負い、手術によって予測できないことが予測できる特殊な能力を身に着けた“悪魔”を演じます。

はじめはベールに包まれている2人ですが、物語が進むにつれて2人の過去にある真実が明かされていきます。

映画の見どころは、東野圭吾が原作で書いた“悪魔の二面性”を三池崇史監督がどのように描くかです。

参考映像:『悪の経典』(2012)

三池監督が監督した2012年公開の『悪の経典』も、“悪魔の物語”でしたね。

伊藤英明が演じた主人公の蓮実聖司にも“強烈な二面性”がありました

今回の『ラプラスの魔女』では2人の悪魔、特に謙人の家族思いの部分と残虐な部分の二面性をどのように表現するか、要注目です。

先に東野作品には“魔性の香りがする絶世の美女”が登場する作品があると述べましたが、今回は男女云々の“魔性”ではない、新しい魔性を広瀬すずと福士蒼太が発する作品です。

小説では最初に殺される水城義郎の妻千佐都は、“水城の遺産が目当てで結婚した絶世の美女”の設定です。

映画では佐藤江梨子が演じ、なぜだか絶世の美女は取り外され、ただの”水城の遺産が目当てで結婚した若い女”の設定のようです。佐藤江梨子さん、ごめんなさい…(笑)

ちなみに、この千佐都もはずせないキーパーソンなので、要注目です!

また、他の見どころとしては、クライマックスに向けて映画監督甘粕才生の存在感が増してきます

甘粕を演じるのは豊原悦司!物語をぐっと引き締めるようにいい味出してくれそうですね!?

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

映画『ラプラスの魔女』では、広瀬すずと福士蒼太が放つ魔性の威力が、文字ではなく映像でどのように表現されるのか必見です。筆者も楽しみ!

また、その魔性と沈着冷静に対峙する櫻井翔も見ものですね。

筆者は原作小説を読んでから、映画のキャストを知りました。

広瀬すずと福士蒼太のキャスティングには、「うん、なるほど!」と小説から受ける印象とマッチしていたのですが、正直、櫻井翔には「青江が櫻井翔かぁ~」となりました。

しかし、櫻井翔といえば、「NEWS ZERO」の月曜キャスターです。

彼は大学生だった頃に、2001年のアメリカ同時多発テロ事件をきっかけに、報道の仕事に携わりたいと言ったこともあり、事件の真相究明といったことでは、キャスティングもありかなとも⁈

さて、実際はいかに!青江修介らしく見えるのかどうか。

もしくは、櫻井翔オリジナルの青江像を創り出しているのか、こうご期待です!

関連記事

サスペンス映画

『オーシャンズ11』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。ジョージ・クルーニー×ブラッド・ピット×マット・デイモン代表作!

ジョージ・クルーニー主演、後にシリーズ化された大人気クライムサスペンスの映画『オーシャンズ11』。 脇を固める俳優はブラッド・ピットやマット・デイモン等人気俳優たち。シリーズ1作目の今作を紹介していき …

サスペンス映画

『悪い種子』ネタバレ結末あらすじと感想考察。サイコパス映画の有名にして”元祖原点”では邪悪な少女を描いた!

50年代に登場した、時代を先取りした戦慄のサスペンス 1950年代。第2次世界大戦が終わり、自由な空気を取り戻したハリウッドは様々な映画を生み出していました。しかしまだ1934年から実施された、ヘイズ …

サスペンス映画

『ファーストラヴ』映画原作小説ネタバレと感想。結末の解説と事件の真相も調査

映画『ファーストラヴ』は 2021年2月11日(木・祝)ロードショー。 第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説『ファーストラヴ』が映画化。2021年2月11日(木・祝)にロードショーされます。 …

サスペンス映画

映画『未来を乗り換えた男』ネタバレ感想と結末までのあらすじも【クリスティアン・ペッツォルト監督作品】

ナチス政権が続き、人種迫害が続いている現代。 ドイツから逃亡した男が、別の人間になりすました事で起きる美しい悲劇をサスペンスタッチで描いた映画『未来を乗り換えた男』。 ベルリン国際映画祭など、数々の映 …

サスペンス映画

『屍人荘の殺人』小説あらすじネタバレ。映画キャストの神木隆之介×中村倫也がゾンビ化するのか⁈

ただのミステリーじゃない! 思わぬジャンルとの融合で面白さ倍増! デビュー作にして国内主要ミステリー賞4冠を達成した今村昌弘の小説『屍人荘の殺人』が、神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の共演で映画化。いよ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学