Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/08/30
Update

映画『テネットTENET』あらすじ感想と考察評価。クリストファーノーラン新作おすすめの見どころ解説

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)全国ロードショーされます。

“ダークナイト3部作”「インセプション」「インターステラー」「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督の3年ぶりの作品です。

「現在から未来に進む“時間のルール”から脱出する」というミッションを課せられた主人公が、第3次世界大戦に伴う人類滅亡の危機に立ち向かう姿を描いています。

主演は名優デンゼル・ワシントンの息子で、スパイク・リー監督がアカデミー脚色賞を受賞した『ブラック・クランズマン』で映画初主演を務めたジョン・デビッド・ワシントンが務めます。

時間の逆行という能力と第三次世界大戦の危機に瀕した世界で、危険な任務に挑む“名もなき男”の闘いの姿を描くスパイアクション。

スポンサーリンク

映画『TENET テネット』の作品情報


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
TENET

【脚本・監督】
クリストファー・ノーラン

【キャスト】
ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ケネス・ブラナー、マイケル・ケイン、アーロン・テイラー=ジョンソン、ディンプル・カバディア、ユーリ・コロコリニコフ、ヒメーシュ・パテル、マーティン・ドノヴァン、クレマンス・ポエジー

【作品概要】
『TENET テネット』はクリストファー・ノーラン監督の3年ぶりとなる作品です。時間を逆行する能力と第三次世界大戦の危機に瀕した世界で奮闘する“名もなき男”の姿を描くSF&スパイアクション。

主演は『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントン。共演には新たにバットマンを演じることになったロバート・パティンソン、ノーラン映画常連のケネス・ブラナー、マイケル・ケインなど。

映画『TENET テネット』のあらすじ

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

満席の観客でにぎわうウクライナのオペラハウスで、テロリストによる占拠事件が勃発。多数の人質を救出するために特殊部隊が館内に突入します。

突入部隊に紛れ込んだ“名もなき男”(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は混乱の中で、オペラ会場にいた仲間の救出に動きます。

仲間の救出を果たした男ですが、その後、身代わりとなって捕まってしまいます。男は、自殺用の毒薬を飲んだのですが、薬は鎮痛剤にすり替えらえていました。

昏睡状態から目覚めた男は、そこであるミッションを命じられます。それは未来からやって来た脅威と戦い、世界を救うというモノでした。

“時間の逆行”を可能とする装置が極秘に現代に送られてきたことを男は知らされます。

人や物が過去に移動できるようになっていたこの技術は、“第三次世界大戦”を引き起こしかねない危険性を孕んでいました。

大きな謎を孕んだこの任務に挑むことになった男に、すべてのカギを握る存在として“TENET(テネット)”という言葉が伝えられます。

スポンサーリンク

映画『TENET テネット』の感想と評価

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

英国出身でありアメリカとの二重国籍を持つクリストファー・ノーラン。今年で50歳となる彼ですが、自らの映画原体験に『スター・ウォーズ』(1977)『ブレードランナー』(1982)を挙げています。年齢からみれば、10歳前後のことです。

そして、これらの作品と並んで自身への大きな影響を与えた作品として、“007”シリーズを挙げています(特にお気に入りは『女王陛下の007』(1969))。

2010年の『インセプション』を発表したときに「いつか、ボンド映画を監督したい!」と語っており、実際に007の製作陣にコンタクトを取ったこともあるそうです。

『TENET テネット』はそんな007愛、スパイ映画愛が今までの作品の中で最も濃い作品と言えます。

主人公の“名もなき男は特殊工作員であり、世界各国をまたにかけるスパイでもあります。世界各国でロケが行われ、風光明媚なリゾート地や都市の各国の様子が描かれます。

予告でも使われたボートのシーンなどそのままボンド映画に転用できそうな画角です。

エリザベス・デビッキ演じるヒロインの立ち位置も、今までのノーランの映画のヒロインというよりは歴代の“ボンドガール”を想起させるキャラクターになっています。

謎多き“テネット”がいわゆるマクガフィンであることも、これまで多くの作品をコラージュしてきたノーランらしい設定であると言えるでしょう。

また、『TENET テネット』を見ると、クリストファー・ノーラン監督はやはり時間というものをテーマにすることを好んでいるのだなということがわかります。

デビュー作の『フォロウィング』(1998)とブレイク作となった『メメント』(2000)では、エピソードの時勢を意図的に入れ替えました。

『インセプション』(2010)では夢の階層ごとに時間の流れを変えて描きましたし、『インターステラー』(2014)でも地球と宇宙空間、ワームホールの先の星では時間の流れが大きく変わります。

これまで、『フォロウィング』と『メメント』では”物語”(記憶と記録)を挟み『インセプション』は”夢”を、『インターステラー』では宇宙探検というモノをクッションにして“時間”を描いてきたノーランですが、今作の『TENET テネット』は間に何も挟まず、直に“時間”を描いてきました。

自身が常に突き詰めてきた“時間”の在り方をダイレクトに描くという意味では、『TENET テネット』はクリストファー・ノーラン史上もっと挑戦的で野心的な作品といっていいと思います。

まとめ

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

クリストファー・ノーランはかつて自分を育ててくれたSF映画、スパイ映画などのブロックバスター大作への思いが強い監督でもあり、消費される大衆娯楽の一環で終わらせたくないという使命感を持っています。

“ダークナイト3部作”でも、かつて、ティム・バートンとジョエル・シュマッカーが作り上げたゴシックとビザールなセンスに溢れた世界感をリアルな犯罪映画として一新。

『インセプション』も古典的な泥棒ものを舞台を“人の夢の中”に設定したことで、斬新な映像作品に生まれ変わらせることに成功しました。

『インターステラー』でも曖昧になりがちな宇宙の仕組みを現役の物理学者を監修に招いて特殊相対性理論やワームホール理論を組み込み“リアル”を創り上げました。

『ダンケルク』では戦争映画を陸の一ヶ月、海の一日、空の一時間という風に場面ごとに時間の大枠を変えて描いて見せることで、今までになかった臨場感を与えてくれました。

そして『TENET テネット』は、王道のスパイ映画的な展開に時間の逆行という能力を持ち込んで、またもや“見たことのない映画”を創り上げました

今回は時間の逆行のシステムについて、“未来からテクノロジー由来というかなり強引な力業”の設定を持ち込んできました。全てを整理して語り切ることを止め、わからないことが多い物事のままで物語を推し進めています

ここが少し乱暴というか強引な印象を受ける人もいるかもしれません。今まで多くの作品で共同脚本として、作品に参加してきた弟のジョナサン・ノーランが、不在ということも影響しているかもしれません。




関連記事

アクション映画

【ネタバレ秘話】『ジョンウィック3:パラベラム』キアヌ・真田・犬など8つのトリビアを深掘り解説!

キアヌ・リーブス主演のヒットシリーズ! 「ジョン・ウィック」チャプター3『ジョン・ウィック:パラベラム』。 最強の殺し屋である主人公ジョン・ウィックをキアヌ・リーブスが演じる他、本作ではアカデミー賞主 …

アクション映画

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!ネタバレ感想とラスト結末も

映画『レオン』や『LUCY/ルーシー』などで知られるリュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当。 戦争に苦しむ避難民を救う為に、不可能とも思われるミッションに挑む、5人の男達の戦いを描いた『ネイビーシ …

アクション映画

インド映画『ロボット2.0』あらすじと感想評価。続編でもスーパースターラジニは健在!

ラジニカーントが再び“ロボットたち”になって帰って来た! インドのスーパースターにして人間国宝、ラジニカーント。2019年現在、御年68歳のラジニが、踊ります!飛びます!増えます! 2010年、南イン …

アクション映画

映画『デスウィッシュ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ブルースウィリス主演で「狼をさらば」をリブートした作品】

ブルース・ウィリスが主演を務めた『デス・ウィッシュ』 ブルース・ウィリスがアクション完全復活!愛する者を失った善良な外科医が復讐の鬼と化し、悪党を成敗していく。 70年代の名作『狼をさらば』を現代バイ …

アクション映画

映画スキップ・トレースあらすじとキャスト!ジャッキー見どころ解説も

ジャッキー・チェン期待の新作『スキップ・トレース』は、9月1日より劇場公開! 香港警察のベニー刑事とアメリカ人詐欺師ワッツは、香港の闇に潜む悪の組織追われる身となり、ロシアから香港まで陸路を逃亡する様 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学