Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

“それ”がいる森|ネタバレ怖い正体を考察。Jホラーの特徴と比較する「静と動」の中田秀夫監督の挑む《身の凍る恐怖》を詳細に解説

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

正体不明の存在“それ”との戦いを描いた、エンターテイメント性の強い恐怖

東京から田舎に引っ越してきた親子が、近くの森に潜む、正体不明の存在に遭遇する、恐怖を描いたホラー映画『“それ”がいる森』

リング』(1998)で「Jホラーブーム」を巻き起こし、近年では『事故物件 恐い間取り』(2020)も話題になった中田秀夫。

中田監督が「新たな挑戦」と語っている『“それ”がいる森』は、これまでの「Jホラー」とは対照的な内容から、賛否両論が起きており話題になっています。

『リング』とは明確に違う『“それ”がいる森』の持つ、これまでの日本ホラーとは違う恐怖の特徴を考察します。

スポンサーリンク

映画『“それ”がいる森』の作品情報


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

【公開】
2022年公開(日本映画)

【監督】
中田秀夫

【脚本】
ブラジリィー・アン・山田、大石哲也

【キャスト】
相葉雅紀、松本穂香、上原剣心、江口のりこ、尾形貴弘、中村里帆、綾乃彩、松嶋亮太、吉本菜穂子、山下穂大、嶺岸煌桜、潤浩、眞島秀和、宇野祥平、松浦祐也、酒向芳、野間口徹、小日向文世

【作品概要】
東京から田舎に引っ越し、農業を始めた淳一が、近くの森で起きた子供の失踪事件をキッカケに、正体不明の存在に遭遇するホラー映画。

謎の存在に立ち向かう淳一を、嵐の相葉雅紀が演じており『デビクロくんの恋と魔法』(2014)以来の単独主演作となります。

共演に、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017)で注目を浴びた松本穂香の他、「ジャニーズJr.」の上原剣心、江口のりこ、宇野祥平、野間口徹、小日向文世など、実力派俳優が出演しています。

映画『“それ”がいる森』のあらすじ


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会
福島市の天源森。

ここに、東京でホストクラブを襲撃し、大金を持って逃亡したカップルが逃げ込んで来ます。

森の中に、強奪したお金を埋めようとした2人ですが、謎の存在に襲われます。

東京での暮らしを捨て、3年前から天源森の近くに引っ越して来た田中淳一。

淳一は、妻の爽子と息子の一也と東京で暮らしていましたが、厳格な経営者である爽子の父親と考え方が合わず、追い出される形で福島市に単身引っ越して来ました。

3年かけて、ビニールハウスで自身のオレンジを栽培している淳一は、オレンジの中に、細菌に感染してダメになった物があると知り、落ち込みます。

その淳一の前に、突然一也が現れます。

一也は、中学受験を控えていましたが、成績が上がらない為、大好きだったサッカーを、爽子に無理やり辞めさせてられていました。

そのことにより、ストレスが溜まった一也は、逃げるように淳一を訪ねて来たのです。

爽子にもお願いされ、しばらく一也を預かることになった淳一は、近くの学校に一也を転入させます。

転校先の学校で、仲良くなったクラスメイトに誘われ、一也は天源森へ行きます。

クラスメイトの作った秘密基地で遊び、天源森から出ようとした際に、2人は謎の物体を発見します。

次の日、学校で謎の物体のことを話した一也ですが、全く信じてもらえなかった為、証拠の写真を撮影する為に、再び天源森へ向かいます。

ですが、謎の物体は消えており、仕方なく天源森を出ようとした一也達の前に、素早い速さで動く、人間のような謎の存在が現れます。

謎の存在をスマホで撮影したクラスメイトが、目の前で襲われたのを目撃した一也は、そのまま気を失ってしまい…。

スポンサーリンク

Jホラーの名手 中田秀夫監督が新境地《3つの比較》


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会
天源森に潜む“それ”との遭遇と恐怖を描いた映画『“それ”がいる森』

本作の監督は、1998年の『リング』で、日本映画界にホラーブームを起こした中田秀夫です。

そして『“それ”がいる森』は、中田監督が『リング』以降の、いわゆる「Jホラー」のイメージを変えることを意識した、挑戦的な作品となっています。

これまでの「Jホラー」が「静かな恐怖」であれば、『“それ”がいる森』は「動きのある恐怖」と言う明確な違いあり、2つを比較していきましょう。

【検証1】出て来るまでが怖い「怨霊」と、出て来てからが怖い「それ」


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会
「Jホラー」の象徴的な存在と言えば、『リング』の貞子でしょう。

「呪いのビデオ」を通して、次々に人を呪っていくウィルス的な恐怖は、ハリウッドでもリメイクされており、その存在が発明と言えます。

『リング』の恐怖は、呪いのビデオを見て、謎の電話がかかってきて、呪いにかかった人を撮影すると、心霊写真が写るという「よく分からないけど、不気味な恐怖」が主流となっています。

呪いのビデオを見て、7日間は死ぬことはありませんが、不気味な何かが迫っているという「感じる恐怖」が特徴的でした。

だからこそ、実際に貞子が姿を現した際の、絶望感が半端じゃなかったのです。

逆に『“それ”がいる森』の“それ”は、姿を見た人間に、容赦なく襲いかかって来ます

なので、“それ”を目撃したら、戦う術も分からない為、逃げるしかありません

『リング』が「呪いや怨霊を感じる恐怖」であれば『“それ”がいる森』は「明らかに命を狙ってくる、謎の存在の恐怖」であると言えます

スポンサーリンク

【検証2】戦う術の無い「呪い」と戦うしか無い「それ」


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会
「リング」シリーズの貞子や、「呪怨」シリーズの伽椰子など、これまでの「Jホラー」は、恐怖の対象と直接戦う術がありませんでした

姿を見たらそこで終わりで、呪いを「回避」するしか無く、要は逃げるしか道が無かった訳です。

ですが『“それ”がいる森』の“それ”は、状況を打破するには戦うしか道がなく、逃げても、どこまでも追いかけて来ます

これが、アメリカが舞台の作品なら、銃を撃ちまくって戦う展開になりそうですが、『“それ”がいる森』の舞台は日本

明確に武器になる物が身近に無く、大人は容赦なく殺し、子供は食べる“それ”に対抗する明確な方法がありません。

その恐怖が際立つのが、学校に避難した子供達が“それ”に追い詰められ、教師の北見絵里と籠城するしか無くなるクライマックスの展開です。

“それ”はリングの貞子と違い「姿を見たら問答無用で終わり」と言う存在ではなく、逃げる余地があるのですが、逆に逃げ場が少しづつ塞がれる恐怖があります。

作品中盤で“それ”の弱点が判明しますが、弱点を知っているのは淳一だけで、確実に“それ”を全滅させる方法は不明のままです。

逃げる余地もあるし、抵抗も出来るが、状況を打破する決定打が無いという、絶望的な状況での戦い、これが『“それ”がいる森』の恐怖の特徴です。

【検証3】「身の凍る恐怖」と「心揺さぶられる恐怖」


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会
これまでの「Jホラー」の恐怖の対象は「幽霊」や「怨霊」などの、霊的な存在が多かったです。

明確に姿を見せなくても、画面の端に一瞬だけ立っている。

これが、前述したように「感じる恐怖」となり、体が硬直したまま画面を見入るという「身の凍る恐怖」に繋がります

ですが『“それ”がいる森』は、逆に「心揺さぶられる恐怖」で、もっと明確に言えばエンターテイメントに振り切った恐怖です。

ネタバレになりますが、“それ”の正体は宇宙人です。

それも、エイリアンとかプレデターのような、特殊なデザインの地球外生命体ではなく、いわゆる「グレー」と呼ばれる、誰もが想像する、分かりやすい宇宙人です。

最初に、正体が明確になった時「え?宇宙人?」と、いろいろな意味で驚きました

“それ”の正体に、驚く人もいれば笑う人、これまでの「Jホラー」を期待した人は、怒りを感じた人もいるかもしれません

ですが、この「心揺さぶられる恐怖」こそが、中田監督の本作での挑戦でもあるのです。

正体が判明した後の宇宙人は、子供を食べて分裂していくと言う、原理も仕組みも不明ですが、ただただおぞましい生態を見せます

貞子は生前人間であり、人を恨んで死んだ怨霊という、明確な正体がありましたが『“それ”がいる森』の“それ”は宇宙人なので、姿が分かっても謎が多すぎる存在です。

そもそも宇宙人って言ってますが、本当に宇宙人かも分からない、だけど何もしなければ殺されてしまう、ある意味理不尽な恐怖があります。

その理不尽な存在との、銃火器が身近に無い、日本を舞台にした絶望的な状況での戦い、この内容に、予算と時間をかけて真面目に挑んだというだけでも『“それ”がいる森』が、どれだけ実験的で挑戦的な作品かが分かりますね。

まとめ


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会
これまでの「Jホラー」とは、明確に違う『“それ”がいる森』

エンターテイメント性の強い作品なので「身の凍る恐怖」を期待した方は、戸惑いを感じたかもしれません。

中田監督は、日本のホラー映画の今後を考え『事故物件 恐い間取り』から「10代をターゲットにした、エンターテイメント性のあるホラーに舵を切った」と語っています。

とは言え、決して子供向け映画では無く、大人でもワクワク出来る映画を目指しています。

『“それ”がいる森』は、フレディやジェイソンのような、殺戮を繰り返す怪物の恐怖を描いた、ひと昔前のホラーのような作風ですが、「静かなホラー」が主流になっていた日本のホラーの中では、逆に新鮮に感じました

考えてみれば『リング』でお馴染みの場面「テレビから出て来る貞子」も、1つ間違えればコメディみたいになっていましたし、さんざんパロディにされたのも、笑いの要素があったからでしょう。

恐怖と言うのは、笑いとか怒りとか、あらゆる感情と紙一重の部分があるので、身も凍る「静かなホラー」を確立した中田監督の「心揺さぶられる恐怖」への挑戦が、今後どのような作品を生み出すか?期待したいですね。




関連記事

ホラー映画

映画『令和対俺』あらすじ感想と考察解説。コスメティックDNAの大久保健也監督が漫才師の“時代錯誤の悲哀”を描く

映画『令和対俺』は「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021」にてシネガーアワード受賞! 2021年9月16日(木)〜20日(月)開催の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」コンペティシ …

ホラー映画

こどもつかいキャストとあらすじ!滝沢秀明映画の舞台挨拶や試写会は?

“悪いオトナに「死」を届ける…簡単なおつかい…” 『呪怨』の清水崇監督が再び世界を震撼させる究極のホラー映画『こどもつかい』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『こどもつかい』の作 …

ホラー映画

『ザ・スイッチ』ネタバレあらすじと感想考察。スラッシャー映画への80年代おすすめ代表作へのリスペクトがやばいホラーコメディー!

製作ジェイソン・ブラムとクリストファー・ランドン監督がタッグを組んだ映画『ザ・スイッチ』。 恐怖の殺人鬼ブッチャーと、内気な女子高生ミリーの魂が入れ替わった事で、巻き起こる騒動を描いたホラーコメディ『 …

ホラー映画

映画『アス』あらすじネタバレと感想。ジョーダン・ピール監督の新作の内容とは⁈

ジョーダン・ピール監督の最新作『Us』 2017年に大ヒットしたホラー映画『ゲット・アウト』。 監督を務めたジョーダン・ピールが、新たな恐怖の物語を生み出しました。 今回は2019年9月6日に日本で公 …

ホラー映画

映画『インヘリタンス』ネタバレ結末とラスト解説の感想。どんでん返しな本格ミステリーはタイトルの意味である“遺産”という意味深な謎を受け継ぐ恐怖

父親が遺した遺産の謎の男の存在と耐え切れない真実を描く『インヘリタンス』 映画『インヘリタンス』は、ヴォーン・スタイン監督のミステリースリラーのアメリカ映画。 父親が残した遺産が地下壕に埋まっているこ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学