Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ウルフズコール』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。潜水艦サスペンスおすすめの精神的アクションムービー

  • Writer :
  • 秋國まゆ

「黄金の耳」を持つ特別分析官が挑む緊迫の潜水艦サスペンス・アクション

アントナン・ボードリーが脚本・監督を務めた、2019年製作のフランスの潜水艦サスペンス・アクション映画『ウルフズ・コール』

シリアでの潜航任務中、「黄金の耳」とまで言われる並外れた聴力を持つ特別分析官が、オオカミの歌(呼び声)のような正体不明のソナー音に惑わされてしまいます。

正体不明のソナー音に翻弄された、フランス海軍の原子力潜水艦に訪れる危機というのは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

新たな極限を突きつける、フランスの緊迫の潜水艦サスペンス・アクション映画『ウルフズ・コール』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ウルフズ・コール』の作品情報


(C)2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

【公開】
2020年(フランス映画)

【脚本・監督】
アントナン・ボードリー

【キャスト】
フランソワ・シビル、オマール・シー、マチュー・カソビッツ、レダ・カティブ、パウラ・ベーア、アレクシス・ミシャリク、ジャン=イブ・ベルトルート、ダミアン・ボナール

【作品概要】
アントナン・ボードリーの初映画監督作品である、フランスの潜水艦サスペンス・アクション映画です。

『メイド・イン・フランス パリ爆破テロ計画』(2015)や『私の知らないわたしの素顔』(2020)、『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋の終わりから』(2021)などに出演するフランソワ・シビルが主演を務めています。

共演は、『最強のふたり』(2012)『ジュラシック・ワールド』(2015)のオマール・シーや、『裏切りの戦場 葬られた誓い』(2012)『負け犬の美学』(2018)のマチュー・カソビッツら実力派キャストです。

映画『ウルフズ・コール』のあらすじとネタバレ


(C)2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

物語の冒頭では、古代ギリシアの哲学者アリストテレスの言葉が紹介されました。

「人間は3種類存在する。生きている人々、死んでいる人々、そして海に住んでいる人々」だと…。

シャンテレッド(通称ソックス)には、「黄金の耳」と呼ばれる、並外れた聴力を持っており、敵の動向を探る特別分析官をしていました。

ソックスはシリア沿岸タルトゥースへ潜航任務中の、フランス海軍の攻撃型原子力潜水艦「チタン」で働き、ソナーの分析を行っていました。

陸では特殊部隊の工作員たちがおり、それぞれ身を隠しながら敵の動向を窺っています。

工作員たちを回収する地点へ向かう道中、ソックスは正体不明のソナー音「オオカミの歌(呼び声)」を聞き、クジラなのか艦艇なのか迷っていました。

ソックスが分析した音の正体について発言するたび、翻弄される「チタン」の乗組員たち。

もう一度「オオカミの歌」を分析したソックスは、クジラではなく、ロシア海軍の新型艦クーガー級だと断定します。

ソックスの分析結果が、「チタン」艦長のグランシャンや副艦長のドルシに伝えられ、「チタン」は戦闘体制へ移行。

その間陸にいた工作員たちは、手を負傷した工作員の包帯から滲み出た血が草に付着したことで、敵が放った猟犬に見つかり、予期せぬ危機に陥ってしまいます。

さらにソックスの誤った分析により、ロシア海軍に「チタン」の居場所がバレてしまい、ロシア海軍対潜ヘリコプターから攻撃されてしまうのです。

グランシャンはドルシに指揮を任せ、浮上させた「チタン」の艦上から携行地対空ミサイルを、対潜ヘリコプター目掛けて発射。

その結果、対潜ヘリコプターは撃墜されました。グランシャンたちは工作員たちを回収し、任務を成功させてブレスト港へ帰還します。

しかし後日、ソックスはCIRA(音響分析センター)の司令官に呼び出され、ソナーの分析ミスについて叱られた挙句、「オオカミの歌」の調査することを許してもらえませんでした。

一方グランシャンとドルシは、ジャック・ポルト提督に呼び出され、ソナーの分析ミスによって招いた予期せぬ危機について糾弾されました。

フランスは、ロシアから圧力を受けるフィンランドを支援するため、大統領の命令によって陸軍の派遣を決定。

これにより、フランスとロシア間の関係は悪化し、ロシアからはフランスの大使に核ミサイルをチラつかされ、脅されてしまい、危うく軍事関係が経たれてしまうかもしれない事態に…。

そう話すジャック提督は、国際紛争の抑止力として出港させる、新型戦略ミサイル原潜「レフローヤブル」への転属をグランシャンに命じました。

グランシャンの後任として、ドルシが「チタン」の艦長に着任します。

その頃、ソックスはグランシャンと約束した、「オオカミの歌」の正体を探るべく、CIRA司令官の部屋へ侵入。

ソックスは、記憶したCIRA司令官との会話をヒントに、パソコンのパスワードを解き、勝手に機密情報を閲覧します。

そこで得た「ドローンF15」について調べるべく、ソックスは図書館にある専門書を探しに行きますが、そこで出会った女性ディアナと恋に落ちました。

ソックスはディアナと一夜を共にした後、彼女から「専門書はデータにはあったけど、在庫はない」と聞き、廃棄された専門書の情報は、まだCIRAに保存されているのではないかと思いつきます。

ソックスはCIRAへ行き、資料庫で自分で聞いた「オオカミの歌」の音声パターンをもとに、該当する資料を探しました。

その結果、ソックスは「オオカミの歌」の正体がドローンではなく、ロシア製潜水艦「ティムールIII型」だったと突き止めます。

しかしその直後、CIRA司令官に見つかったソックスは、勝手に上官のパソコンから機密情報を閲覧したなどの規則違反により、拘束されかけました。

一度資料庫に閉じ込められたソックスは、扉越しにCIRA司令官にこう叫びます。

「オオカミの歌の正体はドローンF15ではなく、フィンランドにも現れたティムールIII型だ。シャフトが摩耗していたから、音が非対称だった。何年前も廃棄されたと思われたティムールIII型は、実はロシア軍が隠しており、フランスから情報が抹消されるのを待ってから、再び海に戻った。だからデータがないため、ティムールIII型だと判別することができなかったのだ」と。

CIRA司令官はソックスの分析結果をもとに、イギリス軍へ確認を取ってみたところ、「チタン」が感知したものと同じ、「ティムールIII型」から発せられたソナーだという事が判明。

さらに、グランシャンがソックスを「レフローヤブル」の乗組員へと推薦したこともあり、CIRA司令官は渋々、彼を拘束せず見逃すことにしました。

CIRA司令官とジャック提督の監視のもと、「レフローヤブル」に乗るためのソナー分析テストを受けたソックスは、見事合格し、明日「レフローヤブル」の乗組員として任務に赴くことが決まりました。

そんなソックスを激励したドルシは、「チタン」の乗組員と合流。乗艦前、近くに停泊する「レフローヤブル」に乗るグランシャンと敬礼を交わします。

ソックスはグランシャンと合流し、「レフローヤブル」に乗り込もうとしましたが、彼から「メディカルチェックの結果、君の尿から大麻が検出された。乗艦は許可できない」と言われてしまいました。

「レフローヤブル」の乗組員から降ろされてしまったソックス。彼は自暴自棄になりつつ、「レフローヤブル」「チタン」を見送った直後、慌ただしく人々が動く中、司令部が封鎖されていくのを目撃しました。

封鎖される直前に司令部に潜り込んだソックスは、そこでロシアの戦略ミサイル原潜が、フランスに弾道ミサイルを発射したことを知るのです。

司令部が総出で調べた結果、そのロシアの戦略ミサイル原潜が、シリアでの任務中に遭遇した「ティムールIII型」であると判明しました。

ジャック提督は、司令部に居合わせたソックスにソナーの分析を頼み、「ティムールIII型」であるという確証を得ます。

その後、潜航する「レフローヤブル」にいるグランシャンと副艦長に向けて、司令部から暗号化されたメッセージが届きました。

その内容は、「フランスがロシアから攻撃を受けようとしている。任務を変更し、ロシアへ核ミサイルを発射し、国を守るために反撃せよ」という大統領からの命令でした。

以下、『ウルフズ・コール』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウルフズ・コール』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

迎撃すべく弾道ミサイルが発射されようとした瞬間、ソックスはロシアの弾道ミサイルには核弾頭が非搭載であることに気づきます。

弾道ミサイルが迎撃に失敗した直後、ソックスはその事をジャック提督に進言。

その瞬間、CIRA司令官が司令部に現れ、ソックスがいることに関して一悶着あったものの、CIRA司令官もソックスの分析は正しいと確認しました。

ジャック提督はソックスとCIRA司令官を連れ、地下にある部屋から電話をかけ、フランスの国防省長官にこの事を報告しようとします。

フランスの国防長官は、アメリカの国防長官から得た情報を、ジャック提督たちに伝えました。

それは2年ほど前、ロシア軍の太平洋艦隊隊長が「ティムールIII型」を、中東のアルジャジーラにいるテロ組織に、潜水艦の相場に値する1億2,000ユーロで売却したこと。

そして、テロ組織は核弾頭非搭載の弾道ミサイルを発射し、フランスがロシアに攻撃されたと勘違いするよう仕向け、報復のための本物の核ミサイルを撃たせて核戦争を起こそうとしたということでした。

つまり、テロ組織はシリアで「ティムールIII型」の存在をチラつかせ、それをフランス海軍が分析することも、核戦争の誘発計画の内だったのです。

それを知らないグランシャンたちは海軍の掟により、一度大統領命令が出た時点で通信をすべて遮断し、核ミサイルの発射準備に移行しています。

そんな「レフローヤブル」に、攻撃中止だと言って止めることはできません。

国防長官から、何としても「レフローヤブル」に攻撃中止を命じるよう言われてしまったジャック提督。

CIRA司令官と側近の男と議論した結果、彼はソックスを連れてヘリに乗り、「レフローヤブル」が潜航する海域付近にいる「チタン」へ向かうことにしました。

その道中、ジャック提督はブーツが発する靴音が気になっても、有事の際には支給されたブーツを履いておけとソックスに言います。

シャンテレッドがソックスと呼ばれる理由、それは優れた聴力によって自分が履いたブーツから発せられる靴音まで気になってしまうため、3か月間靴下のままでいたからでした。

ヘリから降下し、「チタン」の艦内へ到着したジャック提督とソックス。ジャック提督は真っ先に出迎えたドルシを含め、乗組員全員にこう告げました。

「敵の罠に嵌った。“レフローヤブル”がこのまま核ミサイルを発射すれば、ロシアから反撃され、核戦争が起きてしまう。我々の最優先任務は、グランシャンを止めること。何があろうとな」と。

ドルシは葛藤の末、乗組員全員に戦闘は位置につけと命令し、「レフローヤブル」の捜索に協力します。

実直で合理的な手段に出るグランシャンの性格上、核ミサイルによる人々への被害を最小限にするため、浮上しないまま核ミサイルの弾道を再調整するだろうと推測するドルシたち。

ジャック提督は基地に連絡を取り、戦闘機2機を使って「レフローヤブル」が潜航する上空へ轟音を響かせ、ソナーを海底にぶち込もうとします。

「レフローヤブル」が爆音を避け、「シルセ」というマジックポイントに向かうはずだと信じて…。

一方、カリプソのマジックポイントを潜航中の「レフローヤブル」。グランシャンは、突然海底に現れたソナーの爆音を避けるため、シルセへと向かいました。

ドルシは無線を使ってグランシャンに呼びかけましたが、彼は海軍の掟に従い、ドルシの無線に応答することなく、そのまま無線を遮断します。

その直後、ソックスの「黄金の耳」が捉えた音は、「レフローヤブル」が接近してくる音でした。

しかし、途中でその音は消えてしまい、ジャック提督はソックスに「レフローヤブル」の動向を探るよう強く命じますが、酷く怯えた様子のソックスは分析を放棄してしまうのです。

ソックスが席を離れた直後、ドルシは自分が潜水服を着て、単身接近してグランシャンと直接話し合うことを決断します。

潜水服を着たドルシが「レフローヤブル」に接近し、通信を試みようとした瞬間、「レフローヤブル」から魚雷が発射されました。

「レフローヤブル」の乗組員は副艦長を含め、「チタン」が自分たちに攻撃を仕掛けてくるつもりだと認識してしまったため、グランシャンは葛藤の末、「チタン」への魚雷発射を命じたのです。

魚雷は「チタン」に当たり、ソックスが逃げ込んだ場所がダメージを受け、火災が発生。

魚雷の余波で水中にいたドルシは、離れていく「レフローヤブル」もといグランシャンを見つめたまま、海底へと沈み死亡しました。

魚雷によるダメージを受け、負傷したソックスは失った意識の中で、「お前を信じている」と告げるグランシャンの姿を見ます。

その頃「レフローヤブル」は、魚雷の発射直後に姿を眩ませ、大統領コードを入力し、核ミサイルの発射を敢行しようとします。

意識が戻り、駆けつけた乗組員によって救助されたソックスは、「レフローヤブル」の動向を探る分析を再開。

その結果、核ミサイルを発射しようとしている「レフローヤブル」の位置を特定し、ドルシの代理を務めるジャック提督は、有線誘導魚雷による攻撃を命じます。

核ミサイルの発射準備により、回避行動がとれない「レフローヤブル」。グランシャンは魚雷攻撃を敢行し、有線誘導ワイヤーの限界距離まで追い込み、有線誘導ワイヤーの切断を試みました。

ジャック提督は「チタン」副艦長に回避するよう言われましたが、相打ち覚悟でこのまま有線誘導魚雷による攻撃を続けさせます。

核ミサイル発射まで残り40秒、「チタン」側と「レフローヤブル」側がお互いに魚雷攻撃による衝撃に備える中、グランシャンは少しでも時間を稼ぐため、デコイの発射を命じました。

ジャック提督はデコイに騙されることなく、魚雷の軌道を修正し、「レフローヤブル」への有線魚雷攻撃を続行。

これに対しグランシャンは、すぐさまソナーとエンジンを遮断させて、再び姿を消そうとします。

しかし、核ミサイル発射まで残り20秒のところで、「レフローヤブル」が姿を現す位置を先読みしていたジャック提督により、「レフローヤブル」の位置が特定されてしまうのです。

「レフローヤブル」は魚雷による至近攻撃を受け、中破。それに対し「チタン」は、「レフローヤブル」からの魚雷が直撃し、大破してしまいます。

重傷を負ったグランシャンが、魚雷の至近攻撃によって発生した火災で、一酸化炭素ガスが充満する中、痛む体を引きずってでも核ミサイルを発射させようとしました。

そんなグランシャンの元へ、「チタン」からソックスの悲痛な叫びが無線で届きました。

「最後にもう一度、私のことを信じてください。どうかお願いです、ミサイルを発射しないでください。大きな過ちを犯すことになる。これだけはどうしても伝えたかった。オオカミの歌が聞こえる。さよなら艦長」と…。

グランシャンは必死に手を伸ばし、差し込んでいた大統領コードを引き抜いて、核ミサイルの発射を中止させます。

その直後、充満した一酸化炭素のガスにより、グランシャンは大統領コードを握りしめたまま死亡。

大破した「チタン」の中で、怪我を負いながらも生きていたソックスは、ジャック提督の助けによって海上へ浮上していきます。

ジャック提督を含む「チタン」の乗組員は全員、沈みゆく「チタン」と共に海底へ沈んでいきました。

無事救助されたソックスは、浮上した「レフローヤブル」の艦上で、生き残った副艦長を含めた「レフローヤブル」の乗組員たちと共に、核ミサイル発射作戦によって命を落としたグランシャンたちを弔います。

帰港したソックスが、弔いとして花の輪が投げ込まれた海を見つめていると、後ろからディアナが現れたことに気づき、彼女の両手を両耳にあてがいました。

そんなソックスが振り向き、ディアナと見つめ合う姿を最後に、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『ウルフズ・コール』の感想と評価


(C)2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

“黄金の耳”によるソナーの分析力

物語の前半では、正体不明の「オオカミの歌」に惑わされ、ソナーの分析ミスをしてしまうソックス。

そんな彼が、たった二度聞いただけの「オオカミの歌」を帰港してもなお記憶し、執念で調査してロシア製潜水艦「ティムールIII型」のソナー音だと突き止めたことが凄いです。

それだけでも充分凄いことをやっているのに、ソックスは物語の中盤から、よりその能力を遺憾なく発揮していきます。

それは、潜航中の「レフローヤブル」の位置を二度も特定し、駆動音やソナー音だけでグランシャンたちがどんな行動に出るのか分析したのです。

核ミサイルの発射を阻止し、中東のアルジャジーラにいるテロ組織が企んだ核戦争が起こらないようにしたソックスの「黄金の耳」による功績は、思わず拍手喝采を送りたくなります。

「レフローヤブル」vs「チタン」の戦い


(C)2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

物語の前半は、共に命がけでロシア海軍の対潜ヘリコプターと戦い、生還したグランシャンたちの強い絆を感じてきた視聴者にとっては、とても心苦しい場面が描かれています。

何が何でも海軍の掟に従って核ミサイルを発射しようとするグランシャンと、それを阻止するためには攻撃することもやむを得ないと思うジャック提督の、最後の最後まで仲間を想う熱い気持ち

画面越しに伝わってくる魚雷攻撃による衝撃の大きさ、魚雷やデコイによる攻撃の攻防戦。

それらがもたらすドキドキハラハラするスリルと、味方の潜水艦同士がぶつかり合う壮絶なバトルが見られる興奮が味わえるアクション場面は、最高に熱いです。

まとめ


(C)2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

特別分析官が並外れた聴力「黄金の耳」を活かし、敵の罠に嵌ってしまった味方の潜水艦を阻止しようとする潜水艦サスペンス・アクション作品でした。

オマール・シーやフランソワ・シビルら実力派キャストが演じたからこそ、味方同士が相手の動向を探りながら戦う緊迫感あるスリルと、魚雷やデコイの攻撃による迫力と興奮がたっぷり堪能できます。

戦いの鍵を握るのは、「オオカミの歌」のようなソナー音の正体が、ロシア製潜水艦「ティムールIII型」のソナー音だと突き止めたソックスという衝撃的な展開に、誰もが驚かされ感嘆することでしょう。

中東のアルジャジーラにいるテロ組織がフランス海軍と戦う場面は、物語の前半のみで少し物足りなく感じますが、国家間の関係を揺るがすサスペンス映画として観れば面白いです。

フランス海軍の仲間同士の熱く強い絆を感じつつ、味方同士で戦う羽目になった潜水艦同士の壮絶なバトルが繰り広げられる、潜水艦サスペンス・アクション映画が観たい人に、とてもオススメな映画です。







関連記事

アクション映画

映画オペレーション・クロマイトあらすじとキャスト一覧!感想レビューも

今なお歴史にその名を刻む連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー。彼の指揮の下、命懸けの潜入作戦を決行した今は名も無き兵士たちの熱き実話を実写化。 映画『オペレーション・クロマイト』は、2017年9月 …

アクション映画

映画『狐狼の血』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【役所広司×松坂桃李共演】

映画『孤狼の血』は、2018年5月12日より全国ロードショー! 「仁義なき戦い」シリーズに代表される、かつての、東映実録路線に強い影響を受けたと公言している柚月裕子の日本推理作家協会賞受賞作『狐狼の血 …

アクション映画

【マイティソー バトルロイヤル】ネタバレあらすじと感想!ラスト結末も

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に繋がる重要な1作! アベンジャーズならぬ、凸凹のリベンジャーズ結成!? MCU待望の最新作にして「マイティ・ソー」シリーズの第3作目。 『マイティ・ソー バ …

アクション映画

三森すずこ吹替版チェンナイエクスプレスあらすじとキャスト!プレゼント情報も

三森すずこが実写の吹替えを初挑戦!『チェンナイ・エクスプレス~~愛と勇気のヒーロー参上~』日本語吹替版TV初放送決定! 7月29日(土)21:00よりファミリー劇場で放送内容やサイン台本プレゼント情報 …

アクション映画

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』ネタバレと感想!ラスト結末も

あらゆるものが「崩壊(BREAK)」する!?世界待望のワイスピ最新作!! シリーズ通算8作目となる大人気カーアクション映画『ワイルドスピード ICE BREAK』をご紹介します。 スポンサーリンク C …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学