Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【ネタバレ感想】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの無名キャラクターがもたらした奇跡の大ヒットを解説|最強アメコミ番付評18

  • Writer :
  • 野洲川亮

こんにちは、野洲川亮です。

『キャプテン・マーベル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『ヘルボーイ』と続々と予告が公開され、楽しみも増えてきています。

今回はマーベル・シネマティック・ユニバース「MCU」シリーズに、新風を巻き起こしたSFアクションコメディ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を解説していきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のあらすじとネタバレ


(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

少年ピーター・クイルは、息を引き取る寸前の母の病室へと呼ばれます。

ピーターは母を失う恐怖から、最期に手を握ってほしいという頼みに応えられず、病室を飛び出してしまいますが、突然現れた宇宙船に誘拐されてしまいます。

時は流れ、成長したピーター・クイル(クリス・プラット)は、亡き母にもらったカセット―テープをウォークマンで聴きながら、オーブの回収へと向かっていました。

そこへロナンの部下を名乗る男たちが現れオーブを奪おうとしますが、何とか撃退しオーブを持って脱出しますが、ロナンだけでなく、ピーターを誘拐し育てたヨンドゥ(マイケル・ルーカー)率いるラヴェンジャーズからも追われることになります。

オーブを取引しようとザンダー星を訪れたピーターでしたが、ロナンが絡んでいることを知られると取引を拒否されてしまうと、オーブ奪還を狙うロナンの部下でありサノスの娘、ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)に襲撃されます。

その場に居合わせた賞金稼ぎコンビ、改造アライグマのロケット(ブラッドリー・クーパー)、植物人間グルート(ヴィン・ディーゼル)も巻き込んだ四つ巴の争いになりますが、駆けつけたノバ軍により全員逮捕されてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

刑務所に連行された四人は、ロナンに家族を殺された凶悪犯ドラックス(デビッド・バウティスタ)と出会い、成り行きで脱獄のために手を組むことになりました。

オーブを売り払うまでの協力を約束する一同でしたが、オーブの中身が強大なパワーを秘めたインフィニティストーンである事を知り、その処分を巡ってもめ始めます。

するとそこへ、ロナンの部下とガモーラの妹ネビュラ、ヨンドゥらが現れます。

オーブを巡る乱戦が繰り広げられ、オーブをネビュラに奪われたピーターとガモーラはヨンドゥたちに捕まり、ロナンに立ち向かったドラックスは返り討ちに遭います。

サノスからオーブ奪還を命じられていたロナンでしたが、その中身を知るとサノスを裏切り、ストーンの力を取り込んで、ザンダーの破壊、打倒サノスを宣言します。

その頃ピーターは、ロナンの殺戮を止めるためヨンドゥを説得し、ラヴェンジャーズの協力を得ることに成功し、ガモーラ、ロケット、グルート、ドラックスとも、一致団結することとなりました。

その後、ノバ軍の協力も得て、ロナンを倒そうと迫る5人でしたが、逆にストーンの力を得たロナンに窮地に追い込まれます。

戦艦の墜落でピンチを迎えた一同でしたが、グルートの自らの生命を犠牲にした行為で九死に一生を得ました。

再びロナンと対峙したピーターたちは、ロナンの隙をついてストーンを奪います。

ストーンの力で身体が破壊されかかったピーターに、手を差し伸べたのはガモーラでした。

母の最期を思い出したピーターはその手をとり、ドラックス、ロケットも交えた四人で手を繋ぎ、ストーンの力を発動させて、ロナンを倒します。

ノバ軍に宇宙船を戦いで破壊された宇宙船を修理してもらい、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」となった彼らは、出発します。

苗木として復活したグルートを連れて…。

まさかの大ヒットとまさかの副産物


(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が公開されたのは2014年、MCUシリーズ第10作、その前後には『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が製作されていました。

シリアスで緊張感に満ちた作品が目立ったこの時期のMCUフェイズ2作品の中で、本作はあらゆる面で異例の存在となります。

アイアンマンやキャプテンアメリカなどの有名どころとは違い、原作コミックの知名度も低い本作は、完全な脇役、アウトローな立ち位置とならざるを得ませんでした。

さらに監督を務めるのが、『スリザー』や『スーパー!』などの、小規模作品を撮ってきたジェームズ・ガンとあって、ヒットを予想する声は多くありませんでした。


(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

ところが蓋を開けてみれば本作は、70’s、80’sのポップミュージックをバックに、緑色や灰色の宇宙人、アライグマ、木、といった奇異なメンバーたちが織り成す、バカらしく、不真面目で、くだらないやり取りの数々に大いに笑わせられ、最後には思いがけぬ感動を得られる、という傑作に仕上がっていました。

しかも上述したように、シリアスさが蔓延していたこの頃のMCU作品に“胃もたれ”していた観客にとって、本作の陽気さと軽さは、シリーズの閉塞感を吹き飛ばすという思わぬ副産物をもたらしたのです。

結果的に本作は、全世界で7億ドルを超える特大ヒットとなりました。

これはシリーズ本流である『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を超える数字で、ガーディアンズの面々は、一躍人気キャラクターの仲間入りを果たすこととなります。

スポンサーリンク

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をを観た人へのオススメ作品

続編となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』はもちろんのこと、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でも、ガーディアンズの活躍は存分に堪能できます。

ピーター・クイルを演じたクリス・プラットは、「ジュラシックワールド」シリーズでも主役を演じ、世界的スターの座に登り詰めました。

そしてジェームズ・ガン監督作品では、やはり『スーパー!』が必見でしょう。

正義感をこじらせたオジサンヒーローが、犯罪者を必要以上にぶちのめしていくブラックアクションコメディで、本家の「X-MEN」シリーズにも出演しているエレン・ペイジが、なりきりウルヴァリンになっているのも、アメコミファンにはたまらないでしょう。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

次回の第19回戦では、本作の続編である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『スリングショット』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。カーアクション必見のおすすめ映画誕生!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録19】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第19回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、迫力あるカ …

連載コラム

韓国映画『ビースト』あらすじ感想と考察解説。“あるいは裏切りという名の犬”リメイク版を俳優のエナジー全開で魅せる|コリアンムービーおすすめ指南25

韓国映画『ビースト』は2021年10月15日(金)よりキノシネマ他にて全国順次公開! イ・ソンミン、ユ・ジェミョン等、名優たちの魂が激突する映画『ビースト』は、フランス映画『あるいは裏切りという名の犬 …

連載コラム

『仮面ライダー剣ブレイド』感想と評価解説。トランプと昆虫のダブルモチーフが平成版の特徴的な魅力|邦画特撮大全40

連載コラム「邦画特撮大全」第40章 平成仮面ライダー第4弾である『仮面ライダー剣』(2004~2005)が今年放送開始から15周年をむかえました。 そのため椿隆之、森本亮治、梶原ひかりといったメインキ …

連載コラム

【スマホ2ネタバレ】映画と原作の違いを比較考察。結末に登場のキャストは続編への伏線か!?|永遠の未完成これ完成である9

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第9回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』です。 情 …

連載コラム

映画『聲の形』ネタバレ感想と評価考察。京都アニメーション×山田尚子がいじめをテーマにした漫画を映像化|映画という星空を知るひとよ9

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第9回 映画『聲の形』は、耳が不自由な少女とその少女をいじめたことが原因で、コミュニケーションが苦手になった少年の切なく美しい青春ストーリーです。 原作は「マン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学