Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

【ネタバレ】ヘル・レイザー(1987)感想解説と評価。名作ホラー有名海外の洋画がトラウマ4K級で甦る!【見てはいけない痛みと快楽とは?】

  • Writer :
  • 糸魚川悟

究極の悦楽、それは想像もつかない痛み……

「リング」シリーズや「呪怨」シリーズなどのいわゆる「Jホラー」や、「13日の金曜日」シリーズや「悪魔のいけにえ」シリーズのような世界中の名作ホラーシリーズ。

そして長年愛されるホラーシリーズの多くには、その作品の「顔=ホラー・アイコン」といえる人気キャラクターが登場します。

今回は貞子・ジェイソンにも決して劣らない衝撃的なビジュアルと、その性質によって30年以上も続く人気をシリーズに定着させた怪人の登場作『ヘル・レイザー』(1987)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

映画『ヘル・レイザー』の作品情報


(C)1987 New World Pictures. All Rights Reserved.

【公開】
1987年(イギリス映画)

【原題】
Hellraiser

【監督・脚本】
クライヴ・バーカー

【キャスト】
アシュレイ・ローレンス、アンドリュー・ロビンソン、クレア・ヒギンズ、ショーン・チャップマン、ロバート・ハインズ、ダグ・ブラッドレイ、グレース・カービー、ニコラス・ヴィンス、サイモン・バムフォード

【作品概要】
北村龍平によって映画化された『ミッドナイト・ミートトレイン』などの著作を持つ小説家クライヴ・バーカーが、自著『ヘルバウンド・ハート』を自ら映画化した作品。

主人公の父ラリーを『ダーティハリー』(1972)で犯人スコルピオ役を怪演したアンドリュー・ロビンソンが演じました。

映画『ヘル・レイザー』のあらすじとネタバレ


(C)1987 New World Pictures. All Rights Reserved.

組み換えることで「究極の悦楽」を体験できるというパズルボックス「ルマルシャンの箱」を闇商人から購入したフランク・コットン。早速家でその箱を組み換えると、箱は異常な力を放ちフランクの身体中に鎖つきの鉤が刺さります。

数年後、肉片だらけの部屋を歩く顔に大量の針を刺した男は、肉片を集めフランクの顔を確認すると箱を回収しました。

10年前に母が死んで以降、兄フランクと疎遠だったラリーは妻のジュリアと娘のカースティを連れて実家に越してきます。家にはフランクが住んでいるはずでしたが、宗教関連の置物があるのみでフランクの姿は見当たりませんでした。

カースティと血のつながっていない継母ジュリアはラリーと婚姻関係にありながらも、フランクと性的関係にあった過去がありました。

引っ越しの最中に手を負傷したラリーは、密かにフランクのことを想うジュリアに傷を見てもらう最中、屋根裏で血を床に落としてしまいます。

誰もいなくなった屋根裏では床板に飛散していた肉片がラリーの血を吸うことで徐々に形を成し、不完全な人間の姿となっていました。

その日の夜、友人を呼んだ引っ越し祝いの夕食の最中、体調を崩したジュリアは屋根裏で不完全な人間の姿をしたフランクと再会。

フランクはジュリアに完全な人間に戻るためにはもっと血が必要であると言います。ジュリアは最初こそ躊躇うものの、フランクとの過去を思い出し覚悟を決めました。

ジュリアはバーでナンパした男を家に連れ込むと、屋根裏へと誘き出しハンマーで撲殺。フランクは死体となった男から血を吸い取ると人間の形へと近づき、さらなる血をジュリアに求めました。

その後、ペットショップで働くカースティのもとには不気味な男が現れ、バッタを展示ケースから掴み取るとその場で食します。

ジュリアの凶行は続き、新たに一人の男をフランクに捧げると、彼はタバコを吸えるまでに回復島しました。ジュリアは現在までの経緯についてフランクに説明を求めると、彼は例の「ルマルシャンの箱」を見せました。

究極の悦楽をもたらすこの箱を組み替えたことで「究極の悦楽=痛み」である地獄に落とされていたと語るフランク。案内人である魔導士(セノバイト)たちに地獄を抜け出したことがバレる前に、力を回復させる必要があるとジュリアに言い聞かせました。

夜、カースティと食事するラリーはジュリアの態度がおかしいことを吐露し、ボーイフレンドのスティーブの家に住むカースティに様子を見てほしいと頼みます。

翌日、最後の一線としてラリーを生贄にすることを嫌がるジュリアは、またしてもナンパした男を連れて帰り、屋根裏でフランクへと引き渡しますが、その様子をカースティが見ていました。

ジュリアの行動に不信感を持ったカースティは、屋根裏で皮膚の剥がれたフランクと再会。フランクはカースティに迫りますが、彼女が落ちていた「ルマルシャンの箱」を奪うとフランクは怯み、カースティは箱を持ち出して逃走に成功しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヘル・レイザー(1987)』のネタバレ・結末の記載がございます。『ヘル・レイザー(1987)』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)1987 New World Pictures. All Rights Reserved.

道で倒れていたカースティは病院で保護されますが、血がついたまま放浪していたカースティを不審に感じた警察によって、部屋から出ることを禁じられてしまいます。

病室に一人残されたカースティは「ルマルシャンの箱」を組み替えてしまい、その場に出現した地獄へとつながる扉の奥でモンスターに襲われます。何とか病室に逃げ帰ったカースティですが、そこに地獄からの使者であるセノバイトたちが出現します。

リーダーであるピンヘッドはカースティを地獄に連れて行こうとしますが、フランクが地獄から逃げ出したことを察したカースティは、彼が地上にいることをピンヘッドに伝えます。対してピンヘッドは、フランクのもとへ案内するのを条件にカースティを見逃す約束をしました。

一方、帰宅したラリーを出迎えたジュリアは、前に「あるもの」を見せたいと言います……。

その後、ラリーと情事を楽しんだジュリアは、帰宅したカースティにラリーと再会させます。ラリーにフランクと会ったことや危険が迫っていることを伝えるカースティですが、彼は「すでにフランクを殺害した」と言い、カースティに皮膚の剥がれた死体を見せます。

フランクを連れ帰ることのできなくなったピンヘッドは、フランクを殺害した犯人を差し出すように宣告。ラリーを引き渡すことを拒否したカースティは、部屋を飛び出て彼の元へ駆けつけますが、カースティは彼こそがラリーの皮を被ったフランクであると気づいてしまいます。

フランクとジュリアの二人はカースティを殺害しようとしますが、フランクは誤ってジュリアを刺してしまうと、そのまま彼女から生気を吸い取り殺害してしまいます。

フランクはジュリアを屋根裏に追い詰めますが、そこにピンヘッド率いるセノバイトたちが出現。セノバイトたちはフランクの身体中に鎖つきの鉤を打ち込み、バラバラに引き裂きました。

カースティはその場から逃げ出しますが、セノバイトたちは彼女を逃す気は毛頭なく、総勢で彼女に襲いかかります。

しかしカースティは、病院から逃げたと知って駆けつけたスティーブとともに、組み替えた「ルマルシャンの箱」を戻すことに成功。セノバイトたちは地獄に引き戻され、事態は収束を迎えます。

カースティは「ルマルシャンの箱」を焚き火で燃やしますが、その場に現れたペットショップで見た不気味な男が炎の中の箱を手に取り、火によって全身を焼かれます。

全身を焼かれた男は、翼を持った悪魔のような姿と化し、箱とともに空へと去っていきました。

遠く離れた地、「ルマルシャンの箱」は闇商人の手によってまたも売られていました。

映画『ヘル・レイザー』の感想と評価


(C)1987 New World Pictures. All Rights Reserved.

数十年間愛される名作ホラーシリーズ

1987年、小説家クライヴ・バーカーが自著を自らの手で映画化した映画『ヘル・レイザー』

本作では「肉片となり死んだはずの人間が人の血を吸うことで復活し、彼に惹かれ殺人に手を染める女性とともに凶行を繰り返す」という、じわじわと家族の幸せを崩壊させていく湿度高めなホラーが中盤まで繰り広げられます

しかし、家族の崩壊と自身の復活を目論むフランクも本作のメインとなるヴィランではなく、本作には主人公カースティを恐怖に陥れる「さらなる恐怖」が登場します。

「究極の悦楽」を与えることを使命とする地獄の使者「セノバイト」が登場すると、物語の様相が一変。フランクさえもこの作品ではある意味で被害者に思えてしまうという二重の構造となっています。

この湿度の高さが際立つ前半部分と、地獄と魔術が前面に押される後半部分の変容ぶりが人気となった本作は、およそ10作の続編が製作され、2022年にはリブート作品も製作されるほどの人気シリーズとなりました。

究極の悦楽の案内人「ピンヘッド」


(C)1987 New World Pictures. All Rights Reserved.

本作に登場し「ヘルレイザー」シリーズの「顔」といえる存在となった怪人ピンヘッド

顔中にピンが刺さった異質すぎる顔、汚いイメージのあるホラー映画のヴィランの印象を覆す美しいボンテージファッション、意外にも対話可能な性格……。

何もかもがそれまでのホラー映画の常識とは異なったピンヘッドは、本シリーズの人気を牽引する「ホラー・アイコン」となりました。

第1作となる本作でピンヘッドを演じたダグ・ブラッドレイは、8作目の『ヘルレイザー ヘルワールド』(2005)でピンヘッド役を引退。しかし「貞子」「レザーフェイス」が登場することでも知られるゲーム『Dead by Daylight』にピンヘッドが登場した際には再び彼の声を演じ、ファンを歓喜させました。

「ルマルシャンの箱」によって自身を呼び出した人間に「究極の悦楽」を与えることだけが使命であるピンヘッドは、決して悪人ではありません

しかし、このシリーズに彼の存在が必要不可欠なほどに、ド派手なビジュアルと強烈な殺害シーンで「ヴィラン」としての強烈すぎる印象を残す存在でした。

まとめ


(C)1987 New World Pictures. All Rights Reserved.

快楽を求めた人間が、想像を絶する苦痛に襲われる。

「痛みと性的官能を引き起こす感覚が酷似している」という研究は実際に存在し、映画『ホステル』のようにホラー映画の界隈でもエロスと暴力は対になるものとして描かれることがあります。

独特すぎる世界観が根強い人気を誇る映画『ヘル・レイザー』。究極の官能体験(?)とピンヘッドの活躍をぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。



関連記事

ホラー映画

『来る』ネタバレ結末解説。原作内容のぼぎわんと痛みを活かしたホラー映画の分析と考察

あの中島哲也の4年ぶりの作品が、来る…! 話題沸騰、新感覚のホラーである映画『来る』を原作『ぼぎわんが、来る』との比較もしながら解説していきます。 なぜタイトルを変えたのか、そして一体何がやって来るの …

ホラー映画

【ネタバレ】オクス駅お化け|結末感想と評価考察。“リング”高橋洋と“コワすぎ”白石晃士が脚本に携わるガチ怖な日韓制作ホラー!

『リング』(1998)高橋洋&『アパートメント』(2007)イ・ソヨンの共同脚本で“日韓”都市伝説ホラーが誕生! 韓国・ソウルに実在する地下鉄「オクス駅」。駆け出し記者のナヨンは、オクス駅の地下にある …

ホラー映画

映画『ハッピー・デス・デイ2U』ネタバレ感想。タイトルの意味と主人公が成長した舞台裏を解説

スマッシュヒットしたタイムループホラー『ハッピー・デス・デイ』の続編が登場! 前作でビッチと呼ばれながらも、自力で犯人を突き止め、殺人ループからの脱出に成功したツリー。しかし映画は大ヒット、彼女がまた …

ホラー映画

映画『樹海村』ネタバレ感想評価と考察レビュー。コトリバコは実在の心霊スポットなる場所と融合し“約束”の恐怖と化す

映画『樹海村』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開! 2020年に大ヒットした『犬鳴村』に続く「恐怖の村」シリーズ第2弾であり、「自殺の名所」と知られる富士・青木ヶ原樹海、インターネット …

ホラー映画

『ゴーストランドの惨劇』あらすじとホラー映画解説。ラストのセリフに込められた意味とは?

『ゴーストランドの惨劇』は2019年8月9日より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 人里離れた叔母の家に引っ越した事から、ある一家が遭遇する惨劇と、その後の物語を描いたパスカル・ロジェ監督による …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学