Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/10/22
Update

映画『ブレイド』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価考察。マーベルのダークヒーローは吸血鬼を狩る“半吸血鬼”

  • Writer :
  • 秋國まゆ

マーベル・コミック『ブレイド』の実写映画化シリーズ第1作目。

スティーヴン・ノリントンが監督を務めた、1998年製作(1999年日本公開)のアメリカのホラーアクション映画『ブレイド』。

人間とヴァンパイアの血をひくヴァンパイア・ハンターが、己の忌まわしい運命を呪いながらも、世界制覇を目論むヴァンパイアたちを抹殺する使命に燃える姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

母を殺したヴァンパイアへの復讐を誓うヴァンパイア・ハンターが、人間とヴァンパイアの血を受け継ぐダークヒーローとして活躍していく、ウェズリー・スナイプス主演映画『ブレイド』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ブレイド』の作品情報


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

【日本公開】
1999年(アメリカ映画)

【原作】
マーヴ・ウォルフマン、ジーン・コーラン『ブレイド』

【監督】
スティーヴン・ノリントン

【キャスト】
ウェズリー・スナイプス、スティーヴン・ドーフ、クリス・クリストファーソン、ウンブッシュ・ライト、ドナル・ローグ、ウド・キア、アーリー・ジョヴァー、トレイシー・ローズ、ケヴィン・パトリック・ウォールズ、ティム・ギニー、サナ・レイサン、ケニー・ジョンソン、エリック・エドワーズ、シャノン・リー、エミリー・ハースト、ドナ・ウォン、カルメン・トーマス、ジャドソン・アーニー・スコット、アール

【作品概要】
『デスマシーン』(1994)や『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』(2003)のスティーヴン・ノリントンが監督を務めた、アメリカのPG-12指定のアクションホラー作品。

原作は、マーヴ・ウォルフマンとジーン・コーランのマーベル・コミック刊行のアメリカン・コミック作品『ブレイド』。主演を務めるのは、『ホワイトハウスの陰謀』(1997)や「ブレイド」シリーズ、『デトネーター』(2006)などに出演しているウェズリー・スナイプスです。

映画『ブレイド』のあらすじとネタバレ


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

この世界には人間の他に、闇に蠢く者「吸血鬼(ヴァンパイア)」が暮らしていました。ヴァンパイアたちは人間と共存するため、人間社会と協定を結び、人間社会に隠れて、数千年の時を生き長らえてきました。

そんなある日、人間を支配し世界制覇を目論む1人のヴァンパイアが、臨月の黒人女性に襲いかかりました。

首を咬まれてしまった女性は、帝王切開で男児を出産。この時の子供ブレイドは、母親がヴァンパイアに咬まれたことが原因で、半分人間で半分ヴァンパイアという、混血児(ハーフ)として生まれました。

母親の死後、ブレイドは師であり親代わりであり、ヴァンパイアたちを狩る者「ヴァンパイア・ハンター」の仲間であるウィスラーの指導のもと、母親を死に追いやったヴァンパイアを抹殺するための技術を教え鍛えあげます。

やがて、「Day Walker(昼歩く者)」とヴァンパイアたちに恐れられるほどに成長したブレイドは、フロストへの復讐のため、彼が率いるヴァンパイア一味のクインを捕らえ、銀の杭で壁に磔にしたまま焼き殺しました。

しかし、検視にまわされた焼死体のクインは突如起き上がり、そばにいた検視官カーティス・ウェッブの首に咬みつき殺害。つづいて彼の元恋人であり、血液学を専門とする黒人の女医カレン・ジェンソンの首に咬みつきます。

そこへ再びブレイドが現れ、クインにとどめを刺すべく、まず右腕を銀の仕込み剣で斬り落としました。しかしそこへ、ブレイドをクインの仲間かと勘違いした警備員が乱入。ブレイドが彼らに気を取られている隙に、クインは病院から逃走してしまうのです。

ブレイドはそれを追いかけようとしましたが、こちらに助けを求めるカレンを見て、自分の母親と重なって見えたのでしょう。ブレイドはカレンを連れて病院から脱出してウィスラーがいる隠れ家に戻り、カレンを助けてほしいと頼みます。

一方、生粋のヴァンパイア「純血種」でありそのリーダー、ドラゴネッティは身勝手な行動をするフロストに警告していました。

「我々は人間社会と協定を結び、人間に隠れながらひっそりと暮らすことで、この数千年の時を生き長らえてきた」「人間から変身したヴァンパイアであるお前が、このまま身勝手な行動を続けていけば、政治家どもは我々を殺しにかかってくる」

「だからこれ以上、ブレイドとの面倒ごとを増やすな」………フロストはドラゴネッティの警告に聞く耳を持たず、彼にこう訴えました。

「人間は俺たちヴァンパイアの獲物だ。だからひっそりと人間から隠れて生きるのではなく、俺たちが人間を支配するべきなんだ」

翌朝。ブレイドはウィスラーに、ヴァンパイアが嫌うニンニク入りの血清を注入してもらい、自らの体内に流れるヴァンパイアの血を抑制します。

ウィスラーが注入した血清によって、同じくヴァンパイアへの変身を食い止めたカレンは、ブレイドたちの隠れ家で目を覚まし、その光景を目にしました。

ウィスラーに見つかってしまい、思わず逃げ出すカレン。しかし、すぐに2人に捕まってしまい、ウィスラーからヴァンパイアについて教えてもらいます。

ヴァンパイアは銀を激しく嫌い、ニンニクもショックを起こすほど苦手で、日の光や紫外線にも弱いこと。ただ映画などでヴァンパイア対策として描かれている十字架は、実際にはあまり効力がないこと。

そして、ブレイドとウィスラーは対ヴァンパイア用の武器を作り、ヴァンパイアたちを抹殺するヴァンパイア・ハンターであること。

そう話すウィスラーは、カレンに硝酸銀とニンニク入りのスプレーを渡し、ヴァンパイアに命を狙われている彼女に忠告をします。

「地下鉄にもバーにも、一般人には見分けがつかないだろうが、ヴァンパイアは潜んでいる。警察は奴らの手先だ」

「これともう一つ、銃を買うことを勧める。もし日光に敏感になったり、いくら水を飲んでも喉が渇くようになったりしたら、その買った銃で自決した方が良い」


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

銀の弾丸入りの銃と仕込み剣、銀の杭と飛び道具、強力な紫外線を照射するライトを持って、ブレイドは再びヴァンパイア狩りへと向かいます。またブレイドはカレンを自宅近くまで車で送り届け、その場を立ち去ります。

ブレイドと別れたカレンは、自宅への帰り道で、奇妙な絵文字がうなじに刻まれた男女2人組と遭遇。ヴァンパイアかと警戒するカレンは逃げるように帰宅し、荷物をまとめて自宅から離れようとします。

しかしそこへ、突如警察官のクリーガー巡査が現れ、カレンはヴァンパイアの手先である彼に襲われてしまいます。

カレンが咄嗟にスプレーを噴きかけると、怯むクリーガー。そこへ先ほど別れたはずのブレイドが音もなく現れ、彼を痛めつけながら、カレンにこう言います。

「警察はヴァンパイアを崇拝しており、奴らに忠誠を尽くすことでヴァンパイアにしてもらえる」「このうなじに彫られた絵文字は、奴らの家畜である証である刻印。他の物が血を吸えば、その家畜を所有している者と決闘になる」

「こいつの所有者はフロスト、俺たちが追っている男だ」………そう話すブレイドとカレンは、クリーガーが運転するパトカーのトランクに入っていた血液パックを見て、クリーガーがヴァンパイアたちに血を運ぶ途中であったと推理。

「乱暴はしないで」とカレンがブレイドを止めている隙に、尋問されかけたクリーガーは街の喧騒に紛れて逃走しました。

やがて日は暮れ、ヴァンパイアたちが活動する夜となります。クリーガーがパトカーに戻ってきたのを見計らって、ブレイドたちは車で彼の尾行を開始。クリーガーが血を運んだ場所……ヴァンパイアの印が刻まれたナイトクラブを見つけ、武器を持って乗り込んでいきます。

その印が刻まれた場所の近くに、ヴァンパイアたちが夜明けに身を隠す隠れ家があると、カレンに話すブレイド。

彼の目的はあくまでも、隠れ家の入り口を知っていそうなクリーガー。それを邪魔するヴァンパイアたちを倒しながらも、ブレイドはクリーガーに尋問します。

その結果、クリーガーから隠れ家への入り口を聞き出したブレイドは、彼に「皆殺しにしてやる」とフロストへの伝言を託し、解放しました。

ブレイドはカレンと合流し、街の政治と経済の半分を支配するヴァンパイアたちの膨大な歴史の記録が保管されている、ヴァンパイアたちの隠れ家「暗黒院」の書庫室へ足を踏み入れました。

クリーガーにブレイドが来たと知らされたフロストは、彼の首に咬みつき殺害。そこにいたクインに、ブレイドを生け捕りにして来いと命じます。

その頃ブレイドは、書庫室の隅にいた巨漢のヴァンパイアであり、記録保管係のパールを発見。ブレイドたちはパールを拷問し、フロストに話していた「儀式」や「予言」の詳細を吐かせようとします。

その結果、古代の予言書『マルガの再臨』を解読したフロストは、12人の純血種の魂を生贄にヴァンパイアに崇められている伝説の神マグラを再臨させようとしていることが判明しました。

以下、『ブレイド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブレイド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

パールに紫外線のライトを浴びせ瀕死状態にしたのち、ブレイドたちは保管庫へ潜入。そこにはヴァンパイアの全ての歴史が記された、ヴァンパイアの聖なる書『暗黒の書』の中身が保管されていました。

そこへ、複数のヴァンパイアたちを引き連れたクインが襲来。ヴァンパイアたちの格闘術に苦戦を強いられるブレイドは、カレンを人質に取られてしまった挙句、柱にワイヤーで首を縛りつけられてしまいます。

ブレイドが殺されかけた瞬間、実は無線機で全てを聞いていたウィスラーが登場。彼は銀の弾丸入りを機関銃をぶっ放し、ブレイドとカレンを救出します。

ウィスラーたちは地下鉄に通じている通路から、保管庫を脱出。その直後、ウィスラーが投げた時限爆弾が起爆し、通路にいるヴァンパイアたちが燃やされていきました。

間近に迫る地下鉄の列車でウィスラーとはぐれてしまったブレイドたち。ブレイドはカレンを助けようとしつつ、襲いかかってくるクインと激闘を繰り広げていきます。

激闘の末、足に銀の剣が刺さり、列車に頭の一部が削られたクインは撤退。ブレイドたちは列車に乗り込み、追手を撒きました。

列車内でブレイドは、自らの体に血清を注入。それを見たカレンは、ブレイドも半吸血鬼であることを知りました。

隠れ家にブレイドと一緒に戻ってきたカレン。先に戻ってきていたウィスラーから、ブレイドが半吸血鬼になった経緯と、それ故の彼の特性を聞きました。

ブレイドは半吸血鬼ゆえか遺伝子が変化し、他のヴァンパイアと違ってニンニクも銀も日光も平気だが、生命力の強さと血に飢える点はヴァンパイアと同様であること。ヴァンパイアは人間よりも年を取るのが遅いけれど、ブレイドは人間と同じ年の取り方をすること。

そう話すウィスラーは、ブレイドは血清を注入することで飢えを抑えていたものの、最近では体が拒否し始めているため、血清の効果が弱まってきていると言いました。

しかも最悪なことに、そんなブレイドを治す治療薬を探しても見つかりませんでした。またウィスラーには妻と2人の娘がいましたが、ある晩突然現れたヴァンパイアに襲われた過去がありました。

そう話すウィスラーから離れ、1人自室に籠るブレイドの様子を見に行ったカレン。ブレイドは彼女にこう言いました。

「人間でもヴァンパイアでもない俺が唯一、人間であると実感できるのは、ヴァンパイアを殺している時だけだ」と……。

ブレイドが血清を使い、ヴァンパイアの血を抑え続けるのも限界を迎えつつありました。また彼の血と血液凝固を防ぐ薬を用いて、ヴァンパイアを体内から殺す薬の開発を試みていたカレンも、血清による抑制がきかず、ヴァンパイアに変身するのも時間の問題です。

そして、ブレイドが持ち帰った『暗黒の書』の切れ端を解読するウィスラーも、がんを患っており、体にガタがきはじめていました。

一方フロストは、ブレイドに二度も負けて帰ってきたクインを咎めず、彼と女性のヴァンパイア2人を連れて、ドラゴネッティを拉致。ドラゴネッティの牙を抜き取り、彼の体に陽光を浴びせて殺します。

その後フロストは、クインたち仲間を引き連れ、ブレイド不在の隠れ家を襲撃。ブレイドが隠れ家に戻ってきた時にはもう、フロストと彼の仲間の姿はなく、フロストたちに嬲り殺しにされたウィスラーの変わり果てた姿しかありませんでした。

まだ息があったウィスラーは、ブレイドにこう言いました。

「フロストがカレンを連れて行った」「それとお前が持ってきたディスクを解読した。フロストはマグラを再臨させ、この世の終末をもたらす気だ」「フロストはその儀式の成否を決めるのに必要な血、つまりデイ・ウォーカーであるお前の血を欲している」

「フロストの元へ行ってはならん。奴に捕まればマグラが蘇り、人類は滅亡してしまう」

そう話すウィスラーは、ブレイドに「人間のままでいるうちに、俺を殺してくれ」と懇願します。ブレイドは葛藤の末、ウィスラーに銀の弾丸入りの銃を持たせ、彼のそばを離れました。その直後、ウィスラーは最期の力を振り絞り、銃を使って自決しました。

怒りに燃えるブレイドは、バイクに乗って暗黒院へ乗り込み、フロストの仲間たちを片っ端から抹殺していきました。そしてブレイドは、棒術使いのヴァンパイア2人に対し格闘戦に挑みつつ、自分の血と血液凝固を防ぐ薬を混入させて作った血清を打ち込みます。

その結果、体内から破壊されていったヴァンパイアたちは爆死。ブレイドはさらに奥へと進んでいきますが、そこで待っていたのは、死んだはずの母親でした。


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

ブレイドの母親はあの夜、ヴァンパイアとして蘇っていたのです。そう話す母親に激しく動揺するブレイドは、背後から襲いかかってきたフロストたちに捕まってしまいました。

捕まったブレイドはカレンと一緒に、マグラを再臨させるための儀式の場「永久の宮」に連れて行かれました。そこには、捕まったドラゴネッティ以外の純血種たちもいました。

ブレイドと引き離され、穴倉に落とされたカレンは、死んだはずのカーティスと再会。しかし彼は既に人間ではなく、ヴァンパイアに変身できなかった半端者、ゾンビと化していたのです。

ブレイドはヴァンパイアとなった母親の姿を見たのを最後に、石櫃の中に閉じ込められ、血を抜かれてしまいます。ブレイドの大量の血と、「永久の宮」にある絵文字と同じ絵文字を持つ純血種たちの魂を生贄に捧げ、フロストはついに、再臨したマグラの力を得てしまいました。

その間、何とか自力で穴倉から脱出したカレンは、ブレイドを救出。フロストを殺すため、血に飢えた彼に己の血を吸わせます。

カレンの血をたっぷりと飲んだブレイドは、ヴァンパイアとして完全覚醒し、自身に襲いかかってきた母親と戦い、銀の杭を突き刺して殺害。永久の宮の中央に躍り出て早々、自分を殺そうとしたクインをたった一撃で消し炭にしました。

そしてブレイドは、以前は苦戦を強いられたフロストの仲間に格闘戦で圧倒していき、己の剣を取り返してフロストに立ち向かっていきます。

一方のカレンは貧血ながらも、フロストの仲間である女性のヴァンパイアと戦い、ブレイドが持つ血清が入ったスプレーを噴射。血清を口から飲み込んでしまったそのヴァンパイアは、頭部が破裂し絶命しました。

永久の宮の中央にて、互いに剣と刀で殺し合うブレイドとフロスト。マグラの力を得たフロストは、回復スピードが速まっただけでなく、スピードも戦闘力も段違いに跳ね上がっていました。

苦闘の末、ブレイドは血清を5本、フロストの上半身と右足に打ち込み、最後の1本を額に打ち込んで宿敵を爆死させました。

その後、カレンと一緒に永久の宮を脱出したブレイド。彼はこれからもヴァンパイア・ハンターとして戦い続ける道を選び、カレンにある頼みごとをします。

「(俺を人間に戻す)薬は預けておく、俺がヴァンパイアを1匹残らず始末するまで」「だから今より効く血清を作っておいて欲しい」

そしてブレイドが、冬のモスクワに現れ、ヴァンパイアを殺すべく剣を抜いたところで、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『ブレイド』の感想と評価


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

「半吸血鬼」ブレイドの葛藤と戦い

母親がブレイドをお腹に身籠った際、ヴァンパイアのフロストに襲われ咬まれたせいで、人間とヴァンパイアの血を宿す「半吸血鬼」として生まれたブレイド。

物語が始まって早々、対ヴァンパイア用の武器を巧みに使い、大勢のヴァンパイアたちを塵も残さず抹殺していく姿は、ヴァンパイアへの恐怖が吹き飛んでしまうくらい勇ましいものです。

ですがブレイドは、劇中でカレンに明かしていたように、人間でもヴァンパイアでもない存在であり、憎きヴァンパイアのように血に飢える自分に嫌悪するほど、内心では苦しんでいます。それは仲間であるウィスラーにも、行動を共にすることになったカレンにも、本当の意味での理解は得られません。

また己の運命に悩み苦しむ彼に追い打ちをかけるかのように、死んだはずの母親がヴァンパイアとして蘇っていたという衝撃的な事実が明かされます。

そしてカレンの血を得てヴァンパイアとして覚醒したブレイドが、自身の母親と戦う羽目になった場面では、「実の母親を本当は殺したくないのに、ヴァンパイアである以上殺さなくてはならない」と、ブレイドはこれまでで一番葛藤したことでしょう。

師であり親代わりでもあるウィスラーの死といい、母親がヴァンパイアで敵として現れることといい、次々と不運な出来事に見舞われるブレイドが内心悲しんでいるかもしれないと思うと、観ているこちらも辛く悲しくなってきます。

ブレイドの宿敵フロストの野望


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

ドラゴネッティたちのように生粋のヴァンパイアではなく、ヴァンパイアに咬まれて変身した元人間であったフロスト。彼は人間を家畜同然と考えており、人間を滅亡させ、世界を支配することを目論んでいます。

そのためにフロストは、ヴァンパイアに崇められている伝説の神マグラを再臨させ、その力を得ようと画策。そしてマグラを再臨させるための儀式に必要なものは、ドラゴネッティたち純血種12人の魂と、儀式の成否を決めるブレイドの血でした。

『マルガの再臨』を解読したフロストは、ブレイドの血を得るために隠れ家を襲いますが、実はそれ以前から彼を監視していたことが作中で明かされます。

フロストがブレイドの母親を襲い、「半吸血鬼」のブレイドが生まれたのは単なる偶然なのか、それとも儀式のためにわざと妊娠中の女性を狙ったのかなど、色々な考察ができて面白いです。

まとめ


(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

人間とヴァンパイアの血をそれぞれにひくブレイドが、ヴァンパイア・ハンターとしてヴァンパイアを狩りつつ、母親を死に追いやった宿敵フロストを探す、アメリカのPG-12指定のホラーアクション作品でした。

本作の見どころは、ブレイドがヴァンパイア・ハンターとして活躍する様と、宿敵フロストと因縁の対決をする場面です。

フロストとその仲間がいる隠れ家には、フロストに殺されたはずのブレイドの母親がいて、ヴァンパイアとして蘇ったという驚きの真実。てっきりこのままウィスラーとブレイドが一緒にフロストに立ち向かうのかと思いきや、フロストとの最終決戦の目前で、ウィスラーがフロストたちに嬲り殺され自殺した場面に、最も衝撃を受けます。

またクインに咬み殺されたと思われたカーティスが、通常ヴァンパイアへ変身するはずがそうなれず、ゾンビ化してカレンと再会する場面は、驚きよりも恐怖が勝って悲鳴をあげそうになります。

そしてブレイドとカレンがそれぞれヴァンパイアたちと戦う場面は、とてもスリリングで大興奮間違いなしのアクションが繰り広げられますが、グロテスクな描写もあるので12歳未満の方の視聴は推奨できません。

ヴァンパイアを片っ端から抹殺し、最強の力を手に入れた宿敵との決戦に挑む、ヴァンパイア・ハンターの活躍を描いたホラーアクション作品が観たい人に、とてもオススメな作品です。





関連記事

アクション映画

映画『ウエスタン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

クリント・イーストウッド主演の「ドル箱3部作」を経て、新たな境地へと達した監督のセルジオ・レオーネ。 そんな彼の西部劇への愛が詰まった傑作『ウエスタン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

アクション映画

『キャプテン・マーベル』4DX映画体験リポートと感想レビュー。強く美しいニューヒーローの活躍を体感せよ!

キャプテン・マーベルの勇姿を4DXで体感! マーベル・コミックの人気ヒーローが活躍する「マーベル・シネマティックユニバース(以下、MCU)」の第21作目となる、『キャプテン・マーベル』。 全世界でのオ …

アクション映画

映画オペレーション・クロマイトあらすじとキャスト一覧!感想レビューも

今なお歴史にその名を刻む連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー。彼の指揮の下、命懸けの潜入作戦を決行した今は名も無き兵士たちの熱き実話を実写化。 映画『オペレーション・クロマイト』は、2017年9月 …

アクション映画

映画『テネットTENET』あらすじ感想と考察評価。クリストファーノーラン新作おすすめの見どころ解説

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)全国ロードショーされます。 “ダークナイト3部作”「インセプション」「インターステラー」「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督の3年ぶりの …

アクション映画

【マイティソー バトルロイヤル】ネタバレあらすじと感想!ラスト結末も

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に繋がる重要な1作! アベンジャーズならぬ、凸凹のリベンジャーズ結成!? MCU待望の最新作にして「マイティ・ソー」シリーズの第3作目。 『マイティ・ソー バ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学