Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

宇宙戦隊キュウレンジャーに影響を与えた映画『宇宙からのメッセージ』|邦画特撮大全2

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第2章


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

前回、特撮という技術はほとんどの映画で用いられることを記しました。

しかし特撮が主戦場となるのは、やはり変身ヒーローや怪獣が登場するものも含むSF映画やパニック映画などです。

昨年2017年に公開40周年を迎えた映画『スター・ウォーズ』。若き日のハン・ソロを描いた『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が先日日本公開されました。

スター・ウォーズもSF映画であるので、もちろん特撮は用いられています。

今回は『スター・ウォーズ』の影響下の元、製作されたある日本映画について語りたいと思います。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

深作欣二×スペースオペラ『宇宙からのメッセージ』

『スター・ウォーズ』が本国アメリカで公開されたのは1977年、しかし日本公開は1978年の6月と1年1か月後。前評判を耳にした日本の映画界は2つのスペースオペラ映画を製作します。

東宝の『惑星大戦争』(1978)、東映の『宇宙からのメッセージ』(1978)がその2本です。

今回は『惑星大戦争』については割愛し、『宇宙からのメッセージ』について語っていきましょう。

『宇宙からのメッセージ』(1978)

皇帝ロクセイア12世(成田三樹夫)率いるガバナス帝国によって要塞に改造されてしまった惑星ジルーシア。

ジルーシア人の酋長キド(織本順吉)は救世主となる者を求め、聖なる8つのリアベの実を宇宙に放ちます。孫娘エメラリーダ(志穂美悦子)と戦士ウロッコ(佐藤允)の2人は実を追って勇者を迎えに行く旅に出ます……。

8つの実と勇者などから、本作は『南総里見八犬伝』がベースとなっていることが判ります。

そしてリアベの実に選ばれた勇者ですが以下の8人ですが、ロボットを含む老若男女です。

本作の監督は『仁義なき戦い』で知られる深作欣二。撮影は東映京都撮影所。

本作のクライマックスである王子ハンス(千葉真一)とロクセイア12世の殺陣など、時代劇的な要素が多分に含まれています。

10億円という製作費、東映京都撮影所の20ステージの内8ステージを使用、ドラマ『コンバット!』(1962~1967)の主演で日本でも人気のあった俳優ヴィック・モローの招聘など力が入ったものです。

もちろん本作は矢島信男特撮監督の下、特撮にも力が入っていました。

『宇宙からのメッセージ』の特撮技術


(C)1978 東映

まず本作の星空には電球が仕込んであり、それぞれの星を明滅させています。

ミニチュア撮影には、巨大感を出すためにシュノーケルカメラ(小型カメラ)が使用されました。シュノーケルカメラは当時世界に3台しかなく、本作は1か月間その内の1台を借り切っていました。

また本作は初めて東通ecgシステムが使用された作品でもあります。

東通ecgシステムとは光学合成技術の1つで、ビデオ信号をフィルムに変換するというもの。現場で合成の仕上がりを確認することができ、深作欣二は現場で合成の調整(人物や戦艦の位置)をしたといいます。

結果的に評価と興行収入は『スター・ウォーズ』に遠く及びませんでした。

しかし、シュノーケルカメラの使用、東通ecgシステムの使用など、特撮史的に重要なポイントなのです。

東通ecgシステムは後にTV特撮でも用いられ、特に『宇宙刑事ギャバン』(1982)の独特な映像はecgシステムによるところが大きいと思います。

ビデオ撮影、デジタル合成が主流になり東通ecgシステムは1996年を最後に使用されなくなりました。

意志の継承『宇宙戦隊キュウレンジャー』

『宇宙戦隊キュウレンジャー 救世主の記憶 メモリー・オブ・ショウ・ロンポー』

2017年度のスーパー戦隊『宇宙戦隊キュウレンジャー』。

全宇宙の99%を掌握した宇宙幕府ジャークマターと、宇宙を守るためジャークマターと戦う宇宙戦隊キュウレンジャー9人の戦いを描いた作品です。

全宇宙が舞台ということもあり、本作は全体的にビジュアルに力が入っています。

特に第1話に登場する惑星クロトスや、第3話に登場する惑星ニードルのビジュアルには息を呑むものがありました。「スーパー戦隊」というと採石場を思い起こしてしまう方、必見です。

ただ1年間の放映ということもありシリーズ終盤、ビジュアル面(ロケ地等)が若干パワーダウンしてしまったのは否めません。

9人(最終的には12人)という人数はスーパー戦隊シリーズにおいて最多数です。

そのため回ごとに、メンバー選抜(大体5人)をします。また各班に分け同時並行して任務にあたったり、一部のメンバーが後方支援にまわったりなど、人数を生かした作劇が非常に面白かったです。


(C)2018 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)2017 テレビ朝日・東映AG・東映

実は『宇宙戦隊キュウレンジャー』のイメージソースの1つは『宇宙からのメッセージ』なのです。

キュウレンジャーはキュータマという変身アイテムに選ばれます。

これはリアベの実を想起させます。キュウレンジャーのメンバーが人型宇宙人の他、ロボットや獣人型宇宙人など多彩なメンバーという点も『宇宙からのメッセージ』と共通しています。

また敵の名前が「宇宙幕府」、彼らの役職名がショーグン、カロー、ダイカーンなど、時代劇の要素も取り込まれています。

決して評価が高いとは言えない『宇宙からのメッセージ』ですが、東映という会社の中ではしっかりと血肉となっていたのです。

Vシネクスト『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース スクワッド』予告編

次回の「邦画特撮大全」は…

第3章では、金子修介監督・樋口真嗣監督による平成ガメラ3部作の特撮について検証いたします。

お楽しみに!

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【操演怪獣特集】日本の特撮技術はゴジラの着ぐるみだけではない!ワイヤーワークでシャープな造形美を活かす|邦画特撮大全28

連載コラム「邦画特撮大全」第28章 ゴジラシリーズの特集はひとまず今回で終了します。最後に特集するのが操演怪獣です。 東宝作品『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967) 読者の皆様は怪獣というと、着ぐ …

連載コラム

映画『プロメテウス』ネタバレ考察と結末の評価感想。エイリアン前日譚の原点回帰で見つめ直したものとは?|SFホラーの伝説エイリアン・シリーズを探る 第5回

連載コラム「SFホラーの伝説『エイリアン』を探る」第5回 『エイリアン』の前日譚として多くの期待を寄せながら、さまざまな物議を醸した問題作『プロメテウス』。 本作は初期作『エイリアン』の物語から時代を …

連載コラム

『キネマの神様』原作ネタバレと結末までのあらすじ。映画愛を志村けんの代役で沢田研二が追求する|永遠の未完成これ完成である23

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第23回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは人気小説家・原田マハの小説『キネマの神様』です。松竹映 …

連載コラム

『ケータイ捜査官7』あらすじと感想。考察はゴールドタイタンがセブンの源流か⁈|邦画特撮大全17

連載コラム「邦画特撮大全」第17章 実は2018年はさまざまな特撮作品がアニバーサリーをむかえていました。 今回から4回に亘ってそうした作品をそれぞれ特集していきます。 2008年の4月から1年間、テ …

連載コラム

ゴジラシリーズ『三大怪獣 地球最大の決戦』感想と考察。夏木陽介と星由里子を偲ぶ|邦画特撮大全23

連載コラム「邦画特撮大全」第23章 今回取り上げる作品は『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)です。 選定理由は本作に登場する怪獣たちが、2019年に公開される『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学