Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2022/10/01
Update

【ネタバレ】“それ”がいる森|結末あらすじ感想と評価解説。実在の怖い元ネタで描く「正体と真相」とは⁈

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

いわくつきの森で多発する失踪事件、その背後に存在する恐怖

東京から田舎に引っ越してきた親子が、近くの森に潜む、正体不明の存在に遭遇する恐怖を描いたホラー映画『“それ”がいる森』

リング』(1998)で「Jホラーブーム」を巻き起こし、近年では『事故物件 恐い間取り』(2020)も話題になった中田秀夫が、新たに仕掛けた恐怖“それ”の正体は?

かなりの挑戦作と言える本作は、一切の情報を入れない方が、確実に楽しめる作品なので、記事をご覧いただく際はご注意下さい

スポンサーリンク

映画『“それ”がいる森』の作品情報


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

【公開】
2022年公開(日本映画)

【監督】
中田秀夫

【脚本】
ブラジリィー・アン・山田、大石哲也

【キャスト】
相葉雅紀、松本穂香、上原剣心、江口のりこ、尾形貴弘、中村里帆、綾乃彩、松嶋亮太、吉本菜穂子、山下穂大、嶺岸煌桜、潤浩、眞島秀和、宇野祥平、松浦祐也、酒向芳、野間口徹、小日向文世

【作品概要】
東京から田舎に引っ越し、農業を始めた淳一が、近くの森で起きた子供の失踪事件をキッカケに、正体不明の存在に遭遇するホラー映画。

謎の存在に立ち向かう淳一を、嵐の相葉雅紀が演じており『デビクロくんの恋と魔法』(2014)以来の単独主演作となります。

共演に、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017)で注目を浴びた松本穂香の他、「ジャニーズJr.」の上原剣心、江口のりこ、宇野祥平、野間口徹、小日向文世など、実力派俳優が出演しています。

映画『“それ”がいる森』のあらすじとネタバレ


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会
福島市の天源森。

ここに、東京でホストクラブを襲撃し、大金を持って逃亡したカップルが逃げ込んで来ます。

森の中に、強奪したお金を埋めようとした2人ですが、謎の存在に襲われます。

東京での暮らしを捨て、3年前から天源森の近くに引っ越して来た田中淳一。

淳一は、妻の爽子と息子の一也と東京で暮らしていましたが、厳格な経営者である爽子の父親と考え方が合わず、追い出される形で福島市に単身引っ越して来ました。

3年かけて、ビニールハウスで自身のオレンジを栽培している淳一は、細菌に感染してダメになったオレンジがあると知り落ち込みます。

その淳一の前に、突然一也が1人で訪ねて来ます。

一也は中学受験を控えていましたが、成績が上がらない為、大好きだったサッカーを、爽子に無理やり辞めさせてられていました。

そのことにより、ストレスが溜まった一也は、逃げるように淳一を訪ねて来たのです。

爽子にもお願いされ、しばらく一也を預かることになった淳一は、近くの学校に一也を転入させます。

転校先の学校で、仲良くなったクラスメイトに誘われ、一也は天源森へ行きます。

クラスメイトの作った秘密基地で遊び、天源森から出ようとした際に、2人は謎の物体を発見します。

次の日、学校で謎の物体のことを話した一也ですが、全く信じてもらえなかった為、証拠の写真を撮影する為に、再びクラスメイトと共に、天源森へ向かいます。

ですが、謎の物体が消えていた為、仕方なく天源森を出ようとした一也達の前に、素早い速さで動く、人間のような謎の存在が現れます。

謎の存在をスマホで撮影したクラスメイトが、目の前で襲われたのを目撃した一也は、そのまま気を失います。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『“それ”がいる森』ネタバレ・結末の記載がございます。『“それ”がいる森』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

夜になっても、一也達が帰って来ないことで、淳一は一也のクラスの担任教師、北見絵里と捜索を開始します。

淳一は、一也のスマホに入れてあった位置情報アプリを使い、天源森で倒れていた一也を発見します。

一緒だったはずのクラスメイトについて、淳一は一也に聞きますが、一也は何かに怯えたような様子を見せます。

天源森へ県警が捜査に入りますが、県警の刑事は熊の仕業と決めつけます。

一也は「入ってはいけない」と言われている天源森に行ったことを、教頭に怒られ、クラスでも「熊を恐れて1人で逃げた」と、噂されるようになります。

完全に心を閉ざしてしまった一也に、困り果てた淳一。

ある夜、淳一は、ビニールハウスが何者かに壊されている所を目撃します。

ビニールハウスに入った淳一は、小さくて不気味な人間のような存在を目撃します。

さらに、一也の通う学校の女子生徒が、謎の存在に連れて行かれ、失踪するという事件も発生します。

次の日、一也がまた天源森に1人で入ったことを知った淳一は激怒しますが、一也から「熊ではない何かを撮影したスマホが、天源森に落ちている」と聞きます。

天源森に入り、スマホを発見した淳一は、スマホに残っていた謎の存在の姿を確認します。

スマホを持って帰った淳一は、ビニールハウスから謎のうめき声を聞きます。

淳一がビニールハウス内に入ると、そこに不気味な人型の怪物が2体現れます。

怪物は、淳一に襲いかかろうとしますが、腐ったオレンジに触れた瞬間、苦しみながら逃げ出します。

助かった淳一は、県警に多発している事件の原因が、怪物の仕業であることを説明しますが、県警は一切信じてくれません。

独自に怪物の正体を探り始めた淳一は、60年前にも今回と同じ、失踪事件が多発していたことを知ります。

淳一は絵里と共に、60年前に起きた失踪事件の目撃者、児玉勉に会いに行きます。

児玉は失踪事件のことを、誰も信じてもらえなかったことから、長年口を閉ざしていましたが、独自に調査を続けており「宇宙人が天源森にいる」と考えていました。

児玉から話を聞いた淳一のもとに、村の駐在から電話があり「今度はキャンプに来ていた家族が失踪した」と聞かされます。

キャンプに来ていた家族の両親は殺され、子供だけが消えていることから、淳一は「宇宙人の狙いは子供」と考えます。

事態を重く見た県警は、事件が解決するまで、子供を学校に避難させるように指示します。

そして、県警総出で山を捜索しますが、全員宇宙人に殺されてしまいます。

その夜、村全体に謎の停電が発生します。

子供達を避難させた教師たちが、校舎の外を見てみると、3体の宇宙人が、校庭を歩いているのを目撃します。

絵里は子供達を、教室から逃がそうとしますが、宇宙人は校舎に入って来ており、子供達を追いかけて来ます。

クラスメイトの1人が、宇宙人に立ち向かっていったのを見た一也は、宇宙人に捕まったクラスメイトを追いかけます。

宇宙人を追いかけて、天源森に来た一也は、前に見た謎の物体を発見します。

その物体の前で、宇宙人がクラスメイトを捕食し、分裂するところを目撃します。

宇宙人は、次は一也に襲いかかりますが、そこへ駆けつけた淳一が、腐ったオレンジを染み込ませた棒を宇宙人に押し付け、1体を倒します。

以前、宇宙人に襲われた時に、腐ったオレンジを触り苦しんでいたことを思い出した淳一は、児玉に相談し「植物レベルの細菌に適応できていない」と仮説を立てていました。

宇宙人は、1体は倒しましたが、もう1体が追いかけて来た為、淳一は一也に誘導され、子供達が作った秘密基地に逃げ込みます。

この秘密基地には落とし穴が仕掛けられており、宇宙人は、その落とし穴に引っ掛かります。

喜んだのも束の間、宇宙人が巨大な口を開き、淳一と一也は飲み込まれます。

体内に取り込まれた淳一と一也ですが、淳一が腐ったオレンジの細菌を染み込ませたナイフで、宇宙人のお腹を内部から割き、宇宙人を倒します。

一方、宇宙人から逃げ込み倉庫に立てこもった絵里と生徒達。

絵里は、宇宙人から子供を守る為に必死で抵抗しますが、一也により、仲間の宇宙人が倒されたことで、他の宇宙人も撤退していきます。

1ヵ月後、学校にも馴染んだ一也は、爽子の理解も得たことから、東京には戻らずに、友達とサッカーに打ち込むようになります。

一也の姿を笑顔で見守る淳一、その上空を、謎の物体が飛行していました。

スポンサーリンク

映画『“それ”がいる森』感想と評価


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

天源森に潜む、謎の存在と失踪事件に挑む親子の姿を描いた、ホラー映画『“それ”がいる森』

本作の前半は、森に潜む謎の存在を、うめき声や、一瞬だけ映る影、おぞましい腕の一部などで表現しており、確実に存在する、凶暴な“それ”の恐怖を感じさせる演出となっています。

前半は“それ”の正体と、“それ”による失踪事件の恐怖と真相が、作品の主軸となっています。

ただ、この辺りでも勘の良い人は気付くかもしれませんが、“それ”の正体は人間の子供を捕食し、繁殖していく宇宙人です。

作品前半で、宇宙人の姿を一瞬だけ捕らえた影や、道路に出現する宇宙人の姿など、アメリカなどで撮影された、実際のホームビデオなどを連想させる部分があります。

監督の中田秀夫は『リング』(1998)の際に、心霊系の映像を徹底的に研究し、貞子の姿を作り出しましたが、今回の宇宙人も、かなりの映像を研究したのでしょうね。

作品の内容から、M・ナイト・シャマランの『サイン』(2002)を連想するかもしれませんが『“それ”がいる森』の印象は、『サイン』より、1984年に撮影され、UFO研究家の間で物議を醸した「ミッシェルさんの誕生パーティーに現れた宇宙人」の動画に感じる、意味不明の恐怖に近いです。

おそらく、中田監督が意識したのは、この「ホームビデオに撮影された、謎の宇宙人映像」の恐怖や不気味さではないでしょうか?

本作の後半では、宇宙人の理解できない気持ち悪さが、前面に出ています

特に体の中央が避けて巨大な口になり、子供を捕食する姿は非常におぞましく、子供を捕食し分裂を繰り返す、宇宙人の知能が高いのか?ただの、そういう生物なのか?分からない点も非常に不気味です。

また、中田監督は『事故物件 恐い間取り』もそうでしたが「怖いだけではないホラー作品」を制作している印象で、今回の『“それ”がいる森』でも「大人の役割」について、メッセージが込められています。

当初、宇宙人に遭遇した一也の話を、誰も信じませんでした。

それどころか「入ってはいけない」とされる、天源森に勝手に入った一也は、教師たちに怒られるだけです。

その怒り方も「何かあったら、責任取るこっちの身にもなれよ」的な、自己保身に走った考え方です。

一也の父親淳一も、東京を離れるキッカケになったのは、義理の父親と考えが合わないことからで、残される一也のことより、自分のことを優先させた決断でした。

ですが、宇宙人に狙われた、子供達の必死の叫びを聞き、淳一も教師達も、子供を守る為に戦うことを決意します。

「弱い子供を守る」これが大人に与えられた使命ではないでしょうか?

特にラストシーンでは、子供達は無邪気に遊び、その姿を見守る大人達という姿から、人間関係が希薄になった昨今で「理想的な共同社会とは?」という問いかけを感じました

まとめ


(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

『“それ”がいる森』の予告を見て、興味を持った方の中には「結局、宇宙人か」と安易に感じた方もいるかもしれません。

ですが、福島市は実際に、未確認飛行物体の目撃率が高いですし、本作のエンドロールでも紹介されますが、天源森のモデルになった福島市の千賀森は、未確認飛行物体が頻繁に撮影されています

さらに、実際に謎の失踪事件も起きている為、宇宙人と言うのは、あながち唐突な展開でもないのです。

中田監督は本作に向けたコメントで「ジャパニーズホラーが誕生して30年近く経っている。いかに脱皮して新たなホラーを提供できるか?にチャレンジした」と語っています。

中田監督は『リング』の他にも『女優霊』(1996年)などで、幽霊を扱った恐怖演出が、秀逸であることは証明されています

『“それ”がいる森』でも、そういったホラー作品にすることは出来たのでしょうが、そこに甘んじることなく、エンタメ要素を入れたホラーへ、あえて挑戦しています

「呪怨」シリーズの、清水崇監督作品も、従来のジャパニーズホラーに捉われない作品が最近多い印象なので、ジャパニーズホラーを牽引して来た中田秀夫、清水崇が新たなホラーの扉を開くかもしれません

実験的かつ挑戦的なホラー作品と言う意味で『“それ”がいる森』は、必見の作品と言えます。




関連記事

ホラー映画

映画『ディストピア パンドラの少女』あらすじとキャスト!試写会情報も

人類がハングリーズ化した世界に現れた、二番目の子供たち。彼女は人類の希望か、絶望か…。 「カズオ・イシグロ meets ウォーキング・デッド」と絶賛された小説を映像化した『ディストピア パンドラの少女 …

ホラー映画

【来るネタバレ】映画結末の岡田准一と小松菜奈のラスト意味の真相と解説。知紗の歌を翻訳すると秘密が⁈

2018年の年末からの冬休みに注目必至なのは、第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが、来る』を映画化した、中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で高 …

ホラー映画

映画『トライアングル』ネタバレ感想評価と結末考察のあらすじ。怖いタイムループ地獄をメリッサジョージが熱演!

夢幻的で恐怖の雰囲気の隠れたホラー『トライアングル』 2009年、イギリスとオーストラリアの共同制作で、日本では2011年に公開されたホラー映画『トライアングル』。 『ザ・インターセクションズ』(20 …

ホラー映画

映画『スマイリーフェイスキラーズ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実話シリアルキラーを基に連続殺人と精神の暗部を描く

実在した恐ろしいスマイルの連続殺人鬼『スマイリー・フェイス・キラーズ』 『スマイリー・フェイス・キラーズ』は、2020年に公開されたアメリカのホラー映画。心理学者兼小説家のブレット・イーストン・エリス …

ホラー映画

【ネタバレ】遊星からの物体X|考察ラスト結末のあらすじと感想。正体不明の生物がSFホラーの名作おすすめとなった理由を解説

南極基地に現れた“地球外生命体”の獰猛を描く映画『遊星からの物体X』 映画『遊星からの物体X』は、短編小説『影が行く』を忠実に実写化したジョン・カーペンター監督の作品。 本作の最大の特徴とも言える特殊 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学