Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2022/09/01
Update

【ネタバレ】ノープNOPE|結末あらすじ感想と考察評価の解説。タイトルの意味を含め“UFO映画”に留まることのないホラーとしての真価

  • Writer :
  • さくらきょうこ

『ゲット・アウト』『アス』のジョーダン・ピール監督映画『NOPE/ノープ』

ゲット・アウト』(2017)でアカデミー賞の脚本賞に輝いたジョーダン・ピール監督。

アス』(2019)に続く監督作品がこの『NOPE/ノープ』です。

テレビシリーズ「トワイライト・ゾーン」(2019~2020)で案内役を演じたピールは、脚本や製作総指揮にも名を連ねています。

本作はその「トワイライト・ゾーン」的なケレン味たっぷりの仕上がりとなっており、観客をワクワクさせてくれます。

スポンサーリンク

映画『NOPE/ノープ』の作品情報

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ジョーダン・ピール

【キャスト】
ダニエル・カルーヤ、キキ・パーマー、ブランドン・ペレア、マイケル・ウィンコット、スティーブン・ユァン、キース・デビッドほか

【作品概要】
「自分が観たいのに存在しない映画をつくりたい」と監督のジョーダン・ピールは言っています。今回はそれが、とびきり怖いUFO映画だったと。

カリフォルニアの山に囲まれた広大な牧場で起こるUAP(未確認空中現象)を、見たい、撮りたい、見せたい、そして有名になりたい…など様々な思惑で体験しようとする人々の顛末を描きます。

多くの過去の映画からインスパイアされた本作は、映画好きの心を踊らせ、思わず「あ、これは!?」とニンマリしてしまうような楽しいホラー映画です。

映画『NOPE/ノープ』のあらすじとネタバレ

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

かつてテレビで放送されていたホームコメディの撮影現場。そこでチンパンジーが起こした惨劇とは…?

カリフォルニアのとある馬牧場。そこはかつて西部劇などの撮影現場に調教した馬を貸し出して繁盛していたヘイウッド・ハリウッド牧場です。

久しぶりに舞い込んだ仕事に向けて白馬に乗っている父オーティスと、少し会話して家に戻ろうとする無口な息子OJ。

すると突然、鋭い音をさせて空から雨のように何かが降り注いできます。そのひとつがオーティスに当たり彼は落馬、OJは急いで病院に連れていきますが彼は死んでしまいました。

半年後。CM撮影のためラッキーという馬を連れて現場入りしているOJですが、父のように仕事はうまくいきません。

遅刻してきた妹のエメラルド(以後エム)が自分の宣伝も兼ねて簡単な注意事項を説明しますが、ライトの光に驚いて馬が暴れてしまい、仕事はキャンセルされてしまいます。

牧場に隣接するテーマパーク「ジュピターズ・クレイム」に立ち寄ったOJは、そこのオーナーであるリッキー・“ジュープ”・パーク(以後ジュープ)にラッキーを売ります。

ついてきたエムに問い詰められ、牧場を存続させるために今まで10頭ほど売ったとOJは答えますが、いずれ買い戻したいとジュープにお願いしていました。

ジュープがかつての有名子役だと気づいたエムが興奮気味にその話をすると、ジュープは奥の小部屋に案内します。そこにはドラマ「ゴーディ、家に帰る」ゆかりの品が飾られており、その撮影現場で恐ろしい惨劇が起きたのだと言います。

家に戻り、ジュープがこの牧場を買おうとしていることを知ったエムは怒ります。その後酒を飲みながら、かつてここにいた“Gジャン”という馬の話をエムがし始めます。

9歳の誕生日にエムにプレゼントされるはずだったその馬は、「スコーピオン・キング」という映画のために調教され戻ってきませんでした。そのとき妹の気持ちを察していたOJのことをエムは覚えていました。

GHOST(ゴースト)

父が死んだときに乗っていた馬のゴーストが外に出ています。あのときと同じ場所で夜空を見ているゴーストを連れ戻そうとOJが近づきますが、エムのかけたレコードの大音量に驚いて走っていってしまいます。

車で探しにでたOJは立入禁止の看板が立つジュープの敷地に入りこみ、遠くに見える照明で明るく照らされた競技場から聞こえてくる声を聞きます。

「…別人となってここを離れるのです…」

すると悲鳴のような音とともに竜巻のような風が起こって視界が遮られ、OJは雲の合間にUFOのような物体を目撃します。

急いで家に戻り監視カメラの映像を確認しますが、停電のため映っていませんでした。UFOに興味津々のエムにOJは、父の死の原因についても納得していないと告げます。

2人は町の家電量販店フライズ・エレクトロニクスに赴き、UFOの映像を撮影してひと儲けしようというエムの発案で監視カメラを買い込みます。

次の日、従業員のエンジェルが設置にやってくると、カメラの向きからUFOを狙っているのだと理解します。彼はOJに「いまはUFOをじゃない。UAP(未確認空中現象)っていう」と言い出します。

国が名前を変えるのは何かを隠したがってるからだと言うエンジェル。そこへエムが旗のガーランドがついたままの等身大の馬の像を持って帰ってきました。

どうやらジュープのパークから盗んできたようです。案の定、後ろから車でジュープが追ってきましたが、自分のものだと証明できないので戻っていきました。

2台のカメラを設置し終わると、自分も仲間に加えてほしいエンジェルがそれとなく手伝いを申し出ますがふたりは即答で拒否し、エンジェルは悪態をつきながら帰っていきます。

CLOVER(クローバー)

ある晩、厩舎の灯りが急についたのでOJが様子を見に行きます。スイッチを切り戻ろうとすると再び灯りがつきます。(何かいる)とスイッチの方を見ると、黒い小さな影がゆっくりとこちらに向ってきます。

ポケットから携帯電話を取り出し怯えながら後ずさるOJ。携帯のカメラ画面に宇宙人のグレイのような顔が映し出され、驚くOJのすぐ横にも同じ格好のそれがぶら下がっていてパニックになります。

しかし逃げて行くそれらは宇宙人の扮装をしたジュープの子どもたちでした。

こんどはクローバーという名の馬が外に出てしまい、エムが監視カメラをチェックしていると1台に突然何かの顔が大写しになります。カマキリです。

すると、勝手に監視カメラの映像を遠隔チェックしていたエンジェルから電話がかかってきて、もう1台のカメラが止まっているといいます。

外で何かが起こっているようです。OJは再び竜巻のような風に遭遇し、あの馬の像が吸い上げられるのを目撃します。空からは、像についていた旗だけがヒラヒラと落ちてきました。

カマキリによって状況を確認することができなかったエンジェルとエム。OJは山すれすれで飛び去っていくUFOを見ていました。怯えるエムはすぐにでも逃げようとすすめますが、OJは馬の世話があるから残るといいます。

翌日エムは、CM撮影で知ったカメラマンのホルストに電話をかけてUFOの撮影を持ちかけますが相手にしてもらえません。

代わりにやってきたのはエンジェルです。違法に監視していたことをエムにとがめられますが、映像を見ていて動かない雲があることに気づいたとエンジェルは教えてくれました。

「あの中に船がいるのか」と雲を見つめるエンジェルにOJは「船じゃない」とつぶやきます。

GORDY(ゴーディ)

約25年前に放送されていたドラマ「ゴーディ、家に帰る」の撮影現場。この日はチンパンジー、ゴーディの誕生日。メアリーという子役の少女が大きなプレゼントの箱を持っていました。

それを開けるとカラフルな風船がたくさん飛び出し、大きな音とともに割れたことから恐ろしい6分13秒の惨劇が始まります。

ゴーディはメアリーに襲いかかり執拗に殴ったり噛みついたりしています。テーブルの下に隠れたジュープはどうすることもできません。

大人の俳優も攻撃したゴーディは、まだ動いていたメアリーに再び襲いかかり彼女は動かなくなります。その後ジュープは血まみれのゴーディと目が合ってしまい、じりじりと距離を詰められてしまいます。

しかしゴーディは、まるでグータッチするように拳を出してきました。ジュープも同じように拳を出したその瞬間、ゴーディは射殺され、ジュープは返り血を浴びてしまうのでした。

その悪夢から現実に戻った現在のジュープ。心配そうに寄り添う妻と、今夜の仕事、“星との遭遇体験”に向けて気合を入れ直します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『NOPE/ノープ』ネタバレ・結末の記載がございます。『NOPE/ノープ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

LUCKY(ラッキー)

雨に備えてエンジェルはカメラにビニールをかけています。

そのころジュピターズ・クレイムの競技場ではイベントが始まろうとしていました。数十人の観客とスタッフに、特別ゲストとして顔を隠したメアリーが初恋の人として紹介されます。

そしてお決まりのセリフ、「1時間後には別人になっていることでしょう」と言ってこれから起こる奇跡を盛り上げます。

そのジュープの横にはケースに入れられた馬のラッキーがいました。これからしばし子どもたちの余興で場をつなぐ段取りでしたが、この日はいつもより早く“奇跡”が近づいてきたようです。

うろたえながらもラッキーを走らせようとするジュープ。しかし賢いラッキーは動きません。

すると競技場は停電し激しい風が巻き起こります。その風の渦に人々は巻き上げられ、食道のような狭い空間に捕らわれてしまいます。辺りに響き渡る悲鳴…。

競技場にやってきたOJはラッキーを見つけますが、物陰から出てしまうとUFOに吸い込まれてしまいます。帽子のような形のUFOは、開口部をこちらに向けて近づきますが観客席の下にいるOJは無事です。

雨が降り始めました。エンジェルは帰るため車に乗り込みますが、すぐに動かなくなってしまいます。

家でビデオを見ようとしていたエムは異変を知らせるOJからの電話を受け、走って戻ってきたエンジェルはエムに声をかけるとテーブルの下に隠れます。

どうやらUFOはこの家の真上に来ているようです。鍵やコインなどが次々降ってきた後、窓には血が流れてきました。ヘイウッド家には血の雨が降り注ぎ、エムとエンジェルは恐怖に震えるしかありません。

ラッキーを車に乗せて戻ってきたOJは、血だらけの我が家に近づくことができません。しばらくして車のドアを細く開けて頭上を確認すると、UFOはそこにいました。そっとドアを閉めロックするOJ。

朝になり、もう雨は止んでいました。エンジンをかけて家に近づこうとすると、突然フロントガラスを突き破って血まみれの何かが落ちてきました。

あの木馬の頭の部分です。仕方なくOJは近くに止まっていたエンジェルの車に乗り換え、家の入口で躊躇しているふたりに車に乗るよう促します。OJは上を見ないように気をつけながらふたりを乗せると、UFOから逃げることに成功しました。

ひと晩のうちに姿を消したジュピターズ・クレイムの人々の話題がニュースで報じられています。

エンジェルの家に身を寄せているOJとエム。夕食のためにやってきたチェーン店コッパーポット・コープをあとにすると、OJは馬の世話があるから戻ると言い、「目を見なきゃ食われない」と断言します。

そのとき、悩んでいたエムのスマホにホルストから電話がかかってきました。

ニュースで事件を知ったホルストは、エムの話が信じて協力すると手動のIMAXカメラまで持ってやってきました。

これならUFOの影響は受けません。4人は早速作戦を考えます。OJはUFOを“Gジャン”と名付け、自分がオトリになると言います。

ホルストとエンジェルは遠くから撮影し、エムは監視カメラ係です。彼らはGジャンの接近を知るためにたくさんの、空気で立ち上がる人形“スカイダンサー”を手に入れ、それを起動させるためのバッテリーも駐車場に停められた車から盗み出します。

罪悪感に苛まれるエンジェルは、「地球を救ってる」と自分を奮い立たせます。

それぞれトランシーバーを持った4人。OJはオレンジ色の「スコーピオン・キング」のパーカーを着ています。

JEAN JACKET(Gジャン)

少し離れた山の斜面に陣取ったホルストとエンジェル。ホルストは薬を飲み、エンジェルはエムのかけた大音量のレコードを合図にスカイダンサーたちを起動させます。

50体もの色とりどりのスカイダンサーが踊る中、OJはラッキーに乗って走っていきます。

やがて1台のバイクが近づいてきました。エムがあわてて家から出ると、鏡のようなフルフェイスのヘルメットをかぶったそのライダーはカメラを向けていろいろ質問してきます。

ゴシップサイトの記者だとわかり何も答えないエムに、「無名のままでいろ!」と捨て台詞を吐いてバイクは走っていきます。

そのころにはスカイダンサーたちは倒れ、一帯は無電力になっていました。そこに差しかかったバイクは電子制御の異常で急に動きを止め、記者は投げ出されてしまいます。

このままではGジャンの餌食になってしまう、と意を決してOJが助けに向かいます。頭上に近づいているUFOに気づいた記者がカメラにおさめようと動きますが、それが自分を狙っていることに気づきパニックになります。

OJはそれを見ないよう声を掛けながら助け起こそうとしますが、鏡のようなヘルメットに映りこむGジャンを見ないようにするため、救出をあきらめてその場を離れます。

記者は吸い上げられますが、その瞬間ホルストのカメラはフィルム交換のタイミングになってしまいきちんと撮影できたか微妙です。

次のチャンスを作るため、OJはパーカーをかぶり一本道を馬に乗って走り出します。旗のガーランドを吸わせその撮影にも成功しますが、ホルストはもっとすごい映像を撮るため、カメラを持ったまま自らGジャンに吸い込まれていきます。

次に狙われたエンジェルは、斜面を転がり落ちたときにたまたま巻き付いてしまった防水シートと有刺鉄線、それにつながる牧場の柵のおかげで吐き出されました。

予期せぬものを吸い込んだためか、Gジャンは形を変えていきます。風をはらんだ幌のように広がってヒラヒラと動き、中心には正方形の口のような部位が幾重にも重なっています。

あまりの恐怖にエムはそこから逃げ出そうとし、OJはバイクに乗るよう指示してGジャンを自分の方に引きつけようとします。

兄と妹はお互いを思いハンドサインを送りあいますが、Gジャンの攻撃でOJとラッキーの姿は消えてしまいます。エムはバイクを駆ってその場から走り出し、無人のジュピターズ・クレイムへとGジャンを誘い込みます。

エムは複数の旗のガーランドで固定された巨大なジュープ君風船を解き放ち、Gジャンにそれを食わせるつもりです。

まんまとGジャンはジュープ君風船を追い始め、エムはパークの井戸から上空を撮影するカメラを使って捕食シーンを撮影しようと試みます。何度か失敗したものの、ついにエムは決定的瞬間を写真に残すことに成功しました。

Gジャンに飲み込まれたジュープ君風船は、その体内で圧迫され、ついに爆発します。それによってGジャンも破裂、エムは勝ったのです。井戸の縁にエムが倒れ込むと、パークの外にはマスコミやら野次馬が押し寄せていました。

勝ちはしましたが、失われた兄はもう戻りません。園内をさまよい、立ち止まって泣くエム。目を閉じて、そして開くと目の前に…、ラッキーに乗ったOJの姿がありました。

スポンサーリンク

映画『NOPE/ノープ』の感想と評価

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

とにかく様々な面白い要素が詰め込まれ、それでいてそう感じさせない自然な流れに仕上がっていることが驚きです。

SF、ホラー、アクション、西部劇…。それぞれに何らかの作品を思い浮かべられるような絵面でありながら、決して借り物のようにはならず、一貫性のあるひとつの作品として完結しているのは、ピール監督の人種差別への思いが根本にしっかりと貫かれているからでしょう。

この作品では、初の映画として紹介される黒人騎手の乗った馬の連続写真がその象徴として何度も登場します。

主人公のOJとエメラルドはその騎手の子孫という設定であり、ハリウッド黎明期に生きたであろうその無名の演者にスポットを当てています。

2人の兄弟に加え、キーパーソンとなるジュープ役もアジア系の俳優です。マイノリティである彼らやピール監督自身が経験してきたことを踏まえてこの脚本は練られ、ラストのカタルシスへと到達するのです。

「見ること」と「見られること」

この作品の面白さのひとつに、わかりやす対比構造があります。

内向的な兄と承認欲求の強い妹。常に隠れたがるUFOとそれを追い求める人間。子役として注目を浴びていた過去とそれが風化しつつある現在。

善悪ではないけれど、正反対のものを置くことでメリハリが効いているのです。

主人公のOJは人に見られることが得意ではなくありませんが、幼い頃から馬の調教に携わっているので動物の気持ちはわかります。

UFOの正体を捕食する生物だと理解し、目を見ない、見つけられないように行動していた彼が、それと対峙し倒すために火力を使わず視線を武器に挑むところに新しさを感じます。

撮ることを生業としている人間はそれを優先させてしまうがゆえに、「見る」者が「見られ」て命を落とします

異なる2つのパターン(記者とホルスト)、特にホルストは細かいバックボーンが映像や持ち物からうかがい知ることができ、かなり面白いキャラクターでした。

エンタメ作品へのリスペクト

監督自らがインタビューで語っているとおり、前半のSF映画風の部分は『未知との遭遇』(1977)を意識していることがわかります。

・OJが遠くからジュープの声を聞く、夜の競技場のシーン 
これは『未知との遭遇』(1977)でこれから始まる宇宙人との接触を、山陰から見ているシーンを彷彿とさせます。

また、・OJがUFOに襲われそうな我が家に近づけず、少し車のドアを開けて確認するシーン 
は、『未知との遭遇』(1977)の踏切で車が止まってしまったシーンとシチュエーションが似ています。

オープニングと途中に登場するチンパンジー、ゴーディのくだりはスティーヴン・キングの作品やトワイライト・ゾーンの物語のようですし、宇宙人の扮装をした子どもたちに驚かされるシーンもどこかで見た感じです。

ただそのとき、OJがポケットから取り出すのは銃ではなくガラケーというところがまたOJらしくて笑ってしまいました。

その後、自宅を襲う血の雨は『悪魔の棲む家』(1974)など、1970年代終わりから1980年代にかけて流行ったホラー映画のテイストで、思わず懐かしくなってしまいます。

後半は一気にアクション映画の様相になりますが、ジュピターズ・クレイムでの馬に乗ったOJのラストショットは、西部劇の主人公そのもの。陰キャなお兄ちゃんが孤高のヒーローとなった瞬間でした。

日本のあの作品へのオマージュも

『NOPE/ノープ』を見た映画ファンなら同じことを考えたと思いますが、後半UFO“Gジャン”が変形した姿はまるでエヴァンゲリオンの使徒のようでした。

監督自身もエヴァのフォルムや動きを参考にしたと答えています。あの口のような部分の形や動き、空中を漂いながら変わっていく様子にはリスペクトを感じました。

しかしそれよりもテンションが上がったのは、エムがバイクに乗ってジュピターズ・クレイムに到着したときの止まり方です。

思わずAKIRAだ!」と声に出しそうになりました。もはや古典といってもいいスライドブレーキが、エムのカッコよさをグッと引き上げています。

まとめ

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

こんなにいろいろな作品のことを思い出しながら映画をみたのは初めてのような気がします。でも全然モノマネじゃない。しっかりオリジナルな作品で、しっかりリスペクトも感じさせてくれます

様々な作品に似ているのにトータルすると唯一無二の作品になっている。ジョーダン・ピールとは何者なのでしょう?

主要な登場人物たちは欠点の多い人たちですが、皆とても愛おしくチャーミングです。

あまり触れられませんでしたが、エンジニアのエンジェルのUFO番組マニアぶりも面白かったですし、久しぶりにヒストリーチャンネルの「古代の宇宙人」がみたくなりました。

ごった煮のような他ジャンルまぜこぜ映画なのに筋が通っている。ピール監督の映画愛に満ちた“最高の奇跡”、それがこの『NOPE/ノープ』なのです。


関連記事

ホラー映画

哀愁しんでれら元ネタ考察|映画の真意を青い目・白兎・赤い靴のホラーなお伽噺のモチーフから解読!

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

ホラー映画

映画『マリグナント』ネタバレ結末感想とラストの考察解説。グロい“狂暴な悪夢”と謎の男の正体とは⁈

ジェームズ・ワンが新たに生み出した、予測不能な悪夢の世界 ある出来事をキッカケに、不気味な男「ガブリエル」の悪夢に悩まされるようなったマディソン。 彼女が遭遇する壮絶な恐怖を描いた、ホラー映画『マリグ …

ホラー映画

映画『スプリー』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【ジョー・キーリーが演じるデジタル時代の恐怖】

SNSの恐怖と不条理を描き、若者世代が抱える心の闇を表したスリラー『スプリー』。 2020年、サンダンス映画祭でNEXT部門として初上映され、演出は新進気鋭のユージーン・コトリャレンコ監督で、脚本と製 …

ホラー映画

映画『リング』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。Jホラーのガチ怖原点としての恐怖の秘密は”緊張と弛緩”

一躍有名になった「貞子」が登場する中田監督のホラーサスペンス 映画『リング』は、幽霊の山村貞子が登場する「リング」シリーズの第一作目です。 「日本の幽霊といえば白装束と長い髪」というイメージを根付かせ …

ホラー映画

映画『血を吸う粘土~派生』あらすじと感想レビュー。1作目結末の真相ネタバレから始まるカカメの恐怖とは

「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」は2019年10月11日(金)より全国3か所で開催。 スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学