Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/10/22
Update

『死体語り』評価レビューと解説。心霊ホラーで死者と対話する男の悪夢と現実

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。

「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画祭「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」が、東京と名古屋、大阪で開催されます。

今回は「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」上映作品となる、死体と会話をする能力を持つ男が遭遇する、悪霊の恐怖を描いたホラー映画『死体語り』を、ご紹介します。

スポンサーリンク

映画『死体語り』の作品情報


Globo Filmes, Casa de Cinema de Porto Alegre and Canal Brasil

【公開】
2019年公開(ブラジル映画)

【原題】
The Nightshifter

【監督・脚本】
デニソン・ラマーリョ

【キャスト】
ダニエル・デ・オリベイラ、ファビウラ・ナシメント、ビアンカ・コンパラート

【作品概要】
犯罪が多発する街を舞台に、死体と対話する能力を持った男が遭遇する恐怖を描いた、ブラジル製の心霊ホラー。監督と脚本を担当したデニソン・ラマーリョは、本作が長編デビュー作となります。

映画『死体語り』あらすじ


Globo Filmes, Casa de Cinema de Porto Alegre and Canal Brasil
犯罪が多発している街で、法医学研究所の職員として働くステニオ。

ステニオは、死体安置所に運び込まれて来る死体を、検視の為に解剖しており、連日夜勤が続いていました。

また、ステニオには、他の人間には無い特殊な能力があります。

それは、死体と話ができるという事。

この特殊能力により、身元不明の死体でも、ステニオは遺族を探し出す事ができていました。

ステニオには、妻のオデッテと、2人の子供がいますが、連日夜勤続きで、異臭を放ちながら帰宅するステニオを、オデッテは良く思っていません。

オデッテが、子供に厳しい態度で接しており、子供もオデッテへ反抗的な態度を見せている事から、家庭の雰囲気は最悪になっていました。

ある日、ステニオは、死亡した麻薬組織のボスの弟、スージョの解剖を行います。

スージョの死体は「自分は何者かに密告されて殺された」事をステニオに語りますが、ステニオは「自業自得」と感じて、まともに相手をしません。

ですが、スージョの死体は「オデッテが不倫をしている」と、ステニオに伝えます。

当初は、スージョの話を信じなかったステニオですが、実際にオデッテが不倫をしている現場を、ステニオは目の当たりにします。

オデッテの不倫相手は、ステニオが仕事帰りに立ち寄っている、バーのマスターでした。

オデッテの裏切りに、激しい怒りと悲しみを感じたステニオは、スージョの兄で麻薬組織のボス、ジョナスに近付きます。

ステニオはジョナスに「自分はスージョの兄弟分だ」と嘘を吐き、スージョとジョナスの「兄弟しか知らない秘密」を話し、ステニオはジョナスの信頼を得ます。

ステニオはジョナスに「バーのマスターが、スージョを密告した」と嘘の情報を伝えます。

ジョナスは、バーのマスターを襲撃しますが、その現場に一緒にいたオデッテも巻き込まれてしまい、命を落とします。

オデッテの死を悲しむステニオですが、バーのマスターの娘、ララをベビーシッターとして雇い、再び死体解剖の為、連日夜勤の生活を送るようになります。

ですが、ジョナスの死体から聞いた「兄弟しか知らない秘密」をスージョに伝えた事は、死体と話す能力を持つ者が守らなければならないルール「死者から聞いた秘密を、口外してはならない」を破った事になります。

ルールを破ってしまったステニオの周囲で、徐々に奇怪な出来事が起こるようになり…。

スポンサーリンク

『死体語り』感想と評価


Globo Filmes, Casa de Cinema de Porto Alegre and Canal Brasil

死体と話せる能力を持った男の心霊ホラー

死体と話をする能力を持つ法医学研究所の職員、ステニオが遭遇する恐怖を描いた、ブラジルの心霊ホラー映画『死体語り』

死体安置所で働く主人公が、死者の声を聞く物語と言うと、2003年から2005年まで放送されたアメリカのテレビドラマ『トゥルー・コーリング』を連想する方も多いのではないでしょうか?

しかし、本作は「死者を救済する為に奮闘する主人公」を描いた作品ではなく、「生きている人間のドラマ」が物語の主軸となっており、死者と話ができるステニオの能力は、物語を面白くする為の、1つの要素でしかありません。

物語を動かすのは、生きている人間の嫉妬や、怒りなどの、どちらかというと負の感情です。

負の感情が動かす物語に、心霊要素が絡む事で、独特の悪夢的な世界観が広がる作品、それが『死体語り』です。

悪夢と現実が交差する展開

本作の主人公ステニオは、死体解剖の為、連日の夜勤を続けており、精神的に疲弊している男です。

作中でも、置き場がない程の死体が運び込まれる場面があり、犯罪が多発する街での勤務で、ステニオが疲弊していく様子が描かれています。

そして「死体と話せる者」のルールを破った事をキッカケに、ステニオの周囲に心霊現象が多発する事になります。

「主人公以外は、心霊現象に気付いていない」という、心霊ホラー映画の王道とも呼べる展開がありますが、ステニオの周囲の人間も、夜勤続きで精神的に疲れているステニオを、心配するだけでなく、異常さを感じて距離を置くようになります。

作品の構造も、観客に「どちらが本当か分からない」と感じさせる、悪夢と現実が交差する展開となっていきます。

現実とも夢の世界とも分からない世界を、主人公と観客が一体となって体験する作品と言えば、不眠症になった男を、クリスチャン・ベイル主演で描いた2004年のサスペンス作品『マシニスト』があります。

『マシニスト』では、ラストで主人公の現実をはっきりと見せていましたが、『死体語り』では、どのような結末を迎えるのでしょうか?

ルールを破った者が迎える驚愕の結末

本作でステニオは「死者から聞いた秘密を、口外してはならない」というルールを破りました。

これにより、死者の霊による、怪現象に襲われる事となります。

ですが、ステニオは、死者とのルールの他に、自身の怒りに任せて、人間としてのルールも破っています。

ステニオが、ジョナスをけしかけた事で、ララは父親を失う事となりました。

死せる者と生ける者、両者のルールを破ったステニオが、最終的に迎える運命は?

終盤の物語の主軸となる部分ですので、注目していただきたいです。

まとめ


Globo Filmes, Casa de Cinema de Porto Alegre and Canal Brasil
本作は心霊ホラーとしての恐怖と、精神的に極限まで追い詰められたステニオが、精神的に不安定な部分を見せていく、サスペンス映画としての恐怖もあります。

いくら働いても裕福になれず、妻にも裏切られ、疲労が蓄積していく、ステニオが徐々に壊れていく姿が描かれています。

どこまでが心霊現象で、どこまでがステニオの異常な行動なのか?という、境界線が曖昧になっていく恐怖は必見です。

『死体語り』は「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」にて上映される作品で、10月よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、名古屋のシネマスコーレの3劇場で開催されます。

ステニオを苦しめる悪霊の正体も、ステニオが抱いた負の感情が原因の人物ですので、そこも注目して下さい。

関連記事

ホラー映画

映画『地獄の警備員』ネタバレ感想と結末解説あらすじ。松重豊×黒沢清のホラーバイオレンスがデジタルリマスターで復活

『地獄の警備員』がデジタルリマスター版として復活! 出口が封鎖された真夜中のビルで、怪物のような警備員と対峙する恐怖を描いた映画『地獄の警備員』。 世界的人気を誇る映画監督・黒沢清が29年前の1992 …

ホラー映画

映画『#生きている』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。韓国の新作ゾンビ2020は“団地とデジタル時代”を融合して描く

『ベテラン』のユ・アインと『アルハンブラ宮殿の思い出』のパク・シネが出演するゾンビスリラーNetflix映画『#生きている』。 なんとしても生き残らねば!正体不明の疫病にかかった人間がゾンビ化し無差別 …

ホラー映画

映画『ダークアンドウィケッド』あらすじ感想と考察解説。見てはいけないホラーが描く正体不明で純粋なる“恐怖”

映画『ダーク・アンド・ウィケッド』は2021年11月26日(金)より、新宿シネマカリテほか全国ロードショー公開! 病床に伏せる父親の身を案じて帰郷した姉弟に起こった恐怖の体験を描いたホラー映画『ダーク …

ホラー映画

映画『来る』小松菜奈(真琴役)の演技力とプロフィール。おすすめ作品も調査

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 原作は澤村伊智の第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。 メガホンをとるのは、2011年ア …

ホラー映画

映画『オーヴァーロード』ネタバレ感想。ゾンビ×ナチスをJJエイブラムスが極上エンタメ作品に

映画『オーヴァーロード』は2019年5月10日より全国ロードショー公開 あのJ・J・エイブラムスがプロデュースした戦争アクション×ゾンビ映画! 荒唐無稽でB級映画チックな設定を、一流のクリエイターたち …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学