Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2017/11/02
Update

『イット・フォローズ』動画無料視聴はHulu。ネタバレ感想と考察

  • Writer :
  • 山田苺

「ずっと、ずっと、ついてくる・・・」

派手に脅かせるわけでもなく、派手に肉体が損壊するわけでもない・・・なのに、じわじわと、真綿で首を絞められるような新しい怖さがここにあります・・・。

今回は、斬新な設定で、あのクエンティン・タランティーノ監督の度肝を抜いたホラー映画『イット・フォローズ』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『イット・フォローズ』の作品情報


(C)2014 It Will Follow. Inc,

【公開】
2016年

【原題】
It Follows

【監督】
デビッド・ロバート・ミッチェル

【キャスト】
マイカ・モンロー、キーア・ギルクリスト、ダニエル・ゾバット、ジェイク・ウィアリー、オリビア・ルッカルディ、リリー・セーペ

【作品概要】
ある夜に、男と一夜の関係を気付いた女子大生のジェイが、その男から移された謎の存在「それ」に後をつられます。

「それ」から逃れる方法は、他の男と肉体関係を持つと移すことですが、「それ」に追いつかれればが死が待っているという恐怖に直面することに。

ジェイは「それ」から逃れるために奔走しますが・・・。

新進気鋭の監督が低予算ながら、斬新なアイデアで話題を呼んだ新感覚ホラーです。

▼映画『イット・フォローズ』は、Huluで覧いただけます。
映画『イット・フォローズ』を今すぐ見る

2.映画『イット・フォローズ』のあらすじとネタバレ


(C)2014 It Will Follow. Inc,

閑静な住宅街から、突然一人の女性が、怯えながら家から飛び出してきます。

周囲の人間に自分は大丈夫だと言い聞かせながらも、彼女はまるで何かに追われているかのように、車に乗って猛スピードで走り出します。

夜になり、車のライトを背に浜辺に座っていると、彼女は家族に電話で「愛している」と伝えます。

夜が明けると、女性は見るも無残な遺体となって、浜辺に横たわっていました――。

大学生のジェイは、住宅街の家に母と妹のケリーと住み、幼馴染のヤラと、少し気の酔うそうなポールといつも平凡な日々を送っていました。

ジェイは恋人のヒューとデートで映画館へ行きます。

そこで上映までの間、生まれ変わったら誰になりたいかというゲームを始めますが、ヒューは黄色い服を着た女性を指差しますが、ジェイにはそんな人が見えませんでした。

すると突然様子が変ったヒューは映画館を出るようジェイに言います。

後日、ジェイはヒューと肉体的に結ばれますが、ロマンチックな余韻に浸っているジェイに、突然ヒューは麻酔薬を嗅がせます。

ジェイは目覚めると、廃墟の真ん中で椅子に拘束されていました。

傍にはヒューがいますが、彼は不可解なことを説明しだします。

それは今まで自分には「それ」がずっとついてきていて、今、それはジェイに伝染したと説明します。

「それ」は時に姿を変え、あるときは自分の知っている人間になるときもある。

「それ」は肉体関係を持った相手に移すことが出来るが、相手が死ぬと自分に戻ってくる。

「それ」は自分と、移された相手にしか見えない。

「それ」は常にゆっくりと歩いてくるが、絶対に追いつくまでついてくる。

「それ」に追いつかれると、死ぬ。

ヒューの話を信用しないジェイですが、ヒューが指差したほうには、こちらに向かってゆっくりと歩いてく、全裸の女性の姿がありました。

ヒューはジェイに早く相手に「それ」を移すよう話す(ジェイが追いつかれれば、また自分に戻ってくるため)と、ジェイを家まで送り、逃げるように去っていきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イット・フォローズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『イット・フォローズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ジェイの様子を見たケリーとヤラ、ポールはすぐに警察に連絡します。

向かいの家に住む、ジェイと同じ大学に通うグレッグはその様子を気にかけます。

ジェイは入院することになり、警察の調べではヒューは彼女に近づくための偽名だったことが判明しました。

退院し、普段どおり学校に通うジェイですが、窓の外から白髪の老婆がゆっくりとこちらに向かって歩いてくるのに気付きます。

怯えたジェイは教室を飛び出し、車に乗って逃げ出します。

ケリーとポールに事情を説明すると、心配したヤラとポールはジェイの部屋で一緒に夜を明かすことになります。

眠れないジェイは、居間で寝ているポールと話をしようとやって来ます。

ポールはジェイに好意を抱いていましたが、ヒューと関係を持ったことを知り複雑な心境でした。

その時、台所の方からガラスの割れる音が聞こえ、ポールはケリーたちを呼びに行きます。

ジェイは音のしたほうへ向かうと、台所で失禁しながら歯のかけた女がジェイに近づいてきました。

ジェイは急いで部屋に逃げ扉を閉め切りますが、ヤラがドアをノックします。

仕方なく開けると、ヤラの後ろから、大柄で目の無い男がぬうっと現れます。

窓から逃げるジェイの姿を見たグレッグは、彼女の後を追います。

公園に逃げていたジェイにケリーたちも追いつくと、グレッグは事情を聴き、ヒューを探そうと提案します。

ジェイたちは翌日、ヒューの家だと聞いた住所に向かいますが、そこは既に廃屋と化していました。

中を探索していると、ヒューと冒頭で死んだ女性のツーショット写真が見つかります。

彼女が「それ」によって死んだことで、ヒューにそれが戻ってきたのでした。

写真でヒューが着ている制服がローソン高校というものだと分かると、ジェイたちは高校の卒業生名簿からヒューの本名・ジェフ・レモンドを見つけます。

ヒューの居場所を突き止めると、彼は今でも「それ」に怯えた様子を見せます。

彼は改めて、他の男と寝て「それ」を移すよう説得するだけでした。

グレッグは父の別荘を提供し、皆で過ごしますが、油断したジェイは「それ」にとうとう追いつかれます。

しかしポールが寸でのところでジェイを守りますが、彼女は近くの小屋に立てこもります。

すると「それ」は友人の姿に化けてジェイに襲い掛かってきます。

疑心暗鬼にも陥ったジェイは、車で一人逃げ出し、畑の中に突っ込んで気を失います。

病院に入院することになったジェイを見舞いに来たグレッグは、ついに彼女と肉体関係を結びます。

3日経ってもグレッグの身には何も起きず、彼自身「それ」の存在を信じなくなり始めていました。

しかし4日目、ジェイは退院して家の窓から外を見ると、パジャマ姿の男がグレッグの家の窓を割って侵入するのを目撃します。

ジェイはすぐグレッグに電話しますが既に遅く、グレッグは部屋のドアを開けると、そこには母に化けた「それ」がいました。

「それ」はグレッグに覆いかぶさり、まるで性行為でもしてるかのように襲いかかり、グレッグは息絶えます。

グレッグの亡骸を見たジェイは一人森へ逃げると、そこで見つけた男と行きずりの関係を持ちますが、「それ」が自分に戻ってくるのは時間の問題でした。

ケリーたちは、「それ」を退治する作戦に出ます。

4人は過去に皆で訪れた地下のプールに忍び込み、プールサイドに家電を並べ始めます。

ジェイは水着に着替え、「それ」がやってくるのを待ちます。

そこへ現れた「それ」をプールに落としで感電死させようとしますが、逆にジェイがプールにいるのに、「それ」が家電をジェイめがけて投げてくる事態に。

銃を持っていたポールは、見えない「それ」めがけてなんとか発砲しますが、外れるだけでなく、ヤラに誤射していまいます。

「それ」はジェイをプールから出さないように、どんどん水中に引きずり込もうとしますが、ついにポールの銃弾が当たり、ジェイは助かります。

水面には、ジェイにしか見えない血の海が広がっていました。

後日、ジェイとポールは肉体的に結ばれ、入信しているヤラの見舞いに行きます。

ヤラはベッドで本を読み、その一節を読み上げます。

拷問には苦痛と傷が伴う。肉体的苦痛は精神的苦痛を超越し、人は傷の痛みに死の瞬間まで苦しむ。
だが最悪の苦痛は、傷そのものではない。
最悪の苦痛はあと1時間、あと10分、あと30秒で、そして今この瞬間に魂が肉体を離れ人でなくなると知ること。
この世の最悪は、それが避けがたいと知ることだ。

ピーターとジェイは手を繋いで住宅街を歩きます。

そのすぐ後ろには、一人の人物が、まるで2人についてきているように歩いてくるのでした。

スポンサーリンク

3.映画『イット・フォローズ』の感想と評価


(C)2014 It Will Follow. Inc,

今作に登場する「それ」に関しては様々な説がありますが、ここではあえて何も触れません!

また、デビッド・ロバート・ミッチェル監督は、性病のメタファーは否定しているようです。

純粋にホラー映画として、どうして怖いのかを考えました。

特に海外で作られた一般的なホラー映画となると、急に得体の知れない何かが、大きなBGMと共に現れてびっくりするという怖さがメインとなります。

『イット・フォローズ』は「それ」と呼ばれるものがずーっとついてくるという、真逆の恐怖があります。

登場シーンもいきなり出てくるというよりは、既にそこにいたのを見つけた。というシチュエーションのほうが多いです。

ビジュアルがだいぶショッキングですが。失禁しながらついてくるって・・・

なんなら大男はご丁寧に「ちょっと通りますよ」と言わんばかりに、ヤラの横をゆっくり通り過ぎるという徹底ぷり。

海外ホラーは極端にびっくりさせてくるから嫌い!という人は一度怖いもの見たさで見てみるのも良いかもしれません。

ただ怖がらせるところはしっかり怖がらせるので、ホラーとしても秀逸です。

ホラー映画を人に勧めるなら、今作を選べば間違いないでしょう。

まとめ

『イット・フォローズ』には様々なメタファーがあるのですが、今回は一切触れません!!

「それ」のビジュアルは頻繁に変り、実は最後に出てくる「それ」はある重要な人物らしいのですので、興味のある方は何度も見直してみると、面白いかもしれません。

1回目はホラー、2回目は演出等のメタファー探しをするという、1度で2度楽しい作品にもなっています。

最近のホラー映画に、飽き飽きしたという人には是非見てみて欲しいです。


(C)2014 It Will Follow. Inc,

さて、『イット・フォローズ』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

▼映画『イット・フォローズ』は、Huluで覧いただけます。
映画『イット・フォローズ』を今すぐ見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

ずっと、ずっと、逃げている・・・そんな映画集めました。

ローン・サバイバー動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

ずっと、ずっと、タリバンから逃げています。

『アデライン、100年目の恋』動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

ずっと、ずっと、100年くらい逃げています。

映画『ダンケルク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ずっと、ずっと、敵軍攻撃から逃げています。

関連記事

ホラー映画

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』感想評価レビュー。グロテスクと恐怖のなかにも人生の振り返りを与えてくれる

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は2019年11月1日(金)よりロードショー! 幼年期の親友との忘れられない思い出、しかし、そのなかに忍び込む恐怖の記憶がある事件から …

ホラー映画

映画『ハッピー・デス・デイ2U』ネタバレ感想。タイトルの意味と主人公が成長した舞台裏を解説

スマッシュヒットしたタイムループホラー『ハッピー・デス・デイ』の続編が登場! 前作でビッチと呼ばれながらも、自力で犯人を突き止め、殺人ループからの脱出に成功したツリー。しかし映画は大ヒット、彼女がまた …

ホラー映画

映画『ぼくのエリ 200歳の少女』ネタバレ感想と考察評価。吸血鬼ヴァンパイアとのラブストーリーは美しくも残酷な純愛

映画『ぼくのエり 200歳の少女』は永遠の12歳エリと孤独なオスカーとの怪しく美しい関係を描く 1920年代から現代まで、ヴァンパイアを題材にした映画は数多く制作されてきました。きっとどの世代の人にも …

ホラー映画

映画『ウイッチ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたホラー映画『ウイッチ』をご紹介します。 新鋭ロバート・エガース監督による、17世紀アメリカ、ニューイングランドを舞台にしたある一家の悪夢のようなお話です! スポ …

ホラー映画

聖ゾンビ女学院あらすじ!虹コンメンバー映画舞台挨拶は?上映館一覧も

新型ウィルスにより人肉を喰らう通称“ギンプ”がという死者が大量発生!文明の99%が絶滅した世界で、未来のために学園いる7人の少女たちが戦いを挑む! 少女たちを演じるのは、声優、イラスト、コスプレなど、 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP