Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】パーフェクト・ドライバー|結末の感想考察とあらすじ評価。韓国映画ならではのカーアクションとパク・ソダム演じる運転手のテクニックに注目!

  • Writer :
  • 西川ちょり

凄腕ドライバー、パク・ソダムが韓国の街を駆け抜ける!

『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』は、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』で半地下の家族の長女役を演じたパク・ソダムが、天才的なドライブテクニックを持つ運び屋に扮する痛快なカーアクション映画です。

彼女が守ろうとする少年に『パラサイト』以来の再共演となるチョン・ヒョンジュンが扮し、キム・ウィソン、ソン・セビョク、ヨム・ヘラン等、個性的な俳優が顔を揃えています。

スポンサーリンク

映画『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』の作品情報


(C)2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & M PICTURES. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年公開(韓国映画)

【原題】
특송(英題:Special Delivery)

【監督・脚本】
パク・デミン

【キャスト】
パク・ソダム、ソン・セビョク、キム・ウィソン、チョン・ヒョンジュン、ヨン・ウジン、ヨム・ヘラン、ハン・ヒョンミン

【作品概要】
ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』(2019)で、半地下に住む家族の長女を演じたパク・ソダムが凄腕のドライバーを演じるアクションドラマ。

彼女が守ろうとする少年に『パラサイト 半地下の家族』以来の再共演となるチョン・ヒョンジュンが扮し、キム・ウィソンがワケあり荷物を届ける特殊配送会社「特送(とくそう)」のボスを演じています。

映画『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』あらすじとネタバレ


(C)2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & M PICTURES. All Rights Reserved.

天才的なドライビングテクニックを持つチャン・ウナは、ワケあり荷物を届ける特殊配送会社「特送(とくそう)」で働いています。

表向きは釜山にあるペッカン産業という名の廃車処理場ですが、裏の業界と通ずるペク社長の元には頻繁に「特送」の依頼があり、ウナはその任務を完璧にこなしていました。

彼女はある日、賭博ブローカーと、その息子ソウォンを港まで運ぶという依頼を引き受けます。

野球賭博をしきっていたブローカーは選手からの内部告発を受け、海外逃亡を図っていました。

息子が使っていたスマホから彼の居場所を突き止めたブロ―カー仲間たちが彼の元へ向かい、送迎者が来たと勘違いした男は車に向かって飛び出しますが、すぐに自分の立場を把握します。

息子に金の入ったリュックと300億ウォンが入った貸金庫の鍵を渡して、逃げるように言うと、その時間稼ぎに、追手の前に飛び出して行きました。

依頼者を待つウナのところにやってきたのは必死に走ってきたソウォンでした。

大人と子供、ふたりを送るという話だったのに、子どもしか現れず、ウナはドアを開けるのを躊躇しますが、すぐに追手が来たのを見て、車をスタートさせます。

敵は執拗に追ってきて、それをウナは高度なドライブテクニックで次々にかわしていきました。

しかし、相手の車が正面からやってきて、緊張が高まったとき、瀕死の父親が現れて、敵を阻止し、ウナたちは車をかいくぐることが出来ました。しかし、父親が殺されるのを目の当たりにした息子は泣き崩れます。

ペク社長に連絡を入れると、子どもを集めている業者に連絡するからその男に子供を渡して終わりにしろと命じられます。

しかし、不安を感じたウナはソウォンを取り戻して車に乗せました。

その頃、賭博ブローカーの事件を追っていた警察は、姿を消した幼い息子と300億ウォンの資金の行方を追っていました。

しかし、その場で指揮を執っていた刑事は、ブローカーの男を殺したギョンピルでした。彼は捜査にかこつけて300億ウォンをせしめようと企んでいました。

ウナはソウォンを母親の元に届けようとしますが、女は自分は母親ではないと答えました。本当なら息子を抱きしめたいのですが、追われているなら真っ先に母親の元にやってくるだろうと彼女は判断し、知らないふりをしたのです。

「返品」不可の「荷物」を抱え込むことになり途方に暮れるウナでしたが、彼女たちの前にはギョンピルの仲間たちが次々に現れ、ソウォンをさらおうとします。

ドライブテクニックを駆使して、敵を倒したウナはペク社長に連絡。釜山へと向かうことになりました。

その頃、国家情報院がウナの追跡を始めていました。ウナは脱北者で、国境を超える際、家族は皆死に、一人生き残ったといいます。

ウナには殺人と誘拐の疑いがあり、脱北者の犯罪となると国家情報院の責任になるのだと責任者の女性職員は警察に説明し、協力を要請してきました。

ギョンピルは国家情報院に真実を突き止められる前に金を手にいれようと躍起になります。

ギョンピルは部下の刑事たちに命令して、ペッカン産業を割り出しました。

情報を与えてもまったく対処できない警察にしびれを切らした国家情報院は独自に調査を開始し、ウナは殺人犯でも誘拐犯でもなく、黒幕はギョンピルであることを突き止めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』ネタバレ・結末の記載がございます。『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ウナたちは釜山に到着し、ペク社長は偽装のパスポートを作って、フェリーに乗せ、ソウォンを海外へ逃亡させようと企てますが、ウナが外出しているとき、ギョンビルと彼が雇った地元のチンピラたちが乗り込んできました。

会社の従業員のひとりがソウォンを車のトランクに隠しますが、彼自身はひどい暴力を受けてしまいます。

ペク社長も口を割らせようとリンチされますが、金を渡すとみせかけて、銃を持ち出し、目の前の男を撃ち殺しました。

何人かは倒せましたが、ペク社長も撃たれ死亡してしまいます。

隠されていた金庫の鍵も敵に奪われ、ソウォンもみつかり万事休す。

戻ってきたウナは工場内の壮絶な事態を観て愕然とし、怒りに震えました。ドライバーを武器に相手に飛び掛かり、車で相手を追い払いソウォンを取り戻そうとしますが、ギョンビルはソウォンを突き飛ばし、ソゥオンは海に落ちてしまいます。

ウナはソウォンを助けようとしますがギョンビルに阻まれ、もみ合いになります。ドライバーで彼を突き刺しますが、二人とも一緒に海に落ちてしまいます。

ウナはソウォンに手を伸ばし、彼を海面へと導きますが、彼女はギョンヒルに手錠をかけられていて、ギョンヒルと一緒に海の底へと落ちていきました。ソウォンは到着した国家情報院に助けられます。

それからしばらくして・・・。ソウォンは子供園で暮らしながら、元気に学校に通っていました。

ある日、彼は送迎のバスに乗りそこなってしまいます。仕方なく徒歩で帰宅していると、すっと大型車が横を通り過ぎ、静かに止まりました。

ソウォンも何かに気が付き顔を上げると、運転席から降りて来たのはウナでした。ソウォンは助手席に飛び乗り、車は動き出しました。

スポンサーリンク

映画『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』解説と評価


(C)2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & M PICTURES. All Rights Reserved.

ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』(2019)で、半地下に住む家族の中でも最も悲劇的な役柄を演じたパク・ソダムが、訳あり物件(主に人)を確実に送り届ける腕利きドライバーに扮しています。

また、彼女が運ぶ「訳あり物件」が、『パラサイト 半地下の家族』で裕福家庭の長男を演じていた子役のチョン・ヒョンジュンというのが面白く、『パラサイト 半地下の家族』では師弟関係にあった二人ですが、本作ではジョン・カサヴェテス監督の『グロリア』のジーナ・ローランズと少年を連想させる関係として息のあったところを見せています。

全編に渡る激しいカーチェイスは、韓国ならではの狭く入り組んだ路地や、坂道などを駆け抜けるもので、その疾走感や、巧みなドライブテクニックにすっかり魅了されます。

立体駐車場で敵に追われ、電源を壊して暗闇にした中での車同士の駆け引きも見応えがあります。パク・ソダムの動きひとつひとつに、依頼された「物件」を必ず安全に配送するという任務を追ったプロとしての矜持が現れています。

パク・ソダムは次々と車を乗り換えていくのですが、ドライバー一本でそれを可能にしていく描写や、そのドライバーが武器となるフィジカルなアクションシーンも迫力満点で、スリルとサスペンス溢れる十分に満足のいくアクション映画に仕上がっています。

まとめ


(C)2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & M PICTURES. All Rights Reserved.

「返品できない荷物」を怪しげなブローガーに譲渡して終わりにしろと命じられるも、少年を見殺しにできないパク・ソダムのやさしさは、冒頭の飼い猫をかわいがるシーンからすでに現れていて、その猫が最後まで忘れ去られず、しっかり人間に面倒をみてもらっているところにこの映画の本質が詰まっているように思えます。

少年の母親と思しき女性が、長い間会っていなかった少年に後ろ髪をひかれながらも、少年の無事を祈って身を引く場面など、人間の心理の細やかな描写がなされているのも本作の特徴の一つでしょう。

新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)などのキム・ウィソン、『真犯人』(2019)のソン・セビョク、『偽りの隣人 ある諜報員の告白』(2020)などのヨム・ヘランなど韓国映画でおなじみの芸達者な顔ぶれが揃い、映画に不思議な安心感を与えています。



関連記事

アクション映画

【ネタバレ】パイレーツ・オブ・カリビアン1呪われた海賊たち|あらすじ感想結末と評価解説。ジョニー・デップ代表作は“海賊映画とジャック・スパロウ”を世界に知らしめた海洋アクション!

大人気映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第1作目! ゴア・ヴァービンスキーが監督を務めた、2003年製作のアメリカのアクションアドベンチャー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊た …

アクション映画

映画『キングコング髑髏島の巨神』ネタバレ感想。2017版のラスト結末

2017年版のコングは次元が違う!!! 全編がクライマックスの怪獣映画『キングコング 髑髏島の巨神』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『キングコング 髑髏島の巨神』の作品情報映画 …

アクション映画

『るろうに剣心 京都大火編』あらすじネタバレ感想と結末評価の解説。藤原竜也×神木隆之介らが敵として剣を交えるアクション時代劇

原作の「京都編」を2部作で描いた前編にあたる『るろうに剣心 京都大火編』 映画『るろうに剣心 京都大火編』は、原作のクライマックスにあたり、人気の高いエピソード「京都編」を描いた2部作の前編です。 不 …

アクション映画

【ネタバレ】グリーン・ディスティニー|あらすじラスト結末と感想評価。武侠アクション映画をアン・リー監督がダイナミックに描く!

“信が真に通ずる”証を問う、2組の男女のラブストーリー 今回ご紹介する映画『グリーン・ディスティニー』は、中国の小説家ワン・ドウルーの武俠小説『臥虎蔵龍』を原作とした、武侠映画です。 『いつか晴れた日 …

アクション映画

映画『ワンスアポンアタイム・イン・ザ・ウェスト』ネタバレ感想と評価。レオーネ代表作ウエスタンのノーカット版!

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』は2019年9月27日公開。 あのマカロニウエスタンの傑作『ウエスタン』がスクリーンでフルバージョンで蘇ります。 セルジオ・レオーネの代表作にして …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学