Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/22
Update

映画『ビール・ストリートの恋人たち』感想と評価解説。見つめ合う真っ直ぐな眼差しの美しさ|銀幕の月光遊戯22

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第22回

第89回アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』(2016)のバリー・ジェンキンス監督が、ジェイムズ・ボールドウィンの小説を映画化。

1970年代のニューヨークのハーレムを舞台に、2人の若い黒人男女の純愛を見つめる『ビール・ストリートの恋人たち』がいよいよこの週末、2月22日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国順次公開されます。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ビール・ストリートの恋人たち』のあらすじ


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

1970年代のニューヨーク・ハーレム。

19歳のティッシュと22歳のファニーは強い愛情で結ばれていました。幼馴染として共に成長し、自然と愛を育んできた二人。ティッシュは「彼こそ私の人生で最も美しい人だ」と感じていました。

お腹に彼との子を授かっているのがわかり、テイッシュがそのことをファニーに告げたのは、面会室のガラス越しでした。今、彼は無実の罪で留置場にいるのです。

ある雑貨屋でのささいな出来事がきっかけで白人警官に目をつけられてしまったファニーは女性を乱暴したという罪をなすりつけられ逮捕されてしまったのです。

ファニーにはティッシュと友人のダニエルと一緒にいたというアリバイがあるのですが、ティッシュの証言は無効で、ダニエルは何もしていないのに警察に拘束されてしまいました。

その上、被害者の女性の行方がわからなくなっているのでした。

ティッシュに妊娠のことを告げられたティッシュの家族は彼女を祝福し、ファニーの家族を家に呼んで一緒に祝おうと考えました。

ファニーの家族はやってきましたが、ファニーの母親は厳しい顔つきをしていました。彼女はもともとティッシュのことを気に入っておらず、ファニーの受難をティッシュのせいだと思っていました。

妊娠のことを知ったファニーの母親は、ティッシュに近づくと、「お腹にいる子は精霊が殺してくれるわ」と言い放ちました。ファニーの父親が妻の頬をたたき、楽しくなるはずの土曜の夜は散々な結果に終わってしまいます。

若い白人の弁護士は懸命に努力をしてくれていましたが、消えた被害者を探しに行くにも、全て費用は自分たちが負担しなければならず、ティッシュは心配でなりません。

早く彼を刑務所から出してあげたい。二人の愛を守るために、ティッシュの父親、ファニーの父親は、費用を捻出するため懸命に奔走します。ティッシュの母は被害者がブエノスアイレスにいると聞いて、彼女と話をしにブエノスアイレスへと飛ぶのでした。

魂を試されるようなこの試練を乗り越え、恋人たちは互いの腕の中に帰ることが出来るのでしょうか。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』の解説と感想

原作者ジェームズ・ボールドウィンについて


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

ジェームズ・ボールドウィンは、1924年、ニューヨーク・ハーレムで生まれました。20歳の時に作家を志し、1953年に処女作『山に登りて告げよ』を発表します。

1955年に『アメリカの息子のノート』、1956年『ジョヴァンニの部屋』、1962年『もうひとつの国』、1963年『次は火だ』と問題作を次々発表。黒人作家としてアメリカ文学に金字塔を打ち立てました。

著作家、劇作家、詩人、随筆家の他にも公民権運動における中心的人物のひとりとして活躍。

未完の原稿を基にした『私はあなたのニグロではない』(2016/ラウル・ペック監督)というドキュメンタリー映画が、昨年、日本でも公開され、話題を呼びました。

メドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キング牧師という、公民権運動の活動家の軌跡を通して、アフリカ系アメリカ人の差別と暗殺の現代史を描き出した作品です。

本映画の原作はジェームズ・ボールドウィンが1974年に書いた『ビール・ストリートの恋人たち(If Beale Street Could Talk)』です。

1998年にフランスのロベール・ゲディギャン監督が舞台をマルセイユに移して映画化していますが、アメリカでの映画化は本作が初となります。

恋人たちの真っ直ぐな眼差しの美しさ


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

『ビール・ストリートの恋人たち』のティッシュとファニーが互いを見つめ合う、その真っ直ぐな眼差し、愛情と慈しみと敬愛が全て込められた熱い眼差しに、目が釘付けになっていました。

なんていう瞳をしているんだろう。人はこんなにも強く、暖かく、愛情を込めて人を見つめることができるのだ、こんなにも人を愛せるのだという、憧憬にも似た気持ちが沸き起こりました。

バリー・ジェンキンス監督はそんな二人を淡い色調で暖かく包んでみせます。ぼんやり浮かび上がる夜の街灯ですら、その優しい色合いで二人を祝福しているかのようです。

オシャレな二人は美しく、このような愛を生み出し育くむ人生とはなんて麗しいものなのか、そう表現したくなるほどです。

ところが、世の中には邪悪なものがおおっぴらに闊歩していて、どんなに美しいものも土足で踏みにじっていくのです。

差別主義者の警官によってファニーはありえない罪を着せられ逮捕されてしまいます。

本来ならこんな不当逮捕は許されないはず。すぐにでも釈放され、逆に訴え出ることも出来るようなひどい誤認逮捕ですが、こうしたことがまかり通る現実がそこにあります。

ファニーの友人であるダニエルも、自分が犯してもいない罪で2年も収監されていました。ダニエルは、陽気なキャラクターですが、罪を着せられたことで心に大きな傷を負っていました。

こうした黒人に降りかかる理不尽な現状は、決して過去の話ではなく、現在でも続いている深刻な社会問題なのです。

黒人一家の家族愛を描く


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

画面からは恋する二人をなんとか幸せにしたいという家族の思いが、ひしひしと伝わってきます。

ファニーの母親は狂信的で、話の通じない人ですが、ファニーの父親とティッシュの家族は、ファニーの罪をはらそうと奔走します。

ティッシュ家の家族は、ファニーを幼い頃から知っており、彼を信頼し、娘の婿として誇りにさえ思っています。その”信じている姿“は、真っ直ぐで、清らかで、逞しささえ感じさせます。

娘の幸せを心から願うことが、家族ひとりひとりを強くし、愛をさらに深めていくのです。建前やメンツでない本物の愛情がそこにあります。

本作は「黒人である」というだけで受ける理不尽で、屈辱的な現実を生々しく描いています。しかし恋人たちの純愛は簡単には崩れません。

恋人同士の揺るぎない愛、家族の慈愛を、バリー・ジェンキンス監督は高らかに謳ったりはしません。むしろ穏やかに控えめに表現しています。

しかしその根底に流れるのは、愛に勝るものは他にないという愛への強い信頼です。それは静かにひしひしと伝わってきます。

実はこれほど愛を見せつける映画はないのではないかというくらい、誇り高い愛の物語となっているのです。

『ムーンライト』に続く、ニコラス・ブリテルの音楽も、登場人物の心に寄り添うようなエモーションに満ちています。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
ティッシュを演じたキキ・レインは、オーディションで選ばれ、本作で長編初出演を果たしました。フィラデルフィア映画批評家協会賞ブレイクスルー演技賞受賞、ゴッサム・インディペンデント映画賞ブレイクスルー俳優賞ノミネートを果たすなど、高い評価を受け、今後の活躍が期待されています。

ファニー役のステファン・ジェームスは、『グローリー/明日への行進』(2014/エバ・デュバーネイ監督)で注目を集め、『栄光のランナー/1936ベルリン』(2016/スティーブン・ホプキンス監督)では、1936年のナチス独裁政権下で開催されたベルリンオリンピックで史上初の4冠を達成したアメリカ人陸上競技選手ジェシー・オーエンスを演じました。

バリー・ジェンキンス監督は二人が並んだときの相性の良さを絶賛しています。


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

ティッシュの母親シャロンには名優レジーナ・キングが扮し、貫禄たっぷりの演技をみせてくれています。

ファニーの友人、ダニエルに、テレビドラマ『アトランタ』の“ペーパーボーイ”役で人気のブライアン・タイリー・ヘンリーが扮しているのにも注目です!

バリー・ジェンキンス監督が前作『ムーンライト』に続き、またしても心に染み渡る深い愛の物語を生み出しました。

『ビール・ストリートの恋人たち』は、2月22日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開されます。

次回の銀幕の月光遊戯は…

次回の銀幕の月光遊戯は、2019年3月23日(金)より公開のイタリア・スイス合作映画『エマの瞳』を取り上げる予定です。

お楽しみに!

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【中原くれあインタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』夫人役と演劇への想いを語る| THEATRE MOMENTS2019②

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第2回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

ロマン・ポランスキーの映画『毛皮のヴィーナス』 彼女は魔女か、それとも女神か|偏愛洋画劇場6

連載コラム「偏愛洋画劇場」第6幕 今回取り上げるのは『ローズマリーの赤ちゃん』(1968)、『戦場のピアニスト』(2002)でおなじみ、80歳を過ぎた今も精力的に創作を続ける巨匠ロマン・ポランスキーに …

連載コラム

ホラー映画『血を吸う粘土~派生』感想と評価。前作ラストから新たな恐怖を作り出す|SF恐怖映画という名の観覧車69

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile069 今回の記事ではNETFLIXが独占配信した中国産SF映画『上海要塞』(2019)をご紹介する予定でした。 しかし、profile067で …

連載コラム

『アポストル 復讐の掟』感想と考察。映画における「宗教」の描かれ方を考える|SF恐怖映画という名の観覧車20

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile020 『ザ・レイド』(2011)の監督として世界で有名になったギャレス・エヴァンスによるNetflixオリジナル映画『アポストル 復讐の掟』( …

連載コラム

映画『ホーンテッド(2020)』感想とレビュー評価。“世界一怖いお化け屋敷”に潜む謎の殺人鬼の正体|SF恐怖映画という名の観覧車103

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile103 新型コロナウイルスの猛威によって、全国各地の夏祭りが中止される事態となりました。 夏祭りの出店には長く愛されてきた「お化け屋敷」の文化が …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP