Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/03/08
Update

映画『太陽は動かない』ネタバレ感想とラスト結末の解説。藤原竜也×竹内涼真が小説のイメージ通りに産業スパイを熱演

  • Writer :
  • もりのちこ

明日の事は考えなくていい。
一日一日を生きるだけ。今を生きろ!

吉田修一のスパイアクション小説『太陽は動かない』『森は知っている』の「鷹野一彦シリーズ」を原作に、羽住英一郎監督が映画化。

秘密組織「AN通信」に所属するエージェントは、幼少時代から訓練を重ねた一流の産業スパイ集団。

しかし、彼らの心臓には24時間ごとに更新される爆弾が埋め込まれていました。更新できない者、ミッションを遂行できない者は、爆死。

なぜ彼らは危険な人生を歩むことになったのか。今日を生き延びるため、命懸けのミッションに挑みます。

藤原竜也と竹内涼真のコンビにも注目。危険なスパイアクション映画『太陽は動かない』、見どころを紹介します。

スポンサーリンク

映画『太陽は動かない』の作品情報


(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
吉田修一

【監督】
羽住英一郎

【キャスト】
藤原竜也、竹内涼真、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市

【作品概要】
『悪人』『怒り』『楽園』など映画化が続く人気小説家・吉田修一のスパイアクション小説『太陽は動かない』を、『海猿』シリーズの羽住英一郎監督が実写映画化。

産業スパイとして危険なミッションに挑む主人公・鷹野一彦を藤原竜也が演じます。その他、相棒の田岡役に竹内涼真、エージェント仲間の山下役には市原隼人が出演。

また、韓国から『華麗なる遺産』のハン・ヒョジュ、『ミスター・サンシャイン』『ミセン』のピョン・ヨハンが加わり、本格的なアクションを披露しています。

映画『太陽は動かない』のあらすじとネタバレ


(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

「AN通信」とは、表向きは小さなニュース配信会社を装っていますが、その実態は国や企業などあらゆる組織の機密情報を入手し売買する、産業スパイ組織です。

そこに所属するエージェントは、組織への裏切り防止のため、胸に爆弾を埋め込まれ24時間ごとに本部への連絡を済まさなければ爆殺となります。

ブルガリアの首都ソフィア。まさに胸の爆弾が今にも起動しそうなエージェントがいます。山下竜二は、中国の巨大エネルギー企業CNOX会長、アンディ・ウォンを探っていましたが、捕まり監禁されていました。

残り5分。救出にやってきたのは、同じエージェント仲間の鷹野一彦と相方の田岡亮一です。どうにか山下を救出するも、新たな邪魔が入ります。

鷹野とは因縁のライバルでもある、韓国のフリーエージェント、デイビッド・キムでした。

追い込まれる山下。もう時間がありません。街の公衆電話から本部へ連絡を入れようとしますが、手遅れです。バンッ! 公衆電話が血に染まります。

山下は何の情報を追って殺されたのか。鷹野たちは、アンディ・ウォンを探ります。

アンディ・ウォンのCNOXは、裏の実行部隊を動かしあの手この手でのし上がり、今後は次世代型太陽光エネルギーの実用化に向け、日本の大手電機メーカーMETと手を組もうとしていました。

山下は、METの取締役である河上満太郎の依頼を受け、アンディ・ウォンの情報を探っていたと思われます。

鷹野は、河上に直接会いに行くことにしました。河上夫妻には昔、マニラで誘拐され消息不明になっている息子がいました。

河上は、「AN通信」という秘密組織の元、危険を覚悟で情報を集める若者たちに、息子の姿を重ね心を痛めていました。

そこに届いた、山下の死の報告。そして、山下の後を引き継ぐという鷹野の実直さに、やるせなさを感じます。なぜ、ここまで命を賭けて危険な任務をこなすのか。

「AN通信」のエージェントは、幼少期に親からの虐待を受け捨てられた子供たちでした。行き場を失くした子供たちは死んだこととされ、名前を変え産業スパイとして育て上げられます。

鷹野もまた、母親に部屋に閉じ込められたまま置き去りにされた子供でした。「AN通信」の司令塔である風間武に拾われた鷹野は、高校生まで島で過ごします。

島での暮らしは偽りのものでしたが、鷹野に希望を与えてくれました。閉じ込められていた狭い世界を抜け出し、壁の向こうの広い世界に飛び出したい。鷹野は自らエージェントの道を選んだのでした。

香港のCNOX本社へ侵入し、アンディ・ウォンの企みを知った鷹野は、河上にCNOXとの提携を止めるように忠告します。

CNOXは、表ではMETの太陽光エネルギー開発に協力する姿勢をみせながら、実はMETの新型蓄電池の技術を盗むのを目的としていました。

それは、世界のエネルギーを納めるべく宇宙太陽光発電の開発に乗り出していたからです。宇宙太陽光発電には、太陽光パネルを取り付けた人工衛星。宇宙空間で集めたエネルギーをマイクロ波に変換し地上に送る技術。そして、マイクロ波を直流電流に変換するレクテナが必要です。

アンディ・ウォンは、すでに中国の砂漠地帯に巨大なレクテナ基地を建設していました。鷹野と田岡は、レクテナ基地にヘリコプターで偵察に向かいます。しかし、ヘリコプターは墜落。鷹野が捕まってしまいます。

一方、鷹野にCNOXのデータを取られたデイビッド・キムは、アンディ・ウォンに近付いていた女スパイ・AYAKOと接触し、新たな儲け話を持ち掛けます。

以下、『太陽は動かない』ネタバレ・結末の記載がございます。『太陽は動かない』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

レクテナ基地で捕まった鷹野の胸に埋められている爆発が赤く点滅し出しました。残り5分。大型車が壁を壊して乗り込んできました。田岡です。

間一髪の所で、鷹野の救出に成功。砂漠に大きな夕陽が沈んでいきます。「今日も生き延びた」。

田岡はこんな生活に疲れ切っていました。「鷹野さん、死ぬの怖くないんですか?」。鷹野は答えます。「明日のことは考えなくていい。一日一日を生きるだけだ」と。

アンディ・ウォンは、「AN通信」の動きに焦っていました。レクテナ基地とMETの蓄電技術に続き、宇宙空間で集めたエネルギーをマイクロ波に変換し地上に送る技術を開発している小田部教授を力づくで奪おうとします。

しかし、先回りしていたデイビッド・キムが、教授の娘・奈々に取り入り教授の信頼を勝ち取っていました。デイビッド・キムは、小田部教授をロシアに高値で売ろうと画策。

それを知ったアンディ・ウォンは、娘の奈々を誘拐します。鷹野たちも小田部教授の救出に向かいますが、AYAKOのさらなる裏切りにあい連れ去られてしまいます。

国の介入で計画が狂ったアンディ・ウォンは、小田部親子を船に監禁し沈める計画でした。船に潜入した田岡でしたが、救出に失敗。船はいよいよ傾き出し、海水が入り込んできました。

その時です。鷹野が姿を現しました。小田部親子を救出したものの、田岡の鎖が外れません。「行ってください鷹野さん。もういいです。こんな生活」。諦める田岡。

鷹野は決して諦めませんでした。水の中で渾身の力を振り絞り田岡を救出する鷹野。上空には、助けにきたヘリコプターがありました。デイビッド・キムでした。

「なんで、お前が?」。「俺の雇い主がお前を生かせと命令だ。鷹野に伝言を預かってきた」。

その伝言を聞いた鷹野は、島で一緒に暮らしていた同じ境遇の少年のことを思い出していました。柳勇次。唯一、親友と呼べる存在。彼は、エージェント試験の前に姿を消したきりでした。

「AN通信」の実態を知った河上は、このままでいいのかと鷹野に聞きます。「今は壁の向こうにいます。生きているだけでいい。どこにでも行けるんです」。

母親に部屋に閉じ込められ置き去りにされた少年は、自ら壁を越え世界中を飛び回っていました。胸に爆弾を抱えて。

スポンサーリンク

映画『太陽は動かない』の感想と評価


(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

世界を舞台に飛び回る産業スパイたちの活躍をスリリングに描いた、吉田修一の小説『太陽は動かない』の実写映画化。

次世代エネルギーを巡り、大手企業間の陰謀が渦巻く中、情報を操作し頭脳戦を勝利するのは一体誰なのか。手に汗握るアクションシーンの連続に、ドキドキが止まりません。

原作の『太陽は動かない』『森は知っている』を混ぜ合わせ、110分にギュギュと凝縮した実写映画化。登場人物を抑え、複雑に絡み合う国家間の政治問題を省き、コンパクトにまとめられています。

原作では、争いの元となるエネルギー開発に新油田の発見もあり、鷹野と田岡コンビがさらに危険なミッションに挑みますが、映画化ではその部分を大幅カットし、はじめから次世代型太陽光エネルギー開発を巡っての競合がメインとなっています。

映画化でミッションが絞られたかわりに、もうひとつの原作『森は知っている』に描かれている主人公・鷹野一彦の幼少期の体験が盛り込まれています

鷹野はなぜ「AN通信」のエージェントとして危険な道を歩んだのか。子供の頃の辛い体験が、大人になり危険なミッションに挑む鷹野の姿と重なり、せつないシーンとなっています。

高校生時代の鷹野を日向亘が、友達の柳勇次役を加藤清史郎、初恋の相手・菊地詩織役を南沙良が演じています。

エージェントになるための訓練をしながらも、普通の男の子として過ごした島時代。鷹野が広い世界に飛び立つまでの、もうひとつの物語が描かれています。

失踪したはずの友達が影で助けてくれたり、その後のライバルともなるデイビッド・キムとの出会いも描かれ、孤独に生きてきた鷹野にも人との繋がりがあることが分かります。

そして映画の最大の見どころは、なんと言っても鷹野(藤原竜也)と田岡(竹内涼真)の肉体美…はもちろん、迫力満点のアクションシーンの数々です。

日本を飛び出し世界中で暴れまくるエージェントたち。さらに、ヘリコプターや船でのアクションもありスケールの大きさに驚かされます。

ブルガリアのソフィで撮影された冒頭のノンストップ銃撃戦は、スタントマンなしで演じられた渾身のシーンとなっています。


(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

このシーンでは、鷹野の仲間である山下竜二(市原隼人)も登場。ベテランエージェント山下の貫禄と、胸の爆弾が発動するという緊迫した中でのアクションシーンに釘付けです。

また、韓国から出演のデイビッド・キム役のピョン・ヨハンと、謎の女AYAKO役のハン・ヒョジュも華麗なアクションを見せてくれます。

女スパイとして場をかき回すAYAKO(ハン・ヒョジュ)は、アンディ・ウォンの元で働きながら、原作ではアメリカのスパイでもありました。まさに、ルパン三世の峰不二子。最後に美味しい所を攫っていくのもお決まりです。

日本のアクション映画を代表する作品がまたひとつ増えたと言っても過言でない映画『太陽は動かない』。ぜひ、映画館で迫力あるアクションシーンを堪能してもらいたいです。

まとめ


(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

吉田修一のスパイアクション小説「鷹野一彦シリーズ」を原作に、羽住英一郎監督が実写映画化した『太陽は動かない』を紹介しました。

映画との連動で放送されているWOWOWのテレビドラマ版は、映画版では語られなかった鷹野と田岡のコンビ結成初期の様子や、「AN通信」の実態が描かれています

映画版とドラマ版を合わせて見ると、原作の世界観がまるっと分かる仕組みです。さらに、小説「鷹野一彦シリーズ」では、第三弾となる『ウォーターゲーム』も刊行されています。映画化の続編にも期待します。


関連記事

アクション映画

映画『ワンスアポンアタイム・イン・ザ・ウェスト』ネタバレ感想と評価。レオーネ代表作ウエスタンのノーカット版!

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』は2019年9月27日公開。 あのマカロニウエスタンの傑作『ウエスタン』がスクリーンでフルバージョンで蘇ります。 セルジオ・レオーネの代表作にして …

アクション映画

映画TAXi5ダイヤモンドミッション|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も 

ヒットメーカーのリュック・ベッソンが放つ大ヒット・カーアクション・エンターテイメントが11年振りに復活。 一見、平凡なタクシーが一変、超絶レーシングマシンに変身すると、今度はイタリア人強盗団を追い、マ …

アクション映画

映画『トリプル・スレット』感想と評価レビュー。世界的アクション俳優が魅せる究極の戦い

悪の陰謀に立ち向かうのは3人の戦士 『ワイルド・スピード スーパーコンボ』(2019)が公開され、ド派手なアクションに対する興奮が冷めやらぬ今日この頃。 しかし、9月6日によりシネマート新宿および、シ …

アクション映画

韓国映画『出国 造られた工作員』あらすじネタバレと感想。実話を基にイ・ボムスが北朝鮮スパイとなった男を演じる

全てを奪われスパイにされた男。衝撃の実話を基に描いたスパイ・サスペンス映画大作! 『神の一手』や『オペレーション・クロマイト』などの話題作で知られる、イ・ボムスが主演を務め、北朝鮮スパイとなった男の実 …

アクション映画

映画『イップ・マン 完結』解説と考察。シリーズ最終章はバトルアクションを通して普遍的な問いを投げる

映画『イップ・マン 完結』は新宿武蔵野館ほかにて2020年7月3日(金)より公開!! 国際的アクション・スターとして知られるブルース・リーが唯一師匠とあがめた伝説的な武術家・イップ・マン。自身の誇りを …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学