Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/05/13
Update

映画『空の大怪獣ラドン』ネタバレ感想と評価。メガヌロンの解説や特撮の見どころも|邦画特撮大全46

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第46章

2019年公開を目前に控えたハリウッド大作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。

この作品にはゴジラの他、キングギドラ、モスラ、ラドンといった東宝の人気怪獣たちも登場します。

今回の邦画特撮大全は登場怪獣の中からラドンに注目し、ラドンが初登場した1956年の映画『空の大怪獣 ラドン』を紹介します。

また本作『空の大怪獣 ラドン』は、2019年5月14日午後7時からBS12にて放送されます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『空の大怪獣 ラドン』の作品情報


©︎東宝

【公開】
1956年12月26日(日本映画)

【監督】
本多猪四郎

【特技監督】
円谷英二

【キャスト】
佐原健二、白川由美、平田昭彦、村上冬樹、小堀明男、田島義文、山田巳之助、中谷一郎、如月寛多

【作品概要】
監督は本多猪四郎、特技監督は円谷英二と“ゴジラシリーズ”でお馴染み東宝特撮映画の黄金コンビが贈る日本初のカラー怪獣映画。

総製作費2億円の内、特撮費1億2千万円と第1作目の『ゴジラ』(1954)を超える巨費によって製作されました。

映画『空の大怪獣 ラドン』のあらすじとネタバレ


©︎東宝

九州・阿蘇の炭鉱で坑内から大量の水が出るトラブルが多発していました。さらには作業員の五郎と由造の2人が坑道に入ったまま姿が見えないといいます。

技師の河村繁は仲間を連れて坑内に調査へ行くと、そこには由造の死体がありました。

由造の死体には刃物で斬られたような傷跡があります。五郎が坑内に入る前に由造と揉めていたことから、五郎が由造を殺害し逃亡したのではという噂が出ました。

しかし河村は五郎にかけられた疑いを信じられません。

田代巡査、捨やん、仙吉の3人が五郎を探しに坑内へと入ります。

坑内には奇妙な音が響き、3人に謎の影が迫ってきました。そして3人とも由造と同じ手口で殺されてしまいます。

由造の妻・民は、五郎の妹・キヨの家の前で絶叫。耐えられなくなったキヨは訪問して来た河村の胸に泣きつくのです。するとそこへ巨大なハサミを持ったヤゴのような怪物が姿を現しました。

作業員たちを襲ったのはその巨大なヤゴだと断定。警察たちは山狩りを開始しますが、銃では怪物に歯が立ちません。

応援に来た防衛隊も合流し、怪物を追って再び坑内を捜索します。坑内には怪物に襲われた五郎の死体がありました。

一同は機関銃で怪物を攻撃しますが、全く効きません。河村はトロッコを怪物にぶつけて倒します。河村は坑道の奥に空洞を見つけ進みますが、落盤が起こりに中に閉じ込められてしまうのでした。

阿蘇に調査にやって来た柏木博士は怪物の写真を見て、古代に生息していたメガヌロンだと推定します。

そんな中、地震が発生。地震によって陥没した地面に行方不明だった河村がいました。河村は事故の影響で記憶を失っていたのです。

一方、防衛隊・航空司令部に国籍不明機を発見したという情報が入りました。

ジェット機で国籍不明機を追跡しますが相手は超音速で飛行する上、ソニックブームを起こしてジェット機を破壊してしまいます。

また火口付近で1組のカップルが死亡する事件が発生。彼らが残したカメラにはプテラノドンを思わせる影を捉えた写真がありました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『空の大怪獣 ラドン』ネタバレ・結末の記載がございます。『空の大怪獣 ラドン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

キヨに看病されていた河村は、小鳥が孵化するのを見て記憶を取り戻します。

河村は洞窟の奥で、巨大な卵から孵化した鳥のような怪物を見ていたのです。

様々な調査の結果、柏木博士はその鳥のような怪物を“ラドン”と発表。河村や柏木博士たちが巣と思われる場所へ行くと、ラドンが地上へと姿を現しました。

超音速で飛行する国籍不明機の正体もラドンだったのです。

航空隊はラドンを追尾し、攻撃します。しかしラドンによってジェット機は破壊され、追跡劇の舞台となった西海橋も破壊されてしまいます。

福岡に姿を現したラドンは暴れ回り、ソニックブームで市街地を破壊。防衛隊も出動し、戦車隊とラドンの戦闘が始まります。

傷を負うラドンでしたが、新たなラドンが現れ2匹とも何処かへ飛び去ってしまいます。

柏木博士は帰巣本能から、ラドンが阿蘇の巣に戻ると考えます。

防衛隊は阿蘇火口の攻撃を決定。膨大な数のロケット弾を火口に撃ちこむのです。するとラドンが地上へ出て来ました。

その直後、阿蘇が噴火。

もう1匹のラドンも飛び出しました。しかし2匹のラドンは力尽き阿蘇の溶岩流の上に落ちてしまったのです。

地上に落ちた2匹のラドンは炎に包まれても、最後までそのはばたきを止めることはありませんでした。

スポンサーリンク

映画『空の大怪獣 ラドン』感想と評価

空の大怪獣ラドンの特徴

巨大なヤゴの怪物“メガヌロン”が迫る恐怖を描いた前半、空の大怪獣“ラドン”による福岡市街の大破壊を描いた後半。観客を飽きさせない様々な要素が盛りだくさんな『空の大怪獣 ラドン』ですが、なんと上映時間は82分で2時間もありません。

本作に登場するラドンはその姿・名前から、“プテラノドン”や始祖鳥がモチーフとなっているのは明白です。“ゴジラ”は「水棲爬虫類から陸上獣類に進化しようとしていた中間生物」という設定で、そのシルエットは肉食恐竜を想起させるものです。ラドンはゴジラとの差別化から翼を有し飛行するという怪獣となりました。

また『空の大怪獣 ラドン』では怪獣に対して、『ゴジラ』(1954)で見られなかった“怪獣を生物として捉える”という試みが見られます。

ゴジラは恐怖の対象として描かれていましたが、孵化の様子やメガヌロンをついばむなど怪獣もまた生物であるという細かい描写が登場します。防衛隊が作戦にラドンの帰巣本能を利用する点にもそれが見られます。

特撮のみどころ

ラドンは飛行するため、着ぐるみのほかに6体の操演人形を撮影に使用しています。

地上では着ぐるみ、飛行シーンでは人形と場面に応じて使い分け映像に説得力を持たせています。

しかし西海橋でのシーンでは操演人形ではなく、中に俳優が入ったラドンの着ぐるみをワイヤーで吊るという大掛かりな操演を行っています。

本作の特撮の見所はやはりラドンによる福岡市街の大破壊でしょう。公開当時の福岡市街を再現したミニチュアの精巧さには目を見張るものがあります。

実際この一連の福岡破壊の場面では、実景映像は使用されずミニチュアを使用した特撮カットのみで構成されています。

ラドンが起こすソニックブームで破壊される街の中でも、特に瓦屋根が飛ぶカットは印象的です。またクライマックスの阿蘇噴火では、溶鉄を使用して溶岩流を表現しています。

このように『空の大怪獣 ラドン』は初のカラー怪獣映画ということもあり、さまざまな創意工夫が凝らされた意欲作となっています。

まとめ

怪獣を生物として捉えた視点やラドンの飛行シーンなど、『ゴジラ』とは違う趣を持った怪獣映画『空の大怪獣 ラドン』。

映画評論家の石上三登志は生前、『ゴジラ』第1作目より本作の方を高く評価していました。未見の方はこれを鑑賞してはいかがでしょうか。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1965)と『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

劇場版SOARA『LET IT BE 君が君らしくあるように』感想とレビュー評価。キャストの演技で青春と友情を描く|銀幕の月光遊戯 45

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第45回 劇場版SOARA『LET IT BE -君が君らしくあるように-』(2004)が2019年10月04日(金)より、池袋HUMAXシネマズにて2週間限定公開されます …

連載コラム

映画監督の二宮健が広島尾道でイベント開催!スペシャルライブ企画などで濃密な時間を【SHINPA Vol.12後編】シネマ尾道の名もなき映画イベント2

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

連載コラム

韓国映画『暗数殺人』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。実話元ネタ事件の真相と刑事の執念を描く|サスペンスの神様の鼓動32

こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、狡猾な殺 …

連載コラム

映画『遠い光』あらすじと感想。宇津野達哉監督の物語から垣間見えてくる“鹿踊り”|2019SKIPシティ映画祭13

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・宇津野達哉監督作品『遠い光』が7月15・19日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでいく若い才能の …

連載コラム

映画『ストレンジ・フィーリング』ネタバレ感想と考察評価。 “アリスのエッチな青春白書”でナタリアダイアーが遭遇する未知の世界とは|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録19

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第19回 様々な事情で日本劇場公開が危ぶまれた、埋もれかけた貴重な映画を紹介する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP