Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ドクターエクソシスト』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

人間の潜在意識に入り込み、悪霊を除霊する車椅子の科学者と悪霊との戦いを描いたホラー作品。

科学の力で悪霊に対抗する、新感覚の悪霊祓い映画が誕生!

スポンサーリンク

1.映画『ドクター・エクソシスト』の作品情報


(C)2016 Incarnate Productions, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【原題】
Incarnate

【監督】
ブラッド・ペイトン

【キャスト】
アーロン・エッカート、カリス・ファン・ハウテン、カタリーナ・サンディノ・モレノ、デビッド・マズーズ、キーア・オドネル

【作品概要】
「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラム製作、「ダークナイト」のアーロン・エッカート主演、新感覚の悪魔祓い映画。

少年に憑依した最強の悪霊「マギー」に科学の力で対抗する科学者エンバーの戦いを描く。監督は『カリフォルニア・ダウン』のブラッド・ペイトン。

2.映画『ドクター・エクソシスト』のあらすじとネタバレ


(C)2016 Incarnate Productions, LLC. All Rights Reserved.

キャメロンは彼の母親リンジーとの帰宅途中に、異様な雰囲気で奇声をあげている女性を目撃します。

異様さに恐怖を感じたキャメロンは、逃げるように帰宅し、リンジーとの時間を過ごしていました。

やがてリンジーが眠った後に、部屋の中に気配を感じたキャメロンは、確認に行くとそこには先ほど、外で目撃した異様な雰囲気の女性が現れ、キャメロンに襲いかかってきました。

しかし、キャメロンは逆に女性の命を奪います。

キャメロンの目は人間のものとは思えない、異様な雰囲気に満ちていました。

悪霊と戦う科学者セス・エンバー

車椅子の科学者セス・エンバーは、2人の若い助手と悪霊祓いを行っていました。

エンバーは悪霊を“実態の無い寄生体”だと考え、自身も仮死状態に陥ることで、悪霊に憑依された人の精神世界に潜り込み、現実世界に連れ出すという独自の方法で悪霊祓いを行います。

エンバーは“マギー”という悪霊を追いかけていましたが、その行方を見失ってしまいます。

そこにバチカンから「ある少年に憑依した悪霊を、追い払ってほしい」との依頼がありました。

過去にバチカンから騙された過去があるエンバーは、いったんは依頼を断ります。

しかし、エンバーの師匠であるフェリックスからの紹介であること、少年に憑依した悪霊がマギーの可能性が高いと聞かされました。

エンバーはフェリックスを訪ね、少年に憑依した悪霊の件を相談します。

フェリックスは自身が捉え監視している悪霊からの情報で、少年に憑依した悪霊が“マギー”だということをエンバーに伝え「戦いに敗れた時はこれを使え」と、精神世界から10秒間だけ現実世界に戻れる薬を差し出しました。

しかし、「自分には必要ない」とエンバーは薬を拒否します。

遂に始まる悪霊マギーとの戦い

エンバーは少年に憑依した悪霊が“マギー”だとを確認するために、リンジーと悪霊に憑依されたキャメロンを訪ねます。

エンバーの前に姿を見せたキャメロンは、少年の声とは思えないほど低く嗄れた声を発し、エンバーを知っていると伝えます。

エンバーは会話の中でキャメロンに憑依した悪霊は、“マギー”である事を確信し、2人の助手と共にキャメロンを救うため、キャメロンの精神世界に入ります。

エンバーが辿り着いたのは平和な公園。父親とキャッチボールをするキャメロンを見つけ、説得をしようと話かけようとします。

しかし、エンバーのお腹から血が流れはじめたことにより、警戒したキャメロンは父親と共に逃げ出します。

追いかけようとするエンバーですが、口からも吐血し動けなくなりました。

エンバーが精神世界に入れるのは8分間だけで、それ以上はエンバーの心臓が停止して命を落とす危険性があります。

危険を感じたエンバーの助手は、強引にエンバーを叩き起こします。

エンバーは助かりましたが、キャメロンの救出には失敗してしまいます。

鍵となる父親の存在

エンバーはキャメロンの精神世界に彼の父親がいたことで、悪霊祓いには父親の存在が重要と考えます。

しかし、父親はアルコール中毒で、キャメロンに暴行をした現在は別居中、父親への協力要請をリンジーは嫌がります。

それでも父親が必要だと感じたエンバーは、父親に協力を求めてキャメロンの説得を依頼します。

その際に「絶対にキャメロンに触るな、悪霊が寄生する可能性がある」と忠告しました。

変わり果てた姿のキャメロンを前に、父親は戸惑いながらも説得を開始、一度はキャメロンが心を開いたように見えましたが、それはマギーの罠でした。

マギーに襲われ絶命する父親、その光景を前に「お前の狙いは俺だろ!」とエンバーは叫びます。

明かされるエンバーとマギーの因縁

キャメロンの父親も命を奪われてしまい、絶望的な状況の中、リンジーはエンバーが発した言葉の真意を追求します。

エンバーは人の精神状態に入れる特殊な能力を持っており、能力を持つ者が破滅していく姿を見ていたことで、能力を隠しながら生活していました。

しかし、能力を持つ事でマギーに狙われてしまい、交通事故に見せかけてエンバーの家族は殺害され、エンバー自身も車椅子で生活するようになったのです。

エンバーは「ここに来たのは復讐の為、キャメロンの為じゃない」と言い放ちます。

しかし状況が一変し、マギーがキャメロンの生命力を吸収し始めた様子を助手から聞かされたエンバー。

目の前でマギーによる新たな犠牲者を出さないため、エンバーはマギーとの最後の戦いに挑みます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドクター・エクソシスト』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドクター・エクソシスト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

マギーとの戦いを決意したエンバーは、1度受取を拒否した、精神世界から10秒間だけ現実世界に戻る事が出来る薬を受け取る為、フェリクスを訪ねます。

しかし、そこにはフェリクスの監視体制から逃げ出し、フェリクスを殺めた悪霊がいました。

悪霊は「お前はマギーの獲物だ」と言い残し姿を消します。

エンバーは薬を手に入れ逃げるようにその場を立ち去ります。

キャメロンの精神世界に再び入り込んだエンバーは、夜の遊園地に辿り着きます。そこには父親と一緒のキャメロンがいました。

エンバーの説得により、一緒にいる男が父親ではないと気が付いたキャメロンは現実世界に戻るため、エンバーと逃げ出します。

追いかけて来た父親の口に、エンバーは亡くなった妻が付けていた十字架のネックレスを入れます。

すると、父親は青白い炎に包まれて苦しみ出すと、その間にエンバーとキャメロンは現実世界に戻れました。

2人の助手やリンジーと喜びを分かち合うエンバー。

その時、子供の声が聞こえます。

「パパ、起きて」

エンバーが目を覚ますと、病院でベッドの上で横たわっている状態でした。

エンバーの横には亡くなったはずの彼の妻と子供がおり、エンバーの足も無傷でした。

3日寝ていたという事実を聞かされたエンバーは、退院手続きを行いますが、違和感を感じ、これがマギーの罠だと気付きます。

エンバーの前に巨大な怪物の姿で現れたマギーは、キャメロンを片腕で捕まえていました。

「お前の獲物は俺だろ?」というエンバーの説得に、マギーはキャメロンを開放し、エンバーに憑依します。

そのタイミングで薬の力により、10秒だけ精神世界から現実に戻ったエンバーは、マギーを憑依させたまま、マンションの窓から飛び降ります。

エンバーは一時期心肺停止となりますが、駆けつけた救急隊により回復。

目を覚ましたエンバーの手をリンジーは握りますが、何かを感じたリンジーは、すぐに手を離してエンバーを見ています…。

スポンサーリンク

3.映画『ドクター・エクソシスト』の感想と評価


(C)2016 Incarnate Productions, LLC. All Rights Reserved.

科学の力で悪霊に挑む男を描いた『ドクター・エクソシスト』

ホラーとしての要素だけではなく、脳波で悪霊の侵食を感知したり、悪霊の作り出した精神世界は時間が全く進まない「バグ」と呼ばれる現象が起きるなど、SFの要素も入っており、これまでとは全く違う悪霊祓い映画の新境地を作り上げています

また、悪霊を追い払うには、現実世界の人間関係が大きな鍵となったり、主人公エンバーが悪霊マギーと戦う理由が家族の仇を撃つというシチュエーションであったり人間ドラマとしても見応えのある作品になっています。

特にエンバーを演じたアーロン・エッカートの演技が素晴らしく「悲しみを背負い、恐怖に立ち向かう男」の姿を見事に表現しています。

一匹狼のように見えますが、助手2人に絶対的な信頼を置き、荒っぽい性格ですが、悪霊に憑依された人間には、心に響くように語りかけるなど、聖人ではない生身の人間っぽさが最高にかっこよくエンバーの活躍をもっと見たいと感じさせ、シリーズ化を望みたいですね。

この映画の主軸は「悪霊の怖さ」ではなく「悪霊と戦う人間ドラマ」なのでホラーが苦手な人にも是非オススメしたい良作です。

まとめ


(C)2016 Incarnate Productions, LLC. All Rights Reserved.

悪霊祓いという古典的なテーマにSFを組み合わせ、見応えのある人間ドラマに仕立て上げたこの作品。

新しさだけではなく『エクソシスト』を彷彿とさせる、悪霊祓いの古典的な展開も上手く取り入れています。

何度も使われたテーマも、アイデア1つで新しい作品に生まれ変わらせることが映画の醍醐味のひとつだと思います。

現代の感覚で製作された、新たな悪霊祓い映画『ドクター・エクソシスト』、そのアイデアと人間ドラマを是非楽しんで下さい!

関連記事

ホラー映画

映画『ハッピー・デス・デイ』ネタバレあらすじと感想。タイムループホラーの結末からどのように抜け出したのか⁈

ホラー映画ファンならお馴染みの殺人鬼と学園を舞台にしたスラッシャー映画。 イケてるけど自己チューで高飛車な、実に性悪女であるツリー。当然ながら彼女は、お約束の様に仮面を着けた殺人鬼に殺されます。 とこ …

ホラー映画

『クワイエットプレイス』ネタバレ感想と結末の意味を解説。音を立ててはいけない世界で描かれる愛とは

全米で異例の大ヒットを記録し、日本でも話題のホラー映画『クワイエット・プレイス』。 本作はホラー演出が冴えわたっており、全編緊張感の絶えない作品になっていますが、それ以上に感動を呼ぶ“家族”の物語にも …

ホラー映画

【ネタバレ考察】 エスケープ・ルーム(4DX映画)の謎解き内容解説。体感型鑑賞のおすすめ紹介も

『エスケープ・ルーム』は2020年2月28日(金)より全国ロードショー。 Webブラウザ上で行うインターネットゲームとして人気を集めた「脱出ゲーム」。 部屋の中をくまなく調査し、脱出の手掛かりとなるキ …

ホラー映画

映画『ハッピーボイスキラー』感想とラスト考察。動画無料視聴方法も

アメリカ版ポケットモンスターにて、ピカチュウの声優を担当することが決まったライアン・レイノルズ。 デッドプールでやりたい放題のうえ、愛嬌あるピカチュウを演じるなんて…と、考えるだけで不安な方の気持ちを …

ホラー映画

映画『シャイニング』ネタバレあらすじと考察。結末に向かい父親はなぜ狂ったか解説

スタンリー・キューブリック監督が唯一撮ったホラー映画『シャイニング』。 原作者は『キャリー』や『IT』『ミスト』などで知られるモダンホラー小説家、スティーヴン・キング。 「シャイニング」と呼ばれる超能 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP