Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

【ネタバレ】エスター|あらすじ感想とラスト結末の評価解説。ホラー映画おすすめ名作はやばい“どこかが変な少女”の秘密を描く

  • Writer :
  • すずきあゆみ

女性の不満と不安を詰めこんだ怪作『エスター』!

映画『エスター』は、ジャウム・コレット=セラ監督が手がけたホラー作品。

原題「Orphan」の“孤児”という意味の通り、一組の夫婦に養子として引き取られた孤児の少女・エスターの周りで起きる惨劇を描いています。

日本では、「この娘、どこかが変だ。」というキャッチコピーで2009年に公開。少女・エスターの恐るべき秘密は観る者を動揺させ、話題を呼びました。

本記事では、映画『エスター』のあらすじネタバレ付きで解説していきます。

映画『エスター』の作品情報


(C)DARK CASTLE HOLDINGS LLC

【公開】
2009年(アメリカ映画)

【原題】
Orphan

【監督】
ジャウム・コレット=セラ

【キャスト】
ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン

【作品概要】
2009年に公開された、ジャウム・コレット=セラ監督によるサイコホラー映画。

エスター役を演じた子役、イザベル・ファーマンのとても演技とは思えない不気味な様相は、物語が進むにつれ剥き出しの悪意へと変貌していきます。

彼女の表現力こそが本作の要であり、わたしたち大人の“後ろめたさ”に響きます。

映画『エスター』のあらすじとネタバレ


(C)DARK CASTLE HOLDINGS LLC

3人目の子供を流産した経験を持つケイトは、死産の悪夢を見ては夜中に飛び起きる日々を過ごしていました。

彼女は元アルコール依存症であり、酒に酔っている間に末娘のマックスを湖で溺れさせてしまったことがありました。

現在は克服したものの、辛い流産の経験からまた、不安定な心を携えています。

ケイトは夫のジョンとともに訪ねた孤児院で、エスターという少女に出会います。エスターは9歳のわりにかなり大人びていて周囲から浮いているものの、聡明で落ち着いた女の子です。

夫婦はエスターを気に入り、養子として迎えることに決めました。

エスターとの生活は順調に見えました。先天性の難聴であるマックスと、孤児院で手話を覚えていたエスターは、たちまち姉妹として仲良くなりました。

やんちゃな兄であるダニエルは、古風な服装のエスターを「ダサい」と嫌っていましたが、エスターはダニエルを相手にしていません。

エスターは生活に不思議なこだわりを持っていました。たとえば、手首と首にはいつもリボンを巻いていて、決して外そうとはしません。

また、お風呂に入るときは中から鍵をかけ、ケイトがそれをたしなめても譲りませんでした。

賢いエスターには子供扱いされることが馬鹿馬鹿しいのかもしれません。最初に引き取られたアメリカの家族を火事で亡くしてしまった心の傷があるのかもしれません……が、それでは済まされないほど、彼女の行動には異常性が見られはじめます。

ある日、ダニエルが空気銃で鳩を撃ってしまいます。瀕死の鳩を見て、自分がしたことに怯えるダニエルでしたが、エスターは構わず「とどめをさせ」と言い放ちます。

ダニエルがそれを拒否すると、エスターは躊躇せず、石で鳩を叩き潰しました。

またある日、ケイトはエスターにピアノを教えていました。家でのエスターの行動も気になっていたほか、学校でのトラブルについて話を聞きたかったケイトでしたが、死産した娘「ジェシカ」の話題にすり替えられてしまいます。

ジェシカの遺灰は庭に撒き、そこには白薔薇を植えてあるのだと話すケイト。エスターは薔薇を見ながら涙を流します。

以下、『エスター』ネタバレ・結末の記載がございます。『エスター』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

ある夜、ケイトとジョンが台所で性行為をしているところをエスターに目撃されてしまいます。翌日、弁解をしようとしたケイトにエスターは「ファックでしょ」と冷たく言い放ちます。

エスターをいじめていた生徒が怪我をしたり、歯医者に行くことを頑なに拒んだり、かといって、カウンセリングに連れて行けばその場では“完璧な子供”を“演じる”エスター。

不信感を募らせたケイトは孤児院のシスターに連絡をします。シスター曰く、エスターの周辺では不審な事故が頻発しているといいます。

エスターは前の家族を火災で亡くしていますが、それにも関与している可能性があるのでは……。エスターは恐ろしい子供なのかもしれません。

徐々に暴かれていくエスターの本性。彼女もじっとしてはいません。家に訪ねてきたシスターを、マックスを利用して撲殺。

それを目撃していたダニエルには、刃物を突きつけ口封じをします。ケイトとの諍いで突き飛ばされたエスターは、その後自分で自分の腕を折り、ケイトに虐待の容疑をかけます。

養子縁組した家族をめちゃくちゃにして、エスターが得ようとしたもの。家族の危機を嘆くケイトの夫・ジョンの隣にエスターは座ります。

舞台に上がるような厚化粧をして、ケイトの黒いワンピースを着て、迫るようにジョンに甘えるエスター。

エスターは9歳の賢い女の子ではありませんでした。本名はリーナ・クラマーといい、実年齢は33歳。

ホルモン異常により子供の姿に見えますが、非常に暴力的で、公に知られているだけでも7人を殺害しており、かつて精神病院に入れられていました。

病院から脱走して、アメリカの孤児院に潜り込んだエスターは、「夫」を求めていたのです。

全てを知ったケイトが警察に通報し、家に駆けつけると、ジョンはすでに刺殺されていました。マックスを守るために肩を銃で撃たれながらも、エスターから逃れるケイト。

揉み合いながら、凍った湖に落ちたケイトとエスター。這い上がろうとしているのは、ケイト。不安げに湖を見つめるマックスと目が合ったケイトは「危ないから下がって」と促します。

足を掴んでなお湖に引きずり込もうとするエスターの顔を力強く蹴り飛ばし、湖から這い出て、マックスを抱きしめるケイト。

エスターは暗く凍った湖の底にひとり沈んでいきます。

映画『エスター』の感想と評価


(C)DARK CASTLE HOLDINGS LLC

サイコパスの少女かと思いきや、ホルモン異常により「大人の女性」としての人生を阻まれた悲しい女性であったエスター

もちろん「ホルモン異常を持った大人の女性」として、社会に馴染むこともできたでしょう。エスターが精神崩壊に至った経緯まではわかりませんが、彼女は大人であることを隠し、子供として一般家庭に潜り込む人生を選びました。

そして、新しい家族の「夫」に憧れを抱いては、家庭を壊す。ジョンに拒絶された後、エスターは化粧を拭い落としながら涙を流します。

当然、人を殺して良い理由にはなりませんが、不自由なく大人になれる他人たちが彼女の孤独にどうして寄り添えたでしょう。これまでエスターがどんな気持ちで生きてきたのか、想像できる名場面です。

エスターに引っ掻き回された夫婦ですが、仲睦まじく見えながら実際は怪しいものです。

ジョンは10年前に浮気をしており、それが発覚したのは2年前。ケイトがそのことを不安から蒸し返せば、もう過去のことだと開き直る甲斐性ナシです。一方でケイトも、口論において言ってはいけない一線を平気で越える無神経さを持ち、ジョンに対して(言葉の)暴力的な甘え方をしています。

“子供”としてこの夫婦を見てきたエスターが「自分の方がふさわしい」と思ってしまうこと、異常ではありますが、わからなくもありません。

ジョンに拒まれた時に本気で泣いたエスターですが、劇中であと一度涙を流しています。

それはケイトが死産の経験をエスターに話し、ふたりで白薔薇の植込みを見た時です。あの後エスターは白薔薇をわざと刈り取る嫌がらせをしていますが、流した涙まで嘘だったかどうかはわからないような気がします。

それは同情というより、人に愛されること、子供を作ること、子供を失う悲しみまでも根こそぎ奪われている自分の境遇を突きつけられた絶望からきているのではないでしょうか

まとめ


(C)DARK CASTLE HOLDINGS LLC

映画『エスター』は、ジャウム・コレット=セラ監督のホラー作品。

サイコパスの少女の巻き起こす惨劇かと思いきや、思いもよらぬ結末に呆然となる方も多いのではないでしょうか。

最後に湖の底に沈んだエスターは、何を考えていたのでしょうか。

「“女性”として死にたかったのではないか」……そう想像すると、少し同情してしまいます。



関連記事

ホラー映画

『アナベル死霊館の人形』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

恐怖、その原点へ…。大人気シリーズ「死霊館」のアナベルシリーズ1作目『アナベル 死霊館の人形』。 本作はシリーズ1作「死霊館」にて冒頭に登場した人形、「アナベル」にフィーチャーされたスピンオフ作品です …

ホラー映画

映画『ウィッチ』あらすじとキャスト!2017公開日や試写会情報も

貴方はまだ、本当に恐ろしい“魔女映画”を知らない…。 サンダンス映画祭監督賞など数々の賞レースを席巻したホラー映画『ウィッチ』をご紹介します。 CONTENTS1.映画『ウィッチ』の作品情報2.映画『 …

ホラー映画

短篇映画『犬』あらすじ感想と評価解説。中川奈月監督x小川あんが得体の知れない恐怖を表現する新作ホラー

短編映画『犬』が2024年2月16日(金)より下北沢K2にて公開 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭受賞作『彼女はひとり』(2018)の新鋭女性監督・中川奈月と『スウィート・ビター・キャンディ』(202 …

ホラー映画

ホラー映画『ワーニング』感想と内容解説。韓国ガチ怖の見たら死ぬ恐怖の真相【夏のホラー秘宝まつり2020オープニング上映】

映画『ワーニング その映画を観るな』は2020年8月21日(金)より、キネカ大森・シアターセブン・シネマスコーレで開催の「夏のホラー秘宝まつり2020」にてロードショー! 毎年恒例となった、観客参加型 …

ホラー映画

映画『エンプティマン』ネタバレあらすじ考察と感想解説。都市伝説ホラーで日常が壊れていく恐怖を描き出す|SF恐怖映画という名の観覧車153

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile153 平和な町を都市伝説が襲うオカルトホラー映画の数々。 多くの作品は町にかけられた呪いに対抗すべく主人公が奮闘し、時に成功し時に失敗するハラ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学