Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2024/01/31
Update

【ネタバレ】君と世界が終わる日に FINAL (映画劇場版)あらすじ感想と結末の評価解説。ゾンビ・サバイバルドラマはシーズン5の最後の戦い

  • Writer :
  • もりのちこ

選ぶのは、全人類の命か!
それとも、ひとりの命か!

これまで、テレビ放送、サブスク配信を通してシーズン1~4が放送されてきた、竹内涼真主演の人気ゾンビ・サバイバルドラマ『君と世界が終わる日に』。主人公・間宮響の最後の戦い、劇場版が公開となりました。

噛まれると化け物に変わってしまう「ゴーレムウィルス」が蔓延する日本。間宮響は、来美(くるみ)との間に産まれた愛娘・ミライの行方を追っていました。

人類最後の希望都市といわれる「ユートピア」にたどり着いた響でしたが、そこは抗体ワクチンの開発を巡り、それぞれの思惑が渦巻く暗黒なタワーでした。

愛する者を守るため生き抜いてきた主人公・間宮響の最後の戦い。響が選んだ最後の選択とは!? 『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』を紹介します。

映画『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』の作品情報


(C)2024「君と世界が終わる日に」製作委員

【日本公開】
2024年(日本映画)

【監督】
菅原伸太郎

【キャスト】
竹内涼真、高橋文哉、堀田真由、板垣李光人、窪塚愛流、橘優輝、須賀健太、味方良介、黒羽麻璃央、吉田鋼太郎

【作品概要】
2021年に地上波でシーズン1が放送された後、Huluにてシーズン2~4が独占配信された「君と世界が終わる日に」。日本の連続ドラマでは、初となる本格ゾンビ作品として人気を集めました。

シーズンファイナルとなる劇場版には、ドラマ版からの主人公・間宮響を演じてきた竹内涼真の出演はもちろん、劇場版ならではの新登場キャラが多数登場。

響とともにタワーを目指す青年・柴崎大和役に、『交換ウソ日記』(2023)の高橋文哉。大和の幼なじみの看護師・羽鳥葵役に、『ある閉ざされた雪の山荘で』(2024)の堀田真由。

その他の仲間、兄との再会を願う天城ジン役に板垣李光人、家族のために戦う青年・藤丸礼司役に、窪塚洋介を父に持つ窪塚愛流らが出演。注目の若手俳優が集結となりました。

監督は、ドラマ版のメイン演出を担当していた、『ブラック校則』(2019)『いちごの唄』(2019)の菅原伸太郎監督。

劇場版主題歌は、ドラマ版シーズン1でも主題歌を担当した菅田将暉が担当。タイトルは「谺する」。本編には特別出演も果たしています。

映画『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』のあらすじとネタバレ


(C)2024「君と世界が終わる日に」製作委員

2019年、穏やかな海辺。間宮響は、付き合っている小笠原来美にプロポーズをしようと考えていました。なかなか切り出せない響。

帰り際、車の故障で困っているカップルに遭遇します。修理工の響は、車の修理をかって出ますが、気性の荒い者同士、ケンカが始まってしまいます。

「ひびき!」「やまと!」。喧嘩を止める来美と、もうひとりの彼女。しぶしぶ大人しくなる男性陣は、どうやら2人とも彼女には頭が上がらないようです。

それからほどなくして、この世が恐ろしいウィルスによって一変することを、誰が想像できたことでしょう。

工事現場で鳶職をしている柴崎大和と看護師の羽鳥葵は、幼なじみです。葵に思いを寄せる大和は、「今日こそは告白しよう」と工事中のビルの高層階に葵を呼び出します。

その時です。ビルの上から飛び降りる人影が。慌てて降りると、血だらけの男が倒れています。まわりにはすでに人だかりが出来ていました。

男はぴくぴくと痙攣したかと思うと、突然起き上がり襲いかかってきました。噛まれた人が、次から次へと豹変していきます。

目は充血し、血管が浮き上がり、血に飢えた獣のように噛みついています。その姿は、もはや人間ではありませんでした。

「きゃー!」。化け物の数が増えていきます。逃げ惑う人々で混乱する現場。大和と葵も、手を取り合い懸命に逃げるも、途中ではぐれてしまいます。

世界に蔓延したウィルスは、「ゴーレムウィルス」と呼ばれ、感染したものを化け物に変えてしまうという恐ろしいウィルスでした。ゴーレムに噛まれた者はみな、感染を免れません。

人々は、ゴーレムの脅威から逃れ生き残るために、時に協力し、時に争い、壮絶な日々を送っていました。

世界が滅亡へ向かうなか、人類最後の希望の塔とされる「ユートピア」では、研究者たちが集まり抗体ワクチンの開発に取り組んでいます。

研究チーフの首藤シンジは、父が失敗に終わった実験を引き継ぎ、抗体を持つひとりの少女を捕えていました。

少女の名はミライ。母親の来美は、特殊な抗体の持ち主でしたが、最後はウィルスに侵され死んでいます。そして、父親の名は間宮響。

一時は、響と行動を共にしたシンジでしたが、自分の欲のため裏切り、今に至ります。ミライの血を使い、人体実験を繰り返していました。

一方、このタワーの地下には生き残った人々が暮らしていました。その暮らしは、タワーに住む裕福層とは違い、タワーへの入り口は封鎖され、ワクチンも与えられず、食べる物もない貧しい生活でした。

ユートピアにたどり着いた大和は、看護師だった葵がこのタワーにいると確信します。どうにかタワーへの侵入を試みるも、地下街の悪党リーダー加地に捕まってしまいました。

そこに、もうひとり捕まった男が連れられてやってきます。爆弾を所持した響でした。まもなくタワーに爆弾を乗せた車が突っ込むと言います。

爆発騒動で警備が手薄になった隙をつき、地下からタワーに潜入する作戦です。これを聞いた大和は、響と一緒に行く覚悟を決めます。

仲間のためにワクチンを手に入れたい加地と松山、同じく家族のためワクチンが欲しい藤丸、そして研究タワーに兄がいるという天城ジンが同行することになります。

以下、『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』ネタバレ・結末の記載がございます。『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2024「君と世界が終わる日に」製作委員

タワーへの潜入に成功した6人でしたが、敵に見つかってしまいます。さらに、地下ではゴーレムが出現し、タワーになだれ込んできます。仲間の松山が犠牲になりました。

研究タワーでは、長官の西条がワクチン開発を急ぐよう、シンジに命令しています。地下のゴーレム発生に伴い、裕福層からワクチン提供を迫られていました。

それには、ミライの血を大量に使用する必要があります。「ひとりの子供の命より、多くの人々を救う方が大切だ」と主張する西条。

それを聞いたミライの世話係・葵は、ミライをここから連れ出し逃げることを決意します。

響たちは、とある研究室にたどり着いていました。そこには、人間とゴーレムの間のような奇形の生き物が囚われていました。

「兄さん!?」。そこには、皮膚はただれ痩せ細り、辛うじて生きている状態のジンの兄がいました。

「ジンか」。研究者だったという兄は、人体実験を繰り返すシンジを止めようとするも、反対にワクチンを打たれ、死ぬこともできず苦しんでいました。「頼む。殺してくれ」。

変わり果てた兄の姿。ジンは泣き崩れ、目の前で殺せと迫る兄をどうすることできません。襲い掛かる寸前、響がとどめを刺します。「ありがとう」。静かに息を引き取るジンの兄。

大和は思い出していました。平和だったあの頃、海辺で車の故障をした大和と葵を助けてくれた男が、今目の前にいる響だと。「あの時、一緒にいた女性とはどうなったんだ?」。

響は、これまでの来美とのことを大和に打ち明けます。そして、奇跡の子と呼ばれているミライは、自分たちの子供であることを。

研究タワーでは、ミライがいなくなったことで大騒ぎとなっていました。館内にアナウンスが響きます。「間宮響を殺し、ミライを取り戻した者に、最上級のワクチンをあげよう!」。

地下リーダーの加地は、ワクチン欲しさに響に銃を向けます。ジンが響をかばい銃弾に倒れました。加地の裏切りにより、メンバーはちりじりになります。

響と大和は、ゴーレムに襲われている女性を助けます。その女性は葵でした。再会を喜ぶ大和と葵。そして、側には響が探し求めていたミライの姿もあります。

産まれてまもなく攫われたミライは、響が父親だとわかりません。怯えて葵のもとへ駆けていくミライ。それでも、響の心は決まっていました。ここからミライを連れ出す。

しかし、途中で葵とミライが捕まってしまいます。葵を盾に、響を殺せと脅される大和。愛する葵だけには、生きていて欲しい。

響の作戦で、葵を逃がすことに成功した2人は、西条とシンジが待つ最上階へと進みます。

西条のもとへミライを連れてきたのは、仲間として行動を共にしていた藤丸でした。「ワクチンをくれ」。しかし、与えられた研究途中のワクチンは、藤丸の身体を蝕み、ゴーレムへと変えていきます。「ちきしょー」裏切者の最後は醜い姿で撃たれ果てていきました。

最上階でにらみ合う響と西条。「君は、全人類の命と、ひとりの命、どちらを選ぶつもりなんだ」。「ミライの幸せはどうなる。俺はミライの父親だ!」。一歩もひかない響。

そこで、シンジの口から衝撃の事実が伝えられます。「ワクチンの開発が進まなかった理由は、もともとミライには抗体がなかったからだ」と。

怒り狂った西条は、銃でシンジを撃ち、次にミライに向かって銃を撃ちます。覆いかぶさるようにミライを守る響。その背中に、何発もの弾が撃ち込まれます。タワーを立ち去る西条。

血だらけで倒れる響。その横で、よろよろとシンジが起き上がり、ミライに向かってナイフを振り下ろそうとしています。

その時です。動けないはずの響が起き上がり、ミライをかばいます。その顔は目が充血し、青い血管が浮き出し、まるでゴーレムに変異するときのようです。

「まさか!?」。響は、ジンの兄がいた研究室で自らワクチンを接種していました。死んでもなお、ミライを守りきるために。

タワーが崩れ始めます。仕掛けられた爆弾が発動しだしました。「大和、ミライを頼んだ。お前たちは生きろ!」。響の意識が遠のいでいきます。

それから20年後。一帯は砂漠と化し、崩れ落ちたタワーの瓦礫にはゴーレムの姿もありません。

マスクをした4人がタワー跡へ入っていきます。案内人として雇ったおじいさんは、このタワーについて詳しい人物のようです。そう、タワーから脱出する際、ヘリ墜落に遭いながらも、どうにか生き残っていた西条です。

女が訪ねます。「間宮響を知っていますか?」。マスクをとった顔に覚えがあります。葵と大和でした。大和が、西条めがけて銃を撃ちます。やっと決着をつけることが出来ました。

そこには、ビデオテープが残されていました。「ミライへ」。響からのメッセージです。

響との約束通り、ミライを立派に育てた大和と葵。その側には美しく逞しく育ったミライの姿があります。

「生まれてきてくれてありがとう。俺と来美はいつもミライの側にいるよ。ずっと愛してる」。響からの最後のメッセージに涙を流すミライ。

そして、目的の場所へ。そこには、鉄柱に刺さったまま動けずにいる1体のゴーレムがいました。ミライは近づき銃を向け弾を放ちます。

「ありがとう。生きるよ。どんな未来が待っていても」。ミライは、動かなくなったゴーレムをそっと抱きしめました。

ゴーレムの目から一粒の涙が流れます。生きていた響の姿と重なりました。

映画『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』の感想と評価


(C)2024「君と世界が終わる日に」製作委員

今作の劇場版は、これまでの主人公・間宮響の最後の戦いということで、「きみセカ」シリーズの一区切りとなる作品です。

これまで響は、ゴーレムがはびこる世界で、愛する女性・来美を探し続けてきました。再会を果たすも、抗体を持つ来美はワクチン開発の実験体にされてしまいます。徐々にゴーレムへと、侵されていく体。

響はそんな彼女を救おうと最後まで諦めず戦ってきました。しかし、限界の時がやってきます。来美は、響に最後のお願いします。2人の間に産まれた子供・ミライのために。

来美がこの世を去ったその時、首藤シンジの裏切りにより、ミライは攫われてしまいます。響は来美との約束を守るため、愛する我が子を探し続けます。その道のりは過酷なものでした。

そしてようやくたどり着いたミライのもと。響は最後の最後まで自分を犠牲にし、ミライを守り抜きました。

群がるゴーレムと、己の欲しか考えない悪者たちとの戦いを生き抜いてきた男の最期の選択は、自らゴーレムと化すという衝撃の結末を迎えます。

守りたい人がいる人ほど強くなれるということを、響は教えてくれました。

「きみセカ」は、まさにゾンビ映画であり、ゾンビのクオリティはもちろん、生き残った者たちの様々な人間ドラマが描かれている所が魅力のひとつです

ゾンビよりも人間の欲の方が恐ろしい…。主人公・響が目の当たりにする試練を前に、自分だったらと考えずにはいられません。

主人公・響を演じた竹内涼真は、「きみセカ」シリーズがまさに代表作と言って良いほど、はまり役となりました。アーチェリーの矢を放ち、諦めない心と強靭な肉体でゾンビを倒していく姿はヒーローそのものです

今作では、これまでのシリーズで響と共に戦ってきたメンバーではなく、ほとんどが新しい登場人物となっています。

劇場版で最も重要人物となる大和と葵の幼なじみコンビ。演じているのは、高橋文哉、堀田真由。響と来美に似た境遇を持つ2人は、のちに響の子供・ミライにとってかけがえのない存在となります。

また、大和と葵は、ゴーレムが現れる前の平和だった頃、偶然に響と来美と出会っていたという運命的な展開になっています。

その他にも、タワーで研究員として働くジンの兄役に、劇場版の主題歌を歌う菅田将暉が特別出演を果たしています。

危険なワクチン開発を非難するも、反対に自分が人体実験をされてしまった研究員を演じています。その姿は、人間とは言えないゴーレム化した醜い姿でした。それでも、菅田将暉だ!と嬉しくなるスター感。登場シーンに注目です。

まとめ


(C)2024「君と世界が終わる日に」製作委員

残酷な運命を背負い、愛のために走り続けた男の最期はいかに!? 映画『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』を紹介しました。

劇場版で、これまでの主人公・間宮響の物語は幕を降ろしましたが、映画の最後に「お前たちはもうひとつのタワーへ行け」という響の声がします

これは、シーズン4のラストに、タワーへたどり着いた仲間たちと響が別れるシーンに繋がっています。

人類最後の希望都市「ユートピア」のもうひとつのタワー。権力者が住む高層タワーでのお話は、Huluにて配信が決定した「きみセカ」シーズン5に続きます


関連記事

アクション映画

【ネタバレ】パイレーツ・オブ・カリビアン5最後の海賊|あらすじ感想とラスト結末の評価解説。続編の可能性は?ジャックとバルボッサが戦うは“海の死神”

“海の死神”に海賊ジャック・スパロウが挑む! 待望の人気シリーズ第5作目! 孤高の海賊ジャック・スパロウの活躍を描いた「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第5弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/最 …

アクション映画

映画『ダークタワー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

モダンホラーの帝王スティーヴン・キングの原点と言われている小説『ダークタワー』を、イドリス・エルバとマシュー・マコノヒー主演で映画化。 世界の平和を保つ塔を巡るバトルを描いた、キング映画初の本格派アク …

アクション映画

韓国映画『ディヴァイン・フューリー/使者』感想レビューと評価。梨泰院クラスが話題のパク・ソジュンがエクソシストとバディを組んだアクションムービー

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』は2020年8月14日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国順次ロードショー! 日本でもNetflixで配信され話題沸騰中のドラマ『梨泰院クラス』の主演俳優パク・ソ …

アクション映画

【ネタバレ】ワイルドスピード10ファイヤーブースト|あらすじ感想結末と評価解説。カーアクションで激走!世界各地で繰り広げる人気シリーズ第10作

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズ第10作! ルイ・ルテリエが監督を務め、ヴィン・ディーゼルが製作と主演を務めた、2023年製作のアメリカのカーアクション映画『ワイルド・スピード/ …

アクション映画

映画『Mr.ノーバディ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。ボブオデンカークが派手なアクションを披露するハードボイルド

“ただの男”がド派手にブチギレる?! 人気TVドラマ『ベター・コール・ソウル』のボブ・オデンカークが大暴れする痛快、ハードボイルド・アクション映画! キアヌ・リーヴス主演の大ヒットアクション映画『ジョ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学