Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【ネタバレ感想】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2リミックス|家族をも超えていく仲間の絆|最強アメコミ番付評19

  • Writer :
  • 野洲川亮

こんにちは、野洲川亮です。

今回は、前回の記事『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に引き続きシリーズ第2弾となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を考察していきます。

続編で、よりパワーアップしたガーディアンズの絆が生み出した展開を、家族というテーマから探っていきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』のあらすじとネタバレ

(C)Marvel Studios 2017

前作で宇宙の危機を救い、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」となった5人、ピーター・クイル(クリス・プラット)、ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、ドラックス(デビッド・バウティスタ)、ロケット(ブラッドリー・クーパー)、そして前作で赤ちゃんの状態となったグルート(ヴィン・ディーゼル)、は、ソブリン星に降り立っていました。

ソブリンの指導者アイーシャ(エリザベス・デビッキ)からの依頼を受けたガーディアンズは、星のエネルギー源であるアニュラクス電池を狙う宇宙怪獣を退治します。

ガーディアンズは報酬として、ソブリン星で拘束されていたガモーラの義妹ネビュラ(カレン・ギラン)の身柄を受け取り、賞金首ネビュラの懸賞金を得るために出発しますが、ロケットがアニュラクス電池をくすねていたことがソブリン星人たちにバレてしまい追跡されます。

無数に襲い掛かってくるソブリンの遠隔ドローンを相手に、窮地に追い込まれたガーディアンズを救ったのは、宇宙空間で宇宙船の上に立つ謎の男で、男は敵ドローンを一瞬で破壊してしまいました。

宇宙船にダメージを負って、不時着したガーディアンズの前に現れた謎の男はエゴ(カート・ラッセル)と名乗り、ピーターに自分が実の父親であると告げます。

一方その頃、歓楽街にいたヨンドゥ(マイケル・ルーカー)率いるラヴァジェーズ一行は、かつての仲間でラベンジャーズのボス、スタカー(シルベスター・スタローン)と再会しますが、スタカーにラヴェンジャーズの掟に背いて、子供の人身売買に手を染めた過去をなじられ、仮にヨンドゥが死んでもラヴェンジャーズがその死を悼むことはないと言われてしまいます。

そんなヨンドゥの前にアイーシャが現れ、ガーディアンズを捕まえて差し出すようにと依頼します。

そして突然目の前に現れた父親を名乗る男に、ピーターは混乱していましたが、エゴの星に向かうことを決意します。

宇宙船の修理とネビュラの見張りのため、ロケットとグルートを残し、一行はエゴの星へと出発しました。

しかし、ロケットとグルートはアイーシャの依頼を受けたヨンドゥたちの襲撃を受け、捕まってしまいます。

その際、ガーディアンズをアイーシャたちに引き渡さないことを示唆したヨンドゥも、テイザーフェイスを中心とした部下からのクーデターを受けた上に、ネビュラの攻撃を受けて捕らわれてしまいます。

そんな状況を知らないピーターたちはエゴの星に到着し、エゴが天人という神に近い能力を持つ存在であること、惑星そのものがエゴの本体であることを知ります。

当初はエゴに懐疑的だったピーターも、エゴの能力を自身も継承していることを知り、それまで味わったことのなかった超能力と父子関係に酔いしれます。

捕らわれの身となったロケット、グルートとヨンドゥは、協力してテイザーフェイスたちに反撃を開始し、裏切った部下たちを全て葬り、エゴの星へと向かいました。

すでにエゴの星へ向かっていたネビュラはガモーラを攻撃し、激しい姉妹ケンカへと発展するものの、お互いの気持ちをぶつけ合った末に和解します。

その最中に二人は、洞窟の中に無数の人骨を発見し、エゴの星が危険であることを察知しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

エゴの狙いはあらゆる星に自分の種子を植えて、自分の存在を宇宙全土に広げることで、その野望を実現させるために宇宙各地で子供を作り、その野望を手伝わせることでした。

しかし、天人の才能に目覚めたものはおらず、洞窟の人骨は役に立たないと判断されエゴに殺された子供たちでした。

ヨンドゥがかつて行っていた子供の人身売買とは、エゴの子供たちをエゴの星へと連れていくもので、後に真実を知ったヨンドゥは、ピーターだけはエゴの元へ連れていかず、自分の元で育てることにしました。

全ての真実、母の死までもエゴの仕業だったと知ったピーターがエゴに取り込まれそうになった瞬間、ロケット、グルート、ヨンドゥが救出に登場します。

ガモーラとネビュラ、ドラックスとマンティスも合流し、エゴの脳を破壊するために星の中心へと向かいます。

そこへ、ソブリン星のドローン舞台までも現れ大混乱となる中、グルートは爆弾を手に中心へと侵入し、爆破までの時間を稼ぐため、ピーターはエゴと対峙します。

ヨンドゥのアドバイスもあって、天人としての力を使いこなしてエゴを圧倒する中、ピーター以外のガーディアンズは脱出、グルートが仕掛けた爆弾が爆発し、エゴは星と共に消滅しました。

ピーターも力を使い果たしますが、ヨンドゥに救われて宇宙空間へと脱出します。

「お前は自慢の息子だ」と告げたヨンドゥは、一つしかない携帯用宇宙服をピーターに使い、ピーターに抱かれながら宇宙空間で息を引き取りました。

再び銀河の危機を救ったガーディアンズは、宇宙空間でヨンドゥを亡骸を葬ります。

するとそこへロケットから連絡を受けたラヴェンジャーズの面々が現れます。

ヨンドゥの活躍とその真意を知ったラヴェンジャーズは、ラヴァンジャーズ流の弔いの花火をあげ、その偉業をたたえ、死を悼みました。

エピローグでは、ソブリン星のアイーシャが失態の責任を問われる形で追い詰められていました。

憔悴していたアイーシャでしたが、ガーディアンズに復讐するべく、新たな生命体を作りだそうとしていました。

その名はアダム。

家族をも超えていく仲間の絆

(C)Marvel Studios 2017

前作で殺し合い、罵倒し合い、ぶつかり合っていたガーディアンズは苦難を共に乗り越えて仲間、“同僚”となります。

そして本作のガーディアンズも、相変わらず気持ちの行き違い、感情のぶつかり合いで衝突し、一見チームワークの悪い寄せ集め集団でしかありません。

ピーターとロケット、ガモーラとネビュラなど、それぞれの諍いが深刻化した状況で登場するのが、ピーターの実の父親であるエゴです。

幼少期にヨンドゥに誘拐され、それまで正常な父子関係を築いた経験の無かったピーターは、吸い寄せられるようにエゴに魅了されていきます。

そこでピーターを救うのが、ガーディアンズの仲間との絆であり、歪な形で本人たちも自覚していなかったヨンドゥとの“血の繋がらない父子関係”でした。

終盤ではドラックスのセリフでも直接的に言及されますが、ガーディアンズはピーターの実父であるエゴを倒し乗り越える過程で、血縁関係を凌駕するほど絆を強め、その関係性を“仲間から家族”へと新しく強くバージョンアップさせました。

これこそが本作最大のテーマであり、ジェームズ・ガン監督の実弟であるショーン・ガンを、ヨンドゥを支える部下として終始活躍するキャラクターに登用していることからも、家族というテーマをより強く補完しようという意図を感じます。

スポンサーリンク

ベビーグルートの暴力的な可愛さ

そして、本作で最も観客の目を惹く存在となるのが、ベビーグルートです。

前作の巨大な体格の植物人間から、文字通り生まれ変わったグルートの知性、体型、仕草、周囲の扱いは完全に赤ん坊と同様のものです。

他のガーディアンズメンバーは子供としてグルートに接しているので、自然とその関係は親子的なものへとなっていきます(グルートの見た目の可愛らしさを受け入れないドラックスですら、ラストには抱っこして寝かしつけるまでになる)。

上述した家族という大テーマに絡めながらも、見た目や仕草のキュートさ、面白さも加えた、非常にキャッチーで“暴力的なまでの可愛さ”を放つキャラクター像を作りだすことに成功しています。

中でも、ヨンドゥとロケットから、「フィンを取ってきてくれ」と言われて、何度も違うものを無邪気に持ってくるシーンは、さながら大喜利やモノボケのようで、本作屈指の名シーンと言えるでしょう。

このキャラクター描写には、ディズニーという世界随一のキャラクター製造機関の影響も感じられるところです。

MCU恒例のオマケ映像ではティーンエイジャーに成長したグルートが登場しますが、この“思春期の子供の憎らしさ”を体現するグルートは、ベビー状態が可愛かった分、成長した嬉しさと悲しさが入り混じる親心を、観客に体験させるシーンとなっています。

もう1つ付け加えておけば、本作からの新キャラで相手の感情を読む能力を持つマンティスも、グルートに次ぐ存在感を発揮しています。

劇中で、その容姿をドラックスに散々罵倒されるキャラクターですが、観客視点では独特のルックス、空気の読めない言動に可愛らしさを覚え、そのドラックスとの関係がやはり終盤に変化していく過程も楽しめます。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

次回は第20回戦を迎えます。新たな年も『最強アメコミ番付評』を宜しくお願い致します。

良い年越しをお過ごしくださいね。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ホラー映画『コンジアム』あらすじと感想レビュー。韓国の心霊スポットへ観客を没入させる演出力|SF恐怖映画という名の観覧車40

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile040 2012年、アメリカのニュースチャンネルが世界各地を調査し発表した「世界七大禁断の地」。 世界が注目するこの発表で、日本からは「軍艦島」 …

連載コラム

松本穂香映画『アスアブ鈴木』ネタバレ感想と解説。YouTube動画とデレクターズカット版はなぜ存在するのか【アストラル・アブノーマル鈴木さん】映画道シカミミ見聞録30

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第30回 こんにちは、森田です。 1月最初の土曜日を迎え、いよいよ本格的に2019年の“映画始め”となりました。 (C)2018 AlphaBoat 今回はそのうちの …

連載コラム

映画『ファイティン!』感想と解説。マ・ドンソクの強さと優しさの魅力を探る|コリアンムービーおすすめ指南3

連載コラム「コリアンムービーおすすめ指南」第3回 こんにちは西川ちょりです。韓国映画を取り上げる月に一度の連載も今回で3回目。 今回は10月20日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードシ …

連載コラム

ジャン=リュック・ゴダールのおすすめ名作『女と男のいる舗道』に見る哲学|偏愛洋画劇場1

連載コラム「偏愛洋画劇場」第1幕 2018年7月13日に日本公開された映画『グッバイ・ゴダール!』。 ヌーヴェルバーグを代表する巨匠ジャン=リュック・ゴダールと、彼の2番目の元妻アンヌ・ヴィアゼムスキ …

連載コラム

バレエダンサーの舞台裏を女性男性の視点からの読む『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』|映画と美流百科2

連載コラム「映画と美流百科」第2回 © Valery Todorovsky Production Company 今回は全国のミニシアターで絶賛上映中の『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』(2017/ …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP