Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『いけにえマン』ネタバレあらすじと感想。中元雄監督のホラー愛が溢れ出るマニアック・ムービー

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『いけにえマン』は2019年10月5日から10月18日にかけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開!

『一文字拳 序章 ー最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いー』で、カンフー映画愛を爆発させた中元雄監督が、今度は、ホラー映画を題材に制作した映画『いけにえマン』。

男女4人が山奥で遭遇する惨劇を描いた、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『いけにえマン』の作品情報

【公開】
2019年公開(日本映画)

【監督・脚本】
中元雄

【キャスト】
白畑伸、高江洲波江、齊藤友暁、藤原夢美、茶谷優太、濵田真季、岡橋咲子、氏家康成、小矢菜々美、中村純菜、梶塚廉、上ノ町優仁

【作品概要】
『一文字拳 序章 ー最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いー』で、2018年「カナザワ映画祭」でグランプリ、「ぴあフィルムフェスティバル」で観客賞を受賞した中元雄監督の、最新作となるホラー映画。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」正式出品作品。

映画『いけにえマン』あらすじとネタバレ


夏の思い出作りに、森へキャンプに来た男女4人。

携帯電話の電波も入らない場所で、羽目を外し非日常を楽しむ4人ですが、突如マスクを被った殺人鬼に襲われます。

1人づつ殺人鬼の犠牲になっていき、残るはユメミとサイトーの2人になってしまいます。

殺人鬼に狙われたユメミは、山奥へ逃げていきますが、殺人鬼は何処までも、ユメミを追いかけてきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『いけにえマン』ネタバレ・結末の記載がございます。『いけにえマン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


スポンサーリンク

ユメミを追いかけていた殺人鬼は、落ちていた木の棒に引っかかって転んでしまいます。

そこでカットがかかり、殺人鬼を演じていた映画学校の大学生監督、シラハタはマスクを脱ぎます。

撮影が思うように進まない事に不満を感じていたシラハタは、主演女優のユメミが、全くホラー映画に理解が無いことで口論となり、ユメミは帰ってしまいます。

残されたシラハタと、カメラ担当のナミエ、助監督のサイトーは、ホラー映画のパイロット版を制作し、企業に売り込んだお金で、本格的なホラー映画を制作する計画が潰れてしまい、途方に暮れます。

当ても無く森の中を彷徨う3人は、若者たちがキャンプを楽しんでいる所に遭遇します。

若者たちそれぞれが、ホラー映画のキャラクターとピッタリハマった事から、シラハタは殺人鬼になり、若者たちを驚かして、その様子を撮影し、ホラー映画として成立させる事を企てます。

その夜、殺人鬼のマスクを被ったシラハタは、サイトーとナミエと共に、若者たちが使用しているテントに侵入します。

ですが、そこには、キャンプの参加者の1人、マキの死体がありました。

驚いた3人は、刃物を持った若者たちに囲まれますが、何とか隙をついて逃げ出します。

夜の森の木陰に隠れて怯える、シラハタとサイトー、ナミエの3人は、若者たちの仲間の1人、ユウジが立小便をしている場面に出くわします。

シラハタがマスクを被って、ユウジに襲い掛かると、驚いたユウジは頭を木にぶつけて、そのまま死んでしまいます。

ユウジの死体に戸惑う3人。

そこへ道に迷っていたユメミが現れ、3人が人を殺したと思い込み逃げ出します。

ユメミは若者たちのリーダー、ユウタと出会い「君を守る」というユウタの言葉を信用します。

一方、ユメミを探して1人になったシラハタは、若者たちの1人に襲われ、気を失います。

意識が戻ったシラハタ。

山小屋の中で体が縛られており、目の前では若者たちが食事をしており、その場にユメミもいます。

戸惑うシラハタを他所に、ユウタはユメミを2階の寝室に連れていきます。

ユメミがいなくなった所で、シラハタは若者たちの正体を聞かされます。

若者たちは、人の肉を食べる事を趣味にした集まりで、インターネットで知り合った人達を、次々と餌食にしていました。

シラハタの味にも興味を持った若者たちは、チェーンソーでシラハタの片手を切り落とします。

絶体絶命のピンチを迎えたシラハタですが、サイトーとナミエにより助け出されます。

このままだと、ユメミも食べられてしまう為、サイトーとナミエは助けに行こうとしますが、片手を失い怯えたシラハタは逃げようとします。

自分勝手なシラハタに呆れた、サイトーとナミエは、2人でユメミを助けに向かいます。

シラハタはナミエから、撮影で使用していたカメラを渡されます。

カメラに収められた、4人で力を合わせて、ホラー映画を作ろうとしていたメイキング映像を見返したシラハタは、ユメミを助ける事を決意し、山小屋に置いてあったチェーンソーを入手します。

ユメミを助けに行ったサイトーとナミエは、返り討ちにあっていました。

撮影に使うカチンコが見つかり、若者たちは映画を撮影している、サイトーたちを馬鹿にします。

そこへ、殺人鬼のマスクを被り、片腕にチェーンソーを装着したシラハタが現れます。

シラハタはチェーンソーで、若者たちを次々と倒していきます。

リーダーのユウタは、異常な身体能力を誇り、シラハタは苦戦しますが、血のりを使ってユウタを騙し、チェーンソーで葬ります。

シラハタは演技部分と、若者たちとのリアルな戦いの部分を編集し、ホラー映画『いけにえマン』を完成させるのでした。

スポンサーリンク

映画『いけにえマン』感想と評価

本格カンフーアクション映画『一文字拳 序章 最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い』で、往年のカンフー映画リスペクトを見せた、中元雄監督の新作映画『いけにえマン』。

予告映像やホームページの情報から、次は『13日の金曜日』シリーズや『悪魔のいけにえ』『ハロウィン』のような、恐ろしい殺人鬼が登場する、70年~80年代のいわゆる「スラッシャー」映画のノリかと思いきや、いい意味で騙されました。

ポスターの殺人鬼のビジュアルが『13日の金曜日 パート2』の時の、ジェイソンっぽいのも罠だったのですね。

ホラー映画の王道とも言える「スラッシャー」映画ではなく、本作はホラー映画の、どちらかと言えばマニアックなジャンルになる「食人映画」でした。

ですが、片腕にチェーンソーを装着する「死霊のはらわた」シリーズへのオマージュなど、ホラー映画のオマージュや「お約束」は、しっかり踏襲されているので、ホラー好きな人は楽しめる作品ですよ。

『いけにえマン』を上映しているシネマ・ロサでは、続編の『はらわたマン』も同時公開されておりますので、少しだけご紹介します。

続編:『はらわたマン』

『はらわたマン』あらすじ


『いけにえマン』の惨劇から1年後、サイトーは卒業したシラハタの後を継ぎ、ナミエ、ヤスダ、もっちゃん、スミレとダークヒーロー映画『はらわたマン』を制作していました。

映画制作に、新たにナナミという可愛い女性が加わった事で、サイトー達は一層熱が入るようになります。

ある日『はらわたマン』の撮影に為に、ナミエ達は、ある廃墟を訪れますが、監督のはずのサイトーが腹痛を起こし現れません。

ナミエはナナミを監督にして、撮影を開始する事にしますが、そこへマスク姿の殺人鬼が現れます。

殺人鬼から逃げる途中で、ヤスダ、もっちゃん、スミレと、はぐれてしまったナミエとナナミ。

ですが、それは別の撮影クルーが制作していた映画でした。

ナナミとナミエは「プロの現場が経験できる」と、撮影クルーに合流しますが、そこは殺人フィルムである「スナッフフィルム」の撮影現場でした。

自身の命が狙われる危険な状況となった、ナナミとナミエの運命は…。

スポンサーリンク

映画『はらわたマン』感想と評価


『一文字拳 序章 最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い』上映時も、続編となる『帰ってきた一文字拳 最強カンフーおじさん対改造人間軍団』が上映されましたが、『いけにえマン』も続編となる『はらわたマン』が同時上映となっています。

『いけにえマン』は「食人映画」というマニアックなジャンルでしたが、続編の『はらわたマン』も「スナッフフィルム」という、これまたマニアックなジャンルとなっています。

ただ『いけにえマン』『はらわたマン』共通して感じるのは、マスク姿の殺人鬼が、最終的に正義側の立場になるなどかなりホラー映画としては新しいアプローチをしている点です。

2003年に公開された『フレディVSジェイソン』でも感じたのですが、ホラー映画の殺人鬼は、突き抜けるとヒーロー的なキャラクターまで到達する事が多く、ファンからは愛される事が多いです。

『いけにえマン』『はらわたマン』でも「マスク姿の殺人鬼は、ホラー映画ファンからするとヒーローになる」という、世間ではあまり理解されない部分を現わしていて、中元監督のホラー映画への愛を感じます。

「ホラーとコメディは紙一重」と言われますが、本作は笑って楽しめる作品なので、ホラー映画ファンの方はもちろん、コメディ映画好きの方にもおススメな作品です。

まとめ


「スラッシャー」映画の犠牲者には、よく「死んで当然の奴」が登場します。

暴力的だったり、人を見下したり、必要以上にいちゃつくカップルなど「死んで当然の奴」の定義は様々ですが、本作では「映画を馬鹿にする奴」が、それに該当します。

『一文字拳 序章 最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い』でも、往年のカンフー映画の「お約束」を踏襲して「人間の成長」を描いた中元監督。

『いけにえマン』『はらわたマン』2作に共通するのは、制作する側も鑑賞する側も「映画を愛する心」は共通であり、映画は凄い力を与えてくれるという、力強いメッセージです。

ここまで、カンフー映画、ホラー映画と制作してきた中元監督は、次回作はどのジャンルを手掛けるのでしょうか?

今後も楽しみですね。

関連記事

ホラー映画

映画『透明人間(2020)』あらすじネタバレと感想。リーワネル監督のリメイク版はサイコスリラーの妙味

リー・ワネル監督×エリザベス・モス主演の最新作映画『透明人間(2020)』 映画『透明人間』(2020)は、1897年に出版されたH・G・ウェルズ原作の『透明人間』に登場するキャラクターを基に「ソウ」 …

ホラー映画

Netflix映画『呪われし家に咲く一輪の花』ネタバレ感想と考察。美しいホラーは“私の恐怖”を詩的な展開と真相で描く

見ているのに見えない恐怖が静かに追い込む、真相の正体を目にした時に彼女を襲った衝撃は死に値する恐怖 本作は怖がりな看護師がホラー小説家の介護をするために、人里離れた森の一軒家で住み込みで働き、小説にま …

ホラー映画

映画『殺人鬼を飼う女』あらすじネタバレと感想。飛鳥凛の演技力を活かす官能ホラー

2019年4月12日(金)より公開の映画『殺人鬼を飼う女』 多重人格者である主人公の女性が、ある出会いをきっかけに生じた歪みによって狂わされてゆく姿を描いた官能ホラー映画『殺人鬼を飼う女』。 『女優霊 …

ホラー映画

『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】

独特の美意識であるスローモーションと美しいCGの作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが、来る』を映画化。 主人公のジャーナリスト野崎役に『海 …

ホラー映画

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』ネタバレ感想と考察評価。吸血鬼ヴァンパイアとのラブストーリーは美しくも残酷な純愛

映画『ぼくのエり 200歳の少女』は永遠の12歳エリと孤独なオスカーとの怪しく美しい関係を描く 1920年代から現代まで、ヴァンパイアを題材にした映画は数多く制作されてきました。きっとどの世代の人にも …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学