Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【ネタバレ】ブラッド・チェイサー 呪術捜査線|あらすじ感想結末と評価解説。モーガン・フリーマン演じる民俗学教授が呪術のための殺人事件を紐解く|Amazonプライムおすすめ映画館24

  • Writer :
  • 秋國まゆ

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第24回

ジョージ・ギャロが監督を務めた、2022年製作のアメリカのサスペンスドラマ映画『ブラッド・チェイサー 呪術捜査線』。

アメリカ・ミシシッピ州では、若者が犠牲となる連続誘拐事件が発生。遺体は体の一部が切り取られていました。

殺人課の刑事ボイドはこの事件の捜査を開始。しかし、事件の異様さから捜査は難航してしまいます。

遺留品からアフリカが関係していると見たボイドは、アフリカ民俗学の権威であるマックルズ教授に協力を要請。教授の知見から、これらの殺人が呪術の生贄の儀式であることが分かり………。

映画『ブラッド・チェイサー 呪術捜査線』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

【連載コラム】「Amazonプライムおすすめ映画館」記事一覧はこちら

映画『ブラッド・チェイサー 呪術捜査線』の作品情報


(C)2022 Iervolino&Lady Bacardi Entertainment S.p.A. All Rights Reserved.

【配信】
2023年(アメリカ映画)

【脚本】
ロバート・T・バウアーソックス、ジェニファー・レモン、フランチェスコ・チンクエマーニ、ジョルジア・イアノーネ・ルカ、ジリベルト・フェルディナンド・デッローモ

【監督】
ジョージ・ギャロ

【キャスト】
モーガン・フリーマン、コール・ハウザー、ピーター・ストーメア、ヴァーノン・デイヴィス、ジュゼッペ・ジーノ、ブライアン・カーランダー、ミュリエル・ヒレール、ルーク・ストラット=マクルーア、ジュリー・ロット、デスティニー・ローレン

【作品概要】
ミッドナイト・ラン』(1988)の脚本を務めたジョージ・ギャロが監督を務めた、アメリカのサスペンスドラマ作品です。

セブン』(1995)のモーガン・フリーマンがアフリカ民俗学の権威であるマックルズ教授役を、『ワイルド・スピードX2』(2003)や『リーサル・バレット』(2022)のコール・ハウザーが殺人課の刑事ルーカス・ボイド役を演じています。

映画『ブラッド・チェイサー 呪術捜査線』のあらすじとネタバレ


(C)2022 Iervolino&Lady Bacardi Entertainment S.p.A. All Rights Reserved.

イタリア・ローマ。夜の街を全力疾走している黒人の男がいました。男は立ちはだかる警官を鋭利な刃物で瞬殺し、追跡する刑事の銃撃にも怯まず、闇へと姿を消しました。

アメリカ・ミシシッピ州では、10代の若者が犠牲となる連続誘拐殺人事件が発生。アメリカ警察の殺人課の刑事ルーカス・ボイドは、相棒のマリア・カーシュと一緒に捜査を開始します。

しかし、事件の異様さから捜査は難航。1人目の被害者は14〜15歳くらいの白人の少女で、メスのような鋭いもので両手・性器・両目と瞼を切り取られていたのです。

2人目の被害者は10歳くらいのヒスパニック系の少年で、同様の手口で身体の一部を切り取られていました。

しかも少年の遺体が発見された現場近くで、偶然釣りに来ていた男性の遺体が発見されました。

男性は生きたまま心臓を抜き取られたのち、犯人に手早く喉を切られ殺されていました。

少年の殺害現場には祭壇があり、その壁には謎の文字が残されていました。また、現場からは純金を粉状にしたものや、アフリカ原産のルイボスという植物や謎の薬草があったのです。

これらの遺留品からアフリカが関係していると見たボイドは、アフリカ民俗学の権威であるマックルズ教授に協力を要請。

マックルズ教授の知見から、犯人は祈祷師で、これらの殺人は「ムーティ」という呪術の儀式によるものだと突き止めます。

「ムーティ」とはズールー語で治療や薬を意味するもので、人の肉体を使って治療する呪術です。

製薬会社が、中絶された胎児の幹細胞とワクチンの製造に使うこととコンセプトは同じ。やり方が原始的なだけです。

形而上学(目に見えない本質を追究する学問)な意味でいえば、その考え方は「戦士に関わる伝統」と結びついていて、ムーティは戦士を作るための儀式であり、また戦士にパワーを与えるための儀式でもあるのです。

祈祷師、またはまじない師や呪医と呼ばれる者たちは、何世紀にもわたってムーティを行ってきました。

ビジネスマンや政治家でも、セールスマン、刑事など、人々は個人的な成功とパワーと保護を求めて、ムーティに金を払います。

ムーティが個人的な力を与え、優位に立たせてくれると信じているからです。

ムーティに使われる人の肉体の部位によって効果は変わるため、求めるパワーに応じて必要な部位を取り出します。

性器は男に精力と幸運をもたらし、目は先見の明と明確な展望、脳は知識と政治的権力を与えてくれます。ですが、求めるパワーを得るためには、神々を目覚めさせなければなりません。

神々を目覚めさせるには、生きたまま身体の一部を切り取られる犠牲者の耳をつんざくような叫び声が必要不可欠。悲鳴が強烈であるほど、ムーティの効果は増すのです。

それから切り取られた犠牲者の身体の部位は血や薬草、土や金などと混ぜ合わせます。それがパワーを集め、維持するのに役立つと信じられているからです。

こうして出来上がった霊薬を、求めるパワーを得るために客か祈祷師が飲みます。それで無敵の戦士になれると信じて。

ボンドにそう説明した後、マックルズ教授は「壁にはスワヒリ語かズールー語で、“ここでパワーを手に入れ、この私自身がパワーとなる”と記されている」「この2件の殺人はただの儀式の準備にすぎない。祈祷師が仕事をするための景気づけだ」といいました。

以下、『ブラッド・チェイサー 呪術捜査線』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブラッド・チェイサー 呪術捜査線』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

翌日。警官2人が2週間前に盗まれた白いバンがバーの駐車場に停まっているのを発見。バーで短期バイトをしている医学生のテリーにバンについて尋ねます。

すると彼女が接客していた黒人の客が、鋭い刃物で警官2人の喉を切りつけ殺害したのです。

このことを受け、ボイドたちは現場に急行。突如起きた事件に恐怖し膝を抱えて蹲っていたテリーを宥めつつ、捜査への協力を求めます。

テリーは2人の警官を殺したのは、顔に細かい傷痕がある、180㎝以上の黒人の男ランドクだと答えました。

ランドクの指紋を採取後、ボイドたちは近隣住民への聞き込みで、ランドクと特徴が一致する男が数日前から近くの建物に出入りしていることを知りました。

警察がこちらに向かってくるのを、ただじっと部屋の窓から眺めるランドク。非常階段から逃走を図るも、自分がいた部屋に辿り着いたボイドに見つかってしまいます。

ボイドたちはランドクを追跡。しかしあと一歩のところまで追い詰めるも、ランドクと鉢合わせた警官1人がやられたとの知らせが入り、そちらへ向かうことに………。

ボイドは他のフロアにいたマリアに撤収するぞと声を掛けるも、マリアからの応答はなし。それもそのはず、マリアは喉を切られ、喋りたくても喋れなかったのです。

その後、ボイドはマックルズ教授をランドクの隠れ家へ案内しました。部屋の中を調べたマックルズ教授は、何もないと答えました。

ですがボイドはランドクの隠れ家で、数十億規模の多国籍大企業「ファーナー株式会社」のことを大きく取り上げた新聞を見つけたのです。

ファーナー株式会社は火曜日に大きな投票をするとそこに記されていましたが、それがランドクに何の関係があるというのか。そう考えているボイドのもとに、鑑識から連絡が入ります。

ランドクがバーでテキーラを飲んでいたグラスから採取した指紋を照合した結果、インターポール(国際刑事警察機構)のデータベースにあったムグシュ・ランドクという、南アフリカ生まれのズールー族の男の指紋と一致。

最近までローマにいたこと、1週間前にアメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズに入国したことまで突き止めることが出来ました。

ですが記録によると、彼は6年前に既に死亡しており、死亡証明書にはスーダン軍の将軍の署名がされていました。

それを見たボイドと上司のマーチャント警部は、ランドクは軍の上層部の知り合いに頼んで、自身の存在を消したのかもしれないと推測。さらにほかの警官から、ランドクの隠れ家にローマ警察のマリオ・ラヴァッツィ刑事の名刺が見つかったと知らされます。

すぐにラヴァッツィ刑事に連絡を取ると、ランドクがヨーロッパ中で若い女性を誘拐していたことが判明。

さらにラヴァッツィ刑事から、ランドクがビジネスマンの男と話している姿を防犯カメラで確認できたこと、そのビジネスマンの男はランドクの雇い主で、南アフリカの実業家シェルビー・ファーナーであることを知りました。

次の事件を食い止めるべく、ボイドはファーナーの自宅を訪れ、「俺の街でこれ以上子供に手を出したら、頭に銃弾をぶち込むぞ」「お前のパートナーを捕まえたら、見つけ出してお前の肝臓を食ってやる」と警告します。

同時刻。マックルズ教授のもとにランドクが現れ、これ以上警察に協力するなと脅されました。これがかえってマックルズ教授をやる気にさせたとも知らずに。

一方、ファーナーとランドクはテリーを諦め、優秀なアスリートであり成績優秀でもある女子生徒のケイティに狙いを定めます。

ケイティもテリーと一緒で、ファーナーが求める美しい瞳を持つ美人で、将来有望かつ知的な人間だからです。

「将来有望な女子生徒に奨学金を寄付している」「ケイティの両親の昔からの知り合い」という彼らの嘘を信じ、ランドクに連れられファーナーの自宅を訪れたケイティ。

ファーナーは「サプライズの準備だ」とまた嘘をつき、ランドクに彼女をある場所へと連れて行かせました。

ケイティの両親は娘が誘拐されたと警察に通報。さすがに3回も若者が誘拐されているとあってか、ついにFBIが捜査に乗り出しました。

それを知ったボイドたちは、マックルズ教授の提案でファーナーの所有物件、特に水辺に近い倉庫のような場所がないか探すことに。

ファーナー株式会社が所有する不動産を調べた結果、川沿いに倉庫があったことが判明。ボイドはマックルズ教授と共にその場所へ急行します。

ボイドは万が一に備えて、マックルズ教授を車に残して倉庫へ。すると何かの呪文を唱えているような奇妙な声が聞こえてきました。

ランドクはケイティを生贄とした儀式の真っ最中でした。ボイドはランドクに銃口を向け、ナイフを捨てさせようとします。

しかしその直後、物陰に潜んでいたファーナーがボイドを襲撃。窮地に陥ったボイドを救うべく、マックルズ教授は背後からファーナーの喉を切りつけました。

ランドクは儀式を中断し、ナイフを捨て、マックルズ教授の首につかみかかります。

マックルズ教授は首を絞められながらも、持っていた刃物でランドクを撃退。そのまま縄で拘束されているケイティに近づきます。

躊躇なく2人を刺したマックルズ教授の姿に、ケイティの恐怖心は限界を突破。気絶した彼女を、マックルズ教授はただじっと見つめていました。

しばらくして、ボイドが意識を取り戻してケイティを救出。そこへ他の警官が応援に駆けつけ、彼女は無事に保護されました。

しかし肝心のランドクの姿はなく、またマックルズ教授も姿を消していました。ケイティを病院へ搬送後、ボイドはラヴァッツィ刑事から驚きの事実を聞かされました。

ランドクはローマにいた時、ボイドの街から来たマックルズ教授の講義に出ていたというのです。それは9ヶ月前の話ですが、その講義後も2人は何度か会っていました。

ボイドはマリアの病室に様子を見に行くも、彼女の姿はありません。マリアは死んでしまったのではないかとショックを受けるボイドに、女性医師が声を掛けます。

マリアは命の危機を脱したので一般病棟に移っただけだと。それを聞いて安心するのも束の間、マリアのもとにマックルズ教授が見舞いにきたというのです。

女性医師はマックルズ教授が言っていた言葉の意味が分かりませんでしたが、「ムーティ」という言葉を聞いたと、ボイドに伝えました。

帰宅したボイドは、真っ先にマックルズ教授に電話をかけましたが、大学にマックルズ教授はいませんでした。

ボイドは悪夢にうなされていました。娘のジェシカを亡くし、立て続けに妻のディーリーも亡くした日を思い出して……。

7月15日。ボイドは雨の中、ジェシカと2人で出かけました。桟橋に腰を掛けたジェシカに手を振るボイド。

しかしボイドが居眠りしている間に、ジェシカは発作を起こしてしまったようで桟橋から湖へ転落。ボイドが急いでジェシカを引き揚げた時には、既に彼女が息を引き取った後でした。

ディーリーは発作を起こすと知っておきながら、ジェシカから目を離したボイドを糾弾。夫婦仲は悪化し、喧嘩してばかりいました。

ジェシカの死後から数ヶ月後の12月25日。ディーリーはボイドと喧嘩してすぐ、2階の部屋に上がり拳銃自殺してしまいました。

ボイドは救えなかった妻子に謝罪と愛をこめて、2人の墓に花束とキスを贈りました。

後日。ボイドとラヴァッツィ刑事のもとに、差出人不明の荷物が届きます。

ボイドが開けた荷物の中には、「私が奴を捕まえた」というマックルズ教授の手紙と、ランドクのものと思われる目玉が2つ入った袋が入っていました。

ボイドは片方の目玉を食べ、「よし」と不気味に笑いました。

映画『ブラッド・チェイサー 呪術捜査線』の感想と評価


(C)2022 Iervolino&Lady Bacardi Entertainment S.p.A. All Rights Reserved.

作中で起きた殺人は、アフリカで何世紀にもわたって行われている治療と称した呪術による儀式殺人「ムーティ」によるものでした。

ファーナーの依頼を受けた祈祷師のランドクが行うそれは想像以上にグロくて、背筋が凍りつくほど恐ろしいです。

しかもランドクはアメリカだけではなく、ヨーロッパ中で同様の事件を起こしていました。それが全てファーナーの依頼で行ったことなのかは作中で明言されていません。

残忍なことを何の躊躇いもなくやるランドク。彼は鋭いナイフ1本で立ちはだかる警官隊に立ち向かい、イタリアとアメリカで4人の警官を刺殺または瀕死の重傷を負わせます。

作中で見せるランドクの驚異的な身体能力は、自らが行うムーティによって得た力なのか。凄いですが、そう思うとゾッとします。

ランドクがマックルズ教授の居場所をすぐに突き止めることができたのは、彼らが9ヶ月前に知り合い、ローマでの講義後も連絡を取り合っていた仲だからでしょう。

味方だと思われたマックルズ教授が、まさか犯人のランドクと繋がっていたなんて、思いもしなかった衝撃の事実が物語の終盤で明かされます。

ですがマックルズ教授とランドクは仲間というわけではなかったようで、マックルズ教授によって逃げたランドクは捕まり殺されました。

作中で開封されなかった、ラヴァッツィ刑事宛てに送られた差出人不明の荷物。

ランドクのものと思われる目玉を、ボイドはなぜ躊躇なく食べて「よし」と言って笑ったのか、謎が深まる物語の終わり方でさらに観る人を釘付けにします。

まとめ


(C)2022 Iervolino&Lady Bacardi Entertainment S.p.A. All Rights Reserved.

呪術に精通したアフリカ民俗学の権威である大学教授と、心に傷を負うアメリカのベテラン刑事が、イタリアとアメリカで起きた連続誘拐殺人事件を追うアメリカのサスペンスドラマ作品でした。

本作の見どころは、現代でもどこかで行われているといわれている呪術による儀式殺人「ムーティ」と、事件を収束するべく奮闘するイタリアとアメリカの刑事たちの姿です。

コール・ハウザー演じるボイドは、自分のせいで最愛の妻子を失い、今も心に傷を負っているベテラン刑事です。

作中ではボイドが悪夢に苦しむ姿が描かれています。物語の終盤にボイドが墓参りする場面で、その理由が明らかとなりました。

さらにボイドは、相棒のマリアが人知れず瀕死の重傷を負っていたことに加え、味方だと思っていたマックルズ教授が犯人のランドクと繋がりがあったことを隠していたことを知って精神的に限界を迎えたのか。

マックルズ教授から送られた目玉を1つ食べました。モーガン・フリーマン演じるマックルズ教授の謎めいた行動と、このボイドの姿は観る人に強烈な印象を残すことでしょう。

戦慄の儀式殺人による連続誘拐殺人事件の謎解きというミステリーと、スリリングでエンタメ要素満載なサスペンスドラマ映画が観たい人にオススメな作品です。

【連載コラム】「Amazonプライムおすすめ映画館」記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

実写映画『がっこうぐらし!』感想と考察。日本製ゾンビ映画が示す新たな方向性|SF恐怖映画という名の観覧車35

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile035 様々な作品の興行的、批評的失敗から、邦画に対する「実写化アレルギー」のようなものを持つ方もいるでしょう。 「アベンジャーズ」シリーズを代 …

連載コラム

HYODO八潮秘宝館ラブドール戦記 |あらすじ感想と評価解説。世界で1番の”ヘンタイ”博物館を描く必見のドキュメンタリー映画|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!9

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第9回 この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹 …

連載コラム

大林宣彦映画『異人たちとの夏』あらすじと感想評価。市川森一が脚色した「大人のおとぎ話」|邦画特撮大全52

連載コラム「邦画特撮大全」第52章 目黒シネマにて2019年6月22日から6月28日までの7日間、“大林宣彦デラックス~キネマの玉手箱~”が開催。 この特集上映は『フィルムメーカーズ 大林宣彦』(宮帯 …

連載コラム

映画『ゴーストマスク 傷』ネタバレあらすじと感想。口裂け女をモチーフに“姉妹の感情”が入り混じる愛憎劇|サスペンスの神様の鼓動21

連載コラム『サスペンスの神様の鼓動』第21回 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介 …

連載コラム

特撮ドラマ映画の人気声優まとめ。昭和のレジェンド達の悪の大王の声とは|邦画特撮大全16

連載コラム「邦画特撮大全」第16章 特撮作品にはゴジラやバルタン星人、ショッカーの怪人といった“着ぐるみ”、もしくは“ぬいぐるみ”のキャラクターが登場します。 こうした怪獣や怪人、宇宙人の登場が特撮作 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学