Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/02
Update

スーパー戦隊映画2019『騎士竜戦隊リュウソウジャー』ネタバレ感想。王道な要素を大胆な展開で魅せる|邦画特撮大全56

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第56章

2019年7月26日から公開された『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』。

本作は現在放送中のスーパー戦隊シリーズの最新作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の劇場用オリジナル作品。リュウソウジャーの5人が6500万年前の古代にタイムスリップして活躍する物語です。

今回の邦画特撮大全は『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』の見所を紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』の作品情報


劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

【公開】
2019年7月26日(日本映画)

【原作】
八手三郎

【監督】
上堀内佳寿也

【脚本】
山岡潤平

【アクション監督】
福沢博文

【特撮監督】
佛田洋

【キャスト】
一之瀬颯、綱啓永、尾碕真花、小原唯和、岸田タツヤ、兵頭功海、金城茉奈、中田譲治、稲田徹、森田涼花、北原里英、佐野史郎、吹越満

【作品概要】
現在放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019)の劇場版。監督はTVシリーズのメイン監督で『仮面ライダービルド Be The One』(2018)の上堀内佳寿也。脚本もTVシリーズと同じく山岡潤平。

劇場版に登場するゲストキャラクター・古代のリュウソウ族のユノには北原里英、その父親・ヴァルマには佐野史郎がキャスティングされています。佐野史郎は特撮作品に造詣が深く、自身もゴジラシリーズを初め数多くの特撮作品に出演しています。

また『侍戦隊シンケンジャー』(2009~2010)の花織ことは/シンケンイエロー役の森田涼花が博物館の女性スタッフ役で出演しています。

映画『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』のあらすじとネタバレ


劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

福井県の恐竜博物館で展示を見ていたコウたちリュウソウジャー。展示されていた6500万年前に落下した隕石のカケラが突如動き出します。

コウたちがそれを追うと、博物館の外に1人の女性が倒れていました。女性の名はユノ。彼女は6500万年前の太古から現代にタイムスリップして来た古代のリュウソウ族だったのです。

しかし出現した巨大な始祖マイナソーの力によって、リュウソウジャーの5人とユノは6500万年前の地球にタイムスリップしてしまいます。恐竜絶滅の原因となった隕石の落下が目前に迫っていたのです。

さらにリュウソウジャーの前に立ちはだかったのが古代のリュウソウ族・ヴァルマです。ヴァルマはユノの父でドルイドンに対抗するため、ガイソーグなどさまざまな兵器を作り出しました。

しかしその際に強大な力を手にしてしまい、その力に溺れ世界の支配を目論むようになったのです。ユノの願いは父の暴走を止めることだったのです。

そしてリュウソウジャーはヴァルマと刃を交えることになるのでした……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』ネタバレ・結末の記載がございます。『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

ガイソーグを纏ったヴァルマと戦うリュウソウジャーたちでしたが、現代に戻ってしまいます。

リュウソウジャーの5人はまずキシリュウオーファイブナイツで、巨大な始祖マイナソーと戦います。

マイナソーを撃破した際、時空に裂け目が生じます。リュウソウジャーとユノは裂け目に飛び込んで、再び6500万年前へ向かいます。

6500万年前に戻ると隕石の落下はもはや目前に迫っていました。

隕石の大きさは記録に残っているものより遥かに巨大で、このまま落下すれば恐竜の絶滅どころか地球が滅びてしまいます。

リュウソウジャーは隕石落下を止めるため、ヴァルマが持つという太古の騎士竜を手に入れに走ります。

リュウソウジャーは再びヴァルマと対戦。コウはメルトら4人に騎士竜奪取の作戦を託し、ヴァルマと一騎討ちになります。力による支配を求めるヴァルマに、コウは真っ向から反対。

仲間の笑顔や優しさの大切さを説き、ヴァルマを下すのでした。敗れたヴァルマは改心し、ユノと和解します。

一方、メルトたち4人は太古の騎士竜を合体させたキシリュウジンで宇宙へ飛び、隕石落下を防ぎました。4人はその際に生じた時空の裂け目に飛び込み現代へ戻ります。しかしコウは1人、地上に残ったまま…。

現代に戻った4人のリュウソウジャーはコウを探します。コウは隕石のカケラが落下した時に生じた時空の裂け目から現代に戻ってきたのでした。

スポンサーリンク

映画『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』の感想と評価


劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

火口の俯瞰ショットと溶岩流という、壮大な映像から始まった本作『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』。

恐竜が生息していた6500万年前の古代へタイムスリップするため、『ジュラシックパーク』のようにCGで描かれた恐竜たちも多数登場します。

メンバーが最終的に12人になる『宇宙戦隊キュウレンジャー』(2017~2018)、2つの戦隊の対決を描いた『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(2018~2019)など。

スーパー戦隊シリーズは異色作が続いてこともあり、本作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』は“王道”を掲げて制作されています。

しかしそれは用いる要素が“恐竜”や“5人の戦士”などのように王道なのであって、意表を突いた大胆な展開を導入している点が『リュウソウジャー』の魅力です。

今回の劇場版では、本来ならクライマックスになるはずの巨大ロボ戦を中盤に持っていき、超巨大隕石落下を物語のクライマックスに持ってきています。

また6人目のリュウソウジャーであるカナロだけ現代に残ってしまうという展開も衝撃的でした。

まとめ


劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

王道な要素を大胆な展開で魅せるスーパー戦隊シリーズ最新作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』。そのサプライズ精神は劇場版でも健在でした。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、1992年のオリジナルビデオ作品『真・仮面ライダー 序章(プロローグ)』を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

森達也映画『FAKE』ネタバレ感想と考察。ゴーストライター疑惑の作曲家・佐村河内守の真実と嘘|だからドキュメンタリー映画は面白い11

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第11回 “奇跡”の人から一転、“疑惑”の人へと変貌してしまった男。 日本中の注目を集めてしまった一人の作曲家に密着した、衝撃の119分。 『だからドキ …

連載コラム

映画『ホワイト・スペース』あらすじネタバレと感想。 SF版で描く名作文学「白鯨」だった⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録55

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第55回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は壮大な宇宙を舞台に、巨大生物と人間が対決 …

連載コラム

韓国映画『それだけが、僕の世界』感想と評価。イ・ビョンホン主演で何もかも違う兄弟の出逢いと家族の絆を描く|コリアンムービーおすすめ指南5

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 母の愛を求めながら孤独に生きてきた元ボクサーの兄と、母の愛を一身に受けて育った …

連載コラム

映画『ブリタニー・ランズ・ア・マラソン』キャスト【ジリアン・ベルへのインタビュー】FILMINK-vol.27

FILMINK-vol.27「Jillian Bell Runs a Marathon」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映 …

連載コラム

映画『日日是好日』感想と評価レビュー。茶道を通した心の成長と日本の四季|映画と美流百科15

連載コラム「映画と美流百科」第15回 こんにちは、篠原です。 今回は和の文化に目を向け、茶道の世界を描いた『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』を取り上げます。 エッセイスト森下典子が、24年に渡って …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP