Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/04/27
Update

映画『ラ・ヨローナ 泣く女』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ホラーの系譜に描かれた母性に目覚めた女性とは

  • Writer :
  • 奈香じゅん

ラテンアメリカに何百年と伝承され地域の人誰もが知っている怨霊の物語を初めて映画化した『ラ・ヨローナ~泣く女~』。

ジェームズ・ワン プロデュースの「死霊館」シリーズの新たな作品です。

美貌と評判のマリアは恋に落ち結婚。2人の息子をもうけますが、夫は若い女性と浮気。逆上したマリアは、夫がこの世で一番愛した子供2人を川で絞殺。我に返ったマリアは罪の意識から同じ川に投身自殺。それ以来、泣きながら彷徨い我が子の身代わりとなる子供をさらって行きます。

スポンサーリンク

映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』の作品情報


(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

【公開】
2019年5月10日(アメリカ映画)

【原題】
The Curse of La Llorona

【監督】
マイケル・シャヴェス

【キャスト】
リンダ・カーデリニ、マデリーン・マックグロウ、ローマン・クリストウ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ベラスケス

【作品概要】
劇場公開としてはマイケル・シャヴェスの映画監督デビューとなるホラー作品。

コマーシャルやショートフィルムを製作したシャヴェスを抜擢したのは、ジェームズ・ワン。

『グリーンブック』『ハンター・キラー』『シンプル・フェイバー』で全く違う役を演じ分けたリンダ・カーデリーニが主人公・アンナ役に扮し、初のホラー映画出演です。

霊能力者ラファエルには、『ブレイキング・バッド』のトゥコでお馴染みのレイモンド・クルス。

「アナベル」シリーズや『IT イット “それが見えたら終わり”。』の脚本家ゲイリー・ドーベルマンも製作に名前を連ねています。


映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』のあらすじとネタバレ


(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

1673年、メキシコ。

マリアは息子2人と遊んでいました。1人が母に美しいネックレスを渡します。大事そうに受け取るマリア。

ふと気が付くと母の姿が見えずその息子は探します。川の中に兄を沈めて抑え付けるマリアを見た息子は逃げ出しますが、直ぐに追いつかれ腕を掴まれます。

1973年、ロサンゼルス。児童福祉局に勤めるアンナは、子どもが2人学校に来ていないと報告を受けます。

担当していた家族であったため、家庭訪問をすることにしました。

母のパトリシアは酷く警戒している様子です。子どもの安全を確認したいと説得するアンナを、パトリシアは仕方なく招き入れます。

中は火の灯るキャンドルが無数に置かれており異様な雰囲気。

アンナは外から施錠した部屋を見つけます。パトリシアが止めるのも聞かず、アンナは扉を開けます。

しゃがみ込んだ2人の息子を発見し子どもたちを保護。アンナはもう大丈夫だと約束しますが、安全な場所など無いと子どもが呟きます。

2人の腕には酷い火傷の様な痕。その晩、施設の宿泊所で眠ることになった子どもたちは、ラ・ヨローナに襲われます。真夜中、連絡を受けたアンナが駆けつけますが、2人は近くの川で溺死して発見されていました。

警察に逮捕されたパトリシアはアンナの姿を見て、お前のせいだ、あの女を止めようとしたのに、と叫びます。あの女とは誰なのか尋ねたアンナに、パトリシアは、「ラ・ヨローナ(泣く女)」だと答えました。

そして、アンナの子どもクリスとサマンサを狙ったラ・ヨローナがアンナの家に現れます。クリスを階段から突き落とし、お風呂に入るサマンサを水中に引っ張り込み、助けに来たアンナの手首を掴み皮膚を焼きます。

金色に光る目を見開き真っ黒な涙を流す悪霊でした。教会へ駆け込んだアンナは、ペレス神父に助けを求めます。呪われた人形の事件に関わった経験に触れた神父は、アンナの抱える深刻な状況を理解します。

しかし、教会の介入には手続きと時間が掛かることから元神父のラファエルを紹介しました。

ラファエルは、教会とは袂を分けても信仰心の強い霊能者です。火傷の痕を見てラ・ヨローナの仕業だと直ぐに気が付き、親子を救うためアンナと共に彼女の家へやってきます。

以下、『ラ・ヨローナに~泣く女~』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラ・ヨローナ~泣く女~』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ラファエルは持参した道具や材料を使い準備を整えた後、持参した十字架を見せます。

マリアが自分の子供を殺害した川の側に生えていたゴウシュウアオギリから作られており、人間だった彼女の凶行を目撃した唯一の物としてラ・ヨローナに対し力を発揮する言い伝えがあると話します。

親子を火が灯るキャンドルの輪の中へ座らせたラファエルは、ふと宙に視線を走らせ、ラ・ヨローナが既に来ていると警告。

キャンドルの火が一斉に消え黒い涙が上から滴り落ち、突然アンナが壁に放り投げられます。そして、ラ・ヨローナが凄まじい力でサマンサを奪って行きます。

幼い子供を水に沈めて殺す怨霊。外のプールだと気が付いたアンナが駆けつけ、直ぐに水の中に飛び込ました。水中に漂う娘を見つけますが、ラ・ヨローナが襲ってきます。

祈りを捧げたラファエルがプールの水を聖水に変えその場を凌ぎました。

アンナは、もみ合った時にラ・ヨローナの首から引き千切ったペンダントをラファエルに見せます。

何かの時に役に立つかもしれないと霊能者は言いました。

ラファエルは怨霊が家の中に入れないようゴウシュウアオギリの種で結界を張りますが、パトリシアがアンナの家に忍び込みその結界を破ります。

自分の忠告を無視したアンナのせいで子供を失ったパトリシアは、恨んでいました。ラ・ヨローナに自分の息子達と引き換えにアンナの子供を奪うよう祈り、手助けに訪れたのです。

ラファエルはパトリシアに銃で撃たれ、アンナはラ・ヨローナに地下へ閉じ込められてしまいます。子供達は必死に屋根裏へ逃げ込みました。

怒濤の如く襲い掛かる怨霊に、クリスは握っていたペンダントをかざします。

すると、表情が変わりアンナの顔に。涙を流し優しい眼差しをクリスに向けますが、鏡に映った魔物である自分の姿を見て豹変。

そこへ、我に返ったパトリシアに解放されたアンナと必死に這い上がって来たラファエルが駆けつけます。

子どもを抱きしめるアンナに向かって鬼の形相をしたラ・ヨローナが叫び声をあげて突進。

その時、ラフェエルが投げて寄こしたゴウシュウアオギリの十字架をアンナが掴み、ラ・ヨローナの胸に突き刺しました。

怨霊は悲鳴を上げて消滅します。

スポンサーリンク

映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』の感想と評価


(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

これまで悪魔対神の構図で多くのホラー映画が作られて来たハリウッドで、元は人間だった怨霊を題材にした作品でジェームズ・ワンは成功を収めています

しかし、ホラーの見所はやはり邪悪なものを退治する場面。本作でその役目を担うラファエルを演じたのはレイモンド・クルス

劇中でお浄めに使用した鷲の羽は、実はクルス自身の私物で、先住民の宗教指導者から貰ったものだと話しています。

ラ・ヨローナ~泣く女~』は3人の母親が衝突する物語です。

子どもを守ろうとするアンナと我が子を奪われたパトリシアがそれぞれ恐れ苦しむ心情、数百年引きずる恨みで魔物化したアンナ。そして神を信じ切る強い霊能者が交錯し、ホラー映画を怖くするレシピが揃っています。

何と言ってもラ・ヨローナ役のマリソル・ラミレスが怖い…。CGが使われていないため大きな役所です。


(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

主演のリンダ・カンデリーニは、ラミレスがユーモアに溢れ4時間掛かるメイクに文句も言わず、子役の子どもたちにも気を配っていたと賞賛

これまで数々のテレビドラマにゲスト出演して来たラミレスですが、今回どう役作りしたのか訊かれ、溜まった自分の怒りを利用したと周りを笑わせます

また、本作の監督を務めたマイケル・シャヴェスとクルスは、ロケーション撮影に使われたアンナの家で怪奇現象が頻繁に起きたことを明かしました。


(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

例えば怨霊と対峙する場面を撮影中、クルスがしていたお守りのブレスレットが突然千切れてビーズが散乱。硬い石で出来ているにも拘らず、3つのビーズが真中から二つに割れていたそうです

アメリカに来て最初に聞いた怪談が「ラ・ヨローナ」だったと話すジェームズ・ワンは、今後シャヴェスの手でパトリックやヴェラがどう演出されるのか楽しみだとインタビューで答えており、再びウォーレン夫妻が登場する物語が製作されることを示唆しています。

まとめ


(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

母性に目覚めた女性は格別の強さを発揮するものです。

ホラー映画の傑作と言われる1973年の『エクソシスト』や、後に話題を集めた1982年の『ポルターガイスト』でも、自分の子どもを守ろうと母親は身を挺しています。

本作では、アンナが忠告を無視したためパトリシアは我が子を失い、その悲しみは憎しみに変ります。

しかし、最後は同じ母親としてアンナを許しており、どんな強い恨みも深い愛情には勝てないメッセージを伝えています。

子どもに贈られたネックレスを見たラ・ヨローナが束の間見せた温かい母親の顔は、罪深い怨霊の魂もまだ救える希望を意味しているのかもしれません。


関連記事

ホラー映画

ホラー映画『生き人形マリア』あらすじネタバレと感想。結末まで怖い亡きデラマス監督の世界観

『生き人形マリア』はカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019にて上映。 殺人人形チャッキー、呪いの少女人形アナベル…。 映画界を震撼させてきた、人の情念宿った人形たちによって引き起こされ …

ホラー映画

映画『いけにえマン』ネタバレあらすじと感想。中元雄監督のホラー愛が溢れ出るマニアック・ムービー

『いけにえマン』は2019年10月5日から10月18日にかけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 『一文字拳 序章 ー最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いー』で、カンフー映画愛を爆発させた中元雄監 …

ホラー映画

映画『空海 美しき王妃の謎』黒猫の真相と中国の化け猫は喋りすぎか?

『さらば、わが愛/覇王別姫』『北京ヴァイオリン』などで知られる中国の名匠チェン・カイコー監督の映画『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』。 作品タイトルから歴史ドラマを期待する向きもありますが、実は …

ホラー映画

映画『残穢(ざんえ)』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラスト終えて尚も怖さを感じさせるJホラーの後味

中村義洋監督×作家小野不由美 身近でおこる怪奇現象を鮮烈に描くJホラー映画 映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』は、作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞の同名同名ホラー小説を、『予告犯 …

ホラー映画

映画『アナベル死霊博物館』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末はホラー版ナイトミュージアム⁉︎

映画『アナベル 死霊博物館』は2019年9月20日(金)よりロードショー。 2013年に第1作目が公開され、世界中のホラーファンを恐怖に陥れ魅了してきた「死霊館」シリーズ。 2019年、おなじみの怖く …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学