Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ダウンレンジ』感想と考察。スラッシャーとシチュエーションスリラーの融合|SF恐怖映画という名の観覧車13

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile013

『カメラを止めるな!』(2018)の記録的な大ヒットにより、日本でも「低予算映画」への注目度は日に日に高くなっています。

しかし、日本には今までにも、世界的な映画人から根強い人気を持つ低予算映画を製作した映画人たちは多く存在します。

今回はその中でも「北村龍平」監督に注目して、彼の最新作シチュエーションスリラー映画『ダウンレンジ』(2018)のご紹介をしていこうと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

世界で活躍する北村龍平監督


(C)Genco. All Rights Reserved.
2001年、北村龍平監督はインディーズ映画として『VERSUS -ヴァーサス-』(2001)を制作します。

この作品における、低予算と言う範疇を圧倒的に越えた斬新なアクション演出は、日本のみならず世界で話題となり、ドイツ、イタリア、スペイン、フランスなどの各国で賞を受賞するほどの高い評価を受けました。

さらに『VERSUS -ヴァーサス-』で主演を勤めた坂口拓は、『TOKYO TRIBE』(2014)や『HiGH&LOW THE RED RAIN』(2016)でアクション監督を勤め、邦画におけるアクション演出を飛躍的に向上させ、日本の映画界に大きな影響を与えます。

このように、日本のアクション映画に革命を起こしたとさえ言える北村龍平監督が、ハリウッドに拠点を移し3作目となる映画『ダウンレンジ』も、”異端とも言える北村龍平節”の光る作品となっていました。

映画『ダウンレンジ』のあらすじ


(C)Genco. All Rights Reserved.

素性も目的も知らない6人の男女が乗る車が田舎道でパンクする。

トラブルが功を成し徐々に仲を縮める6人だったが、突如何者かに「狙撃」され、6人の旅は悲劇へと変わっていく……。

「スラッシャー」と「シチュエーションスリラー」の見事な融合


(C)Genco. All Rights Reserved.

以前のコラムでもご紹介させていただいた通り、『ハロウィン』(1978)や『13日の金曜日』(1980)のように殺人鬼が人を次々と殺害していく映画のジャンルを「スラッシャー」と呼びます。

今作は、正体の分からないスナイパーによってひとりまたひとりと撃ち殺されていくと言う「スラッシャー」なのですが、北村龍平監督による様々な工夫により、普通の「スラッシャー」とは一味違った作品となっています

姿の見えない「殺人鬼」

一般的な「スラッシャー」映画では、ブギーマンやジェイソンと言った「殺人鬼」の「存在感」が強烈な印象を与えることで、ジャンルが成立しているとすら言えます。

この要素は「殺人鬼」が普通の人間であっても同じで、目の見えない老人に強盗仲間が殺されていく『ドント・ブリーズ』(2016)や、今作と同様にスナイパーに襲われる『ノー・エスケープ 自由への国境』(2017)でも、「殺人鬼」役となる人物の圧倒的な「存在感」が「狙われる者の恐怖」を演出していたと言えます。

しかし、今作では「殺人鬼」役となるスナイパーは物語の中でほとんど登場せず、セリフどころか、なぜそんなことをするのかと言う「ディテール」すら明らかになりません。

このことにより、「生存者」側に視点を注視させ、より一層の没入感と、同じ人間なのにも関わらず姿も意図も「見えない殺人鬼」と言う恐怖を際立たせています。

「追わない殺人鬼」だからこその、シチュエーションスリラーとの相性


(C)Genco. All Rights Reserved.

田舎道と言う遮蔽物の無い空間で、身を隠すものは乗っていた車と、切り株だけ。

「生存者」はスナイパーからの射線を意識しながら、所持品や身の回りの物を使い切り抜ける方法を探します。

車から離れた位置にある電波の届く場所にスマホを置くために「自撮り棒」を使ったり、スマホの「ある機能」を駆使しようとしたり、と「殺人鬼」が「追う」性質ではなく「待つ」性質だからこそ、「生存者」たちのあの手この手の脱出方法の模索が楽しめる今作。

時間の変化や、「道」ならではのハプニングを含め、「スラッシャー」には珍しい、場面が転換しない面白さがこの作品にはあります。

まとめ


(C)Genco. All Rights Reserved.
様々な視点から、定石を打ち破ろうとする北村龍平監督らしい「技」が光るスラッシャーでありシチュエーションスリラーでもある『ダウンレンジ』は、9月15日から新宿武蔵野館で2週間限定で上映。

「見えない殺人鬼」に立ち向かう恐怖体験をぜひ劇場で味わってみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile014では、同名の舞台をもとに制作され、練られた脚本が本国で人気を集めたホラー映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』(2018年)をご紹介していこうと思います。

9月12日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ダーク・スクール』ネタバレ感想。かわいい子役が女子高校生役で開花したゴシックホラーの魅力とは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録2

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第2回 様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」が2019年も実施さ …

連載コラム

Netflix『我々の父親』ネタバレ感想評価と結末解説。ドキュメンタリー映画で描く“自分の精子”を不妊治療に使用する医師の真実|Netflix映画おすすめ99

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第99回 今回紹介する映画『我々の父親』は、Netflixで2022年5月11日に配信開始されたドキュメンタリー作品です。 本作は、不妊治療 …

連載コラム

鬼滅の刃無限列車編 名言/名シーン2|煉獄さんが炭治郎らに伝えた最後の“灯火”の言葉【鬼滅の刃全集中の考察12】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第12回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回も『劇場版 鬼滅の刃 無 …

連載コラム

映画『暁闇』感想と評価。阿部はりか監督が仕掛けた音楽と建築が結ぶ絶望感の刻限|銀幕の月光遊戯 37

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第37回 映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門で準グランプリと男優賞を受賞した映画『暁闇』が、2019年 …

連載コラム

香港映画『散った後』あらすじと感想レビュー。恋愛と理想の生き方が雨傘運動の“分断”に揺れる|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録11

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『散った後』 2020年3月15日(日)、第15回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリに輝いたタイの『ハッピー・オールド・イヤー』をはじ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学