Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ダークナイト ライジング』ネタバレ感想と考察評価。バットマン三部作最終章で人々が“継承”したものとは?

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

映画『ダークナイト ライジング』でバットマンの終焉が伝説となる。

『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作「ダークナイトトリロジー」の最終章です。

「ダークナイトトリロジー」最終章にして、最大の危機がゴッサムシティを襲います。

復活を果たしたバットマンに立ちはだかる最大の強敵、ベイン、そしてバットマンが対峙する過去とは? 

主演のクリスチャン・ベールに加えて、お馴染みの豪華メンバーが再集結。幾多の“過去”が絡み合い、“未来”へつながる、映画『ダークナイト ライジング』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ダークナイト ライジング』作品情報


(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

【公開】
2012年(アメリカ映画)

【原題】
The Dark Knight Rise

【監督】
クリストファー・ノーラン

【キャスト】
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レビット、モーガン・フリーマン、マシュー・モディーン、ベン・メンデルソーン、バーン・ゴーマン、アロン・モニ・アブトゥブール、ジュノー・テンプル、ダニエル・サンジャタ、クリス・エリス、トム・コンティ、ネスター・カーボネル、ブレット・カレン、エイダン・ギレン、リーアム・ニーソン、ジョシュ・ペンス、キリアン・マーフィ、ジョーイ・キング

【作品概要】
クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作「ダークナイトトリロジー」の最終章。主演のクリスチャン・ベールに加え、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンらお馴染みの豪華メンバーが再集結。

新たなヒロイン、セリーナ役に『プラダを着た悪魔』(2006)などのアン・ハサウェイ、物語のカギを握る女性、ミリンダ役に「TAXi」シリーズのマリオン・コティヤールを起用しています。また、本作でベイン役 トム・ハーディ、ブレイク役 ジョセフ・ゴードン=レビットを務めた2人が『インセプション』(2010)に続きノーラン監督作品への出演で話題になりました。

前作『ダークナイト』(2008)から8年が経ち、バットマンを必要としなくなったゴッサムシティに現れたベインにより、ゴッサムは再び混沌と化します。長き沈黙を破り再び立ち上がるバットマンは、ゴッサムに平穏をもたらすことができるのでしょうか?

映画『ダークナイト ライジング』のあらすじとネタバレ


(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

ハービー・デントの死とともにバットマンが姿を消して8年が過ぎたゴッサムシティ。

デントの死後、制定した「デント法」により犯罪者は一掃され、ゴッサムは平和が守られていました。

デントの功績をたたえる式典でゴッサム市警本部長のゴードンは8年前の真実、デントの死の真相とバットマンの冤罪を晴らそうとしますが、混乱を恐れ公表しませんでした。

その頃、女泥棒のセリーナは公の場から姿を消したブルース・ウェイン=バットマンの屋敷に使用人を装い侵入します。

ブルースの部屋に忍び込み、指紋を盗み出そうとしたセリーナはブルースに見つかりました。ブルースはセリーナを捕まえようとしますが、逃げられてしまいます。

その頃、ゴッサム市警の新人警官、ブレイクは自身が育った孤児院の子供が下水道で死んでいたことを知らされました。

この時ブレイクはホームレスなど普通の仕事を得ることが難しい人々が、下水道で仕事をしていることを知ります。

この知らせを聞いたゴードンは捜査のため部下を連れ下水道に向かいます。

しかし、待ち伏せていた何者かに襲撃されて部下は全滅し、ゴードンも捕まってしまいますが、水路に逃げ込み、重傷を負いながらも難を逃れます。

その時、式典で話すはずだったデントの死の真相を記した原稿を落とし、ゴードンを襲った謎の男がこれを手に入れます。

ゴードンが傷を負い、病院に運ばれたことを知ったブルースは再びバットマンとして立ち上がる決意をします。

ブルースは自身の会社、ウェイン産業の社長でバットマンとしての協力者でもあるフォックスを訪ねます。そして、フォックスの協力でゴードンを襲った犯人がベインであることを突き止めます。

また、フォックスが開発した都市専用ヘリコプター通称「バット」を気に入り持ち帰りました。

セリーナはブルースの指紋を取引相手の男たちに引き渡します。

しかし、見返りに求めていた「クリーン・スレート」と呼ばれるプログラムを男たちは渡す気はなく、セリーナを殺そうとします。

それを見越していたセリーナは警察に通報しており、突入してきた警官と男たちの銃撃戦の混乱に乗じ逃げ出します。

ベインは部下とともに証券取引所を襲。駆け付けた警察が包囲しますが、人質を盾に逃走します。人質がいるため手が出せない警察の前にバットマンが現れます。

バットマンは人質を解放しますが、ベインらを逃がしてしまいます。

翌日、ブルースは訪ねてきたフォックスから自分が無茶な株取引で破産したことを知ります。

身に覚えのないブルースですが、セリーナが盗んだ指紋から、前日のベインによる証券取引所襲撃から2人を使い裏で糸を引いている人物がいることを感じます。

フォックスはウェイン産業役員のダゲットがブルースの破産後、筆頭株主になろうとしていることを話します。

裏社会とのつながりが噂されるダゲットにかつて開発していた小型核融合炉を悪用されることを恐れたブルースは、役員のミランダが新会長に就任できるよう、フォックスに根回しさせます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ダークナイト ライジング』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダークナイト ライジング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その頃、ダゲットのもとにセリーナが現れます。セリーナは自分にブルースの指紋を盗むように命じた黒幕、ダゲットからクリーン・スレートを受け取ろうとしていました。

しかし、セリーナは、侵入者に気が付いたデゲットの部下たちに追い詰められます。そこに助けに現れたのはバットマンでした。

バットマンは裏社会に顔の利くセリーナにベインの元へ案内するように頼みます。

実はバットマンが犯罪者に悪用されないために管理していたクリーン・スレートを引き渡すことと引き換えにセリーナは協力します。

ブルースとフォックスはミランダに小型核融合炉を見せ、これを守るためウェイン産業の新たな会長になるよう頼みます。

こうして開かれた取締役会でブルースとフォックスの根回しもあり、ミランダは無事、会長に就任します。

セリーナの案内で下水道に設けられたベインのアジトに向かうバットマンは、ベインに挑みます。

しかし、ベイン圧倒的な強さに成す術もありません。最後には背骨を折られバットマンは敗北します。

この時、ベインは自分がラーズ・アル・グールの代わりに影の同盟を引き継ぎ、ゴッサムを破壊する使命を完遂しようとしていることを明かします。

ベインはバットマン=ブルースを国外にある“奈落”と呼ばれる場所に閉じ込めました。そして、ベインはフォックスとミランダは拘束し、下水道に向かいます。

その知らせをゴードンは全警官にベインを探し出すよう指示し、下水道へ向かわせます。

ベインは下水道を通じ、小型核融合炉を保管していた場所へ向かいました。ベインはミランダとフォックスに融合炉を起動させると核爆弾に改造します。

その頃、ブレイクは、ダゲットが所有する建設会社を捜索します。

そこで、大量のプラスチック爆弾と下水道の地図を見つけ、ベインが警察を誘導し、警官を生き埋めにしようとしていることに気が付きます。

しかし、時すでに遅く、ベインは下水道を爆破、ほとんどの警官が生き埋めになります。

また、同時にゴッサムに繋がるほとんど橋も爆破され、街は孤立します。唯一残された橋に軍が殺到しますが、ベインはある声明を出します。

ベインが持つ核爆弾の存在を明らかにし、ゴッサム市民が一人でも街の外に出るならばまた、軍が街に侵入するならば爆弾を起爆させるというものでした。

また、ベインはゴードンから手に入れた原稿を読み上げます。

これにより、ゴッサム市民はデントが偽りの英雄であることを知ると同時にベインは偽りの上で成立したデント法が無効であるとし、刑務所に収監されていた犯罪者たちを解放します。

ゴッサムはたちまち無法地帯と化します。

その様子をマスクを失ったバットマン、ブルースは奈落で一部始終を見せられていました。

奈落では罪を犯した者たちが多く収監されており、その人々の力を借り、ブルースは傷を癒します。

その時、その場所が“奈落”と呼ばれる所以、地上へつながる高い壁は消して乗り越えられず、自由を渇望しながらもより深い絶望に陥ることを知ります。

ベインはバットマン=ブルースをあえて殺さず、一縷の希望を持たせ続け、ゴッサムが破壊されていく様を見せようとしていました。

数週間経ち、傷が癒えたブルースは壁に挑みます。しかし、壁を超えることはできません。その時、同じく奈落にとらわれる男から、唯一壁を上った人物の話を聞かされます。

それはなんと、ラーズ・アル・グールの子供でした。ブルースはその人物がベインであると考えます。

ゴッサムではゴードンとブレイクを中心に抵抗活動を行っていました。

その活動の中でベインが炉心を抜いていたため、融合炉が安定せず核爆弾がもうすぐ爆発することを知ります。

壁を越えられないブルースはあえて命綱を使用せず壁に挑みます。

死の恐怖を感じながら、心を強く持つことで壁を超えることができたブルースはゴッサムへ向かいます。

ゴッサムに戻ったブルースはセリーナに協力を求め、フォックスの居場所見つけ、拘束されていたフォックスを救出します。

ゴードンは核爆弾の場所を突き止めようとしていましたがベインの部下に捕まってしまいます。

凍った河の上を歩かされ、いずれ河に落ちてしまうゴードンを助けたのはバットマンでした。

バットマンはゴードンに核爆弾の起爆スイッチの信号を遮断する装置を渡し去っていきます。

その頃、ブレイクは生き埋めになった警官を救出しようとしますが、ベインの部下に見つかってしまいます。

殺されそうになるブレイクをバットマンが救出、生き埋めにされた警官の救出にも成功します。

バットマンはセリーナに高性能バイク、バット・ラングを託し、塞がれたトンネルを吹き飛ばすように頼みます。

夜明けとともに警官隊はベインの部下と衝突、時を同じく、セリーナはトンネルを塞ぐガレキを爆破します。

ゴードンは核爆弾を運ぶトレーラーを見つけ、核爆弾を確保しようとします。また、ブレイクは市民の避難を急ぎます。

警官隊とベインの部下たちが衝突する中、バットマンとベインは対峙します。

激闘の末、ベインを倒すバットマンですが、背後から現れた何者かに脇腹を刺されてしまいます。その人物はミリンダでした。

ミリンダの本当の名は、タリア・アズ・グール、彼女こそがラーズの子供であり、影の同盟を引き継ぐものでした。

驚くバットマンをしり目にタリアは核爆弾を爆破させようとスイッチを押しますが、ゴードンの活躍により爆発は起こりません。

信号が遮断された事に気づいたタリアはトレーラーのもとへ向かいます。バットマンはベインににとどめを刺れそうになりますが、駆け付けたセリーナによって救われます。

バットマンはバットに乗り、タリアを追います。セリーナの協力もあり、トレーラーを停止させ、その際、タリアは死亡します。

しかし、爆発まで残り時間は僅かしかありません。

バットマンはバットで核爆弾を街から遠ざけ自からの命と引き換えにゴッサムシティを守ります。

その後、バットマンが真のヒーローであると知ったゴッサム市民の手でバットマンを称える銅像が建てられます。

ブルースの死を知り、失意に暮れるアルフレッド(マイケル・ケイン)でしたが、訪れたフィレンツェのカフェでブルースとセリーナの姿を見かけます。

お互いの存在に気が付く2人ですが、決して声をかけることはありませんでした。

スポンサーリンク

映画『ダークナイト ライジング』の感想と評価


(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

なぜバットマンは“沈黙”から“復活”を果たしたのか

本作『ダークナイト ライジング』は前作『ダークナイト』から8年の月日が経過しています。

なぜバットマンは8年もの間、“沈黙”を貫いたのでしょうか?

一つはゴッサムが“バットマン”という存在を必要としていなかったからではないでしょうか。

前作『ダークナイト』の後、制定した「デント法」により、ゴッサムは刑務所に収監した犯罪者の仮出所を認めず、結果、犯罪は激減しています。

このことにより“バットマン”という犯罪者に対する抑止力が必要なくなりました

また、『ダークナイト』でバットマンはデント殺害の容疑を自ら被って、ジョーカーの思惑通りに事が進まないようにしました。

これでゴッサム市民はバットマンを“英雄”デントを殺した“犯罪者”と認識しているため、市民がバットマンを求めることはなくなりました。

結果だけを言うならば、『ダークナイト』において、ブルースが思い描いた、“バットマン”による犯罪の抑止ではなく“法”によるい統治だったのかもしれません。

もう一つはブルースの最愛の女性、レイチェルの死です。

前述のとおり、ゴッサムはバットマンを必要としていませんでしたが、本作において、ベインの出現により事態がゴッサム市警の手に負えなくなりつつあるときに、ブレイクの働きかけによりブルースは“沈黙”を破る決意をします。

ここで考えられるのがレイチェルの死後、ブルースは戦う意思を失っていたのではないかということです。

バットマンが必要されなかったとして、いつ、ベインのような存在が出現するか分からないわけですから、戦う意思があるのなら、常に戦いに備えており、すぐに対応できたはずです。

そうしなかったのはレイチェルの死による失意から立ち上がれなかったからでしょう。

仮にバットマンとして戦うことをやめたとしても、ブルース・ウェインとして、公の場に出続けたはずです。

このことから、レイチェルの死はブルース=バットマンの心に大きな影を落としていたことがわかります。

では、逆にバットマンはなぜ“復活”したのでしょうか?

そのきっかけとなったのが、セリーナとの出会いが考えられます。

ブルースは本人の意思とはかかわらず、未だゴッサムシティに大きな影響を与える権力を持っており、セリーナにより盗まれたブルースの指紋は悪用されかねません。

それを防ぐため、ブルースは行動を開始します。この時点ではまだ、バットマンの“復活”に至っていませんが、一因になったのは明らかです。

また、ブルースがセリーナに興味を惹かれたことも大きいのではないでしょうか。

次にベインという強敵の存在です。

バットマン“復活”の直接的な要因はベインによりゴッサムの平和が脅かされていたことにあります。

前述のとおり、ブレイクによってもたらされた情報により、後にブルースはベインの存在を知り“復活”を決意します。

また、この時、ブレイクから再びバットマンを求める声があることを聞かされます。

この点から、失意に暮れていたブルースの中には「ゴッサムのため戦いたい」という思いが燻っていたのかもしれません。

その思いがベインの出現をきっかけに“復活”へと至ります。

この“沈黙”と“復活”に至る心境は矛盾しているように感じられますが、本来、人間には相反する感情を内包しているものです。

本作『ダークナイト ライジング』において、ブルース=バットマンの複雑な心境を描き、ヒーローも生身の人間であるということを表現しているように感じます。

バットマンの“死”と“継承”について


(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

アメリカンコミックにおいて王道のエンディングはヒーローの“死”とその意志の“継承”です。

本作でもバットマンの“死”と“継承”が描かれています。

本作を含む三部作「ダークナイトトリロジー」の一作目『バットマン ビギンズ』においてブルースは影の同盟で修練に励む中で“恐怖”に打ち勝つ術を学びます。

それゆえに“死”すら恐れない強靭な精神力でバットマンとして戦ってきました。ですが本作において、ブルースは再び“恐怖”と対峙します。

奈落で、囚人から言われた「死の恐怖を受け入れろ」という言葉に導かれ、脱出に成功し、“魂の強さ”を手に入れます。

この“魂の強さ”とは“死の恐怖”を感じ“生への渇望”を得て、より強い精神を手に入れることにあります。

これまでバットマンは前述のとおり、“死”を恐れない姿勢で戦ってきました。

これは幼少の頃、目の前で両親を殺されるきっかけを作ってしまったことに罪の意識を感じ、自らの命を軽んじていたからではないかと感じます。

また、ゴッサムのために戦ってきたバットマンですが、その理由の中に過去への贖罪の思いが強くあったのではないでしょうか。

このことから、“魂の強さ”を身に付けたバットマンは“過去の贖罪”ではなく“未来への希望”を胸に戦います

ではなぜ、バットマンは“死”を受け入れたのでしょうか?

実際にブルースは生存していたわけですから、バットマンとして戦い続けることができたはずです。

その理由は、バットマンの意思を“継承”する人物が現れたからではないでしょうか?

本作の最後の場面でブレイクがブルースからウェイン邸の地下設備、バット・ケイブを譲り受けます。

彼の本名が「ロビン」であることが語られる場面でピンときた方も多くいたでしょうが、原作コミックスにおいてバットマンの相棒を務めるのが「ロビン」なのです。

こうしてブルースはゴッサムを守る役割、意志をブレイクに託した訳ですが、バットマンの意思を“継承”したのはブレイクだけではありません

バットマンが持ち出した核爆弾が爆発する場面でその一部始終をを見ていた子供たちが映し出されますが、その様子が印象的でした。

バットマンは8年もの間、自ら汚名を被ることで人知れず街を守り通しました。

最後には命を顧みず、核爆弾を街から遠ざけたバッドマンの勇気ある行動は、子供達の瞳にもバットマンが成しえた“正義”として映っていたことでしょう。

他の市民たちにもバットマンの“正義”は伝わっています。その証拠にバットマンの銅像を建て、その功績を称え他のではないでしょうか。

ブルースはバットマンが残した“正義”を宿した市民ならどんな困難にでも打ち勝てると考え、ゴッサムには自分が必要ないと感じたのではないでしょうか。

たとえ、ゴッサム市民だけで乗り越えられない困難が生じたとしても、新たな“バットマン”が現れるのではないかとも思っているはずです。

なぜなら、ブルース=バットマンは「“バットマン”はこの街の正義の象徴でしかない」と語っていたからです。

まとめ


(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

クリストファー・ノーラン版バットマン『ダークナイトトリロジー』は、本作をもって完結しました。

これまでの過去2作、『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』はそれぞれで一つの物語が紡がれていましたが、本作はこれまでの2作品自体が本作の伏線であったかのように濃密に絡み合っています。

特にブルース=バットマンの心の葛藤において、乗り越えたはずの過去の出来事が再び心を苦しめる描写がたびたび見られました

これには人が常に心のどこかで過去に囚われているということを表現しているように感じます。

ですが、作中でブルースは決して過去に屈することなく、未来への希望をもって何度も立ち上がりました

これは何度、過去に囚われ、躓こうとも未来を信じて歩き出せるというメッセージが込められているように感じられました。

不安定な世の中、先行きが見えない未来だからこそ、バットマンは希望を信じて立ち上がることを私たちに伝えたかったのかもしれません

そして、バットマンは人の抱える“闇”と向き合い、未来のため、これからも戦い続けていく事でしょう。



関連記事

アクション映画

韓国映画『リアル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『リアル』は4月14日よりシネマート新宿ほか順次公開。 本当の自分は何者か⁈ 本当の現実は何か⁈ 韓国の次世代トップ俳優キム・スヒョン待望の主演作をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENT …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストの砂川役は向井理。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

映画『SHADOW/影武者』あらすじとネタバレ感想。チャン・イーモウ監督の美学が溢れる武侠アクション

王や貴族の身代わりを務める“影”という存在。 『HERO』、『LOVERS』で最高の武侠アクションを創造したチャン・イーモウ監督の映画『SHADOW/影武者』。 自由と引き換えに無謀な任務に挑む影武者 …

アクション映画

忍びの国キャストとあらすじ!大野智登場の舞台挨拶や試写会はある?

“和田竜(原作・脚本)× 大野智(主演)× 中村義洋(監督)” 誰も見たことがない戦国エンターテインメント作品『忍びの国』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『忍びの国』の作品情報 …

アクション映画

映画『キリング・ガンサー』あらすじとキャスト。シュワルツェネッガー最強の殺し屋に

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー。 製作総指揮に自ら名乗り出たアーノルド・シュワルツェネッガーの今度の役がらは、伝説の世界最強の殺し屋ガンサー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP