Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/05/13
Update

映画『空の大怪獣ラドン』ネタバレ感想と評価。メガヌロンの解説や特撮の見どころも|邦画特撮大全46

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第46章

2019年公開を目前に控えたハリウッド大作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。

この作品にはゴジラの他、キングギドラ、モスラ、ラドンといった東宝の人気怪獣たちも登場します。

今回の邦画特撮大全は登場怪獣の中からラドンに注目し、ラドンが初登場した1956年の映画『空の大怪獣 ラドン』を紹介します。

また本作『空の大怪獣 ラドン』は、2019年5月14日午後7時からBS12にて放送されます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『空の大怪獣 ラドン』の作品情報


©︎東宝

【公開】
1956年12月26日(日本映画)

【監督】
本多猪四郎

【特技監督】
円谷英二

【キャスト】
佐原健二、白川由美、平田昭彦、村上冬樹、小堀明男、田島義文、山田巳之助、中谷一郎、如月寛多

【作品概要】
監督は本多猪四郎、特技監督は円谷英二と“ゴジラシリーズ”でお馴染み東宝特撮映画の黄金コンビが贈る日本初のカラー怪獣映画。

総製作費2億円の内、特撮費1億2千万円と第1作目の『ゴジラ』(1954)を超える巨費によって製作されました。

映画『空の大怪獣 ラドン』のあらすじとネタバレ


©︎東宝

九州・阿蘇の炭鉱で坑内から大量の水が出るトラブルが多発していました。さらには作業員の五郎と由造の2人が坑道に入ったまま姿が見えないといいます。

技師の河村繁は仲間を連れて坑内に調査へ行くと、そこには由造の死体がありました。

由造の死体には刃物で斬られたような傷跡があります。五郎が坑内に入る前に由造と揉めていたことから、五郎が由造を殺害し逃亡したのではという噂が出ました。

しかし河村は五郎にかけられた疑いを信じられません。

田代巡査、捨やん、仙吉の3人が五郎を探しに坑内へと入ります。

坑内には奇妙な音が響き、3人に謎の影が迫ってきました。そして3人とも由造と同じ手口で殺されてしまいます。

由造の妻・民は、五郎の妹・キヨの家の前で絶叫。耐えられなくなったキヨは訪問して来た河村の胸に泣きつくのです。するとそこへ巨大なハサミを持ったヤゴのような怪物が姿を現しました。

作業員たちを襲ったのはその巨大なヤゴだと断定。警察たちは山狩りを開始しますが、銃では怪物に歯が立ちません。

応援に来た防衛隊も合流し、怪物を追って再び坑内を捜索します。坑内には怪物に襲われた五郎の死体がありました。

一同は機関銃で怪物を攻撃しますが、全く効きません。河村はトロッコを怪物にぶつけて倒します。河村は坑道の奥に空洞を見つけ進みますが、落盤が起こりに中に閉じ込められてしまうのでした。

阿蘇に調査にやって来た柏木博士は怪物の写真を見て、古代に生息していたメガヌロンだと推定します。

そんな中、地震が発生。地震によって陥没した地面に行方不明だった河村がいました。河村は事故の影響で記憶を失っていたのです。

一方、防衛隊・航空司令部に国籍不明機を発見したという情報が入りました。

ジェット機で国籍不明機を追跡しますが相手は超音速で飛行する上、ソニックブームを起こしてジェット機を破壊してしまいます。

また火口付近で1組のカップルが死亡する事件が発生。彼らが残したカメラにはプテラノドンを思わせる影を捉えた写真がありました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『空の大怪獣 ラドン』ネタバレ・結末の記載がございます。『空の大怪獣 ラドン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

キヨに看病されていた河村は、小鳥が孵化するのを見て記憶を取り戻します。

河村は洞窟の奥で、巨大な卵から孵化した鳥のような怪物を見ていたのです。

様々な調査の結果、柏木博士はその鳥のような怪物を“ラドン”と発表。河村や柏木博士たちが巣と思われる場所へ行くと、ラドンが地上へと姿を現しました。

超音速で飛行する国籍不明機の正体もラドンだったのです。

航空隊はラドンを追尾し、攻撃します。しかしラドンによってジェット機は破壊され、追跡劇の舞台となった西海橋も破壊されてしまいます。

福岡に姿を現したラドンは暴れ回り、ソニックブームで市街地を破壊。防衛隊も出動し、戦車隊とラドンの戦闘が始まります。

傷を負うラドンでしたが、新たなラドンが現れ2匹とも何処かへ飛び去ってしまいます。

柏木博士は帰巣本能から、ラドンが阿蘇の巣に戻ると考えます。

防衛隊は阿蘇火口の攻撃を決定。膨大な数のロケット弾を火口に撃ちこむのです。するとラドンが地上へ出て来ました。

その直後、阿蘇が噴火。

もう1匹のラドンも飛び出しました。しかし2匹のラドンは力尽き阿蘇の溶岩流の上に落ちてしまったのです。

地上に落ちた2匹のラドンは炎に包まれても、最後までそのはばたきを止めることはありませんでした。

スポンサーリンク

映画『空の大怪獣 ラドン』感想と評価

空の大怪獣ラドンの特徴

巨大なヤゴの怪物“メガヌロン”が迫る恐怖を描いた前半、空の大怪獣“ラドン”による福岡市街の大破壊を描いた後半。観客を飽きさせない様々な要素が盛りだくさんな『空の大怪獣 ラドン』ですが、なんと上映時間は82分で2時間もありません。

本作に登場するラドンはその姿・名前から、“プテラノドン”や始祖鳥がモチーフとなっているのは明白です。“ゴジラ”は「水棲爬虫類から陸上獣類に進化しようとしていた中間生物」という設定で、そのシルエットは肉食恐竜を想起させるものです。ラドンはゴジラとの差別化から翼を有し飛行するという怪獣となりました。

また『空の大怪獣 ラドン』では怪獣に対して、『ゴジラ』(1954)で見られなかった“怪獣を生物として捉える”という試みが見られます。

ゴジラは恐怖の対象として描かれていましたが、孵化の様子やメガヌロンをついばむなど怪獣もまた生物であるという細かい描写が登場します。防衛隊が作戦にラドンの帰巣本能を利用する点にもそれが見られます。

特撮のみどころ

ラドンは飛行するため、着ぐるみのほかに6体の操演人形を撮影に使用しています。

地上では着ぐるみ、飛行シーンでは人形と場面に応じて使い分け映像に説得力を持たせています。

しかし西海橋でのシーンでは操演人形ではなく、中に俳優が入ったラドンの着ぐるみをワイヤーで吊るという大掛かりな操演を行っています。

本作の特撮の見所はやはりラドンによる福岡市街の大破壊でしょう。公開当時の福岡市街を再現したミニチュアの精巧さには目を見張るものがあります。

実際この一連の福岡破壊の場面では、実景映像は使用されずミニチュアを使用した特撮カットのみで構成されています。

ラドンが起こすソニックブームで破壊される街の中でも、特に瓦屋根が飛ぶカットは印象的です。またクライマックスの阿蘇噴火では、溶鉄を使用して溶岩流を表現しています。

このように『空の大怪獣 ラドン』は初のカラー怪獣映画ということもあり、さまざまな創意工夫が凝らされた意欲作となっています。

まとめ

怪獣を生物として捉えた視点やラドンの飛行シーンなど、『ゴジラ』とは違う趣を持った怪獣映画『空の大怪獣 ラドン』。

映画評論家の石上三登志は生前、『ゴジラ』第1作目より本作の方を高く評価していました。未見の方はこれを鑑賞してはいかがでしょうか。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1965)と『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ホラー映画の恐怖体験と現代社会の闇に堕ちた家族の絆| SF恐怖映画という名の観覧車1

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile001 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved. はじめまして。今回からコラムを連載させ …

連載コラム

映画『トールマン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。パスカル・ロジェ監督が放つどんでん返しの魅力とは|SF恐怖映画という名の観覧車60

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile060 鑑賞前と鑑賞後で作品に対するイメージが大きく異なる映画が存在します。 ホラー映画『ゴーストランドの惨劇』(2019)の日本公開が2019 …

連載コラム

映画『ウスケボーイズ』あらすじと感想レビュー。ワイナリーにかけた僕らの夢|銀幕の月光遊戯3

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第3回 こんにちは、西川ちょりです。これから公開される新作をいち早くお届けし、その魅力をお伝えする本連載も今回で三回目。 今回取り上げるのは、『第二警備隊』(2018)など …

連載コラム

Netflix映画『ベルベットバズソー 血塗られたギャラリー』ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も|SF恐怖映画という名の観覧車36

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile036 様々な配信サービスが世の中に登場するとともに、生き残り競争も激化し始めた2019年。 配信サービスごとに、各々違った強みを持っているため …

連載コラム

映画『バックトレース』あらすじネタバレと感想。 スタローンが頼れる刑事サイクスを熱演!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録52

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第52回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はシルヴェスター・スタローン主演の映画が登 …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP

Today's Ranking