Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『フッテージ』ネタバレ感想と結末あらすじ。どんでん返しホラーに登場する犯罪小説家を通じて観客が同一化される怖さ

  • Writer :
  • ジンリナ

連続殺人の死にまつわる不可思議な秘密を解き明かす者は死ぬ、ホラー映画『フッテージ』。

『フッテージ』は、家族連続殺人事件の真相を探る為に、殺人現場の家に引っ越して来た犯罪小説家が、家に残された前代未聞の衝撃的な連続殺人事件の手がかりを見つけ、事件の顛末を探すホラー映画です。

『NY心霊捜査官』(2014)のスコット·デリクソンが、監督と脚本を担当しました。

『ガタカ』(1998)のイーサン・ホークが犯罪小説作家エリソン役を熱演し、『ジュラシック・ワールド』(2015)のヴィンセント·ドノフリオ、『フッテージ デス・スパイラル』(2015)のジェームズ·ランソンなど、実力派俳優陣が出演しています。

この映画は、実話犯罪に執着する小説家が5家族連続殺人事件の顛末を知るという前代未聞な設定です。予想を越える衝撃的な結末まで、緊張感は続き一瞬も目が離せません。

スポンサーリンク

映画『フッテージ』の作品情報


(C)Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved

【公開】
2013年公開(アメリカ映画)

【原作】
Sinister

【監督】
スコット・デリクソン

【キャスト】
イーサン・ホーク、ジェームズ·ランソン、ジュリエット・ライランス、フレッド・ダルトン・トンプソン、マイケル・ホール・ダダリオ、クレア・フォーリー、ヴィンセント・ドノフリオ、ビクトリア・リー、ニコラス・キング、ロブ・ライリー

【作品概要】
実話犯罪を扱う作家が、一家族が残忍に殺された家に引っ越して来ますが、その家で悪魔的存在による恐怖を経験するようになるストーリーを描いています。

米国で公開されると同時に、興行収入1位を占めたこの映画は、制作費の16倍に昇る収益を突破し、興味深いテーマと衝撃的な結末で、高い評価を得た作品。

300万ドルの低予算で制作し、7700万ドルを超えるヒットを収め、低予算でありながら『フッテージ』は、2015年に続編が公開されました。

映画『フッテージ』のあらすじとネタバレ

(C)Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved

古いフィルム映像が映写されます。そこには顔に覆面を被った4人が立っています。

全身は縛られており、首には縄がかかっています。その縄は大きな木の枝に繋がっています。すると、木の枝が折れ始め、重力によって、4人の首にかかった縄は上って行きます。宙吊りになった4人の首が絞められ、死を迎えます。

実際の犯罪を基に「ケンタッキー・ブラッド」というベストセラー小説の作家エリソン·オズワルトと妻トレイシー、そして2人の子供トレヴァーとアシュリーの家族は、引っ越しの真っ最中。

そんな彼らの前に、エリソンのファンである副保安官は、本にサインを貰う為に待っていました。そこへ現れた保安官は、「イカレてる」と、副保安官に冷たく言い放ちます。

一方、娘のアシュリーは、自分の部屋の壁に絵を描いています。この家が気に入らないアシュリーに、エリソンはまた元の家に戻ると約束しました。

そしてエリソンは、保安官の元へ挨拶しに行きます。しかし、保安官はエリソンに早く引っ越しするよう勧めて、去って行きます。

家の裏庭には、映画の初めの映像に出て来た木があります。つまり、この家は昔の殺人現場だったのです。この事実はエリソンだけが知っており、その事件について小説を書く為に引っ越して来たのです。

エリソンは、屋根裏部屋に荷物を運ぶと、フィルムと映写機が入っている箱を発見しました。

その夜にエリソンは、この家で起こった事件について掘り下げます。事件は、5人家族の中で4人が殺され、1人の娘ステファニーが行方不明になっています。エリソンは、昼に発見したフィルムを映写機に繋げて、1本目の映像を見ます。

『Family Hanging Out(2011年ペンシルベニア)』……5人家族が裏庭で和やかに遊んでいる姿が見えます。しかし、画面が切り替わり、映画の初めに出て来たように、木の枝に繋がられた4人家族の首吊りの場面が出ました。

酒を呑み、落ち着いたエリソンは、再度映像を見ながらメモをし始めました。

“この映像は誰が作ったのか? ステファニーは何処にいるのか?”

エリソンは裏庭まで行き、その木を見つめました。家へ入ると、アシュリーがトイレを見つけられず、彷徨っていました。アシュリーをベッドまで送り届けたエリソンは、再び映写機で2本目の映像を見ます。

『BBQ(1979年サクラメント)』……一緒に釣りをしてキャンプをしている家族の和やかな姿が見えます。しかし画面が変わり、全身を縛られたまま、車の中に閉じ込められた家族の姿が見えますが、突然車に火が点けられ、家族は燃やされます。

エリソンは警察に電話をかけますが、自分の昔のベストセラー小説が目に入り、電話を切ってしまいます。フィルムが保管された箱には、それぞれタイトルがついてあり、全部で5つのフィルムでした。

そして3本目の映像を見ようとすると、突然音が聞こえました。家中を確認するエリソンの目の前で、ダンボールからトレヴァーが出て来ます。

エリソンは、夜驚症を患っているトレヴァーを抱きかかえ、一時的外へ連れ出します。翌朝、トレイシーは子供達を学校へ送ります。1人になったエリソンは、3本目の映像を見ます。

『Pool Party(1966年キングカウンティ)』……ある家族が、プールで遊んでいます。しかし、突然暗闇になったプールで、家族それぞれがサンベッドに横になったまま、縛られました。すると、サンベッドに繋がっているロープが、次々と引っ張られ、家族が溺死する場面に変わりました。

恐ろしい現場を目撃したエリソンは、驚愕を隠せません。

そこでエリソンは、映像の中で、プールの中にいる不気味な人体を見つけます。一時停止して画面まで近付いて行くと、突然映写機に火が点き、映像が見れなくなりました。

その時に、家族が帰って来ました。しかし、トレヴァーとトレイシーが言い争っています。トレヴァーが、黒板に4人が首を吊った木の絵を描いたのです。

その日の夜、フィルムとビデオカメラを通じて、4本目の映像を見るエリソン。

『Sleepy Time(1998年セントルイス)』……一人称視点で、家族の部屋に入って行きます。部屋には、口を塞がれ、手足を縛られている男女がいました。隣で犬が吠えているにも関わらず、起きない男女の首を包丁で切りつけます。

次に子供部屋で、同じく縛られている子供の首を切りつけます。エリソンは目をそらし、酒を呑み心を落ち着かせていると、映像が切れました。

エリソンは、フィルムをパソコンに繋げて、再び映像を確認します。すると映像の中で、ある文様を発見して、エリソンは文様をプリンターで印刷しました。

そして今度は、家の名称を見つけます。ネットで名称を検索して、出て来たニュースによると、そこの家では13歳の長男が行方不明になり、両親と次男が殺されていました。

その時、物音が聞こえ、作業室の電気が消えます。エリソンは、屋根裏部屋まで行くと映写機が入ってた箱の蓋を発見します。

蓋の裏には、映像での殺害場面の絵が描かれていました。エリソンは戻ろうとしたときに、屋根裏部屋から落ちて足を怪我してしまいます。

副保安官を呼んだエリソンに、彼の小説執筆で自分が役に立ちたいと副保安官は要望します。エリソンは、映像に出ていた事件に関する情報を調べてくれるよう頼みました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『フッテージ』ネタバレ・結末の記載がございます。『フッテージ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved

翌日、エリソンはパソコンで、屋根裏部屋で撮った殺害場面の絵と事件の映像を確認していました。

絵の中には、殺害された家族の横で「Mr.ブギー」という人体が描かれています。1本目の映像では裏庭の草森の中、3本目では水面の中、4本目では鏡越しに映ったMr.ブギーを見つけ出し、印刷しました。

一方で、アシュリーはトレイシーから、コーヒーの作り方を教えて貰っていました。

エリソンは副保安官から、殺されたペンシルベニアの一家がここに引っ越して来る前に、セントルイスの一家が殺害された家に住んでいたということを電話で聞きました。

エリソンはこうして、殺人事件が1960年代から始まり、都市を行き来する中で発生したことを突き止めます。

その時にエリソンがメモを見ている横で、パソコン画面の中のMr.ブギーの顔が一瞬動きます。

エリソンは、視線を感じてパソコンに目を向けますが、変化はありません。

エリソンは、屋根裏部屋から落ちた時の監視カメラ映像を確認すると、そこには、多くの子供の手が自分を引きずり下ろす映像が映っていました。

その夜、エリソンは映写機の回る音で目が覚めます。作業室に行くと、誰もいないのにフィルムが動いていました。

裏庭の草森の中のMr.ブギーの写真を手にし、窓から裏庭を見ていると、Mr.ブギーがいました。驚いたエリソンは目を擦り再び見ますが、誰もいません。エリソンは、野球バッドを持って裏庭まで行きました。

すると、草森の中にトレヴァーがいました。エリソンはトレヴァーを抱きかかえ、ベッドまで連れて行きます。

裏庭に落とした街中電灯を取りに行くエリソンの前に、大きな犬が現れました。エリソンの背後では、行方不明になった5人の子供が立っています。

しかし、エリソンは気付かず、犬は逃げて行き、子供達は消えました。エリソンは、益々精神疲労になりました。

翌日、頼まれた調査内容の書類を持って、副保安官が訪ねて来ました。作業室でエリソンは、副保安官に今迄の調査内容を見せ、一連の事件であることを話します。

それぞれの現場に文様があると話すエリソンに、副保安官はオカルト分野の専門家であるジョナス教授を紹介します。その日の夜、エリソンは映写機に、5本目のフィルムをかけました。

『Lawn Work(1986年オレンジカウンティ)』……家の外から仲良く団欒している家族が見えますが、突然画面が切り替わり、草刈機を始動させて、横たわっている家族を轢いています。

エリソンは、驚いて立ち後退ります。そして、ジョナス教授から映像電話がかかって来ます。

現場にあった文様は異教徒と関連があり、文様がバビロニアでの邪教で崇拝する神”ブグール”の象徴だといいます。

そしてブグールは、生存の為に子供の霊魂を食べると言われています。その為には、子供を除く家族全員を殺害しなければならず、残された子供をブグールが連れて行くようというのです。

その後、エリソンは寝ている時に物音で起きます。作業室では、誰もいないのに映写機が回っており、彼は野球バッドを持ちながら家中を捜索します。

エリソンが見ない間に彼の背後には、行方不明になった子供達の姿が映ります。そしてアシュリーの部屋を覗きますが、アシュリーは背中を向けて寝ていました。

しかしアシュリーは、隠れている一人の女の子を見ていたのです。エリソンは家中のドアに鍵を掛け、ソファで寝落ちしてしまいます。

しきりに、この家でおかしなことを見て聞いたエリソンは、副保安官を呼び、この家に住んでいたペンシルベニアの一家におかしなことはなかったかを聞きます。

「ここには何かいる」と言うエリソンに、「ここにいる限り悪夢から抜け出せない」と言う副保安官。

そして、トレイシーはアシュリーが、自分の部屋ではない別の壁に絵を描いたことに怒っています。そこには、木の枝に吊ったタイヤに乗っている女の子の絵でした。

「あの子の絵を描いてあげたかったけど、私の部屋は自分のお兄さんの部屋だからダメだって」と言うアシュリー。

誰のことか尋ねるトレイシーに、「ステファニー。ここに住んでいた子。パパが書いてるの」とアシュリーが言い、トレイシーはここが事件が発生した家であることを知りました。

トレイシーは、エリソンが子供達を殺人現場に置くことに怒ります。しかし、家では事件は起こっていないとエリソンは反論し、激しく言い争います。

その日の夜、エリソンは自分のベストセラー時代のインタビュー映像を流しながら、眠っています。すると、映写機が回り出し、その音でエリソンは目が覚めました。

作業室に向かいますが映写機がなく、屋根裏部屋からは映写機が回る音と反射光が見えます。

エリソンは、ハシゴを上って屋根裏部屋を覗くと、行方不明になった5人の子供が映写機を通じて、殺人映像を見ていました。

エリソンに振り向いた子供達は、‟シー”というモーションをとると共に、エリソンの目の前に現れたMr.ブギーに、エリソンは驚いてハシゴから落ちます。

その時、映写機とフィルムが屋根裏部屋から落下し、事態の深刻さを体感したエリソンは、映写機とフィルムを持ち出して燃やします。

そして、トレイシーに「今すぐここを去ろう」と言うエリソン。寝ている子供達を起こして、車に乗った彼らは猛スピードで走りますが、スピード違反により保安官に免許証を見せるよう言われます。

しかし、「ここから離れる。本は書かない」と誓うエリソンに、何を思ったのか保安官は見逃してくれました。

翌朝、元の家に引っ越しして、荷物が運ばれます。家族が寝静まった夜に、エリソンは事件の記録メモを消しました。

そして、エリソンはメールを開くと、ジョナス教授からMr.ブギーに関する象徴の資料が届き、映像電話をします。

昔のキリスト教徒達は、ブグールであるMr.ブギーは絵画の中の者と信じ、象徴はMr.ブギーの住む世界の入口でした。

Mr.ブギーを見た者には、Mr.ブギーが操ることで恐ろしいことが起きるのです。

映像電話を終えたエリソンは、資料をゴミ箱に捨てて、副保安官からの電話を無視して、屋根裏部屋に荷物を置きに行きますが、前の家で見つけた映写機やフィルムの入った箱を発見します。

そこには、自分が燃やした映写機とフィルムが、何とも無い状態で入っています。その中に、以前には無かった<エンディング追加場面>と書かれた別のフィルムが入った封筒を発見します。

エリソンはコーヒーを飲みながら、5枚のフィルムと別のフィルムを合わせて、編集を始めます。再び、副保安官から電話がかかって来ます。仕方無く電話を受けるエリソンに、「引っ越したのが問題です」と言う副保安官。

この一連の事件には、連結点があったのです。それは、引越しの日付と住所です。それぞれの家族が、既に殺人事件が発生した家に住んでいたのですが、再び元の家に引っ越して来た時に、皆殺しにされたのです。

エリソンは、編集をしたフィルムを映写機に繋げて再生すると、その映像にはそれぞれの殺人事件を撮った後、行方不明になった子供達が現れ、‟シー”というモーションをとって、突然消えたのです。

映像を全て確認したエリソンは、それぞれの殺人事件の犯人は、他ならぬ行方不明になった子供達だという衝撃的な事実を目撃します。

衝撃と共に、自分の身体がおかしくなったことを感じ、飲んでいたコーヒーカップを見ると、そこには蛍光緑の液体が入っていました。

更にコーヒーカップの下に、‟おやすみ、パパ”という赤い文字のメモを見つけます。そして口から白い泡を噴き出し、意識を失ってしまったエリソン。その時、彼の背後でアシュリーが立っていました。

正気に返ったエリソンは、塞がれた口に両手が縛られており、トレイシーとトレヴァーも、同じく縛られていました。

そして、アシュリーがビデオカメラと斧を持って現れます。

「心配しないで。パパをまた有名にしてあげるから」と言い、ビデオカメラをエリソンの前に置きます。そして、エリソンの首に斧を振り下ろしました。

家の廊下の壁には、血で描かれた犬、ユニコーン、文様などが見えます。

映像を撮り終えたアシュリーは、フィルムが入った箱の蓋の裏に、殺害場面を絵で記録します。

その後、5人の子供が映像からアシュリーを見つめ、アシュリーは立ち上がって画面へ近付いて行きます。

子供達が首をかしげると、アシュリーもかしげます。その背後で、Mr.ブギーが現われ、子供達は逃げて行きました。

そして、Mr.ブギーはアシュリーを連れて、映像の中に入ります。

仕上げに、アシュリーが撮った映像が、『House Painting』と命名され、6番目の被害者となったエリソン家族のフィルムも、箱に収められました。

スポンサーリンク

映画『フッテージ』の感想と評価

(C)Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved

どんでん返しに見たものとは?

本作の原題は『Sinister』で、”邪悪”という意味が込められています。

殺人事件の裏面を探る論理的なスリラーの雰囲気で始まった本作は、中盤を過ぎるにつれて、悪霊と呪いの雰囲気を描いたオカルト的な映画に変化します。

衝撃的などんでん返しが露出した結末は、ある点で上手く積み重ねて来た話の展開を一挙に崩す程、奇怪で鳥肌が立ちます。

作家が一軒家に引っ越すという設定は、従来の映画でも度々登場しています。

しかし、この映画は実話犯罪専門小説家という独特の職業を前面に出し、小説家である主人公は徹底的に殺人事件が起きた現場を自分の足で探し出しています。

これは正義や生存の為ではなく、新しいテーマ(題材)に対する本人の好奇心だけがそうさせている。映画が進行するにつれ、執拗になって狂気溢れる主人公の心理の奥底もまた同じだといえます。

イーサン·ホークの演技力

(C)Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved

実話犯罪小説家に扮したイーサン·ホークは、優しい父親であり夫ですが、殺人事件を追跡する小説家の姿では180度違う冷徹さを見せています。

普段から優しい家長と小説家として、自分の成功の間で人間的な苦悩を見せる姿、事件を必死に追う狂気に満ちた小説家の姿、疲労感と息苦しさまで、多彩な演技をイーサン·ホークは見事に演じていました

スコット·デリクソン監督はイーサンへの賛辞として、「観客の目を離せなくする吸引力と深い葛藤に包まれる内面演技を表現するのに、これより完璧な俳優はいない」と述べており、スリラーが持つ迫力溢れる展開の中、イーサンの演技は観客に対して大きく緊張感を与えるものになっています。

真意のホラー要素

(C)Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved

殺人鬼は本来からサイコパスなのか、あるいは超自然的現象の悪霊なのかという、曖昧さがある中、本作は映写されたフィルムの映像を通じて、超自然的現象の恐怖を与えました。

これはホラー映画が作品として、2重構造をもった映像となり、観客が主人公のように好奇心への感情移入や、恐怖を同一で体感させるものです。

ここには超自然的悪霊の存在を強く掲げ、作家としての利己的な欲望と、家族との暮らしの間で迷うことなく、ますます狂っていく小説家という存在を通じて、原作者スティーブン·キングの小説の特徴を興趣させたものです。

真の恐怖の正体は殺人事件の秘密にあるのではなく、信念と現実の間で葛藤する主人公が直面した実態にあるという映画の手法に一貫性があります。

作家としての信念を守ることは、作家としての自尊心を守ることですが、現実に妥協した瞬間、それは作家としての可能性(才能)が終わってしまうからなのです。

また、もうひとつの作品性の特徴として、犯人がMr.ブギーであること、つまり超自然的現象が原因であることも目新しい要素になっています。

まとめ

(C)Alliance Film (UK) Limited All Rights Reserved

ホラー映画の慣習に従い、劇的な面白さを与えるため、スコット·デリクソン監督が選択したのは、作家としてのエリソンの葛藤に溶け込んでいる家族の経済的危機、逃げられない家族の絆、また家族殺人事件の中で行方不明になった子どもたちの姿などを、ミステリーに仕立てたものです。

何よりもフィルムで見せた殺人現場は、先に述べて映画の2重構造によって、観客にゾッとするような陰鬱な恐怖を与えてくれます。

またどんでん返しによって、都合よくまとめた結末のハッピーエンドではなく、バッドエンディングだからこそ、さらに現実味を加味させた怖さに鳥肌が立ちます。

スコット·デリクソン監督が、“実際に見た悪夢”を基にした4人家族の首吊りの場面を活かし、作品の域にまで演出にまとめた力量、そして、恐怖心溢れる臨場感を感じさせてくれたイーサン・ホークをはじめとするキャスト陣に、ホラー映画ファンのひとりとして賞賛したい作品です。

関連記事

ホラー映画

映画『心魔師』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【今野恭成監督作品】

座敷牢の少女が『メリーさんのひつじ』を口ずさむ時、世界は歪み、見てはいけないものが現れる…。 若き才能・今野恭成監督によるサイコホラー『心魔師』をご紹介します。 中国主導による日中若手映画人合同プロジ …

ホラー映画

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』ネタバレ感想と考察評価。吸血鬼ヴァンパイアとのラブストーリーは美しくも残酷な純愛

映画『ぼくのエり 200歳の少女』は永遠の12歳エリと孤独なオスカーとの怪しく美しい関係を描く 1920年代から現代まで、ヴァンパイアを題材にした映画は数多く制作されてきました。きっとどの世代の人にも …

ホラー映画

映画『ポラロイド』あらすじネタバレと感想。アナログな恐怖の秘密はカラヴァッジョの陰影とスピルバーグファンとしての遊び心

『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』のロイ・リーがプロデューサーを務めた、ポラロイドカメラが巻き起こす怪奇ホラー! 『ポラロイド』は、ノルウェー出身のラース・クレヴバーグが製作・監督・脚本を …

ホラー映画

おすすめホラー映画『カッターヘッド 真夜中の切断魔』ネタバレ感想。ピニョフスキ姉妹の演技力に注目

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 その第5弾、最後を飾る作品が『カッターヘッド 真夜中の切断魔』です。 …

ホラー映画

映画『空海 美しき王妃の謎』黒猫の真相と中国の化け猫は喋りすぎか?

『さらば、わが愛/覇王別姫』『北京ヴァイオリン』などで知られる中国の名匠チェン・カイコー監督の映画『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』。 作品タイトルから歴史ドラマを期待する向きもありますが、実は …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学