Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『愛なき森で叫べDEEPCUT』ネタバレ感想と考察評価。実在事件を基に園子温監督が描く“人の恐怖と善悪”

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

人をマインドコントロールする恐ろしい犯罪者を描き出す。

『愛のむきだし』(2008)や『ヒミズ』(2011)など、パワフルで容赦のない表現が、多くのファンを持つ園子温が手掛けた『愛なき森で叫べ DEEPCUT』。

これまで『冷たい熱帯魚』(2010)や『恋の罪』(2011)で、実際の事件をモデルにした作品を制作してきた園子温が、「北九州監禁連続殺人事件」をもとに、人をマインドコントロールする恐ろしい犯罪者、村田の恐怖を描きます。

独特の演出に賛否が大きく分かれると思われる『愛なき森で叫べ DEEPCUT』の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

『愛なき森で叫べ DEEPCUT』の作品情報

Netflix 愛なき森で叫べ

【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督・脚本】
園子温

【キャスト】
椎名桔平、満島真之介、日南響子、鎌滝えり、YOUNG DAIS、川村那月、中屋柚香、長谷川大、藤井千帆、山本月乃、木下愛華、木下美優、長島夕貴、佐野岳、池田良、信太昌之、九十九一、真飛聖、でんでん

【作品概要】
2019年にNETFLIXオリジナル映画として制作された『愛なき森で叫べ』に、過激な描写を追加し、7話のドラマに再編集した『愛なき森で叫べ DEEPCUT』。

多彩な話術で、人をマインドコントロールする村田を、椎名桔平が演じる他、村田に遭遇してしまう、メインの女性キャラクターを、約3,000人のオーディションから選ばれた、日南響子と鎌滝えりが熱演しています。

また、俳優としても活躍しているヒップホップミュージシャン、YOUNG DAISの他、若手実力派俳優の満島真之介、個性派のベテラン俳優でんでん、元宝塚歌劇団花組トップスターの真飛聖など、多彩な出演者が集結しています。

『愛なき森で叫べ DEEPCUT』のあらすじとネタバレ


Netflix 愛なき森で叫べ

1985年。

女子高に通う控えめな性格の尾沢美津子は、演劇部の中心人物であるエイコと、文化祭で「ロミオとジュリエット」を演じる事になりました。

演出は同じ演劇部の、水島妙子が担当する事になります。「ロミオとジュリエット」の稽古を通じて、美津子はエイコに恋愛感情を抱くように……。

ですが、美津子は教室で、妙子とエイコが下着姿でいる所を見てしまい、嫉妬心を抱きます。

文化祭前日、最後の稽古を終えた美津子は帰宅すると、厳格な父親の茂と、茂の言いなりになっている母親のアズミに、帰りが遅い事を怒られます。

そこへ妙子が現れ、美津子を連れ出します。

美津子が辿り着いた先には、交通事故に遭い、変わり果てた姿のエイコが亡くなっていました。中心人物だったエイコがいなくなり、希望を失った演劇部の部員達は、屋上から飛び降り集団自殺を図ります。

ですが、美津子はエイコの幻影に呼ばれ屋上に留まり、車の上に落下した妙子は片足に大きな怪我を負います。

1995年。

謎の連続銃撃殺人事件が発生し、世間を騒がせていました。

歌手を夢見て上京したシンは、路上で歌っていると、映画監督を夢見るジェイとフカミに誘われ、映画制作に参加する事になります。

ジェイとフカミは、シンがまだ女性経験が無い事を知り「誰とでも寝る女と会わせてやる」と、シンをある場所に連れて行きます。

シンの前に現れたのは、エイコを亡くして以降、変わってしまった妙子でした。妙子はシンを拒絶し、映画に出演する女優を探しているジェイに、美津子を紹介します。

美津子の家を訪ねたジェイ達。美津子もエイコを亡くして以降、エイコの幻影に取り憑かれ、部屋で引きこもった生活を送っていました。

シンは美津子を見て「この人は男を知らない」と言ってしまい、怒った美津子にジェイ達は追い返されます。

その直後、美津子へ村田丈という男から電話がかかってきます。

村田は「10年前に借りた50円を返したい」という理由で、美津子を公園に呼び出します。

不信感を抱いたまま美津子が公園に行くと、村田丈は赤い高級車に白いタキシードという出で立ちで現れ、リングケースに入れた50円玉をロマンチックに美津子へ渡します。

村田のペースに引きずり込まれた美津子は、公園で村田と時間を共にします。その様子を密かに撮影していたジェイ達は、面白がって妙子にその様子を見せます。

村田の姿を見た妙子は「こいつはヤバい」と呟きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『愛なき森で叫べ DEEPCUT』ネタバレ・結末の記載がございます。『愛なき森で叫べ DEEPCUT』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflix 愛なき森で叫べ

妙子の姉は過去に、村田と交際していました。村田は、言葉巧みに妙子の姉に近づき、妙子の家族も騙すようになります。

村田は姉だけでなく、妙子や、妙子の母親にも近づき関係を持とうとしていました。

当時、妙子は村田に不信感を抱いていましたが、村田の持つ不思議な魅力に取り込まれていきます。

しかし、村田が妙子の家族の資産状況を調べていた事が発覚し、怒った妙子の父親により、姉は村田と別れる事になります。

また、村田も妙子達の前から姿を消していました。

しかし、妙子の姉が、妙子の高校の頃の卒業アルバムを村田に渡していた事から、村田は美津子の事を知り、近づくようになったのです。

妙子の話を聞いたジェイ達は、その話を面白がり、村田を自分達の映画の題材にする為に、村田を追いかける事にします。

ジェイ達に付き合う形で、村田を尾行していた妙子は、村田が言葉巧みに美津子に近づいている所を目撃します。

妙子は、村田を美津子から離す為、代わりに村田と関係を持つようになります。

ある時、ジェイ達は村田が開催したコンサートに訪れます。そこにいた観客は、全員が村田と関係を持っている女性でした。

ジェイ達は、謎めいた村田の魅力を知り、更に興奮します。妙子は、コンサート会場で美津子と会いますが、美津子は妙子に村田への嫉妬心を爆発させます。

ジェイ達は、村田を題材にした映画の撮影を始めます。

映画を撮影するジェイ達は、男性経験の無い美津子にしか演じられない役がある為、再び美津子の自宅を訪ねてオファーをします。

しかし、再会した美津子の体には、痛々しい傷がつけられていました。

また、村田と関係を持つようになった妙子も、村田が所持している電気棒で、体を痛めつけられていました。

「村田と肉体関係を持った」という美津子の告白を聞き、村田の狂気に恐れを感じ始めたジェイ達は「村田に会わない方が良い」と美津子に忠告します。

ですが美津子は「私が悪い女だから」と、ジェイ達の忠告を聞きません。その時、妙子から連絡を受けたジェイは「村田が会いたいと言っている」と聞かされます。

戸惑いながらもジェイ達は、村田と妙子が待つ居酒屋へと向かいます。

居酒屋へ到着したジェイとシンは、美津子が心から村田に支配されている様子を見て戸惑いますが、フカミだけは村田に興味を抱いていました。

ですが、村田が家業の布団屋を一代で大きくした話などを聞く内に、村田の話術に心を掴まれていきます。

そして、村田は映画制作に情熱を燃やすジェイに「俺も協力したい」と申し出ます。

ジェイの映画制作に村田が加わって以降、最初はサポートする立場だったはずの村田が、徐々に前に出てくるようになり、いつの間にかジェイに代わって監督をやるようになっていました。

村田が加入して以降、映画制作に不満を感じ始めたジェイの仲間達は、次々とジェイから離れていきます。

映画制作の全てを掌握し始めた村田は暴力的になっていき、不満を感じたフカミもジェイのもとを去ってしまいます。

さらに、映画制作が進むにつれて、シンは村田に陶酔するようになり、美津子も妙子に高圧的な態度を取るようになります。

映画は人里離れた山荘でロケを行う事になりますが、この頃には、ジェイはエキストラの扱いになっており、村田に強い不満を抱くようになっていました。

そして、撮影の途中で、ジェイの首を絞める演技をしていたはずの美津子が、本当にジェイを殺してしまいます。

村田はジェイの死体を前にしても、全く動揺する事無く、妙子と美津子とシンに、淡々と死体処理の方法を教え実行させます。

シンと妙子が、湖に死体を捨てに行きますが、妙子はシンの隙をついて自ら湖に飛び込みます。妙子が湖に飛び込んだ事を知ったシンは「お前は、俺が殺す予定だったのに」と叫び声をあげます。

湖から陸に辿り着いた妙子が遭遇したのは、死んだはずのエイコでした。

村田とシンは、美津子の家に向かい、村田が「あんたの娘が人を殺した」と茂とアズミに伝え、自分達を匿うように茂と交渉します。

村田は、巧みな話術と暴力で茂の心を掌握し、美津子の家にシンと勝手に住み着くようになります。

茂の財産を全て使い、贅沢な暮らしを送っていた村田とシンは、美津子の家族にお互いを監視させ、逆らえば電気棒を流していました。

また、茂は村田の指示で、親友からお金をだまし取っていました。

崩壊する家族を目の当たりにした事と、村田の興味が妹のアミに移った事で、美津子は平常心を取り戻すようになり、脱出を企てます。

しかし、美津子はアミに捕ってしまい、村田に命じられた家族により、リンチを受けます。

家族のリンチにより、大怪我を負った美津子は病院に入院します。

その際に、美津子の体の傷に気付いた医師が、家庭内暴力の可能性を疑いますが、見舞いに来た村田とシンは、言葉巧みに医師の追求をかわします。

村田とシンとアミが病院から戻ると、茂にお金をだまし取られた男とアズミが倒れており、茂は首を吊って自殺していました。

村田は、アミに死体を処理するように命じます。

アミは言われた通りに死体を処理しますが、次第に精神が崩壊を始めます。

美津子が退院したタイミングで、映画のクライマックスを撮影する為に、村田達は森でのロケを行います。

ですが美津子は「この森で殺される」と察知し、あらかじめ用意していた作文を読み始めます。

美津子は、実は村田と会う前から、多くの男性と肉体関係を持っていました。

いろいろ都合が良い為、男を知らないふりをしていたのです。

また、美津子は村田に全く洗脳されておらず、自分の家族を壊してほしくて、洗脳された振りをし、内心は村田をあざ笑っていた事を告白します。

村田に体を傷だらけにされたのは「自分の中で死にたい願望があったから」でした。

突然の告白に、村田は戸惑いますが、シンは躊躇する事なく美津子とアミを銃で撃ちます。

実は、シンは世間を騒がせている、連続銃撃事件の犯人で、シンも自分で人を殺せない村田を、内心馬鹿にしていました。

村田もシンに殺されそうになりますが、隙をついて逃げ出します。

村田を逃がしたシンは、車で街に戻る途中、エイコの姿を見かけ、何かに誘われるように森の中へ消えていきます。

また、逃げていた村田は、偶然通りかかった車に助けを求めます。車を運転していたのはエイコで、村田を車に乗せます。

「あなた行先は?」と聞く村田に、エイコは「ゴートゥーヘル」と答えました。

スポンサーリンク

『愛なき森で叫べ DEEPCUT』感想と評価


Netflix 愛なき森で叫べ

2019年秋にNetflix映画として配信された『愛なき森で叫べ』に追加シーンを加え、全7話のドラマ版として再編集された『愛なき森で叫べ DEEPCUT』。

椎名桔平が、巧みな話術で相手を洗脳する詐欺師・村田丈を怪演している本作は、恐ろしい事に実際の事件が元になっています

モデルになった事件は、2002年に起きた「北九州監禁連続殺人事件」で、犯人が被害者家族をマインドコントロールし、お互いを監視させ、殺し合いをさせていたという、当時は報道規制もされていたほどのショッキングな事件です。

2016年の映画『クリーピー 偽りの隣人』でも、「北九州監禁連続殺人事件」は題材にされている他、事件をモデルにした、さまざまな漫画や小説が発表されており、中にはかなり事件の詳細に迫った作品もあります。

しかし『愛なき森で叫べ DEEPCUT』は、「北九州監禁連続殺人事件」の全容に迫った作品ではありません。

事件を彷彿とさせるのは、第6話の「狂った家族」のみとなっています。

『愛なき森で叫べ DEEPCUT』で、メインで描かれている内容は、村田丈に出会ってしまった為に、人生を破壊された若者の悲劇です。

本作の前半は、1985年の高校生の頃の妙子と美津子のエピソードと、1995年の映画制作を目指す若者、ジェイ達のエピソードが交互に展開されていきます。

ですが、おそらく多くの人が、前半の演出に違和感を覚えるのではないでしょうか?

夢や目的に向かい、エネルギーに満ち溢れる若者の、勢いや輝きを強調しているのですが、全体的に過剰な印象を受けます。

正直「これが続くなら、ちょっとキツイな」と思ったほどです。

しかし、高校時代の妙子と美津子は、恋心さえ抱いていたエイコを失い、深い絶望を味わいます。さらに、妙子と美津子は、村田と出会ってしまった事で、人生そのものを壊されてしまいます。

また、ジェイ達は村田が映画制作に加わった事で、それまで映画制作を楽しんでいた仲間達が次々と離れていき、映画制作に絶望感を抱くようになります。

第3話で、ジェイ監督の映画撮影が進められていく様子が描かれているのですが、その内容は、かなり滅茶苦茶です。

ですが、撮影を進めていくジェイは、本当に楽しそうで、作品には、若者の勢いとパワーが込められていましたが、その全てを村田が破壊していきます。

第1話と第6話では、ジェイの表情が明らかに変わっており、村田にうんざりしている印象さえ受けます

当の村田は映画撮影を1人だけ楽しそうに進めており、最後は過剰な演出でジェイは殺されてしまいます。

このエピソードまで進むと、前半で映画制作を楽しんでいた頃のジェイが懐かしく感じ、純粋な若者の全てを奪っていった、村田という男に憎悪を感じるようになります。

前半で過剰なほど、若者の勢いや輝きを強調していた演出は、村田に会ってしまった後半の絶望感を際立てる為だったと感じます。

本作は、第1話から第6話まで、全てが村田の思惑通りに進んでいくのですが、最終話の第7話で、全てが覆っていきます

それまで正体を隠していたシンが、連続銃撃犯だった事が分かるうえ、村田に心身ともに支配されていたように見えた美津子が、逆に村田を掌で操っていた事が判明します。

これまで人心を掌握していた村田が、本当に危険な人間に出会った事で、今度は命を狙われる立場になるという、逆転の展開が起きるのですが、「犯罪者を追い詰めるのが、もっとヤバい犯罪者」という展開に、違和感を抱く方もいるでしょう。

そこで、大きな役割を果たすのがエイコの存在です。

後半のエピソードで、亡霊となったエイコが何度か登場するのですが、印象的なのは、湖に飛び込んだ妙子が、陸地に上がり、エイコと再会する場面です。

ロミオの衣装を着たエイコと再会した妙子は、お互いを求め合うのですが、セピア色のような色調になります。

その後、妙子が登場しない事を考えると、エイコと妙子が再会したのは、あの世という事になります。

そして、物語のラストで、シンと村田の前に現れたエイコは、おそらく2人の命を奪いに来たのでしょう。

エイコの最後のセリフ「ゴートゥーヘル」は、言葉通りの意味だと受け取れます

妙子と美津子は、エイコを失って以降、エイコの幻影に取り憑かれていました。実際にエイコの亡霊は、2人を見守ってくれていたという事になります。

『愛なき森で叫べ DEEPCUT』は、実際の事件をもとに、人の恐ろしさを見せつけた作品です。

ですが、人間は悪い部分だけを持っている訳ではなく、悪人がいれば当然、善人もいるのです。

そして、最後は善人が悪人を裁くという、非常に気持ちの良い作品でした。

まとめ


Netflix 愛なき森で叫べ

『愛なき森で叫べ DEEPCUT』は、前述したように、前半と後半では作品の雰囲気が変わります。

前半は、コミカルな印象を受けますが、次第に暴力描写などが増えていき、第6話と第7話は、園子温監督の容赦のない残虐描写が展開され、特に死体を処理する場面は、かなり衝撃が強いです。

また、村田が茂を洗脳する場面は、茂の感情を巧みに揺さぶり、脅しや暴力で屈服させるという、マインドコントロールの一連の流れが詳細に描かれています

ただ、その後の茂とアズミの変化が理解できない方もいるかもしれません。

このように、手加減抜きの残虐描写が人を選ぶ作品ではあるのですが、本作が向き合ったのは、良くも悪くも人間の内面です。

登場人物の心情は丁寧に描かれているので、あとは独特すぎる演出を、どう受け止めるかではないでしょうか?

おそらく、賛否が分かれる作品なので、園子温監督の『冷たい熱帯魚』などが好きな方には、是非お勧めしたい作品です。


関連記事

サスペンス映画

映画『残された者 北の極致』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ミケルセンの大ファンだった男は破格でホッキョクグマを貸してくれた

映画『残された者 北の極致』は、北極に取り残された男性の壮絶なサバイバルを描いた物語。 主演を務めたのは、マッツ・ミケルセン。『偽りなき者』(2013)でカンヌ映画祭男優賞を受賞し、テレビドラマ『ハン …

サスペンス映画

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』ネタバレ感想と評価レビュー。衝撃の事件を犠牲者の側から描く

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で注目を集める、あの事件が映画化された! ハリウッドを震撼させた事件から50年、今再び注目を集めるシャロン・テート殺害事件。 “マンソン・ファミリー”に …

サスペンス映画

映画『天空の蜂』動画無料視聴方法!あらすじネタバレ【原作との違いは?】

ベストセラー作家・東野圭吾の95年の小説が、15年度に映画化されました。 その内容は、まるで最近作られたかのような「原発」をテーマにしたサスペンス作品となっています。 映画はもちろん、東野圭吾の予見的 …

サスペンス映画

映画『ノクターナルアニマルズ』あらすじネタバレと感想!原作紹介も

世界的ファッションデザイナーとして著名なトム・フォードが、2009年の『シングルマン』以来7年ぶりに手がけた映画監督第2作『ノクターナル・アニマルズ』をご紹介します。 米作家オースティン・ライトが19 …

サスペンス映画

映画『セブン』ネタバレ考察と評価感想。衝撃的なラスト結末は名作か胸糞か⁈凄惨な殺人に抗う刑事たちの人物描写

デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのサスペンス映画 映画『セブン』は、『エイリアン3』(1992)や『ファイト・クラブ』(1999)を手掛け、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)ではゴ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学