Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『レディ・オア・ノット』あらすじネタバレと感想。ラストまで楽しませるサマラ・ウィーヴィングの髪をふり乱した演技

  • Writer :
  • 奈香じゅん

ホラー映画『レディ・オア・ノット(原題:Ready or Not)』の怖さと魅力

『レディ・オア・ノット(原題:Ready or Not)』は、富豪一族ル・ドマス家に嫁いだ美しい花嫁・グレースの生存を懸けたサバイバルを描くブラック・コメディです。

『V/H/S シンドローム』(2013)や『サウスバウンド』(2016)等を手掛けた映画製作グループ、ラジオ・サイレンスが制作しました。

主人公グレースを演じるのは、『ザ・ベビーシッター』(2017)のオーストラリア人俳優・モデルのサマラ・ウィーヴィング。

スポンサーリンク

映画『レディ・オア・ノット』の作品情報


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Ready or Not

【監督】
マット・ベティネッリ=オルピン、タイラー・ジレット

【キャスト】
サマラ・ウーヴィング、アダム・ブロディ、ヘンリー・ツェ―二―、アンディ・マクダウェル、マーク・オブライエン、エリス・レヴェスク、ニッキー・ガダニー、ジョン・ラルストン

【作品概要】
共同監督を務めたマット・ベティネッリ=オルピンとタイラー・ジレットは、本作の脚本を5年前に読み、大ファンになったと答えます。まだ映画化されていなかった3年前に製作者との会合で監督業を獲得。

脚本を書いたのは、13才から親友同士のガイ・ビューシックとR・クリストファー・マーフィー。2人はテレビドラマでキャリアを積み、ビューシックは、『ザ・コントロール』(2016)の共同執筆者にも名前を連ねています。

映画『レディ・オア・ノット』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

グレースは、御曹司アレックス・ル・ドマスとの結婚式を迎えます。式に参列したル・ドマス家の人々は表向き笑顔を絶やしませんが、グレースを好奇の目で観察。

式後、親密な時間を過ごそうとするグレースとアレックス。しかし、部屋の中にアレックスの伯母・ヘレンがいつの間にか座っており、皆待っていると告げアレックスを急かします。

要領を得ないグレースに、真夜中に家族全員で行う遊びに加われば、公式に家族として受け入れられるとアレックスは説明。

由緒ある家族に認めて貰いたいグレースは、取りあえずやってみることに。遅れて来たアレックスの妹・エミリーは、感じよくグレースに接します。一方、兄・ダニエルは、お酒をぐい飲み。

アレックスの父親・トニーは、家族全員でゲームをした後、グレースが晴れて家族の一員になると、代々ル・ドマ家に伝わる習慣を改めて説明。

箱の中からカードを引き抜くよう促されたグレースは、吐き出された1枚を手にします。引いたカードはかくれんぼ。

緊張する一同をよそに、グレースは、「本気でかくれんぼなんかしないわよね~」と1人面白がります。

トニーは、屋敷のどこに隠れても良いと真剣な顔。どうせ自分が負けると笑顔のグレースに、トニーは、明け方まで隠れ果せたらグレースの勝ちだと話します。

ウエディングドレスを引きずりながら、グレースは2階へ。一方、ル・ドマス家の人々は、おのおの武器を手にします。

ソファに座ったままうな垂れるアレックスに、母親のベッキーは参加しなくても良いと声を掛けます。

暫く隠れていたグレースは場所を移動するため廊下を歩いていると、アレックスが側に来てグレースを引っ張ります。

そこへ、グレースだと勘違いしたエイミーがメイドを射殺。衝撃の光景に、グレースは必死に口を押えて叫ぶのを堪えます。

集まった家族は、人違いに素っ気居ない態度。「あー死んじゃった。これで良いんじゃない?」「駄目よ!花嫁じゃなきゃ!」そんな会話を耳にしながら隠れているグレース。

更に、ベッキーがグレースに見られないよう、メイドの遺体を片付けようと冷静に提案します。

事情を説明して欲しいと興奮するグレースに、アレックスはハイヒールを脱がせてスニーカーを履かせます。

ショックを受けて呆然とするグレースを、アレックスは、かくれんぼは唯一最悪のカードで、グレースを殺さなければ家族に災いが起きると早口で説明。

アレックスは、家族の意向に従う振りをしてグレースを助けようと計画していたとを言います。

グレースが辞めたいとつぶやくと、同じように習慣を無視した親族が死亡し、投げ出せばグレースも命を落とすとアレックスは説得します。

グレースは、知っていながら自分を異常な事態に巻き込んだアレックスに怒り爆発。

アレックスは、かくれんぼのカードが出る確率は低いと高を括っていたことを認め、自分にとってグレースは人生の全てであり、正直に話せば結婚してくれなかったからだと答えます。

監視カメラ室で家族の動きを見ながらグレースを誘導すると言い、アレックスはグレースにともかく歩くよう急がせます。

グレースは、動きやすくする為、ウエディングドレスの裾を短く切り裂きます。

しかし、廊下の角を曲がった所で、メイドの遺体を運ぶアレックス、トニー、そしてヘレンに遭遇。背後から追いついたエイミーがグレースに発砲。

しかし、弾は逸れて他のメイドに命中。グレースは逃げ出し1室へ隠れますが、そこへダニエルが入って来ます。

お酒を飲み始めるダニエルは、命乞いをするグレースに、10秒間の猶予を与えるので逃げろと告げます。

10秒数えた後、ダニエルは、グレースが書斎に居ると大声で叫びます。そこへ駆けつけたダニエルの妻・チャリティは、グレースを捕まえ損ねたのかと夫を非難。

焦って銃を置き忘れたエイミーに、夫のフィンチが自分のボウガンを手渡します。しかし、エイミーは、またしても手元が狂い違うメイドを弓矢で殺してしまいます。

「あ~あ。お気に入りのメイドだったのに」と残念がるフィンチ。

なかなかグレースを仕留められず次第に苛立ちが募るル・ドマス家。トニーは、夜明けまでにグレースを殺さなければ、家族全員が死ぬんだと全員に檄を飛ばします。

以下、『レディ・オア・ノット』ネタバレ・結末の記載がございます。『レディ・オア・ノット』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

グレースは、壁に掛けてあったショットガンを外して武装。一緒に掛けてあった弾も掴みます。

キッチンを見つけ、裏口から外へ脱出しようとしますが扉が開きません。

ショットガンへ弾を込めようとした矢先、執事がお茶を用意する為キッチンへ入って来ます。四つん這いになり身を隠すグレース。

アレックスは、監視カメラを見ながらグレースの為に遠隔で扉のロックを解除。

グレースは執事を狙いショットガンの引き金を引きますが、弾は飾り用の偽物だと執事が嘲笑。

その頃、アレックスが警備室へ居ると知ったトニーが怒鳴り込んできます。妻に手を出すなと憤るアレックスと揉み合いになり、ダニエルが割って入ります。

隙を見たトニーは、背後からアレックスを殴って失神させ、邪魔をしないよう拘束。

その頃、窓から抜け出したグレースは、思い切って地面にジャンプ。結婚式を挙げた庭を抜け、敷地内の森へ逃げ込みます。

納屋へ入るとエイミーの幼い息子・ジョージ―がグレースを銃撃。子供を殴り倒したグレースは、腐った床を踏み外して地下へ落下。そこは、動物の死体や骨が散乱していました。

グレースは、意を決し撃たれた傷を庇いながら梯子を登りますが、途中で梯子が外れてしまいます。

思わず手を着いた所に出ていた長い釘が手の平を貫通。絶叫しながらもグレースは必死に這い上がります。肩からドレスを破り、怪我した手に巻きながら唇を噛みしめて止血。

屋敷の屋根に登っていたチャリティは、グレースを発見し執事と家族に居場所を知らせます。

敷地のフェンスに辿り着いたグレースですが、乗り越える際にフェンスの尖った先端で更に怪我を負い、通りすがりの車はグレースを完全無視。

「あんた達頭イカれてんじゃないの!」「ふざけんなよ!」そう罵った後、グレースは仕方なくふらふらと歩きだします。

そこへ、車に乗って追いついた執事がグレースにタックル。全身で抵抗するものの、グレースは掴まってしまいます。

執事からグレースを確保したと連絡を受けたル・ドマス家は胸を撫で下ろします。

しかし、車内から送信されるライブフィードは、後部座席のグレースが執事を足蹴りにしている様子が流れてきます。

執事はハンドルのコントロールを失い、車は横転。車内から這いだしたグレースの目の前に、ショットガンを持ったダニエルが立ちはだかります。

見逃して欲しいと頼むグレースですが、ダニエルは、殺したくなくても家族全員が死なせる訳にはいかないと言い、グレースを銃で殴って拘束。

木の陰に隠れていたトニーと一緒にグレースを屋敷まで運びます。トニーは、夜明けまで1時間しか残っておらず、儀式も行わなくてはならないと文句。

その頃、手錠で捕らわれたアレックスを、心配したベッキーが見舞います。アレックスは、グレースが死ぬならベッキーを殺すと睨みつけます。

ベッキーは、エイミーの幼い子供達に、ル・ドマス家がお金持ちになったのはルベール氏のお蔭であり、新しい家族が増える時に家族全員でゲームをする代わりに、今後も未来が約束されていると説明。

屋敷に運ばれたグレースは仰向けに縛られます。周囲を囲んだラ・ドマス家の人々は黒いマントを被り、トニーが呪文を唱え出します。

短剣を振り上げたトニーがグレースの止めを刺そうとした時、全員嘔吐。ダニエルが一時的に身体能力を奪う毒を飲み物に入れていたのです。

ダニエルがグレースの手足を縛っている縄を解き、一緒に脱出。アレックスもやっと手錠を開錠し、後を追います。

しかし、チャリティが銃を構え行く手を阻みます。グレースを庇うダニエルをチャリティが撃ち、怒ったグレースがチャリティを殴り倒します。

ダニエルは首から血を流しながら、早く逃げろとグレースを急がせます。息も絶え絶えのトニーが追いつき、グレースを唯の生贄だと呼んで襲い掛かりますが、グレースはランプでトニーを殴って反撃。

次にベッキーと格闘になったグレースは、鈍器でベッキーの顔をめった打ち。

そこへ来たアレックスは、グレースの気持ちが自分から離れたことを確信。グレースを羽交い絞めにしたアレックスは、家族に集まるよう知らせます。

グレースを抑え付け、ヘレンが悪魔よ万歳と叫び、残ったメンバーも復唱。しかし、時刻は夜明け過ぎ。

次々にラ・ドマス家の人々が爆発していきます。笑い出すグレースに、アレックスは必死に取り繕います。しかし、グレースが離婚したいと結婚指輪を投げつけた瞬間、アレックスも爆発。グレースは、大量の血を浴びます。

顔の血を拭うグレースの目の前に、肖像画で見たルベールが椅子に座っているのを暖炉の火が映し出します。

足を引きずるようにグレースが屋敷から出て来ると、駆けつけた消防隊に何が起きたのか訊かれます。

グレースは、「姻族がらみ」と煙草を吸いながら返答。

スポンサーリンク

映画『レディ・オア・ノット』の感想と評価

サマラ・ウィーヴィングの演技力

結婚式当日、真夜中から夜明けまで数々の攻撃を交わしながらグレースの生き残りを懸けた奮闘を描く『レディ・オア・ナット』。全キャラクターがストレスを抱え罵倒しながら物語が進行し、最後は皆血だらけというエンディング。

劇中のルベールは、ル・ドマス家の先祖が取引して富を築いて貰った悪魔という設定です。

大金持ちのステータスを維持する為、先祖が交わした悪魔との約束をル・ドマス家も守らなければならず、失敗すれば自分達が死ぬという政治色及び宗教色ゼロのストーリーも分かりやすいプロット。

ル・ドマス家の人々が悪者に見えますが、何度もグレースを取り逃がしてしまう、人殺しに慣れていない様子が笑いを誘うブラック・コメディです。

そして、本作を最後まで楽しませる大きな要因は、主人公・グレースを演じたサマラ・ウィーヴィングの文字通り髪をふり乱した演技

ブロンドのか弱いキャーキャー叫ぶだけの女性は演じたくなかったと明かすウィーヴィングは、強くて闘うグレースにしたいという意向を製作者と話し合ったことをインタビューで話しています。

衣装担当のエイヴリー・プルエス


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

また、本作に欠かせない影の大黒柱は、衣装です。もう1つの主人公と言えるほどウエディングドレスの変遷が印象的です。

衣装を担当したのは、テレビドラマ『ハンニバル』や『12モンキーズ』、そして映画『エブリシング』(2017)でもデザインを手がけたエイヴリー・プルエス

ウィリアム王子との結婚式に着用したケンブリッジ侯爵夫人のウエディングドレスを参考に、グレースの衣装をデザインしたとプルエスは語っています。

5つのパーツに分けて縫製し最後にウエディングドレスとして繋ぐことで、グレースがサバイバルする課程で裂けやすくなるようデザインしたと説明。

また、エンディングで真っ赤に染まってしまうのは、映画『キャリー』(1977)の様にしようというプルエスのアイデアです。

まとめ


(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

両親を知らずに育った主人公・グレースは、愛する御曹司・アレックスと結婚して玉の輿に乗る日を楽しみにしていました。

しかし、姻族が皆自分を殺そうとしていることを知った時、グレースのサバイバルが始まります

スリラーの王道“追う者と追われる者”をコメディで描いた異色作品『レディ・オア・ノット (Ready or Not)』は、スリラー、ホラー、コメディの3要素を上手くブレンドした血しぶきが飛びまくるポップコーン映画です。

関連記事

ホラー映画

おすすめホラー映画『カッターヘッド 真夜中の切断魔』ネタバレ感想。ピニョフスキ姉妹の演技力に注目

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 その第5弾、最後を飾る作品が『カッターヘッド 真夜中の切断魔』です。 …

ホラー映画

『ゴーストランドの惨劇』あらすじとホラー映画解説。ラストのセリフに込められた意味とは?

『ゴーストランドの惨劇』は2019年8月9日より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 人里離れた叔母の家に引っ越した事から、ある一家が遭遇する惨劇と、その後の物語を描いたパスカル・ロジェ監督による …

ホラー映画

映画『ドント・ブリーズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画『ドント・ブリーズ』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『ドント・ブリーズ』映画作品情報をどうぞ! スポンサーリンク CON …

ホラー映画

『死霊院 世界で最も呪われた事件』あらすじネタバレと感想。実話ホラー映画の真相をおすすめ作品とともに解説

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 第2弾となる作品が『死霊院 世界で最も呪われた事件』です。 ルーマニ …

ホラー映画

映画『ハッピーボイスキラー』感想とラスト考察。動画無料視聴方法も

アメリカ版ポケットモンスターにて、ピカチュウの声優を担当することが決まったライアン・レイノルズ。 デッドプールでやりたい放題のうえ、愛嬌あるピカチュウを演じるなんて…と、考えるだけで不安な方の気持ちを …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP