Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/04/09
Update

潜水艦映画『Uボート235潜水艦強奪作戦』あらすじネタバレと感想。ハズレなしの冒険海洋アクション活劇をベルギー製として描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録34

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第34回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第34回で紹介するのは、第2次世界大戦下の大西洋を舞台にした戦争映画『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』

第2次世界大戦が始まると、ナチスドイツに占領されたベルギー。しかしドイツ軍に対し、抵抗運動を続ける精鋭レジスタンス部隊がいました。

彼らの腕を見込んだ連合軍は、特別かつ危険なミッションを与えます。それは戦争の流れを左右する、重大な使命でした…。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』の作品情報


(C)A TEAM PRODUCTIONS – COLUMN FILM – 10.80 FILMS – MACGYVER

【日本公開】
2020年(ベルギー映画)

【原題】
Torpedo

【監督・脚本】
スヴェン・ハイブリクス

【キャスト】
ケーン・デ・ボーウ、トゥーレ・ライフェンシュタイン、エラ=ユン・ヘンハルド

【作品概要】
拿捕したドイツ海軍Uボートを操って、アメリカを目指す極秘ミッションを与えられた、レジスタンス集団の活躍を描く戦争アクション映画。監督・脚本はベルギーのテレビ業界で活躍するスヴェン・ハイブリクス。彼の初長編映画となる作品です。

主演は「未体験ゾーンの映画たち2019」で上映された、『アンノウン・ボディーズ』のケーン・デ・ボーウ。ドイツやアメリカで幅広く活躍する スーリー・リーフェンスタイン、『Bo 堕ちていく少女』『Boy 7』に出演の、映画評論サイト「TC Candle」が毎年発表する「世界で最も美しい顔ベスト100」で、2015年その1人に選ばれたエラ=ユン・ヘンハルドが出演しています。

映画『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』のあらすじとネタバレ


(C)A TEAM PRODUCTIONS – COLUMN FILM – 10.80 FILMS – MACGYVER

第2次世界大戦初期、ナチス・ドイツに占領されたベルギー。街はドイツ兵で溢れ、街路に処刑された市民が吊るされていました。

しかし占領軍に抵抗するレジスタンスは健在でした。ドイツ軍の高級将校が到着すると、バズーカ砲で攻撃します。慌てふためくドイツ兵に吊るされていた男たちが、隠し持っていた銃を撃ちまくります。彼らも偽装したレジスタンスの戦士でした。

襲撃を成功させ、降伏を申し出た高級将校を捕虜にして撤収するレジスタンスたち。

1941年、ロンドンの連合軍戦略会議室。ナチスドイツがヨーロッパを席巻する中、戦局の打開を図る1つの方策が検討されていました。非常時には非常の策を用いようと決断が下されます。

本国を失ったものの、植民地のコンゴを統治しているベルギー亡命政府は、極秘裏に進められる作戦の指揮官に、マース大尉を指名します。

無謀な作戦に反対するイギリス海軍に、船と捕虜を用意させて実行する作戦。その任務を果たす要員にマース大尉は、占領下の本国でレジスタンス活動しているベルギー軍元兵士のグループ、通称”バッド・エッグス(悪人たち)”を充てるつもりでいました。

命令に従わず行動する彼らは、連合軍からもお尋ね者と扱われ、見つけ次第射殺せよとの命令が出ていました。捕えて射殺するなら生還の見込みの無い、無謀な作戦に彼らを使った方がましだと主張するマース大尉。

その”バッド・エッグス”こそ、ドイツ軍襲撃を成功させたレジスタンスでした。捕虜は本部に引き渡す予定でしたが、リーダーのスタン(ケーン・デ・ボーウ)は、顔を浴槽の水につける拷問を遠慮なく加えていました。

スタンの娘ナディーン(エラ=ユン・ヘンハルド)は、父に自分を襲撃に加えてくれなかったと文句を言います。レジスタンスのフィリップが止めるのも聞かず、浴槽に手榴弾を投げ込んで捕虜を殺したスタン。

一方マース大尉は捕虜であるドイツ海軍のUボート艦長、フランツ( スーリー・リーフェンスタイン)に息子の死を告げ、協力を要請していました。祖国への裏切りを拒むフランツ艦長に、大尉は彼の孫の存在を告げ、救える命のために働いて欲しいと訴えます。

射撃の名手のナディーンに、手に入れた特殊な銃弾を渡すフィリップ。彼女が試し撃ちすると巨木が真っ二つになります。スタン以外のレジスタンスは、2人が付き合っていると知っていました。

ベットで寝ていたスタンは、悪夢に苦しめられていました。匿ったユダヤ人の行方を聞き出そうとする、ナチ親衛隊に彼が自宅で尋問された時の記憶でした。彼の目前で妻が射殺される光景を見て目覚めたスタン。

父を手当てするナディーンは、フランスに逃れた母と生まれて間もない弟ルイからの、便りがないことを気にしていました。スタンは戦時下で止むを得ないと言い聞かせます。

“バッド・エッグス”の元に、捕虜を引き取りに現れた伝令は、重要人物をスタンが殺したと知り怒り、そして預かった封筒を差し出します。それは彼らにコンゴへ向かえとの命令書でした。俺たちにはドイツ人を殺せる、この場所で充分だとスタンたちは反論します。

しかし高額の報酬が示され、伝令から任務が成功すれば多くのナチが死ぬと告げられます。そしてナディーンを安全な場所に移せると言われ、任務を引き受けたスタン。

レジスタンスたちは輸送機や船を乗り継ぎ、ついにコンゴに到着します。そして彼らは海に浮かぶ、ドイツ海軍の潜水艦Uボートを目にします。

連合軍に捕獲された潜水艦U-235に乗り込んだ彼らを、マース大尉が出迎え任務を説明します。彼らの使命はコンゴで採掘された戦略上重要な物資、ウランを積んだUボートでドイツ海軍の監視の目を逃れ、極秘裏にアメリカに向かうことでした。

都市をも破壊できる原子爆弾の開発にウランは必需品です。開発でドイツに遅れをとらないためにも、この戦略物資をアメリカに届けねばなりません。彼らは3週間で潜水艦を操作する訓練を受けた後、出発するとの命令を受けます。

潜水艦に手錠を付けた男が連れて来られます。それは捕虜となったドイツ海軍の元Uボート艦長、フランツでした。ナチと一緒にアメリカに行けるか、と反発するスタンに、彼の任務は君たちの訓練だけだと説明するマース大尉。

手錠姿で訓練を開始するフランツ艦長は、3週間で操作を覚えるなど無理だ、と告げます。だが自分は同行しないので結果はどうでもいい、と告げてから潜水艦の各部を説明し始めます。

マース大尉は彼らに役割を与えます。スタンは艦長を支え乗組員をまとめる一等航海士、タムとクリッセは機関室、無線技術に長けたワーナーは無線室とソナーの担当です。

フィリップとフォンスが操舵を、サツカーの名選手であるファン・プラーグは、トリムタンクを操作します。しかしナディーンに役割はありません。スタンは娘を航海に同行させず、積み込むウランが到着すると、彼女を安全なコンゴの農園に逃れさせるつもりでした。

フランツ艦長からぶ厚いマニュアルが渡され、彼らの訓練が開始されます。徐々に操作を身に付けるレジスタンスたち。ウラン到着の前夜、別れのキスを交わすフィリップとナディーン。

朝になるとウランを積んだ小船が到着します。黒人の巨漢イェンガが潜水艦に乗って、船を接舷させます。しかしレジスタンスのフォンスは、黒人に偏見を持っていました。

皆はイェンガと共に潜水艦にウランを積み込み、ナディーンは下船の準備をします。ところがワーナーが、潜水艦の位置を告げるドイツ軍の無線を傍受します。

フィリップがマース大尉に報告し、辺りを伺うと水平線にドイツ軍の艦艇が見えます。こうなっては今すぐ潜水艦を動かすしかありません。

レジスタンスたちは、まだ実際に潜水艦を動かしたことはありません。出港を命じるマース大尉に、下船する予定のフランツ艦長は自殺行為だと指摘します。スタンはウランを積んで来た船の船長が、ドイツ軍に通報していると気付きます。

気付かれたと悟るや、小船はU-235から離れます。マース大尉とフランツ艦長は争い、大尉の抜いた銃が暴発します。スタンらが駆け付けると、マースは射殺されていました。

事故だったと拳銃を差し出すフランツ艦長を、スタンが射殺しようとしますが、フィリップが阻止します。今の状況で潜水艦を動かすには、彼の存在が不可欠です。スタンに連行される艦長が落した孫の写真を、クリッセが拾い上げていました。

小船が逃げた結果、下船するはずのナディーンと、積み込み作業をしていた黒人のイェンガも、潜水艦に留まることになりました。スタンに脅され、出港を指示するフランツ艦長。

U-235は動き始めます。イェンガも機械技師と知ったクリッセは、彼も機関室の操作要員に加えます。ドイツ軍の水上艦が近づいており、艦長は潜水の操作を教え、潜航に移らせます。

手が自由に使えないフランツ艦長は、スタンに手錠を外すよう願いますが拒否されます。信用できるようになったら外すと告げるスタン。互いを疑いながらも、協力せざるを得ない立場を確認させられる2人。

敵は飛行機を飛ばし捜索していましたが、潜水している限り見つかる危険はありません。ところがタムがトイレの操作を誤り、艦内に水が吹き出ます。

艦長が浸水を止めましたが、水がバッテリーに触れ塩素ガスが発生します。充満すれば艦内の人間の命はありません。疑うスタンに構わず、艦長は急速浮上を指示しました。

浮上とともに皆艦外に出て、どうにかガスから逃れました。現れた戦闘機に対空機銃を向けますが、旋回して近寄ってきません。機銃に狙われているので射程外にいますが、潜航に移れば攻撃してきます。といって浮上航行を続ければ敵艦がやってきます。

意を決し皆は潜水艦に乗り込み、ハッチを閉め潜航に移ります。戦闘機が攻撃しようと寄ってくると、身を隠していたスタンが対空機銃を操作し、戦闘機を撃墜しました。

スタンを残したまま潜航した潜水艦は、すぐさま浮上に移ります。フランツ艦長とフィリップが外に出ると、かろうじな無事な姿を見せたスタン。

偶然から乗り合わせたイェンガを、機関室の2人は仲間として受け入れていましたが、黒人嫌いのフォンスは同じ場所に休ませることすら拒否します。

スタンは妻を失った日、幼い子供を人質にして脅すナチ親衛隊に屈し、匿っていたユダヤ人の居場所を告げました。しかし親衛隊将校は、その子を彼の前で溺死させます。スタンはその事実を、娘ナディーンに伝えられずにいました。

今だ手錠をつけて眠るフランツ艦長が目を覚ました時、スタンは彼を黙って見つめていました。何も言わずに去ってゆくスタン。

U-235潜水艦は狭い艦内に様々な火種を抱えながら、アメリカを目指し進んでゆきます。

以下、『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』のネタバレ・結末の記載がございます。『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)A TEAM PRODUCTIONS – COLUMN FILM – 10.80 FILMS – MACGYVER

ドイツ海軍の監視を逃れ、順調にアメリカへの航海を続ける潜水艦U-235。しかしフランツ艦長は予定の航路を外れていたと気付きます。フィリップが持ち場を離れ、操舵をフォンスに任せっきりにしていたためでした。

フィリップを探した艦長は、彼が機関室で人目を逃れ、ナディーンと寝ている姿を見つけます。叱りつける艦長ですが、ナディーンの父スタンが姿を現すと、何とか隠してやろうと振るまいます。

しかしスタンは気付き、怒り狂ってフィリップに掴みかかり、魚雷発射管から海中に叩き出そうとします。そんな父に飛びかかり、自分の人生の邪魔をするなと怒るナディーン。

結婚するまで父に従えというスタンに、ナディーンはだったら結婚する、艦長にはその権限があると主張します。確かに船の上では艦長に結婚を認める権限があり、フランツ艦長はナディーンの希望に従います。

父親以外の乗員が見守る中、艦長に結婚の誓いを述べるナディーン。怖気づいたフィリップが誓いを躊躇している時、見張りについたスタンが何かを見つけました。

それはドイツ軍の駆逐艦で、恐らく潜水艦に先導され現れたと思われます。一同は結婚式を中断し艦内に戻り潜航します。フィリップが誓わなかったことに腹を立てるナディーン。父はともかく、母親は結婚を祝福するとの彼女の言葉に、表情を変えるフィリップ。

彼はナディーンの母と弟の死を知っていました。フィリップの取り乱した様子に気付いたナディーンに追求され、ついに事実を伝えます。スタンは娘に事実を伝えられず、2人はフランスで生きていると偽り続けていました。

艦内に敵の魚雷が迫ってくるとの警告が響きます。全員が持ち場につくとU-235はさらに深度を下げ、かろうじて魚雷をかわすことが出来ました。フランツ艦長は機関を止めさせ、音を立てるなと指示します。

艦長が予測した通り、ドイツ軍の駆逐艦だけでなく潜水艦もいました。敵はまだ後方に潜んでいます。フランツ艦長はクリッセに魚雷の配線の一部を切断するよう命じます。

ところがワーナーが誤ってレコードを作動させ、艦内に鳴り響く音は敵潜水艦は探知されました。至急機関を動かし、全速で航行せよと命じる艦長。

敵潜水艦はU-235の真後ろ400mにいます。後部の発射管に、フランツ艦長は細工した魚雷の装填を命じますが、作業中誤って魚雷は落下し、ファン・プラーグの足を潰します。

何とか魚雷を装填すると、艦長は発射を指示しかけますが、ドイツ人を殺せと叫ぶスタンの声を聞き、思わず命令を躊躇します。彼に代って発射を命じるスタン。

敵潜水艦も魚雷を発射していました。それはU-235に接触しますが爆発せず、船体をこすりながら通過していきます。距離が近過ぎて安全装置が働き、爆発しなかったのです。

しかしフランツ艦長は、発射する魚雷の安全装置を切らせていました。魚雷は敵潜水艦に命中、船体を破壊していました。

近距離での爆発の衝撃はU-235を襲い、艦内は大きなダメージを受け、やむなく浮上に移ります。そしてファン・プラーグの容態は思わしくありません。

やむなくスタンは、経験者のフォンスに彼の足の切断を命じます。しかし彼と仲の良いフォンスは断り、代ってフィリップが切断します。麻酔無しに足をノコギリで切られ、悲鳴を上げるファン・プラーグ。

艦長はその悲鳴を聞きながら、タムとイェンガと共に損傷の修理を続けます。艦内は重苦しい空気に包まれます。

今後の作業し易くするためと告げ、スタンはフランツ艦長に手錠の鍵を渡します。サッカーが得意でプロの選手にもなれたファン・プラーグが、足を失ったことを悔やむスタン。才能を失った若者の無念を、艦長も深く感じていました。

サッカーの経験を聞かれ、常に兵士だったと答える艦長。兵士はチームを選べない、という彼の言葉の意味を噛みしめるスタン。

すると汽笛が聞こえてきます。確認すると傍にドイツ軍の駆逐艦が停泊していました。逃げ出せる状況ではなく、呼びかけを無視していれば敵として砲撃されます。

駆逐艦艦長の無線に、フランツ艦長が応答します。U-235は機雷で損傷し、活動区域を離れてここにいるとの返事に、駆逐艦は修理技師を送ると伝えてきました。

必要ないと言っても援助を申し出る駆逐艦に、ついに艦長は受け入れを認めます。スタンは怒りますが、拒否すれば怪しまれると説明するフランツ艦長。

怪しまれないようナディーンとイェンガに姿を隠させ、乗りこんできたドイツ士官たちには、フランツ艦長に話させるスタン。

3名がU-235に乗り込んできました。ドイツ海軍も偽のUボートが、アメリカにウランを運んでいる情報を掴み、警戒していました。フランツ艦長は無線で伝えた通り、自分たちで修理できるので、ここは酒を酌み交わそうと誘います。

誤魔化せるかに思えましたが、運悪くファン・プラーグが目を覚まします。ドイツ士官は医療訓練を受けた部下に容態を診させますが、ファン・プラーグの言葉を聞き、ドイツ人ではないと気付いた彼は叫びます。

艦内は銃撃戦となり、ワーナーとファン・プラーグが命を落とします。スタンに銃を向けるドイツ士官をフランツ艦長が射殺し、殺し合いは終りました。

ユダヤ人への人体実験を見たことがある、と艦長は話します。彼はウランが大量破壊兵器になることも知っていました。ナチスが核兵器を手に入れたら何をするか、もう見て見ぬふりは出来ない。ヒトラーが先に完成させたら神のご加護を、と語るフランツ艦長。

今だに技師たちが戻らないことに、駆逐艦は怪しみ始めていました。乗組員を配置につかせ、砲口はU-235に向けられます。スタンは娘のナディーンにライフルを渡します。

ナディーンはライフルに、あの大きな破壊力を持つ銃弾を装填します。彼女の放った1弾は砲口に飲み込まれ、砲塔を吹き飛ばす大きな爆発が起きました。

急速潜航を試みるU-235。しかし駆逐艦の体当たりを受け、損傷して沈んでいきます。沈没を防ぐには扉を閉め、浸水を防ぐしかありません。浸水区画に取り残されたタムは、クリッセに助けを求めながら命を落とします。

それでも沈んでゆく潜水艦。水圧に耐え兼ねボルトが飛び、スタンの腹を貫きます。ついに海底に着底した衝撃で扉がふさがり、浸水区画に取り残されたナディーン。

フランツ艦長とフィリップには彼女を救う術はありません。艦長はパイプを叩き、モールス信号で別の区画に逃げたスタンらに事態を知らせます。自分の命は長くないと悟ったスタンは、娘の命を救おうと魚雷発射管から海中に出ます。

ナディーンのいる区画は海水で満たされ、命は尽きようとしていました。扉のガラス窓越しに、結婚式で言えなかった、誓いの言葉を告げるフィリップ。

彼女が意識を失った時、海中から区画にスタンが入ってきました。彼は扉をふさぐパイプを取り除きます。フランツ艦長とフィリップが扉を開け、2人は救出されました。

父の必死の処置で、ようやく息を吹き返したナディーン。その知らせを聞きフォンスは、偏見を忘れてイェンガと抱き合い喜びます。

フランツ艦長は、もうすぐアメリカだと告げると、帽子をフィリップに渡します。スタンに出港した時に、この日がきっと来ると決意していたと、語りかける艦長。クリッセは隠し持っていた、彼の孫の写真を渡します。

艦長は浸水した区画に入ると、海水の中でトリムタンクを操作し排水を開始します。最期に自分の指輪と娘のナディーンを、フィリップに託したスタン。

フランツ艦長の操作でU-235は浮上し始めますが、彼は水の中で孫の写真を眺めながら、死を迎えました。スタンもまた、娘とフィリップの前で力尽きます…。

4年後。1945年8月6日のマイアミ。浜辺には生き残ったクリッセとフォンスとイェンガ、そして息子をもうけたフィリップとナディーンの姿がありました。

そしてラジオは、広島に原爆を投下したことを発表する、トルーマン大統領の声明を放送していました。

スポンサーリンク

映画『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』の感想と評価


(C)A TEAM PRODUCTIONS – COLUMN FILM – 10.80 FILMS – MACGYVER

ツッコミどころ満載の冒険アクション活劇

熱いハートを持った、ならず者部隊が大活躍する、第2次世界大戦を舞台にした海洋アクション映画。ファンの期待に応えるシーンの数々が登場しますが、戦争映画に詳しい人でなくても、思わず首をかしげるシーンが多数登場します。

冒頭からこの時期に存在しないバズーカ砲や、冗談みたいな威力の小銃弾が登場。そしてどうやってドイツ占領下のベルギーからコンゴまで行ったのやら。映画は必要とあれば、画面上の矢印1つの動きで困難な移動も説明できますから、実にリーズナブルです。

コンゴに現れるドイツ戦闘機、果たしてどこから飛んで来たのでしょう。素人に3週間で潜水艦の操作を覚えさせる無茶振り以前に、あの人数でUボートは動かせません。そもそも実在のU-235潜水艦は1942年に就役、こんな運命をたどってはいません。

当時技術的にほぼ不可能だった、潜水艦同士の水中戦ですが、このシーンは映画の大きな見せ場。描写もしっかりしているので許してあげましょう。

これ以外にも戦争映画ファンはツッこみたくなる描写満載ですが、そうでない人でも浸水や水圧をなめてるとしか思えない、登場人物の超人的活躍には素朴な疑問を覚えるでしょう。

「ウチの爺ちゃん、兵隊として送られた太平洋の島から、アメリカ軍の飛行機盗んで、自分で操縦して日本に帰ってきた」…なんてヨタ話と同様、痛快なホラ話と承知の上で、活劇の数々を楽しむべき戦争映画です。

冒険活劇ファンのスヴェン・ハイブリクス監督


(C)A TEAM PRODUCTIONS – COLUMN FILM – 10.80 FILMS – MACGYVER

本作が長編映画監督デビュー作になるスヴェン・ハイブリクスは、ロバート・アルドリッチ監督の『特攻大作戦』のような、特殊な任務を帯びた男たちが活躍する、戦争映画が大好きだったとインタビューに答えています。

そんな映画が、自分のデビュー作になると思わかったと話すハイブリクス監督。プロになってから本作を撮るまでに10年かかり、その間シナリオも描き直されます。本作のような規模の大きな作品の、ベルキーでの製作は非常に困難。撮影が開始した時は非常に緊張したと語っています。

なお潜水艦の水中戦のシーンは、CGではなくミニチュアを使用。撮影の何年も前に、父親のプールを使用してテストを行ったそうです。非常に高額な予算を投じない限り、CGでのリアルな水中爆発は表現できないと語る監督の、自慢のシーンに注目して下さい。

子供が好きになる映画は、子供向け映画ではなく『レイダース 失われたアーク』『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』『グーニーズ』のような映画だと話す監督。彼が子供の時に受けた影響は、作品の隅々から伝わってきます。

まとめ


(C)A TEAM PRODUCTIONS – COLUMN FILM – 10.80 FILMS – MACGYVER

冒険戦争活劇に、第2次世界大戦下のベルギーの歴史を重ねたものが本作です。実際に原爆開発に使われたウランは、映画に登場したベルギー領コンゴの、シンコロブエ鉱山から採掘されたものが使用されました。

映画に登場するありえない描写の数々に、眉をひそめる方もいるでしょう。名作映画『U・ボート』のような、リアルな描写を期待した方ならなおさらです。

娯楽映画として楽しむには、真面目で重い描写が数々登場。ドイツ軍に蹂躙され、映画『ダンケルク』か描いた連合軍撤退を前に降伏した、ベルギーの歴史を反映しています。誰もが想像できる、史実に基づくラストもあって、鑑賞後に複雑な思いを感じる方もいるでしょう。

それでもこの映画は、ベルギー本国では極めて好意的に受け取られています。自国でこれだけのスケールに映画が作れたこと、自国の歴史を背景に本格的な冒険アクション映画を生まれたことを、高く評価しています。

『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』は、単純明快な冒険活劇のスタイルをとりながら、様々な視点で味わえることが出来る映画です。そんな姿勢で楽しんで下さい。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2018 SPEED KILLS PRODUCTION, INC., ALL RIGHTS RESERVED

次回の第35回は海を疾走するパワーボート。その世界で波乱万丈に生きた男の生涯を、ジョン・トラボルタが演じる映画『スピード・キルズ』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

ホラー映画『ザ・ゴーレム』評価レビューと解説。少年型の人形で人間の業を描くイスラエル作品|SF恐怖映画という名の観覧車73

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile073 大好評開催中の「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2019」。 ヒューマントラストシネマ渋谷ではいよいよ大詰めを迎え、1 …

連載コラム

映画『ヘルボーイ(2019)』あらすじと感想レビュー評価。マイク・ミニョーラとニール・マーシャルが召喚するヒーローとは⁈|シニンは映画に生かされて19

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第19回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第19回にてご紹介させていただく作品は、ニール・マー …

連載コラム

映画『ピータールー マンチェスターの悲劇』監督マイク・リー【Peterlooの歴史を描く】FILMINK-vol.11

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。 (C)Amazon Content Services LLC, …

連載コラム

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』 アッセンブルの歴史を詳細に解説|最強アメコミ番付評34

連載コラム「最強アメコミ番付評」第34回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は全世界で特大ヒットを記録し、世界累計興行収入歴代1位の『アバター』超え間近に迫った『アベンジャーズ/エンドゲーム』、日本で …

連載コラム

映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』あらすじと感想レビュー。泣ける感動のヒューマンドラマには他人の為に優しくできる人がいる|蟹江まりの映画ともしび研究部4

蟹江まりの映画ともしび研究部 第4回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第4回目に取り上げるのは、2019年11月1日に公開された映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』で …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP